« 高崎サークル 2015年2月例会 | トップページ | 昨日の帰りに »

2015年2月 8日 (日)

サークルは1つの「実験」なのだ!

昨日高崎サークルに行ってきた。
すごく刺激を受ける2周年の例会だった。
「サークルは1つの「実験」である!」
私は,そう感じた。

(1)峯岸さんがホワイトボードに資料名を書き出した
(2)品川さんが午後3時にケーキに向かって歩き出した

実はこの2つは,先月の例会後,
私が「高崎サークルへの2,3の提案」という文章で
提案したものだった。
さすが高崎サークルを主宰しておられる2人。
さっそく真っ先に「実験」していただいたというわけである。
それにすぐ気がつき,私が「2番手」となったのはいうまでもない。

(3)峯岸さんが講演の資料として年図や例会の統計的な内容を紹介した
(4)峯岸さんがグラフ式の会計報告をした
(5)市原さんが自分の資料の「10年間」の変化をグラフで表現していた

これらは,見えないものを見えるようにする試みで,
私もできるだけチャレンジしていきたい。
年図は,仮説の会ではもうフツーに描かれるように
なってきているのがうれしい。

(6)荒居さんが「スピーカー」を5つ買ってきた
(7)市原さんがハッカの結晶を3つ買ってきた
(先日は「妖怪ウォッチ」ゴム印をありがとう!)
(8)私が「《もし原》色ぬり用紙」をコピーしてきた

荒居さんのは「たのしい音楽」のためのもので,
市原さんのは《三態変化》のためのもので,
私のは,もちろん《もし原》のためのものだ。

山本五十六の語録に,
「やって見せ 言って聞かせて させてみせ
褒(ほ)めてやらねば 人は動かじ」というのがあるが,
たのしい授業の実践への道も,
「買ってこなけりゃ 人は動かじ」ということなのだと思った。
(気持ちだけじゃ,たのしい授業は実現できないもん!)

(8)森さんの「○○○しい」という資料
(9)品川さんの「『それでも僕は夢を見る』の感想」や「絵刻字の感想」

これらは,水口さんや藤倉さんや黒田さんの実践の追試である。
教育の世界では残念ながら模倣が軽んじられ,
それゆえ真の創造の機会を失っていることが多いが,
高崎サークルの「模倣意欲」にはとても素晴らしい。
そもそも仮説実験授業の授業書を行うという行為自体が
基本的に模倣作業なのであり,
私たちは「価値あるものを見つけて追試する」という
まっとうな文化継承のあり方を実践しているというべきなのだろう。

(10)星野さんが川嶋直著『KP法』(みくに出版)を紹介してくれた

この本は,私が12月に行った講演のやり方と似ているらしい。
つまり,話す内容を紙に書いておいて,それをつなげて構成していく。
ちょっと興味をひかれたので,アマゾンで注文してみますね。
ありがとう,星野さん!

総じて,サークルは1つの「実験」なのだ!
ということで,今日はお開き・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『KP法 シンプルに伝える紙芝居プレゼンテーション』
川嶋 直 著/みくに出版

 著者の川嶋さんは山梨県清里のキープ協会で、自然の
意味や面白さを伝えるインタープリテーションという仕
事を30年以上務めてこられた方です。

 自然と人をつなげるために、自然の素晴らしさを分か
りやすく伝えることを追究するなかで、「KP法」(紙
芝居プレゼンテーション法)というコミュニケーション
手法が生み出されたそうです。

 KP法自体はキーワードやイラストなどを描いた手書
きの紙をホワイトボードなどに貼りながらプレゼンテー
ションをするというシンプルな手法です。 

 しかし、シンプルな手法を実践するためには、聞き手
への徹底した細やかな気配りが必要であることが本書を
読むとよく分かります。

 本書にはKP法を実施する上で必要なノウハウが満載
ですが、本書の構成自体が読み手目線で分かりやすくま
とめられており、実用的です。

 プレゼン力を身につけたい方はもちろん、人に伝える
仕事に就いている方、コミュニケーションやプレゼンの
新しい手法を求めている方にはおすすめの一冊です。

« 高崎サークル 2015年2月例会 | トップページ | 昨日の帰りに »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高崎サークル 2015年2月例会 | トップページ | 昨日の帰りに »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ