« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

脳は主語が理解できない

「悪口 脳への影響」という検索を掛けてみた。
両者は,何か関係がありそうだと思ったからである。
すると,「NAVERまとめ」というサイトに行くことができた。
そして,「人の悪口を言うと、自分自身が傷つく理由。」というのが出てきた。
たいへん興味深い内容なので,長文だが転載させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人の悪口を言うと、自分自身が傷つく理由。 【脳科学】

誰かの悪口を言うのは、自分の悪口を言うのと同じ???
脳の仕組みからその理由を解説します。

脳は主語が理解できない

私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。
例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。
主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

※ここで言う「脳」は、「古い脳」を指しています。
大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳」、それ以外を「古い脳」と呼びます。

人間特有の高度な精神活動を担当する「新しい脳」のほうは主語を認識できているのですが、
感情を司る「古い脳」のほうは認識できず、
新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまう性質があります。
だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になる
つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、
自分も傷つき気分が悪くなります。

人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。
そして、より、人に対して攻撃的になります。
(自分が自分を無意識に攻撃している状態となるわけですから逃げようがありませんね)

スポーツの試合で、どうしても勝ちたくて
【あ~相手がミスればいいのに】
【相手のシュートが入るな ! 】
などと思うことが、ありますね !
それは、知らないまま自分で自分に呪いをかけていることになっているのです。

反対に、相手を褒めれば、自分が褒められたのと同じ状態に

反対に相手を褒めてあげると、自分が褒められたと思い、
気分が良くなり自尊意識が高まります。

タイガーウッズは、ココ一番の大勝負の瞬間、
対戦相手が上手くいきますように!と祈るそうです。
相手という自分に余計な呪いをかけない!だから自分を妨げる思いが少ないのです。
その結果あれだけの成果を出せるのです。
凡人とは逆の思考なのです。

この脳の特性を理解し、良い言葉を日常的に使うようにしましょう。
相手にかける言葉を大切にすることが、
結果的には自分自身も大切にしていることにつながります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほどね。
よく悪口を言っている人の顔を観察すると,
「人相が悪くなっている」のが感じられるが,
自分で自分を傷つけているからそうなるのだろうな。

また逆に,相手の応援やいいとこ探しをする習慣を身に付ければ,
自然と自分をハッピーにしていくことにつながる。
だって,自分自身を応援したり,褒めているのと同じことだから・・・。

その点「夢ブログ」はいい方向(ベクトル)のサイトと言えるかも!
とすかさず「自画自賛」する肥さんでした。(笑)

77万アクセス達成!

一昨日のイチローの話題で弾みがつき,
昨日のうちに77万アクセスを達成しました。
ありがとうございます。(o^-^o)

「夢ブログ」にはいろいろな話題が登場しますが,
それは私が書いておこうと思ったことで,
読者は全部を読む義務はまったくありません。
ぜひ自分の興味のある話だけ読んでいただいて,
たまにはコメントしていただけるとうれしいです。

(1)学校の話題
(2)仮説実験授業の話題
(3)古田史学の話題

この3つを中心にしていますが,
いろいろなことに関心があり,
その広がりはとどまることを知りません。

そんな私でよかったら,
今後ともよろしくお願いいたします。

昨日の収穫

・朝の授業プリントづくり(地理NO.64)
・総合での谷川俊太郎「生きる」の群読指導(3回目)
・放課後の学年だより(NO.35)発行

この3つが.昨日の収穫。(o^-^o)

2015年2月26日 (木)

タッチネットは反則~不易と流行

バレーボール協会から連絡が来て,
タッチネットはやはり反則であるという。
スポーツにルールの変更はつきもの(バスケはもっと多いらしい)だが,
「下の白帯はセーフ」と前回ルールが変更になった時,
私はこれを由々しき事態と思っていた。

まず,相手チームの選手との接触が増え,ケガする危険性
次に,ネットの反動を利用しようとする選手が出てくる

まあ,2番目はさすがに実見しなかったが,
最初のものにはしばしば出会った。
そこで,ルールを元に戻すということだろうか。

俳句の世界には「不易と流行」という考え方があって,
句の中に「絶対変わらないもの」と「時代により移り変わるもの」を
対比させるという高度な技法があるそうだが,
接触を避けるという意味で,「タッチネット」は
「不易」のルールだったのではないだろうか。
それを「流行」と考えたところに今回のルール変更(元に戻す)の本質が
あったと思うのは,私だけであろうか。

パソコン危機一髪

実は昨日は「パソコン危機一髪」という場面があった。w(゚o゚)w
学校でスイッチを切る前に(自分では切ったと思ったのだが)
USBを抜いてしまったのだ。
そうしたら,ファイルの順番がめちゃくちゃなことになった。

私は「地理の授業プリント」「歴史の授業プリント」「学年だより」の3つを
同じUSBに入れているのだが,それがバラバラに並んでしまったのだ。
これからは1つのファイルを探すのも
大変な労力が必要になってしまう!。(。>0<。)

しかし,正義は勝つ!(とは限らないが)
同じ学年の先生がアドバイスして下さって,事なきを得た。(o^-^o)
私が普段使わない「右クリック」をして,
ファイルの並べ替えを「グループ」で行った。
そうしたら「ほぼ元通り」に並んだ。

「ほぼ」というのは,初期にはファイルの名前の付け方が
統一されていなかったためで,
パソコンが「仲間ではない!」と判断したのだろう。
そのくらいのことなら,大丈夫である。

東日本たのしい授業フェスティバル

いろいろ考えて,やはり参加することにした。
3月28日(土)と29日(日)に北トピア(王子)で行われる,
上記の会のことである。

これには2つのハードルがあった。
1つは,学年旅行がそれに重なるようにあること。
もう1つは,部活を2日連続で空ける状態になることだ。

この2つは絡み合った構造になっていて,
部活の相方の先生も学年旅行に参加するから,
「部活のシェア」ができないのだ。

しかし,私としてもめったに参加できない大きな学習会。
ぜひ参加させていただこうと思っている。
その代わり,ほかの日は部活を入れるつもりだ。

お疲れ水曜日

水曜日は「6分の4」で普段から疲れる曜日なのだが,
卒業を祝う会の合唱の練習が学活にも入り,
さらに疲れてしまった。

歯医者の予約日だったこともあって,
1時間年休をいただいて帰った。
(一昨日も,帰りに実家に寄るために1時間)

そういうこともあるので,朝練+1時間目に
授業プリントを作っていることは,
精神的な支えになっている。
もっとも昨日は授業が多くて,
作った分はすぐ消化し,プラスマイナスゼロだったけれど。

咳も出る。なんとか,週末までつなぎたい。

2015年2月25日 (水)

応援よろしくお願いします

「『これからも応援よろしくお願いします』とは絶対に言いません・・・」
という名セリフを先日の会見で残したマーリンズのイチロー選手。
(趣旨は,「応援されるような選手」であるように頑張る)

キャンプ恒例の?「イチローТシャツ」にも,それを意識した
「おうえんしてくださいなんて~ いわないよ じぇったい~」
というセリフが・・・。
しかし,背中にはちゃっかり,「応援よろしくお願いします」。(o^-^o)

走攻守のバランスがとれたイチロー選手は,
ユーモアの「バランス」もとれていたという次第。

『邪馬一国の証明』

今あじすきさんとの間で話題になっているのは,
古田武彦著,角川文庫の上記の本である。

Photo

この本の本の始めには,
古田氏の2つの言葉が記されている。

(1)「証明」を要するのは,「原文改訂者」側である

(2)「「原文改訂者」側が結局,有効な改訂理由を提出できない」
   この事実を厳正に確認すること,
   それにまさる「邪馬一国の証明」はありえない

にもかかわらず,古田氏は「これでもか」と
また新しい証明を積み重ね,補強していくのであった。

私はこの文庫本を3回読んだようだ。
私は本を読む時,重要だと思ったところに線を引くのだが,
この本には「赤ボールペン」「黒ボールペン」「赤鉛筆」の
3種類の線が引いてあるからである。

授業プリントのストック

テスト準備期間に入り,朝練がなくなったので,
それを利用して朝の内に,授業プリントを増やしている。
先週に続いてのことだが,
これで合計6枚=2週間分となった。(o^-^o)

ストックがあると,ほかのことを安心してできるので,
二重の効果がある。
また,早めに「3年前の復習」ができるのも,
脳みそにとって良いみたいだ。

2015年2月24日 (火)

「ペーパーブロックス」を披露する!

一昨日長崎の平野さんから送っていただいた「ペーパーブロックス」を,
さっそく授業の際,生徒たちに披露した。
3クラスで,約110人。

これに「夢ブログ」の読者を加えると,
早くも200人の方々に披露したことになるかな。

本日さらに1クラス。
来週以降にもいくつかのサークルで披露できるので,
今回も250人以上に披露できるのではないだろうか。

以前書いた「ブロックスと250人の笑顔」と同じように,
「ペーパーブロックスと250人の笑顔」だ。

いや違う!
両者の合計だから,「ブロックスとペーパーブロックスで
500人の笑顔
」ということになるだろう。

ブルーマンデー・ハッピーマンデー

ただでさえブルーな月曜日なのに,
「めざましテレビ」の星占いが最下位。
絶体絶命の肥さん。

しかし,正義は勝つ!(とは限らないが)
なんとかそれらを乗り切り,
職員会議や用事をこなし,予期せぬ雨の中帰宅した。
実家訪問は,仕方なく延期。

「YOUは何しに日本へ」
「主治医が見つかる診療所」
「渡る世間は鬼ばかり(後篇)」
昨夜は,けっこう観たい番組が続いた。
3本で4時間を観ることが出来た。

これで,ブルーマンデーもハッピーマンデーに。(o^-^o)

「おのくん」が「はがき通信」に載る

社会科サークルには,「はがき通信」という名前の
ステキなサークル通信が存在する。
毎月森田さんが編集して下さるもので,
その記録性とカラフルな紙面が,人気を博している。

その「はがき通信」の今月号に,「おのくん」が登場したので,
転載させていただくことにしよう。
森田さんがデジカメで撮影されていたので,「もしや」と思っていたら,
こういうわけだったのだ。(o^-^o)

013

この「はがき通信」は,10名あまりに送られていると思うので,
例会参加者以外にも「おのくん」が知られることになる。
「おのくん」の輪は,こうして広がっていくのだ。

2015年2月23日 (月)

「ペーパーブロックス」が届く!

昨夜,長崎県の平野さんから,「ペーパーブロックス」が届いた。
すでに「夢ブログ」では,宗さんの「ブロックス」を紹介しているが,
(「ブロックスと250人の笑顔」という文章です)
この「ペーパーブロックス」という教材の登場で,
またさらに《世界の国ぐに》等の社会の科学を
たのしく学ぶ手段が増えたと思う。
平野さん,ありがとうございます!

012

011

※ 国旗の面積が人口を表し,
高さが「1人あたりのGDP」を表しています。
したがって,立体の体積が
「その国のGDP」ということになります。

【「ブロックス」の特徴】

(1)発泡スチロールで作られていて,軽い(磁石で黒板に貼れる)
(2)黒板を立体的な教具として使え,迫力ある授業を展開できる
(3)製作に高度な技術を必要とする

【「ペーパーブロックス」の特徴】

(1)紙で作られていて,軽い(磁石で黒板に貼れる)
(2)「見せる」教材と「作る教材」の両面を合わせ持つ
(3)製作に高度な技術は必要としない

ブロックスに加え,ペーパーブロックスが登場したことで,
社会の科学教育の可能性が大きくなったことは間違いないだろう。
本日から,生徒たちや先生たちに紹介しようと思っている。

昨日の部活動 2/22

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

女バレがおらず,全面を使ってぜいたくに
練習を行うことができた。
「県大会上位をめざす練習」は昨日も続き,
生徒たちもそのスピード感に少しずつなれてきたようだ。

ここでテスト7日前となり,部活動停止期間となる。
今はテストに全力を向けてほしい。
バレーも,勉強も,全力で取り組んでこそ
見えてくるものがあるだろうから。

テスト前日となる3/1のアザレア杯は,
残念ながらお断りした。

大久保・楽天が初勝利!

楽天 0 1 1 0 1 0 0 0 0 計3
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1

序盤から点を取ることによって,
試合を有利に進めることができ,
大久保・楽天が初勝利をあげた。ヽ(´▽`)/

昨日は助っ人の1人ウェーラーが初本塁打。
先日は同じく助っ人のサンチェスも
すでに練習試合で初本塁打を放っており,
投打が噛み合う勝利を
今年はたくさん見られることだろう。(o^-^o)

2015年2月22日 (日)

オープン戦がスタート!

楽 天 0 0 0 1 0 0 0 0 1 計2
日ハム 0 0 0 0 0 1 0 0 1 計2

昨日,2015年度のオープン戦が始まり,
大久保新監督に代わった楽天は,
初戦を引き分けた。

本日は巨人戦とのことだが,
天気が心配です。

関所はどこに作られるか?

「新古代学の扉」の「洛中洛外日記」を読んだら,
「関所はどこに作られるか?」という興味深い話が出ていた。
私は,単純に峠の頂上に設けるのかと思っていたら,
龍田関(百人一首でも有名)の場合は違うとのことであった。
では,どちら側に設けられたのであろうか?

ア.国の境のこちら(河内)側
イ.国の境のあちら(大和)側

実は,その龍田関の比定地は大和側にあるそうだ。
(奈良県側の大和川の堤防の脇に,「関の地蔵」があり,龍田山を遠望している)

龍田山→→→→→→→→●
(前期・難波宮)河内側  /\ 大和側 (龍田関・関の地蔵・大和川の堤防)

関所というのは「外敵の侵入を防ぐために設けられるもの」であるから,
大和→河内か,河内→大和のどちらかであるが,
比定地が大和側にあるということは,前者の場合を想定した関所だということになる。
つまり,大和側から河内側にある九州王朝の副都の前期・難波宮への侵入を防ぐために,
龍田関は設けられた!という驚くべき結論になるのだ。
なんで近い河内と大和の間に関があるのかと思ったら,
実は「違う勢力との境に置かれるのが関所」ということだったのだ。

この龍田関のことに関する服部静尚さん(古田史学の会)の論文が,
『古代に真実を求めて』18集に掲載されるそうなので,
楽しみに待ちたいと思う。

甘エビと玉ネギの味噌汁

上記の味噌汁を「3丁目の夕日」の若マスターが作ってくれた。
自分で食べたくなったので作ってみたということだったが,
私もおすそ分けにあずかることとなった。
両者の甘味を味噌等でまとめていて,なかなかリッチな気分になった。(o^-^o)

それをすすりながら考えたのは,料理も授業も,
「自分が食べたり,教えてみたくなって作るもので,
お客や生徒に提供し,そして一緒に楽しんでもらう」
というのが基本であるということだ。flair

なかなか次の客が来なくて,
店の経営的にはありがたくない状況だったが,
「昨日は込んでいた」というし,
こんな時間が持てたことに感謝して店を出た。

昨日の部活動 2/21

昨日は,午前11~午後2時のコマだった。
しかし,5月の協会長杯・県大会に向けて,
時間よりだいぶ早くからスタートして頑張った。
木下兄コーチに,お世話になった。
(女バレは,木下弟コーチにお世話になった)

全体にスピーディーで,うまくいっている時には,
なんだか県大会上位のチームのような動きだった。
また,「スリーメン」への参加も意欲的であった。
素晴らしい!

ついでに私も意欲的になって,
練習試合をお願いするファックスを3校に送った。

2015年2月21日 (土)

たとえ

同じ話を何回も聞かされることを,
「耳にたこができる」というが,
本当にそんなことがあったとしたら,
それこそ「業務上過失傷害罪」になるのではないだろうか?w(゚o゚)w

もちろんこれは「たとえ」という方法の世界のことであり,
「実際にはありえないことを言って,
相手の印象に残ろうとする行為」なのですが,
その類はいくつかすぐ出てくる。

(1)耳にたこができる

・・・できた人をまだ見たことがない。
もしあったら,「業務上過失傷害罪」の疑いがある。

(2)足が棒になる

・・・「証拠写真」はあるのか?
「棒になった足」はどうやって元に戻すのか?

(3)目からウロコが落ちる

・・・人間はウロコを持っていない。
もしいたらそれは半魚人なのではないか?

(4)口から先に生まれたような

・・・「足から先」だと,逆子になってしまう。
「口から先」なら安産では?

(5)猫の手も借りたい

・・・「猫の足」の間違いではないのか?
また,なぜ「犬の手」ではないのか?

等々~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒が言った「耳にたこなんかできませんよ~」という言葉をヒントに,
この話を書いてみました。

18歳の選挙権が実現か?

18歳の選挙権は,今や世界の常識で,
176の国・地域で92%の実施率らしい。

かつて私が,ミニ授業プラン「選挙は何歳から?」を
作った時には,確か75%の実施率だった。
(1986年に,『たの授』の「はみだしたの」に掲載)

あれから30年経って,18歳の選挙権がようやく実現しそうだ。
あの頃は,社会党と共産党が賛成で,
自民党は反対だったような気がするが,
その後どういう経緯でこうなったのだろう。

NHKテレビ「限界集落株式会社」

夜更し肥さんがまたまた面白い番組に出会った。
上記のものがそれで,農業をテーマにしたものだ。

出演者は,反町隆史・谷原章介・松岡茉優ら。
脇役の農民たちを味のあるベテランで固めている。

あらすじは・・・(番宣より)。

「「限界集落」、「市町村合併」、「食糧危機」、
「ワーキングプア」、「格差社会」などなど日本に山積する様々な問題を一掃する、
前代未聞! 逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント!!
起業のためにIT企業を辞めた多岐川優が、人生の休息で訪れた故郷は、
限界集落と言われる過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難な土地だった。
優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を担うことになる。
現代の農業や地方集落が抱える様々な課題、抵抗勢力と格闘し、
限界集落を再生しようとするのだが……。」

先日の深田恭子主演の「サイレント・プア」も良かったが,
(コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)という仕事を扱ったもの)
こちらもオススメです。
ただ,番組のスタートが0時10分というのがちょっとつらい。(。>0<。)

※ 私が観たのは「再放送」のようで,
まだ土曜午後9時から放送されています。(^-^;

自分にご褒美(ほうび)

今週はよく働いた。

毎日出勤して,朝練+授業+午後練。
(ただし,火曜日は「定休日」で部活なし。
山口公民館の体育館での「自主練習」)
勤務中の学年会だけでなく,
放課後も社会科サークルに参加した。
群読指導もノッてきた。up

年休や出張にも遭(あ)わなかったので,
授業プリントも4時間分+学年だより,太字ウォッチ。

これだけやったら,自分にご褒美。
最後は,やっぱり房yaの「百年の孤独」で!(o^-^o)

2015年2月20日 (金)

写真を載せました!

先日「画像縮小」ができるようになったと書きましたが,
以下のブログに写真を入れることでできました。ヽ(´▽`)/

(1)社会科サークル 2015年2月
(2)2つの「ほのぼのコンサート」 
(3)2回目の農家訪問記
(4)堀江さんの「生類憐みの令」講座

やはり,ブログも写真があると,
イメージがわきやすくていいですね。

「生きる」の群読指導

卒業を祝う会で2年生は「群読」と「合唱」を行う。
合唱の方は音楽の先生中心に,
群読の方私の担当だ。

昨日は武道場で,谷川俊太郎「生きる」の群読指導をした。
長い時間の指導は3回計画されていて,
今回は群読指導の2回目。

前回の初めての群読指導で,「生きる」を知り,
(光村の国語ではないので,小6で習っていない)
まず詩に親しんでもらうことに重点を置いた。

今回は10日後の練習で,クラスでもテコ入れしてもらい,
声も大きくなりカツゼツも良くなっていた。
それをさらに徹底する形で行った2回目の指導。
とりあえず,武道場を響かせるところまではには達した。

あとは,この勢いで体育館を響かせ,
最終的には卒業生の心に響かせることだ。
(欲を言えば,2年生たちの心にも・・・)

この「生きる」という詩の群読は,
そういう力を持っていると私は信じる。

太字ウォッチ97

第4回定期試験まで,あと10日。
生徒のリクエストにお応えして,
上記のプリントを作った。

ちょっとサービスし過ぎかなとも思うが,
覚えることが苦手な生徒たちのために,
「テスト範囲内の太字」が見渡せるのは,
悪くないかなとも思う。

今回のテストでは,合計97個出てきて,
そのうち20個(40点分)が出題される。
あと,ワークから30点分。
さらに,「地図記号かるた」から20点分。
残りは細字で,ちょっと難しいやつ。
こんな感じの配点だ。

要領さえつかめば,こんな優しい出題は
ちょっとありえないと思うのだが,
「早く要領をつかんで欲しい」と念じつつ,
上記のプリントを作った次第。

もちろん「太字ウォッチ」という言葉は,
今流行(はやり)の「妖怪ウォッチ」から取った。
「これさえあれば,妖怪(テストの40点分の内容)が見える」
ということに掛けてある。happy01

攻めの接客

「プロフェッショナル・仕事の流儀」を久しぶりに観た。
「コンシェルジュ」=ホテルの接客・案内係のプロの
阿部さんの仕事を紹介していた。

宿泊客とのやりとりの中で,
その人が何を求めているのかをつかみ,
その願いをかなえる。
また,ただ客の要望に応えるだけ停まらず,
こちらから新たな提案をして「攻めの接客」を楽しむ。

「コンシェルジェの仕事は,私の趣味なの」と阿部さん。
世界は違うが,私の仕事にも何か役立てることはないかと,
気持ちを前向きにさせてもらえる番組だった。

2015年2月19日 (木)

今週のチャレンジ問題

本当は毎週新しい問題を出したいところだが,
こちらの事情とあちら(生徒たち)の事情があって,
2週に1回ということになっているチャレンジ問題。

今週の「お題」は,「あなたは,何どしの生まれ?」
という時の十二支についてである。
12個の「干支(えと)」の漢字を答える。
今のところ,12名の正解者が出ている。

ね(鼠)・・・【  】
うし(牛)・・・【  】
とら(虎)・・・【  】
う(兎)・・・【  】

たつ(竜)・・・【  】
み(蛇)・・・【  】
うま(馬)つ・・・【  】
ひつじ(羊)・・・【  】

さる(猿)・・・【  】
とり(鶏)・・・【  】
いぬ(犬)・・・【  】
い(猪)・・・【  】

別に知らなくても命に別状はないが,
知っているとちょっぴり心が豊かになる干支。
答えはここに書くとまずいので,
「干支」で検索してみて下さいネ。

社会科サークル 2015年2月

昨日は,上記のサークルに参加した。
参加者は,5名(大石さん,篠原さん,宮崎さん,森田さん,私)。

「おみやげ」は,森田さんの担当する生徒たちの「新聞」や
教科書採択関連の集会のビラなど。
私も「おのくん」の取り組みを紹介した。

009_2

メインの報告は,年末に沖縄(川口さんが団長)へ,
年始に福島へと旅行した宮崎さんの報告。
写真と資料を見せながら,両者の共通点について話された。
沖縄と福島は遠く隔たっているが,
「政府から受けている扱い」という点では,
両者共通のものを持っているのではないか。
それに密着し報告して下さった宮崎さんにお礼を言いたい。

002

なお,次回の例会はジャスト3月11日(水)。
新所沢公民館にて,午後6時より。
宮崎・荻原さんによる報告の続きとそれぞれの「3.11」。
4年経つ東日本大震災について語り合おうということになった。

散会後,森田さんと「魚民」へ。
久しぶりにいろいろ語り合うことができた。

昨日の部活動 2/18

昨日は,午後4時15分~5時のコマだった。
あとで考えたらネットを張れたが,
中途半端な活動時間に失念した。
でも,雨で発散できない気分を,
体育館部活の有利さで,
少しは晴らせたかもしれない。

先日の富岡中での試合に参観された岡本先生。
勤務されている所沢北高校は
私たちより少し早く試験があり,
今週末の合同練習は無理とのこと。
こちらがテストを明けた来週以降に
お願いすることになった。
また楽しみが増えた。

2015年2月18日 (水)

幸せランキング

昨日も1時間分の授業プリントが作れた。
ついでに,学年便りも半分作れた。
夜は房yaで,「百年の孤独」に再会した。

もし世の中に「幸せランキング」があったら,
昨日はけっこう上位だったかも!
そう決めるのは,自分。(o^-^o)

CuZ

上記の単語をご存知だろうか?
私も知らなかったが,生徒から質問されたので,
ちょっとインターネット検索をしてみた。
こういう時インターネットは大変便利だ。
すべての辞書・事典の,とりあえず入り口となるからだ。

すると,「Because(なぜなら)」のくだけた言い方
というようなことが出ていた。
その生徒に聞いてみると,「CuZ」は歌の歌詞のようだし,
今回の検索はどうやらうまくいったようだ。

「なぜならば,私はあの人を愛しているから」
では硬過ぎるが,
「だって,好きになっちゃったんだもん」
ならフツーの会話になるだろうから。
今回の「CuZ」は「だって」と訳すことで,
一件落着ということになった。(o^-^o)

777と666

7が3つ続くとラッキーセブンということで,
スロットマシンのコインがジャラジャラと出てくるイメージだが,
6が3つ続くと「獣の数字」というのを,昨日初めて知った。
同僚の先生が,「悪魔の額には,666と書いてある」という話を教えてくれたからだ。
(給食の残菜量で,ちょうど666gのクラスがあった)

ウィキペディアで調べてみると,
「『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に記述されている」
とのことであった。以下に引用すると、

「ここに知恵が必要である。
思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。
その数字とは、人間をさすものである。
そして、その数字は666である」。(13章18節)」

ということで,キリスト教の人にとっては,
不吉な数字ということなのだろう。
(13日&金曜日というのもあったしね)

で,暴君だったと言われる皇帝ネロ説が有力だそうで,

N・・・50
E・・・-
R・・・200
O・・・6
N・・・50
K・・・100
E・・・-
S・・・60
A・・・-
R・・・200
総和・・・666

というのがその根拠というから,ちょっとあきれる。
確かに同じ数字が3回続くのは興味を引くし,
「何か意味があるのではないか?」
と思いたい気持ちはわからなくもないけれど。

プロ野球でも,今はどうか知らないが,
日本人は「死」を連想させる「4」や「42」の背番号を忌み嫌った。
平気で着ている外国人選手に驚いたものである。
しかし逆に,「13」の背番号を外国人選手は着ていなかったと思う。
けっこう人間の心理って,単純なのかも。
これに,その球団の有名選手の「欠番」が加わると,
さらに着られない背番号が増えてしまう。

房yaで「百年の孤独」

「百年の孤独」という麦焼酎については,
1度書いたことがあると思う。
本当に美味しいお酒で,私がめったにやらない
「オンザロック専用」って感じのテイストだ。
それが,房yaに置いてあるのに昨日気がついた。happy01

マスターの美味しい料理を楽しみたい私にとって,restaurant
飲み物も,生ビール→赤ワイン→ウーロンハイと
微妙に変えているのだが,beer
この焼酎はあまりに美味しいので,
何を肴にしたらいいか困ってしまう。

そんな話をしていたら,隣りのお客さんが,
「いっそ,乾き物はどうでしょう?」と言う。
なるほど,乾き物なら,マスターの料理とケンカすることもなく,
「最初から勝負はついている」とあきらめられるという次第。
でも,乾き物は当然「持ち込み」なわけで,
房yaとしては,せっかく「百年の孤独」で儲けを期待していたら,
それがままならぬという訳である。
世の中はなかなか難しいものだ。

2015年2月17日 (火)

昨日の勤務 2/16

朝練+通常勤務+2時間の学年会
=11時間であった。
しかし,2時間の「空き時間」があったので,
疲れはそれ程でもなかった。

1番疲れるのは,突然の針路変更。
ある方向に進んでいる物体が,
針路変更をすることはとても大変なのだ。
(もちろんこの物体は,人間を含んでいる)
しかも,人間には気持ちというやっかいなものもある。
体とともに気持ちも「針路変更」しなければならない!

PS 授業プリントもまた1つ増やすことができた。(o^-^o)

「五十戸」木簡出土

一昨日(2/15)の「新古代学の扉」の「洛中洛外日記」に,
「難波宮遺構から「五十戸」木簡出土」という記事(871話)のことが出ていた。
(「五十戸」は,のちの「里」だという。つまり,「里」より古い制度らしい)

646年,大化の改新の詔
670年,庚午年籍
というのが通説である。

だが,そこは古田史学,九州王朝説の立場から,
この「五十戸」木簡を,古賀達也さんは
「前期の難波宮=九州王朝の副都」から出たものと考え,
それが九州年号の「白雉元年(652年)」と重なることもあり,
九州王朝の証拠になるのではないかと書いていた。
私もその説に乗りたい。

というのも,3年前にテレビ番組を観て,
「日本古代ハイウェーは九州王朝の作った軍用道路か?」
という文章を書いたのだが(「古田史学会報」2012年2月号),
これも出土土器から7世紀半ばのものと考えられるからである。
(つまり650年頃のこと)

今ミネルヴァ書房から古田武彦氏の著作が
30冊ほども復刊されている。
「7世紀末まで九州王朝。8世紀からは大和政権」
この事実が,歴史の教科書に書かれるのは
いつの日のことだろう。

※ 古田武彦著『「邪馬台国」はなかった』(ミネルヴァ書房)
古田武彦著『失われた九州王朝』(ミネルヴァ書房)
古田武彦著『盗まれた神話』(ミネルヴァ書房)
以上3冊が,「古代史三部作」と呼ばれるものだ。
興味のある方は,ぜひお読み下さい。
今はインターネットで,すぐ注文できます。

「渡る世間は鬼ばかり」2015スペシャル前篇

もう放送はないだろうと考えていた「渡鬼(わたおに)」。
「妖怪ウォッチ」のゲラゲラポーじゃないが,
「みんな出て来い!」って感じだった。

「父・大吉が残した遺産は,約1億円。
五月らは,父親の面倒を見てきた長子が
すべてを受け継ぐべきだと主張するが,
長子は父の店「おかくら」をたたんで,
5人で平等に分けると言い出す。
それぞれにも入り用の事情があってー。
 相続を軸に展開される家族の会話の中で,
介護や共働き,教育格差といった
現代の諸問題を浮かび上がらせるのが,
「渡鬼」ならでは」と番組の案内にあった。

後篇は2/23(月)の放送だという。

2015年2月16日 (月)

仕事の優先順位

仮説実験授業関係の人にはわりとよく知られている
「4つの授業」というのがある。

ア.たのしくわかりやすい授業
イ.たのしいがよくわからない授業
ウ.たのしくないがよくわかる授業
エ.たのしくないしよくわからない授業

あなただったら,どういう順位をつけるだろうか。
ア→イ→ウ→エの順番になるだろうか。
この話は,板倉聖宣さんの『科学と教育のために』
という本の中に出ていて,印象的なものだった。
つまり,ア→イ→ウ→エの順番ではなかったということだ。

ところで,仕事についての優先順位だったらどうだろう。

ア.たのしくてとてもやりたい仕事
イ.たのしいがあまりやりたくない仕事
ウ.たのしくないがとてもやりたい仕事
エ.たのしくないしあまりやりたくない仕事

仕事という言葉自体が「やりたくないもの」という
響きをもっているけれど,いかがだろうか。
アやイはたのしいので置いておくとして.
ウはちょっと信じられないけれど,
やはりエが多いのが現実ではないだろうか。
そんな場合の対処の仕方を知っていると,
ストレスを減らすことができるかもしれない。
いや,確実に減らせるだろう。
なので,研究に値する。

ちなみに,肥さんの「たのしくないしあまりやりたくない仕事」
への対処法をいくつか。

(1)すぐできるものは,すぐやってしまう

そんなこと仕事に脳ミソを占領されたくないので,すぐやる。
そうすると,その仕事の「締め切り」のストレスから解放され,
担当者を喜ばせ(担当者のストレスを減らすことと同じ),
次の仕事へのアクセルをかけやすいからである。
「回覧板まわし」「集金」「アンケート」等,
時間をかけずすぐやってしまおう。

(2)完成はしないが,少し取り掛かっておく

今はパソコンという便利なものがあって,細切れ作業ができる。
「題名だけ書いておく」「小見出しをつけておく」という
作業をしておくと,あとでやる気になったり,時間ができた時に,
すぐにその仕事の続きができる。
私はこの方法を,授業プリント作りで使っている。
つまり,「ひな型」を作っておいて,少しでも時間がある時に,
そこからコピーして題名・小見出しを入れておき,
1時間の空き時間ができたら,一挙に内容を完成させる。

(3)「未完成品」の提出

自分でも完成した時のイメージがわかず困っている時は,過去の事例にあたるか,
仮に「未完成品」の提出をして,意見(文句)をいってもらうということもある。
「提案が出てこないこと自体」が相手のストレスになっていることもあるので,
「急がば回れ」という奥の手なのだ。
そして,だいたい人は,「意見(文句)を言って,それでおしまい」
ということはフツーはないので,のちのち助けてくれることも少なくない。
「相手が何を考えているかわからない」という状態を,できるだけ作らない。
また,「肥さんは,こういう人である」という
良い意味でのあきらめのイメージを持ってもらい,
「今の肥さんができること」で勘弁してもらおう。
「できないこと以外は,すべてできる肥さん」!

(4)餅は餅屋,パソコンは「パソコン屋」

「パソコン屋」という商売はないのだが,要するにパソコンが得意な人である。
私も「プログ方面」なら知識はあるが,仕事へのパソコン活用は難しい。
ところが世の中よくできたもので,確実に「パソコン屋」は存在するのだ。
その人にとっては,パソコンを使えること自体がたのしいことなので,
お礼を言ったり,褒(ほ)めたりして,代行してもらうという手がある。
日頃の人間関係と人間観察が大切である。

(5)「肥さんの夢ブログ」を,多方面に活用する

学級通信や部活通信のネタ作り,サークルの資料づくりや参加報告,
部活動の記録,情報収集,ストレス発散,コメントへの返事,
いろいろなことを「夢ブログ」で行っている。
仕事もといきたいが,あまりこの空間に登場させたくない気も・・・。
まあ,「夢ブログ」も1つの「生き物」なので,
今後どのように展開していくか,どうぞお楽しみに!
(とりあえず,100万アクセスまでは続けるつもりです)

昨日の部活動 2/15

昨日は,午後1~5時のコマだった。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。
(女バレは,木下弟コーチに)

次の大きな目標は,5月の協会長杯・県大会である。
6月には,学総体の市予選。
7月には,その県大会。

これらを頭に置いて頑張っていこう。
もちろんライバルたちも頑張っている。
それに負けないように,心身ともに鍛えよう。

所沢市の住民投票

「朝日デジタル」に載っていた所沢市の住民投票の記事を,
かいつまんで載せてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「航空自衛隊入間(いるま)基地に近い小中学校に
エアコンを設置するかどうかを問う
埼玉県所沢市の住民投票が15日に投開票された。

賛成が5万6921票で、反対(3万47票)を上回って過半数を占めた。
投票率は31・54%で、4年前の市長選(34・68%)を下回った。
エアコン設置という身近な問題が住民投票で問われるのは異例だ。
自衛隊機の騒音対策を施した「防音校舎」28校への整備計画を
初当選後に撤回した藤本正人市長に、有権者が再考を求める結果になった。

住民投票を求めてきた保護者たちは告示後、
防音校舎の窓を閉め切ると夏には授業に集中できないほど暑くなることなどを
主要駅の前に立って説明。
「子どもたちの学習環境を考えてほしい」と連日訴え、共感を広げた。
藤本市長は28校への設置で市の負担が約30億円に上ることを挙げ、
「エアコンを優先すれば、他の住民サービスに影響が出かねない」
などと訴えたが、浸透しなかった。

ただ、開票結果に法的拘束力はない。
条例は賛否いずれかが有権者数の3分の1(約9万3千人)以上に達したら
結果を重く受け止めるよう市長に求めたが、投票率自体が3分の1を下回った。
今回の住民投票にかかった経費は約4千万円。

文部科学省によると、全国の公立小中学校のエアコン設置率(普通教室分)は
昨年4月時点で32・8%。
埼玉県は48・9%で、47都道府県で最も高い東京都は99・9%だった。
(戸谷明裕)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結果も,投票率も,予想通りだった。
しかし,「開票結果に法的拘束力はない」となると,
いったいどういうことになるのかと,
所沢市民でもあるし,学校関係者でもある私は,
悩むのでありました。

2015年2月15日 (日)

ようやく「画像縮小」ができた!

パソコン・インターネットの師匠・
九想さんのアドバイスを参考に,
ようやく「画像縮小」ができた。ヽ(´▽`)/

私のやった手順は,以下のようだ。

(1)スタートから「すべてのアクセサリー」へ行く
(2)「アクセサリ」へ
(3)「ペイント」へ

ここまでスムーズに行ったのだが,
ここでつまづいて空白の時間・・・。(。>0<。)

(4)ファイルの中の「開く」へ
(5)ドキュメントから画像を指定する
(6)「伸縮と傾き」を開く
(7)伸縮の水平と垂直を10%にする
(8)×を押す
(9)保存するを押す
(10)これまで通りのやり方で写真を載せる

文章が大切とはいえ,
画像の情報量は小さくない。
また,画像なしでは楽しくない。

粘り強く支えて下さった九想さんに感謝です。
また,カナダの千恵さんをはじめ,
これまで画像を掲載できなかった方々のものも,
今後掲載できるようになります。
乞う御期待!

千恵さん提供の「カナダの写真」

今まで送っていただきながら,
陽の目を見なかったカナダの写真も公開します。
千恵さん,これまでごめんなさい。
びっくりするような色彩をご堪能下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo

ウォータートン国立公園

Photo_2

コロンビアアイスフィールド

Photo_3

タートルマウンテン

Photo_4

ナントンのアンティークショップ

Photo_5

ピンチゃークリークの風車

Photo_6

ペイトーレイク

Photo_7

ヘッド・スマッシュド・イン・バッファロー・ジャンプ

Photo_8

ボウレイク

Photo_9

ランドブレックの滝

Photo_10

レイクルイーズ

P1030110

愛猫たち

「おのくん」の旅(1/9~10)の写真

先日の「おのくん」の旅の写真です。
アップまでに,ひと月掛かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

002

電車の地図。青色がつけてあるところは,まだ不通です。

007

東松島市の案内図

008

仮設住宅の「おのくん」ハウス(1)

009

仮設住宅の「おのくん」ハウス(2)

010

ハウスの中(1)

011

ハウスの中(2)

012

ハウスの中(3)

013

復興した野蒜駅(1)

014

復興した野蒜駅(2)

015

松島海岸駅(夏の大会の場所+被災地訪問の起点)

[♪音まち♪]の広告に

[♪音まち♪]のインターネットの広告に,
4月4日(土)の第3回花咲くコンサートの記事が載ったと,
主催者の方から教えていただきました。
(私の名前もちらっと・・・)(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[♪音まち♪]は、所沢市が取り組んでいる
「音楽のあるまちづくり(=略称「音まち」)」推奨の音楽イベントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年04月04日(土)

小手指公民館分館 2階ホール

.たくさんの心を束ねて大きな花束に
♪音まち♪ チャリティ「花咲くコンサート」

〔出 演〕

ぼちーばんど(アイルランド音楽)
なの花所沢(レクダンス)
ゴパンチョ(ハモリ戦隊)
ゆうなの会(琉球舞踊)
ききゅう(合唱団)

◎被災地からの報告/肥沼孝治
 「おのくん」~ソックモンキーを利用した被災地発の新たな取り組み

♪コーラス:みんなで歌う「花は咲く」

※すべての収益は「東日本大震災みやぎこども育英基金・奨学金」へ寄付

主催:花咲くコンサート実行委員会


期  間 2015年04月04日(土)
時  間 開場13:30 開演14:00
料  金 ¥500
会  場 小手指公民館分館 2階ホール
住  所 〒359-1141 所沢市小手指町4-22-2

ブロックスとペーパーブロックス

「ブロックスと250人の笑顔」という記事を,
以前ここで書いたことがある。
宗さんを中心としてつくられた発砲スチロール製の教材で,
底面積がその国の人口を表し,
高さが1人当たりのGDPを表すというスグレモノだ。
これを黒板に貼っていくだけで,その特徴の違いから,
世界の経済状態を鳥瞰(ちょうかん)できるというワケだ。(o^-^o)

ところがこれは,大変手間のかかる作業を必要とする。
私は1万円でこのセットを分けていただいたが,
作業スピードの遅い私がやったら,
とてつもなく時間が掛かりそうで,
「それなら売っていただこう」と早く決心できた。
それが「250人の笑顔」につながった。
割り算すれば,1人当たり40円ということ。
もし,3年後にまた使えれば,1人当たり20円となる。

高さ=長さではもう限界に近く(1mくらい),
黒板から細長く延びた立体(発砲スチロール)を支えるのが,
付属の磁石では心もとなくなってきている。(。>0<。)

そんな状況の中,登場してきたのが平野さんのペーパーブロックス。
黒板から飛び出すというより,机の上で眺めるという感じだが,
(それでも,ルクセンブルグは50cmほどの高さ)
何しろ紙(画用紙やケント紙)に印刷して立体を作ればよく,
高度な作業も必要ではない。
31国作るのが,3~4時間というのがやや難だが,
分子模型づくりだって,「空気の中の分子たち」を作れば,
2時間は掛かるだろうから,そんなに多いとは言えないかも。
1度やってみたいなと思っているところだ。
まず自分でやってみて,感じをつかまないとネ!

31か国の完成版・・・4000円+送料
31か国の設計図・・・1000円+送料
31か国のデータ・・・500円+送料

堀江さんの「生類憐みの令」講座

「よりたのサークル」が主催する
上記の講座に参加してきた。
(飯能・日高サークルの皆さん,ごめんなさい!)

講師は,ルネッサンス高校で,
美術や社会科(前回は「沖縄」をやった)を
数時間のスクーリングで教えている方だ。

私よりいくつも年上の先生だが,そのパワフルなエネルギーと
ほかの人から学ぶ(特に,板倉先生やメグちゃんこと
伊藤恵さん)吸収力で,群を抜いている方だ。
(私はだいぶ前に「日本の戦争の歴史」で,
川崎で行われた講座の助手をさせていただいたことがある)

堀江さんの今回の成果は,以下の3つだと思った。flair
(1)板倉先生の原作を生かしつつ数時間のルネ校版を作った
(2)その授業を支える「掲示物」を用意した
(3)ほかの先生も(私も含む)実施できるように講座を開いた

010

約10人のこじんまりした会だったが,
内容は充実し,大いに参考になった。
メグちゃんほかのアドバイスもよかった。

講座後,高揚した気持ちを歌でさらに盛り上げようと,
一旦は「農家」をめざしたが,
来週末の歌会までとっておくことにした。
(土曜日に,しゅーぞさんと頭慢さんが出演する)

2015年2月14日 (土)

情けは人の為ならず

2日間休日部活動が「終日」だったので,
休養ということで本日はなしにした。
(私もたまには休みたいし・・・)

ところが,4人のボランティア担当の先生で,
予定を確認していたら,
なんと本日参加できるのは私だけ!(。>0<。)

しかたがない。
「情けは人の為ならず」というコトワザもある。
ここでひと肌脱いで,
あと2回は勘弁してもらうことにしよう。

来週末は,オープン戦!

卒業を祝う会などで忙しくしていたら,
なんともう2月半ばである。

卒業式(3/13)まであと1ヶ月だし,
楽しみなプロ野球は,来週末にオープン戦が始まる。

まだ舞台は沖縄だが,
新聞のスポーツ面にプロ野球が出ていると,
なんとなくウキウキするものである。

2月21(土)は名護で,日ハム戦。
ぜひ白星スタートで飾ってほしいものだ。(o^-^o)

2枚の授業プリントを作る

昨日は頑張って,
朝のうちに1枚・放課後1枚と,
合計2枚の授業プリントを作った。

私は5クラスの担当なので,
2枚×5クラスで合計10時間分の授業プリントが
用意できたことになる。

来週前半までにもう1枚用意すれば,
週の途中に休みのない来週も乗り切れそうだ。

また,来週はテスト準備期間に入るので,
体調がよくなければ「テスト勉強」という手もある。
(テスト範囲は,どのクラスも終わっている)

こういう心のゆとりが,大切なのである。
余裕がないとストレスが溜まるし,
楽しい情報も聞き逃してしまう。

それにしても,ここのところ年休と出張に
振り回らされている私である。

2015年2月13日 (金)

今春の楽しみな古代史研究本の出版

今春は楽しみな古代史研究本の出版が,
少なくとも2冊ある。以下のものである。

(1)『古代に真実を求めて』18集

多元的「聖徳太子」研究がいよいよ出版の運びとなる。
要約していうと,従来の「聖徳太子」伝説は,
九州王朝の「聖徳太子」の伝説からの「盗用」であった
ということだろうか。
これは古田史学の九州王朝説を知らない人には,
まったく理解しがたいことだと思うが,
今から1300年前に起きた白村江の戦いの結果,
(つまり倭国=九州王朝が壊滅し,大和政権がバトンを得る)
「前王朝の持っていた伝説さえも奪う」という事態となったものだ。

(2)『古代に真実を求めて』別冊の『三国志』倭人伝研究

それに続いて,上記の企画も進んでいる。
倭人伝の研究は,古田武彦氏の『「邪馬台国」はなかった』の
基礎となったものである。こちらも楽しみな1冊となりそうだ。

ついにストックなし

インフルエンザが猛威を振るった先々週は,
部活の朝練もなくなり,それで1時間浮き,
なんと1週間=3時間分の授業プリントのストックができた。

ところが,その後インフルエンザが治まり,
逆に「卒業を祝う会」が猛威を振るい出し,
それに加えて自習監督で「空き時間」も喰われ,
現在はついにストックなしの状態となってしまった。(。>0<。)

期待した昨日も,学校に行ってみたら,
自習監督等で時間が取られ,
本日の「空き時間」に望みをかけている。

授業プリントのストックがあると,
精神的にもゆとりがあっていい。(o^-^o)
ぜひ数時間は確保しておきたいと思っている。

2015年2月12日 (木)

4校交流会

昨日は,富岡中の大きな体育館を1日お借りして,
東西の4校が交流会を行った。
その結果は・・・?

対慈恩寺中 1ー3(25ー27,22ー25,13ー25,15ー10)
対越谷中央中 3ー0(25ー14.25ー18,25ー9)
対富岡中 0ー2(22ー25,23ー25)

初戦の慈恩寺中との試合を接戦の末落とすと,
その後の試合も接戦の末負けるという,
精神的に疲れる展開の試合が多かった。
(この日の喫した5敗のうち,4敗が3点差以内の負けだった)

その原因は・・・。
声が少ないので良いリズムを作れず,
こちらが攻めないので相手に攻められ,
気持ちが守りに入っていて人任せになり,
最後は自滅して失点する,
というお決まりのストーリーだ。

この道はいつか来た道・・・。
もう同じ失敗はやめよう。
いくら練習したって,試合で声が出なければ,
相手のペースで試合が進められてしまうのだ。
そこに「勝利の女神はいない」ということが,
いくらなんでももうわかったのではないか。
もう「声ケチ」(そう見える)はやめてほしい。

最後にやった慈恩寺中との15点マッチが
唯一の救いだった。
声が出ていて,良いリズムで戦えた。
確かに慈恩寺中は連続試合で疲れていたが,
我が校が唯一見せた意地だった。

ところで,越谷中央中との3セットは,
我が校の快勝だったわけだが,
ウィルス性胃腸炎で何人もの生徒が不参加だったそうだ。
どおりで人数も少なく,県大会に出てくるチームとして
まとまりに欠けている印象を覚えたので,
事情を聞いてみて事実が判明した。

昨日も,木下兄コーチにお世話になった。
また,2人の保護者の方々に応援いただいた。
ありがとうございました。

2月14日(土)は,「お休み」とします。
15日(日)は,午後1~5時。
21日(土)は,午前11~午後2時。
22日(日)は,午後1~5時。
これで,テスト前停止期間(1週間前)となります。

どうしたら声が出てくるか

「どうしたらハッピーな気分になれるか」という本を
読んだことがあるが,そこにはこう書いてあった。
「とにかく作り笑いでもいいから,口角をあげて笑うこと」だと。
心は体が自由になると動き出す。
だからまず,体を動かしてみるという方法は確かに有効だ。

我が校の男バレの場合でいえば,「どうしたら声が出るか」。
それは,「出したくなくても,口を開いて声を出すこと」ではないか。
それには,練習前に「アエ・イオ・ウオ・アオ」と
演劇部がよくやる発声練習をするのもいいし,
校歌を歌うのもいい(どこかの学校がやっていた)。
体の体操とともに,「口の体操」をやってみるといいだろう。
意外に簡単に,「閉ざされていた声」が出てくるかもしれない。

第2の解答

「なぜ他県の人が群馬の高崎サークルに通うのか?」
という問いに関する「第2の解答」です。

私の「肥さんの法則」の何番目かに,
「そのサークルの実施時間>そのサークルへ通う時間」
というのがあります。

たとえば昭島サークルに私が通うのに,
往復で2時間かかります。
しかし,2時から6時まで4時間参加できるので,
(対費用&時間効果としても)
上記の不等号は成立する(参加したくなる)ということです。
もし群馬から昭島サークルに通うとなると,
ほかに何か理由(仮説社に寄るとか)が必要になるでしょう。

ところが,上記の不等号は,
埼玉→群馬の場合ビミョーになるワケです。
私の場合,往復4時間かかるので,
ほぼサークルの実施時間とイコールになってしまうからです。
(普通のサークルだったら行かない可能性が高い)

ところが,「そこに山(魅力的な高崎サークル)があるからさ」
というあの名言に加え,
「そこに「サークル通信」や「速報」があるからさ」という
第2の名言が加わるというわけです。

サークル後の「速報」や「サークル通信」で楽しむ時間は,
何時間もあるので,不等号「>」は高崎サークルの場合成立するのでした。
「だから,私は高崎へ・・・」という新曲を作ろうかな?(笑)

2015年2月11日 (水)

本日の試合会場は富岡中です

本日の試合会場は,富岡中です。
当初上中の体育館となっていましたが,
富岡中を1日使えることがわかったので,
そちらに向かいます。

午前7時半,正門前に自転車で集合。
8時過ぎについて,9時から試合だと思う。
あいては,富岡中,慈恩寺中,越谷○中の3校。
1日の試合で,全員に出場のチャンスがあると思う。
場合によっては,1年生同士の試合もあるかも。

たとえどんなチームが相手でも,
全員で守り全員で攻める気持ちを忘れずに!
何しろ我が校の合言葉は「全員バレー」。
それを再確認する1日にしよう。

最近油断したプレーからの連続失点が少なくない。

油断したプレー → 人まかせのプレー 
→ 相手からの攻撃 → 防戦一方 → 
相手のミスでようやくきっかけを得る → かろうじて勝つ

こういうバレーボールは,もうやめよう。
市内予選突破が目標なら,これでいいかもしれないが,
我が校の目標は県大会ベスト4である。

「攻めなければ攻められる」
「声を出さなければ声を出される」
いやというほど味わってきたはずだ。

「守り重視」の学校とは方向性が違う。
我が校のめざすのは,「攻撃は最大の防御なり」だ。
積極的に攻めて勝利をつかめ!

「ゲラゲラポー」の意味

今日本は「妖怪ウォッチ」まっさかりといった感があるが,
その主題歌の出だしである「ゲラゲラポー」の意味をご存知だろうか?

私はこれまでの経験から,
ゲット・アップ(起きろ)を速く言うと「ゲラップ」と聞こえるので,
「ゲラゲラ」は「ゲット・アップ」×2ではないかと推理した。
「ポー」は変な感じの言葉なので,
お化け,妖怪の意味ではないかと・・・。

そんなことを考えながら「ゲラゲラポー」で検索したら,
ありましたありました。「Get up Get up All」説。

つまり,2回目の「p」に次の「All」がくっついて,
「プオー(ル)」となって「ポー」と聞こえるのだという。

全体の意味としては,「みんな出て来い!みんな出て来い!」
という意味だということになる。flair

ちびまる子ちゃんの「ぴーひゃら ぴーひゃら ぱっぱぱらぱー」は
印象的ではあるが,特に意味がないようであるが,
「妖怪ウォッチ」の方はちゃんと意味があったというワケである。

昨日の「成果」

火曜日は「空き時間」が多くて好きな半面,
「自習監督にも恵まれている」という火種的要素もある曜日だ。

さて,昨日はどうだったかというと,
本来の火曜日の時間割通りのままできた!
ということで,たくさん仕事がこなせた。

(1)学年だより」33号(2時間連続で「群読」「合唱」の練習)
(2)部活通信(2つの大会の賞状とトロフィー)の印刷
(3)「群読」用のファイル作り~僕の・私の「生きる」,練習日程
(4)そしてもちろん,通常の授業・3コマ  

朝練のあとの全校朝会では,男バレが2つの大会で3位だったことの
紹介をしてもらうことができてよかった。
(1年生大会の「幻の賞状」も入れれば,
本当は3位が3枚だったのだが・・・)

2015年2月10日 (火)

5通の「速報」が乱れ飛ぶ高崎サークル

昨日の朝,5通の「速報」メールが送られてきた。
高崎サークルの峯岸さんからである。
まさか主催者としても,こんなに大量の「速報」を
送ることになろうとは,予想していなかっただろう。
そこに高崎サークルの「今」が象徴されていると思うので,
少々書いてみることにする。

第1信・・・峯岸さんのスタート講演にまつわるもの
第2信・・・森さんと私のもの(資料一覧を含む)
第3信・・・市原さん特集
第4信・・・当日書いた感想を品川さんがまとめたもの
第5信・・・私の「本当の感想文」特集
(「サークルは1つの「実験」である!」とは別のもの)

高崎サークルでの峯岸講演は,
「このサークルで大切にしているものは,○○です」
というような話がスタートだった。
正解は,「評価」であったが,第2の正解は「ケーキ」。
これを肥さん博士は,次のように分析した。

評価・・・右脳が担当する論理的な分野
ケーキ・・・左脳が担当する感性的な分野

高崎サークルが今盛り上がっているのは,
この評価とケーキ,つまり右脳と左脳のバランスが
とてもいいからではないかと思う。

いくら「評価」が素晴らしいといっても,
そればかりじゃあつまらないし,
新しい人が入ってくる時の敷居が高くなる。
かといって,「ケーキ」を延長して,
夕飯まで出すようになると,
それはただの「食いしん坊」サークルとなってしまう。

程よい「評価」と程よい「ケーキ」のバランスこそ,
サークルを盛り上げる要素なのである。

中学校でよく言われる格言に,こういうのがある。
「部活でがんばれた生徒は,受験でもがんばれる」
という一種の「経験則」である。

勉強・受験・・・右脳
部活・・・左脳

その一方,「勉強をがんばりたいので,部活をやめます
という生徒のほとんどは,成績が下がる」という
悲しい「第2法則」もある。
バランスを崩した個人(集団)に未来はないのである。

「評価」ということで,峯岸さんの「速報」の内容で,
なるほどなと思ったことがある。
反応がないのは,マイナスなのではなく「0」と考える。
「マイナスの反応」があったら改めればいいので,
「反応なし」の人はけっこう楽しんでくれているのかも
しれないではないか(と考える)というものである。

これは私の場合,「夢ブログ」への反応が当たる。
「反応がない」のは決してマイナスに考える必要はない。
それより,内容を充実することに力を注ぐべきなのであった。

まだ月曜なのに・・・

まだ月曜なのに,体がくたくたになった。
1つは諸事情からだが,もう1つは時間割変更。

時間割の変更というのは,意外に影響が小さくない。
5日間のバランスを考えて作られている時間割は,
極端なものにならないように配慮がされているのがフツーだ。
しかし,曜日を入れ替えるとどんなことが起きるかというと,
先ほどと反対に「極端なことが起きる」ということになる。
具体的には,あるクラスだけがたくさん進み,
別のクラスの授業がつぶれたりといったことが起きる。
特に卒業を祝う会の練習は,コンスタントにやりたいところだが,
先週の木曜日にパート練習を行ったと思ったら,
もう昨日には体育館の全体練習が入ってくるという次第だ。
(そして,次の全体練習はなかなか来なくて,10日後に・・・)

昨日は,5校時が武道場での群読の練習。
私が,谷川俊太郎の「生きる」の指導をした。
小6の光村の国語の教科書には載っているらしいのだが,
残念ながら所沢市はそうではないらしく,
手を上げさせたらあまり知っている者はいなかった。
(まあその分,新鮮に取り組めるということはあるが・・・)

五連に分かれているのを5クラスで分担して,
個々のセリフをやってもらう予定だ。
「生きているということ 今生きているということ」
という5回のリフレインは180人が全員で言う。
その声量で体育館を響かせたいところだが,
昨日のところはまだ,武道場に響くところまでだった。

体育館の音響関係が不調ということで,
いつも使っているマイクを持っていかれてしまった。
仕方がないのでハンドマイクに頼ったが,
聞き取りにくいと言われてしまった。
モルテン杯の応援で,のどを使いすぎ,
まだ月曜だというのに,声の方がピンチである。

昨日の部活動 2/9

昨日から下校時間が5時15分となり,
部活動が5時まで出来るようになった。
15分の違いというのは決して小さくない。
ぜひそれを利用して,練習をしていこう。

本日の全校朝会の中で,
先月の「川越冬季大会(3位)」と
日曜日の「モルテン杯(3位)」の
表彰が行われるはずだ。
男バレにとっては「晴れの舞台」。
かっこよく受け取ってきてほしい。
ちゃんと練習して,成果を出しているワケだから,
胸を張って賞状とトロフィーをもらおうぜ。

午後練は「定休日」なので,
山口公民館の練習をしていただけるはずだ。
木下兄コーチ,よろしくお願いいたします。

明日は,富岡中での4校対抗。
相手はどんなチームなのかよく分からないが,
自分たちのバレー=「全員バレー」の原点に立ち返って,
みんなで守り,みんなで攻撃する動きを確認しよう。

先日のモルテン杯は出場できなかった人もいたが,
今回は「全員出場」が可能だと思う。
その準備をしっかりしておいてほしい。

天気予報も「晴れ時々曇り(降水確率10%),
冬型もゆるんで最高気温12℃」といい感じのものである。
その通りなら,自転車で,午前7時半に集合・出発。
1日の大会なので,当然お弁当も必要です。

2015年2月 9日 (月)

高崎サークル 2015年2月例会(2周年)の感想

上記の会の感想を書くことにします。
これまで会の感想はおしまいの方の短い時間に書くだけで,
もったいないことをしていましたが,
資料の多い高崎サークル対策?用として,「二段構え」でいくことにしました。
つまり,「直後感」と「読後感」の2つに分けて,
前者を当日に書き,後者は近日中にメールで峯岸さんに送るというやり方です。
この「実験」,いかがでしょうか?(市原さんもすでにやっているかな?)

(1)峯岸さん「高崎サークル立ち上げへの道 ~僕の学んだ組織論~」
(2)峯岸さん「峯岸昌弘年図」
(3)峯岸さん「高崎サークル・会計報告 2014(2年目)」
(4)峯岸さん「続・サークルの言葉 2015」
(5)峯岸さん「高崎・たのしい授業入門サークルニュース 2013年2月号」
(6)峯岸さん「高崎サークルニュース・2013~2014のCD」

(1)~(5)は,スタート講演にまつわるもの。
冒頭,「評価」(右脳的な象徴)と「ケーキ」(左脳的な象徴)の両方を
大切にするサークルとして発足したことを再確認して,
全体としては,サークルの組織論についてたくさん話されました。
演題は,「高崎サークル立ち上げへの道 ~僕の学んだ組織論~」。
私の中では,「昭島サークルから,中さんや峯岸さんが消えてしまった謎」
というのがあって,それが「中さんの主催する会」にまつわることだと知りました。
私はその会の存在を知らなかったわけではないのですが,
時々開かれる「中さんの会」の様子を,参加した小泉さんなどから聞き,
「いいなあ。でも,今の私には参加できる環境にない(週末の部活等)」と,
「あきらめの教育学」(笑)でした。今考えると,残念無念。
しかし,1人の人間の歴史なんてそんなもので,
体が1つしかない私たちは,常に選択しながら毎日を過ごしている。
そして,私は先週の土曜日に高崎サークルに参加したわけだから・・・。
「なんで埼玉県の人なのに,群馬県のサークルに通うのか?」という問いに,
私は胸を張って言いたいと思います。
「そこに山(高崎サークルという魅力的なところ)があるからさ」
年図も良かったし,発足当時のサークル通信の再印刷も良かったです。
さらにサークル通信のCDまでいただけるとは,峯岸さんは,サービス精神の塊です!

(7)荒居さん「まねできるたのしい音楽をめざして」
(8)荒居さん「★たのしい音楽授業 パターン★」
(9)荒居さん「たのしい輪唱「ひつじがうたいます」」

荒居さんの音楽指導に,私は何回もお付き合いしているが,
その度に「進化している」という印象を持っていました。
美術の黒田さんの作られているものもそうだが,
かなり「授業書」に近づいている感じがしました。
対外的には「授業書」という言葉を安売りしたくはないし,
誤解を招きたくないので「何かいい言葉はないかなあ」と今考えています。

(10)森さん「○○○しい ~調べたくなる その言葉~」

「黒板目一杯に,子どもたちが発表した内容を書き出したい」という欲望を,
子どもたちも先生たちも持っていると思うのですが,
それを満たしてくれるような授業プランです。初出は,北海道の水口さんだとか。
実は私にも,似たような経験があって,「刑事事件」のビデオ(覚せい剤不法所持)を
子どもたちに視聴させておいて,容疑者の若者が有罪か無罪かを理由をつけて意見を言

という内容の公民的分野の授業でした。
この時も黒板目一杯に「有罪」と「無罪」の理由が書き出され,大満足。
最後に,「先生は,どちらだと思いますか?」と聞かれ,
「もう,どちらでもいい。黒板目一杯に書くことができたことがうれしいです。
だから,どちらも正解です」と答えたことがありました。

(11)市原さん提供「2015 東日本たのしい授業フェスティバル」(3/28~29)のパン

(12)市原さん話題提供「もしも講師になったなら」の会(2/14)のパンフ
(13)市原さん実物提供「ナフタリンの代わりのハッカの結晶(1100円)」
(14)市原さん「資料の数とページで振り返る ぼくの10年間の成長」
(15)市原さん「1月から始めた3つのこと ~貯金・減量・運動~」
(16)市原さん「必要なものを見極める力とは? ~本や資料の整理法~」
(17)市原さん「たのしさを広げる・伝える ~授業でつながるみんなの笑顔~」

昭島サークルで最初にあった頃は若者という感じでしたが,
もう立派な中堅教師の市原さんです。
昭島サークルと高崎サークルの両方からバランスよく学び,
また独自のツールを利用して,資料をたくさん作っておられます。
私が20歳以上年下の市原さんから刺激を受けるのは,
そんな市原さんの「柔軟な学習姿勢」なのかなあと思います。
もちろん,私は現在肉体的には56歳ですが,
心意気だけは市原さんと同じ30代だと思っているのです。

(18)藤倉さん「学級通信「Green gables」38号 ~たのしいケーキ作り
~」

いちごのデコレーションケーキを作るのって,もしかしたら子どもたちのあこがれでは

多少お金が掛かっても,子どもたちに支持される内容なら親もOKだと思いました。
ただ,突然提案すると親も驚くし,批判も受ける可能性があるので,(特に若い先生は

「たのしい授業カレンダー」として,予告しておくといいかも。
もしかしたら,この授業が「年間1位」になる子がいるかもしれませんね。

(24)都丸さん「学級通信「ぼちぼちいこか」19号 ~同じことをしても,違う結果に
~ 《ものとその重さ》より」

今回は《ものとその重さ》の「はかり」に関する話題でした。
やはり仮説のサークルは,授業書に関する話題が共通点。
授業書があまり実施できていない私にとっては,うらやましい限りです。
都丸さんが,今年の「品川賞」を受賞されました。
「1番困った顔をしているのが都丸さん」という面白い構図でした。

(25)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~藤倉さん紹介『それでも僕は夢を
見る』の感想」」
(26)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~続・『それでも僕は夢を見る』の
感想」」
(27)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~黒田さんの追試「絵刻字」の感想
」」
(28)品川さん「あっという間の2周年に思う」

周りの状況に冷静に配慮しながらも,たのしい授業に対しては譲らない。
そこに峯岸さんが品川さんを高崎サークルの共同主催者になってもらった秘密があるよ
うな気がします。
また,この2人のコンビへの信頼が,高崎サークルへの信頼と重なって見えました。
それと,前回藤倉さんが紹介した『それでも僕は夢を見る』をさっそく次の例会に
感想として持ってくる素晴らしさ。これには脱帽します。(私もかろうじて,鉄拳DV
Dの紹介)

(29)星野さん「進路便り ~職場が変わると職種が変わる!?~」

時間がなくて,資料についての話をうかがえず残念でした。
教えていただいた川嶋直著『KP法』(みくに出版),さっそくアマゾンで注文しまし
た。
また,星野さんのスタート講演も聞いてみたいと思っています。

(30)峯岸さん「道徳・読物プラン〈初恋〉」
(31)峯岸さん提供「授業プラン〈初恋〉はイイよ(小沢さんのクラスの感想)」
(32)峯岸さん提供「他にないほど高視聴率の〈初恋〉(四ヶ浦さんの資料)」
(33)峯岸さん提供「〈初恋〉を聞いてくれた1ーAのみなさま(中さんのクラスへの
手紙)」

これについては,時間切れで紹介がありませんでしたが,
評判が良さそうなので,私も扱ってみたくなりました。
中学生だと「初恋」はイメージしやすいと思うしね。

モルテン杯 2015

昨日は,モルテン杯で4試合を戦い,
3位(坂戸桜中とともに)を獲得した。

木下兄コーチにお世話になった。
車出し&応援にも,たくさんの保護者の方々に
お世話になった。

【予選リーグ】 午前中,富士見西中にて

対勝瀬中 2ー0(25ー20,25ー16)
対鯨井中 2ー0(25ー10,25ー6)

【決勝トーナメント】 午後,富士見東中にて

対富士見西中 2ー1(25ー21,19ー25,25ー18)
対富士見東中 0ー2(8ー25,4ー25)

富士見西中は,2年前のチームが,旧太井高校杯で,
「大躍進」をするきっかけとなった「相性のいい」チームである。
ぜひ2年後輩の君たちも「大躍進」のきっかけを得て,
5月に行われる協会長杯・県大会
&6月の学総体・市予選および7月の県大会で,
「大暴れ」してほしい。

2015年2月 8日 (日)

昨日の帰りに

昨日は,小田原方面に帰る荒居さんと話しながら帰った。
個性のかなり違う2人だが,年齢は近い(3つ私が年上)ので,
メールマガジンやホームページ,ブログやフェイスブックなどへの
考え方を交流でできてよかった。
要は,ツール自体に罪はなく,
使い手の私たちがそれらをどう活用していくかにかかっている
ということである。
私も戒めとしたい。

新秋津駅のエスカレーターを上がるところで,
所沢北高の男バレと出会った。
しばらく前に練習試合でお世話になった。
練習試合かと思ったら,新人戦だったという。
結果は聞かなかった(良ければ彼らから言ってくるだろうから)が,
午後8時頃だったということは,
けっこう後半まで残っていたということだろうか。
こちらは本日,モルテン杯(富士見西中で予選リーグ。
勝ち上がれば富士見東中で決勝トーナメント)。
1つでも上に勝ち上がりたいものだ。

サークルは1つの「実験」なのだ!

昨日高崎サークルに行ってきた。
すごく刺激を受ける2周年の例会だった。
「サークルは1つの「実験」である!」
私は,そう感じた。

(1)峯岸さんがホワイトボードに資料名を書き出した
(2)品川さんが午後3時にケーキに向かって歩き出した

実はこの2つは,先月の例会後,
私が「高崎サークルへの2,3の提案」という文章で
提案したものだった。
さすが高崎サークルを主宰しておられる2人。
さっそく真っ先に「実験」していただいたというわけである。
それにすぐ気がつき,私が「2番手」となったのはいうまでもない。

(3)峯岸さんが講演の資料として年図や例会の統計的な内容を紹介した
(4)峯岸さんがグラフ式の会計報告をした
(5)市原さんが自分の資料の「10年間」の変化をグラフで表現していた

これらは,見えないものを見えるようにする試みで,
私もできるだけチャレンジしていきたい。
年図は,仮説の会ではもうフツーに描かれるように
なってきているのがうれしい。

(6)荒居さんが「スピーカー」を5つ買ってきた
(7)市原さんがハッカの結晶を3つ買ってきた
(先日は「妖怪ウォッチ」ゴム印をありがとう!)
(8)私が「《もし原》色ぬり用紙」をコピーしてきた

荒居さんのは「たのしい音楽」のためのもので,
市原さんのは《三態変化》のためのもので,
私のは,もちろん《もし原》のためのものだ。

山本五十六の語録に,
「やって見せ 言って聞かせて させてみせ
褒(ほ)めてやらねば 人は動かじ」というのがあるが,
たのしい授業の実践への道も,
「買ってこなけりゃ 人は動かじ」ということなのだと思った。
(気持ちだけじゃ,たのしい授業は実現できないもん!)

(8)森さんの「○○○しい」という資料
(9)品川さんの「『それでも僕は夢を見る』の感想」や「絵刻字の感想」

これらは,水口さんや藤倉さんや黒田さんの実践の追試である。
教育の世界では残念ながら模倣が軽んじられ,
それゆえ真の創造の機会を失っていることが多いが,
高崎サークルの「模倣意欲」にはとても素晴らしい。
そもそも仮説実験授業の授業書を行うという行為自体が
基本的に模倣作業なのであり,
私たちは「価値あるものを見つけて追試する」という
まっとうな文化継承のあり方を実践しているというべきなのだろう。

(10)星野さんが川嶋直著『KP法』(みくに出版)を紹介してくれた

この本は,私が12月に行った講演のやり方と似ているらしい。
つまり,話す内容を紙に書いておいて,それをつなげて構成していく。
ちょっと興味をひかれたので,アマゾンで注文してみますね。
ありがとう,星野さん!

総じて,サークルは1つの「実験」なのだ!
ということで,今日はお開き・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『KP法 シンプルに伝える紙芝居プレゼンテーション』
川嶋 直 著/みくに出版

 著者の川嶋さんは山梨県清里のキープ協会で、自然の
意味や面白さを伝えるインタープリテーションという仕
事を30年以上務めてこられた方です。

 自然と人をつなげるために、自然の素晴らしさを分か
りやすく伝えることを追究するなかで、「KP法」(紙
芝居プレゼンテーション法)というコミュニケーション
手法が生み出されたそうです。

 KP法自体はキーワードやイラストなどを描いた手書
きの紙をホワイトボードなどに貼りながらプレゼンテー
ションをするというシンプルな手法です。 

 しかし、シンプルな手法を実践するためには、聞き手
への徹底した細やかな気配りが必要であることが本書を
読むとよく分かります。

 本書にはKP法を実施する上で必要なノウハウが満載
ですが、本書の構成自体が読み手目線で分かりやすくま
とめられており、実用的です。

 プレゼン力を身につけたい方はもちろん、人に伝える
仕事に就いている方、コミュニケーションやプレゼンの
新しい手法を求めている方にはおすすめの一冊です。

高崎サークル 2015年2月例会

昨日は,なんと「高崎を停車しない新幹線」に乗ってしまう!(冷や汗)
というアクシデントにもめげず(「次は,軽井沢に停車します・・・」),
「おのくん」としばしの軽井沢経由の小旅行をしつつ(笑い),
上りの新幹線を待つ間に「コップのフチ子さん」もちゃっかり手に入れて,
その上ちゃんと集合時間には間に合って(エヘン!),
高崎サークルの2月例会=2周年に参加してきた。

参加者は,12名(峯岸さん,品川さん,美里さん,新井さん,都丸さん,
星野さん,永島さん,市原さん,藤倉さん,森さん,荒居さん,私)。
資料は,私のカウントでは33本だった。
(会の中身を伝えるのを優先し,実際には配付されていないものも含む。
また同様に,題名や副題を少し変えさせていただいているものもあります。
その責任は,私にあります)

スタート講演は,峯岸さんの「高崎サークル立ち上げへの道 ~僕の学んだ組織論~」。
その講演の感想やたくさんの資料についてのコメントは,明日載せることにする。
とにかく楽しく内容の充実した2月例会だった。

【資料一覧】

(1)峯岸さん「高崎サークル立ち上げへの道 ~僕の学んだ組織論~」
(2)峯岸さん「峯岸昌弘年図」
(3)峯岸さん「高崎サークル・会計報告 2014(2年目)」
(4)峯岸さん「続・サークルの言葉 2015」
(5)峯岸さん「高崎・たのしい授業入門サークルニュース 2013年2月号」
(6)峯岸さん「高崎サークルニュース・2013~2014のCD」

(7)荒居さん「まねできるたのしい音楽をめざして」
(8)荒居さん「★たのしい音楽授業 パターン★」
(9)荒居さん「たのしい輪唱「ひつじがうたいます」」
(10)森さん「○○○しい ~調べたくなる その言葉~」

(11)市原さん提供「2015 東日本たのしい授業フェスティバル」(3/28~29)のパンフ
(12)市原さん話題提供「もしも講師になったなら」の会(2/14)のパンフ
(13)市原さん実物提供「ナフタリンの代わりのハッカの結晶(1100円)」
(14)市原さん「資料の数とページで振り返る ぼくの10年間の成長」
(15)市原さん「1月から始めた3つのこと ~貯金・減量・運動~」

(16)市原さん「必要なものを見極める力とは? ~本や資料の整理法~」
(17)市原さん「たのしさを広げる・伝える ~授業でつながるみんなの笑顔~」
(18)藤倉さん「学級通信「Green gables」38号 ~たのしいケーキ作り~」
(19)肥沼さん「肥さんの夢ブログ ~祝 高崎サークル2周年」の巻~」
(20)肥沼さん「肥さんの夢ブログ ~「おのくん」の巻~」

(21)肥沼さん提供「鉄拳のDVDの内容紹介 ~同僚がやっていた道徳の教材~」
(22)肥沼さん提供「《もし原》色ぬり用紙 ~1時間でも《もし原》ができる!?~」
(23)肥さん「肥さんの夢ブログ&肥さんのホームページの紹介」
(24)都丸さん「学級通信「ぼちぼちいこか」19号 ~同じことをしても,違う結果に~ 《ものとその重さ》より」

(25)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~藤倉さん紹介『それでも僕は夢を見る』の感想」」
(26)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~続・『それでも僕は夢を見る』の感想」」
(27)品川さん「学級通信「仲間と笑顔で輝いて ~黒田さんの追試「絵刻字」の感想」」
(28)品川さん「あっという間の2周年に思う」
(29)星野さん「進路便り ~職場が変わると職種が変わる!?~」

(30)峯岸さん「道徳・読物プラン〈初恋〉」
(31)峯岸さん提供「授業プラン〈初恋〉はイイよ(小沢さんのクラスの感想)」
(32)峯岸さん提供「他にないほど高視聴率の〈初恋〉(四ヶ浦さんの資料)」
(33)峯岸さん提供「〈初恋〉を聞いてくれた1ーAのみなさま(中さんのクラスへの手紙)」


2015年2月 7日 (土)

祝 高崎サークル2周年 ~ 高崎サークルと肥さん

高崎サークル(正式名は,高崎たのしい授業入門サークル)が,
この2月で2周年となる。
本日は,その主催者の1人である峯岸さんのスタート講演もある。

埼玉に住む私が何ゆえ高崎サークルに通うのか?
それを少し書いておきたい。

(1)峯岸さんという魅力的な先生

私にないものをたくさん持っている先生である。
小学校の先生であり,その場でいきなりバク転もでき,
中さんに学んで道徳プランの開発にもいそしみ,
私の授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」を
小6で何回もやって下さっており,
かつて昭島サークル(正式名は,たのしい教師入門サークル)で
お会いしていたが,今はふるさと高崎にサークルを立ち上げ,
仮説実験授業を中心としたたのしい授業の実践を行いつつ,
得意の体操を生かした体育の授業プランを作られている。
要するに,期待の中堅教師といワケなのである。

(2)品川さんと始めた高崎サークルと先生方との交流

その峯岸さんが,品川さんという小学校の先生と,
高崎サークルを始めることになった。
中堅教師の峯岸さんが,ベテラン品川さんと見事な協力関係を築き,
それに個性的なベテラン,中堅,若手の先生方が集まっているのが,
高崎サークルの魅力である。
中には以前からお付き合いのある都丸さん,門馬さん,森さん
などのような方もいて,初参加からまったく違和感がなかった。
そこへ,今乗りに乗っている市原さんの大活躍である。
スタート講演やインターネットをフル活用したサークル通信等,
数ある仮説実験授業のサークルの中でも,
今もっとも充実しているものの1つと言っていいのではないか。
その末席を私も「おすそ分け」いただいている。

(3)高崎サークルと私の2年間~立ち上げ,ブランク,復活

2013年2月例会(第1回)8名参加,資料20点

・肥沼~青春の悩み相談~私はカウンセラー
・肥沼~川は川 砂漠は砂漠(私の原案を根本さんが読本化したもの
・肥沼~私と生徒と仮説実験授業~実践30年のあゆみ
・肥沼~肥さんの「はみだしたの」30年 

2013年3月例会(第2回)12名参加,資料18本

※ 堀江さんによる〈沖縄〉の講座

・肥沼~高崎たのしい授業入門サークル例会報告(2月)
・肥沼~肥さんのホームページ&夢ブログの案内

2013年5月例会(第4回)12名参加,資料30本

・肥沼~「定番」を意識した学級通信16号分
・肥沼~1人あたりGDPを「ブロックス」で表す
・肥沼~たのしい授業&たのしい時間をふり返る

2013年7月例会(第6回)10名参加,資料30本

・肥沼~「フラッグス・る?」から「ブロックス」へ
・肥沼~「ハモネプ9」を見せ終わる
・肥沼~教育実習生の道徳「名言を作ろう!」


中一夫さんを囲む会 in 高崎(2013年8月)

参加者は,20数名。資料数は,30数本。

・肥沼「八面六臂の活躍をする中一夫さん」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブ  ラ  ン  ク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年10月例会

・ミニガリ本(「カンブリア宮殿」に学ぶ)…資料参加

2014年12月例会 参加者12名,資料20本以上

・肥沼~ミニ講演「中学社会33年~〈仮説〉と部活と古代史と~」
  (関連資料・①肥さん年図,②肥さんの「論文」一覧,
   ③授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」
   ④分野別・社会科の授業プラン他)

2015年1月例会 参加者13名,資料27本

・肥沼~「年賀状 2015」
・肥沼~「肥さん賞~高崎サークルが受賞」
・肥沼~「社会科チャレンジ問題「都道府県名と違う17の県庁所在地名」
・肥沼~「六二三八六八九八一五…の歌」
・肥沼~「宮城県東松島市の「おのくん」の取り組み」

2015年2月例会(本日)

・肥沼~ 「祝 高崎サークル2周年 ~ 高崎サークルと肥さん」
・肥沼~「肥さんの夢ブログ・・・おのくんの巻」
・肥沼~「鉄拳のビデオ紹介」
・肥沼~「〈もしも原子が見えたなら〉用・色塗り用紙」

学校の長いトンネルを抜けると…

「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」
というのが,川端康成の『雪国』の冒頭だが,
月曜の「5分の5」授業から始まり,
卒業を祝う会にまつわる様々な仕事にも耐え,
さらに授業の予習や自己評価シートの作成もこなし,
1週間の「長いトンネル」を抜けた。

来週以降もまた「長いトンネル」は続くが,
今週の経験をたよりに,頑張っていきたい。

本日の高崎サークルや,日曜日のモルテン杯,
そして,水曜日の4校での練習試合という
楽しみも待っている。

また,月末に「おのくん」の「里帰り」も行う予定で,
昨日コンビニで,2月27日(金)の
夜行バスのチケットを3人分購入してきた。
(前回の4人掛けはきつかったので,(。>0<。)
今回は3人掛けにした)(o^-^o)

昨日の部活動 2/6

昨日は金曜日だったが,
体育館の「中」の活動だったので,
30分くらいはやれたはずだ。

しかし,学級委員と月曜日の総合(木曜日課のため)の
打ち合わせをしていたために,
まったく練習に行くことはできなかった。

そして,本日もK先生におまかせして
高崎に出かけるので,
次に会うのはモルテン杯当日ということになる。
どうか,ケガなく,病気なく,モルテン杯を迎えたい。
今回のモルテン杯の目標は,3連勝して準決勝に進み,
富士見東中と対戦することである。

相手は強いが,戦う前から気持ちが負けていたら,
それこそ成長の機会を逃す。
挑戦あるのみ!

人はなぜ嘘をつくか?

私も嘘をついたことがあるし,
「私はまったく嘘をついたことがない」という人は,
それこそそのことが嘘だったりもするが,
学校の先生である私は,
生徒がつく嘘と30年以上付き合ってきたことになる。

「カウンセリング・サービス~うそつきの心理学」というサイトによると,
人が嘘をつく理由は7つあるそうである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うそをつく理由は、大きく7つに分類されます。

(1) 相手のためを思ってつくうそ
(2) その場から逃れたいからつくうそ
(3) うそをついていることに本人も気づいていないうそ
(4) はじめはうそをついてないつもりが、結果としてうそになってしまううそ
(5) 楽しさからくるうそ
(6) 悪意のあるうそ
(7) その他のうそ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)が1番多くて,(1)や(3)がそれに次ぐだろうか?
そして,嘘というものは,その特性として,
「1つ嘘をつくと,それを繕うために2つ目の嘘をつかなくてはならなくなり,
最後には「自分のことを信じない相手がいけないのだ!」と責任転嫁する」
という事態に至ることが少なくない。

こういう心理状態の時に,人は「守り」に入っているので,
自分の「壁」を破ろうと頑張るより,自分の嘘がばれないように
自分の「壁」を厚くして,自分を守ろうとする形となる。

その結果,進歩することなく現状で空回りし,
せっかく持って生まれた能力を発揮せずに終わる。
そんな残念なことは,ぜひなくしていきたい。
だが,生徒の嘘をうまく見抜き,成長につなげるのはなかなか難しい。

2015年2月 6日 (金)

世界の人口問題

世界の人口問題の単元は,私の好きな単元だ。
概算の素晴らしさを伝えることができるからである。

世界の人口は,現在72億人である。
(私は「世界の人口」というサイトを「お気に入り」に入れている)
1950年の25億人の約3倍だ。

そして,人口爆発と呼ばれる大変な問題に私たちは直面している。
これを概算を使って実感してみる。

1年間に・・・約1億人増えている
ひと月に・・・約1000万人増えている
1日に・・・約30万人増えている
1時間(この社会科の授業の間に)・・・約1万人増えている
1分間・・・約200人増えている
1秒間・・・約3人増えている

「つまり,1秒間に,おぎゃー,おぎゃー,おぎゃーと
3人の赤ちゃんがうまれていることになります」(爆笑)
これを何回か繰り返し,楽しむ。

「ところが皆さん,ある生徒がこんなことに気がつきました。
先生,その計算に死ぬ人が出てきていません」
なるほど,と再計算してみると,どうも1秒間に2人亡くなっている。
それでは,3人増えるというのは・・・□-2=+3ということである。

「そう,赤ちゃんは3人生まれるだけでは,足りなかったのです!
つまり,1秒間に,おぎゃー,おぎゃー,おぎゃー,おぎゃー,おぎゃー,
(大爆笑)と5人生まれ,それと同時に2人の方がパタり,パタリと亡くなる。
これが正解だったのです。これを人口爆発といいます」

生徒たちの授業の感想には,
「人口爆発の意味がよくわかりました」
と書いてくれる。

そして,人口問題は,食糧問題でもある。

1秒間・・・約3人分増やす必要があり
1分間・・・約200人分増やす必要があり
1時間(この社会科の授業の間に)・・・約1万人分増やす必要があり
1日に・・・約30万人分増やす必要があり
ひと月に・・・約1000万人分増やす必要があり
1年間に・・・約1億人分増やす必要があるのだ

初めてのパート練習

いろいろあった上での初めてのパート練習。
音楽のK先生の「てこ入れ」と,
学級委員たちの頑張りと,一般生徒たちの協力で,
第1回はなんとか及第点で終えることが出来た。

私は学年練習の担当として,
今週かなりナーバスな心理状態だった。(。>0<。)
なので,昨日は「最初の一歩」が歩めてとてもうれしかった。(o^-^o)
だが,大切なのはこれからだ。

どういうわけか,月曜日に「木曜日課」が入り,
2時間練習を組織しなければならない。
この2時間は,まだ歌以外の部分ははっきりしていない。

5時間目・・・昨日と同じ形のパート練習
6時間目・・・入場&通し&退場+説明

ということになるだろうか。

私のつもりでは,出し物として,
谷川俊太郎「生きる」の群読を推薦している。
学級委員会の面々も賛成してくれたので,
初挑戦だがやってみたい。

昨日の部活動 2/5

昨日は45分授業+清掃なしで,
専門委員会を行った。

その結果,3時20分~4時45分まで,
1時間半近く部活動を行えた。

2/8のモルテン杯と2/10の四校の練習試合を
控える我が校としては,とても助かる形となった。

本日もラッキーなことに「中」(体育館)である。
この勢いで,モルテン杯に乗り込もう!

2015年2月 5日 (木)

谷川俊太郎の「生きる」の群読

谷川俊太郎の「生きる」の群読は,
前からやってみたいと思っていた。
学年の出し物で有力な「対抗馬」もないようなので,
再浮上させ,学級委員会の賛同も得た。

基本は,「生きているということ・
いま生きているということ」は全員で群読し,
個々の部分を学級委員が分担する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生きる(男・    ) 空行は②拍,改行は①拍あける

谷川俊太郎(女・    )

生きているということ(全員)
いま生きているということ(全員)

それはのどがかわくということ(男・    )
木漏れ日がまぶしいということ(女・    )
ふっと或るメロディを思い出すということ(男・    )
くしゃみをすること(男・    )
あなたと手をつなぐこと(女・    )

生きているということ(全員)
いま生きているということ(全員)

それはミニスカート(女・    )
それはプラネタリウム(男・    )
それはヨハン・シュトラウス(女・    )
それはピカソ(男・    )
それはアルプス(女・    )
すべての美しいものに出会うということ(男・    )
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと(女・    )

生きているということ(全員)
いま生きているということ(全員)

泣けるということ(男・    )
笑えるということ(女・    )
怒れるということ(男・    )
自由ということ(女・    )

生きているということ(全員)
いま生きているということ(全員)

いま遠くで犬が吠えるということ(男・    )
いま地球が廻っているということ(女・    )
いまどこかで産声があがるということ(女・    )
いまどこかで兵士が傷つくということ(男・    )
いまぶらんこがゆれているということ(女・    )
いまいまがすぎてゆくこと(男・    )

生きているということ(全員)
いま生きているということ(全員)

鳥ははばたくということ(男・    )
海はとどろくということ(女・    )
かたつむりははうということ(男・    )
人は愛するということ(女・    )
あなたの手のぬくみ(女・    )
いのちということ(男・    )

3年生の皆さん,ご卒業おめでとうございます。
この谷川俊太郎さんの「生きる」の詩のように,
今,今を大切にしながら生きていって下さい。(女・    )

私たちもこれから先輩たちの後を継ぎ,
充実した中学校生活にしていきます。(男・    )

最後に「明日のために」という曲で,
先輩たちのご卒業をお祝いします。
どうぞお聞き下さい。(女・    )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「明日のために」を演奏する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで,2年生の出し物を終わりにします。
ありがとうございました。(男・     )

2/8モルテン杯と2/11練習試合の件

【2月8日(日)のモルテン杯の件】

車出しをしていただけることになったので,
午前7時集合・出発で,最初は富士見西中に出かけます。
午前中に大勢が決まりますが,
勝ち残った場合には富士見東中への移動となります。
また,負けてしまった場合にも西中で練習試合がある予定。

ただしその際,1年西部選抜に選ばれている
M君・W君・N君の3人は,花の木中で練習があるそうなので,
途中で抜けての練習試合ということになります。

時間~正門前に午前7時集合・出発。
お弁当などの用意。
ユニホームなどの用意。


【2月11日(水)の練習試合の件】

慈恩寺中を招いて午前中に練習試合を行う予定でしたが,
昨日の朝,富岡中と連絡をとったところ,
その日には1日体育館が使えるということで,
あちらに会場を移動することにしました。

参加校~富岡中,越谷○中,慈恩寺中,私たち

時間~正門に午前7時半に集合して,自転車で行きます。
1日なので,当然お弁当が必要です。

(これをコピーして,プリントでも配ります)

『たの授』2月号の感想

仮説社御中

肥さんです。
『たの授』2月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』2月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1)1700年代の科学とフリーメイソンの科学者たち(板倉さん,多久和さん,実籐さん)

いよいよフリーメイソンについての連載が始まりました。
キリスト教の縛りの少ない環境の私たちが,
フリーメイソンについての「謎解き」をする時が近づいたのです。
これから連載をまとめて,仮説社から本が出せれば,
さらに素晴らしいと思います。

(2)たのしい理科をありがとう!(出口さん)

小学6年生との最後の仮説実験授業は,《電子レンジと電磁波》。
10年前の授業ということが書いてなければ,
つい最近の授業のように感じられるのではないでしょうか。
出口さんの授業は,卒業する6年生たちにとって,
最高のプレゼントになったと思いました。

(3)感動の離任式(市原さん)

サークルでいっしょだったため,新任以来,市原さんのことを
拝見してきた私にとって,市原さんの活躍はすごくうれしいことです。
さらに最近では,仮説実験授業自体の興味も深められているとか。
さらに成長する姿を見られる日も,そう遠くないことでしょう。

そのほかにも,根本さんの「バレンタインデーで楽しむ3つの授業」や
由良さんの「仮説実験授業で表彰されました」など,
たのしい記事が満載でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の「『たの授』○月号への感想」の書き方を紹介しておきます。

(1)まず,「仮説社御中 埼玉の肥さんです。
『たの授』○月号で特に良かったのは,次の3点です。」
とここまで一気に書いてしまいます。
「3点」というのは,「うそも方便」で仮の数字です。
あとで,2つなら「2点」と書き換えます。

(2)(1)から(3)まで,題名・著者・私のコメントを書く。
「全部読み終わってから感想を書く」というのが正式かもしれませんが,
私の体力がもたないし,締め切りに間に合わなくなるので,
気になる記事を読みながら,3つ選んでいく感じです。

(3)4つ以上になった時は,(4)とせず,
「そのほかにも・・・」という風に付け足します。
これは,編集部が短い記事を必要とする際の配慮(切りやすくする)です。
もちろん,私は良かったと思って書いているわけです。

(4)私は『たの授』の編集委員なので,毎月3日に『たの授』が届くと,
「1ケタの日にち(9日)」までにメールで送るようにしています。
「来月号は18日が締め切り」と聞いた気がするので,
早めに送るようにしているのです。

(5)時には(今回がそうですが),コピーしておいて,
『たの授』の宣伝も兼ねて「夢ブログ」の記事に転用します。
「一石二鳥」ということです。
「夢ブログ」から「学級通信」への転用は,日常茶飯事です。
コピペ(コピー&ペイスト)は,やはり能率的ですから。

(6)時に『たの授』公開編集委員会に参加して,
「今何が話題になっているか」「どんな記事が必要か」
「グラフで必要なものは何か」等,情報を仕入れてきます。

「居心地の良さ」の研究

「居心地の良さ」の研究なんて,あるのかと思っていたら,
インターネット検索してみると,あるある・・・。
きっと現状を,「居心地が良くない」と思っている人が多いせいなのだろう。

中には「居心地研究会」というものや,
「居ごこち学会」2011年10月30日設立 於:国際文化会館
なるものも存在するらしい。

私も「居心地の良い」空間で時間を過ごしたいが,
「居心地の良い」環境は,現状を肯定しがちで,
研究意欲にはプラスにつながらないという意見もある。

しかし,「居心地の良い」環境を求める心は,
さらに「居心地の良い」環境を求めると思うので,
その心配はいらないと思う。

「居心地の良さ」っていったい何なのだろう。
やはり,研究に値する。

お年玉年賀状プレゼント

仮説社から封筒が届いたので,
何だろうと思ったら,
「お年玉年賀状プレゼント」であった。

品物は,「一気のみストロー(3m)」。
『たの授』2月号の後ろの方に
当選者の名前が出ていたのだが,
残念ながらそれに気がつかなかった。

こういうものにはあまり縁がないと,
心が思い決めてしまっていたからだろうか。
仮説社からの年賀はがきが
見つからなかったこともそれを助長した。

年の始めからプレゼントをいただけたことを,
幸先よしと素直に喜ぶことにしよう。(o^-^o)

2015年2月 4日 (水)

秀吉上司なら「うるさ型」?

「秀吉上司なら「うるさ型」?」という興味深い記事が,
今朝(2015年2月4日)の朝日新聞に出ていた。

秀吉は生涯に,約7000通の「文書」を出したそうだ。
信長だと,約1400通で,
家康だと,約3700通である。

これを寿命の年数で割り算してみる。

信長・・・1400÷48=29(件/年)
秀吉・・・7000÷61=114(件/年)
家康・・・3700÷73=50(件/年)

信長や家康と比べると,かなり件数が多い。
それを「うるさ型」と見るか「慎重派」と見るか,
立場によって違ってくると思うが,
こうやって「計算してみる歴史学」という
新しい研究分野があるのは,
少なくとも人物研究としては興味深い。

大豆の五目煮

昨日の節分。
給食の副菜には「大豆の五目煮」が出た。

給食のメニューは,けっこう季節感を出そうとして,
いろいろ考えてくれる。

今から30年前の節分には,
「炒り大豆」がビニールの小袋で出された。
「校内暴力」の時代である。
その「炒り大豆」は,「鬼は外,福は内」と,
少なからず教室内外にまかれてしまった。

その後,節分の副菜に「炒り大豆」が出ることは
2度となかった。(苦笑)

ビール式健康判定法

自分が健康かどうか判定するのに,
ビールを使うとよくわかる。beer

先月の社会科サークルの新年会は,
その「どん底」にいた。
あの日は,ビールも苦かった。

値段の高い「プレミアムモルツ」が苦いと,
何のために注文したのかという後悔にもつながる。

あれから2週間。
若い頃に比べると本当に遅々たる歩みだが,
私は少しずつ健康を取り戻してきた。
ビールの味覚が次第に「すごく苦い」から,「苦い」へ。
さらに「やや苦い」から「今日は苦くない!」へと,
変化してきているのだ。

昨日は,九想さん,翔空さんとの「3人オフ会」だったが,
その楽しさも手伝ってか,なんとかトントンまで漕ぎ着けた。
ということは,これからの私は,
順調にビールの「甘さ」を楽しめる段階に入ってきた!
ということではないだろうか。

ビール式健康判定法は,けっこう正確に
私が健康かどうか判定してくれる。
他の食品の味覚は戻っているのに,
これだけはまだ戻っていなかったのであるから・・・。
ただ,この判定の最大の難点は,
けっこうお金がかかるという点にある。

(読者の声「ビールを飲まなければ,
もっと早く元気になるのでは?」)

2015年2月 3日 (火)

いきなり「5分の5」スタート

5打数5安打なら猛打賞で,
翌日のスポーツ紙を飾るところだが,
週明けから諸事情で,授業がいきなり「5分の5」となった。
猛打賞を超えて,「もうだめでしょう」である。(。>0<。)

その上昨日は職員会議に部活。
そのあと卒業を祝う会の仕事と,
「よどみなく」(ああ,よどみたい。笑)続いた。

ただ,別の諸事情から,リベロのN君に
「西部選抜への召集」という朗報も!(o^-^o)
(ぜひチャンスを生かしてほしい)

朝練に行ったのが午前7時半で,
退庁したのが午後6時半。
合計11時間の長時間労働でございました。

まだ週明けなので,ささやかに
缶ビールで「お疲れ様!」。
(体調が回復してきて,あまり苦くなかったのが,
唯一の救いであった・・・)

今年も楽天戦を応援に

一昨年の1位から昨年の6位へと,
急落した楽天であったが,
今年は新戦力も加入し,
自信をつけてきた若手投手の活躍も期待できるので,
Aクラス・クライマックスシリーズ参戦を目標に
応援を頑張っていきたいと思う。

昨日西武ライオンズファンクラブから手紙が届き,
今年の西武球場(西武プリンスドーム)での試合日程がわかった。
楽天ファンの私が,なぜ西武ファンクラブに入っているかというと,
チケットの値段が格段に安くなるからである。
例えば一般で当日買うと,内野自由席でも2500円するのが,
ファンクラブなら1800円。
さらに前売りなら1600円まで下がるのだ。

・4月14日(火)と15日(水)
・5月22日(金)~24日(日)の3連戦
・7月14日(火)と15日(水)
・8月19日(水)と20日(木)
・9月26日(土)と27日(日)

10試合くらい西武球場で観戦し,
あとはロッテマリンや東京ドームで数試合という感じだろうか。

「おのくん」その後

ソックモンキー(靴下で作った人形)の「おのくん」は,
その後以下のように活躍してくれている。

まず,勤務校の200人近くの生徒や先生ににその存在を知られ,
4月4日(土)に行われる第3回花咲くコンサートで
「おのくん」の話(10分)を私がすることになり,
2月27~28日にその主催者の方たちと東松島市陸前小野の仮設住宅を
訪問(私の「おのくん」にとっては,初の「里帰り」!)することが昨日決まり,
2/7の高崎サークルで「おのくん」その後を報告をする予定。

私が「おのくん」の「里親」になったのが,1月11日(土)のこと。
それからわずか1ヶ月足らずの間にずいぶん私の「おのくん」は活躍してくれた。
もちろん動いているのは私なのだが,
その私を動かしてくれているのが「おのくん」の存在なのだ。
たかが「おのくん」,されど「おのくん」。

あなたもぜひ「おのくん」の「里親」になって下さい。
1体1000円です。陸前小野の仮設住宅内で作っています。
インターネットでも購入できますが,数ヶ月待つらしい。

※「おのくん」については,「おのくん」のサイトがあるので,
「おのくん」で検索して訪問してみて下さい。

2015年2月 2日 (月)

『エースと呼ばれる人は何をしているのか』

夏まゆみ著,サンマーク出版刊,
1400円+税の上記の本を入手した。

夏まゆみの名前を聞いてピンと来た人は,
なかなかのアイドル通かもしれない。
モーニング娘。やAKB48のダンスの指導は彼女によるもので,
私は本の題名に目をとめて,著者の名前にピンと来たという訳である。
半年ほど前に出た本だ。(私とほぼ同世代。彼女は4歳下)

著者は,「彼女は,「ほとんどの人には,
エースになれる可能性がある」という。
ただし,エースになれる人は,
「エースになれる資格」を持っている人だというのだ。

正しい考え方や習慣が大切で,
「成長するため」の「正しい方法」を続けている,
それが成功する人が持っている「エースの資格」なのだという。

では,正しい考え方や習慣とは何か。

(1)自己を確立し
(2)自信を持ち
(3)前に向かって進む

「これを身につけるだけで,誰でも成長し,
成功への道を歩むことができる」というのだ。

具体的なエピソードは,各章のなかに書かれているのだが,

第2章・・・エースは群れない~「自己確立」のための思考法
第3章・・・エースの努力~「正しい努力」が「自信」を生む
第4章・・・エースの習慣~「前進」するための生き方

と少しだけ紹介しておこう。

ここに書いているエースとは,芸能界にとどまらず,
一般の職業にも通じることだという。

長年「エース」を育てる仕事(の素晴らしさと難しさ)を
経験してきた人の本だけに,説得力があると私は思った。

昨日の部活動 2/1

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
コーチはご自分のチームの試合ということで,
生徒たちで運営した。
(女子は,木下弟コーチにお世話になった)

私も何かできるということはないかということで,
ちょうど1週間後に行われているモルテン杯について,
「今(  )中と戦っている!」情報をホワイトボードに書いた。

8時45分・・・鯨井中
9時半・・・勝瀬中
10時半・・・富士見西中(準々決勝)
午後1時・・・富士見東中(準決勝)←今回の目標
午後1時45分・・・坂戸桜中(決勝)

あと,「当日までに残された練習時間」を
おまけとして書いておいた。
(冬場なので,意外と少ない)

幸い昨日は,全員集合。
あらためてモルテン杯を意識した練習ができた。

2015年2月 1日 (日)

2回目の音楽酒場「農家」訪問記

昨日,2回目の音楽酒場「農家」訪問をした。
昨日も「居心地のいい時間」を満喫した。(o^-^o)

素晴らしいことに,前回の訪問で忘れてきた上ジャージが
ハンガーに掛かっていて,無事持って帰れた。
お世話かけました。m●m

「愛の世代ズ」は,2番目にステージに登場し,
楽しいやり取りを見せてくれた。
また,「じいちゃんの唄」はさらに磨きが掛かり,とても心に響いた。flair
(衣装も金と銀のスパンコールで,とても目立った)w(゚o゚)w

007

私は「愛の世代ズ」うちわで応援し,写真もたくさん撮った。 
写真を撮っていて思ったのだが,
なかなか2人とも静止している瞬間がないのだった。camera(^-^;

次回の「農家」でのライブは,4月25日(土)とのこと。
また応援に駆けつけたいと思う。happy01

ほかの出演者さま(たまちゃん,チコさん,緑川涼さん)の
クオリティー(歌やギターテク)の高さも驚いた。(゚0゚)
いろいろなライブに出ていることからもわかるように,
みんな自分を磨いているんだなあ。
私も負けずに(とは言わないけれど)すごいなあ,と思った次第。

あと,相変わらず感じたのが,「農家」の居心地の良さ。(o^-^o)
いられるなら,ずっとこの空間で時間を過ごしていたい。
そんな気持ちになる隠れ家ですね。これも研究に値する。

オープンマイクの時間には,しゅーぞさんも私も
ステージに上がって歌った。

008

私は,オリジナルの「君に」(高2の時作った歌)と
南こうせつとかぐや姫の「妹」を歌った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

君に   肥沼孝治 作詞・作曲

いつの間にか 僕の心に 君が入り込んでいて
不思議なくらいに 楽しいのさ 僕の僕の心が
君の微笑みが 素敵だから 僕は君のそばにいたいよ
僕の心を わかっておくれ 僕は君を本当に好きだよ

君は人の 心を迷わせる 力を持っていたんだね
夢のように すぐに消える そんな恋はいやだよ
君の微笑みが 素敵だから 僕は君のそばにいたいよ
僕の心を わかっておくれ 僕は君を本当に好きだよ

昨日の部活動 1/31

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。

コーチ自身バレーボールを現在もされているので,
その経験から様々なアドバイスをして下さる。
もっと貪欲にコーチから学んだり,
いい意味で盗んだりしてほしい。
コーチもそれを望んでおられる。

1年生が上手くなることが,
今後の大会にも大きく影響する。
確かに1年生はいい素質を持っている者も少なくないが,
「自分を磨こう」とする意識はまだ2年生に及ばない。

特にレシーブについては,まだまだ鍛える必要がある。
コーチに対人をお願いするなど,
いろいろ方法は考えられると思う。

保護者の方から「モルテン杯の車が確保できた」
との連絡をいただいた。
ありがたい。これで安心して練習ができる。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ