« 今週の社会科チャレンジ問題 1月(2) | トップページ | 咳が出る »

2015年1月13日 (火)

「妖怪ウォッチ」のジバニャン

今小学生を中心に「妖怪ウォッチ」というマンガが大ヒットしている。
科学教育を進めていく立場からは,
「どうかなあ」という意見もあるだろうが,
子どもたちに何ゆえウケているのかという観点での興味と思って下さい。
(以前の「AKB48」と同じ)

とりあえず,ジバニャンを知っていると,
(「ポケモン」ことポケットモンスターで言えば,
ピカチゥーのような人気キャラクターである)
「話のわかる大人,先生」ということになるので,
インターネットで検索してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「妖怪ウォッチ」に登場する、妖怪サイドの主人公的存在のキャラクター。

車に撥ねられて死んだ、地縛霊の猫妖怪。プリチー族。

初期の好物は魚介類。アニメ版や『2』ではチョコボーというスナック菓子が大好き。
二股に分かれた尻尾と耳カットのある左耳、そして腹巻が特徴。
腹巻は自分のチャームポイントを増やして存在感を出すためにつけている。
ゲームのCMにおいて「タママ?」と思った人はいるハズである。

『妖怪ウォッチ』のマスコットキャラクターともいうべき妖怪で、
ポケモンのピカチュウみたいに、妖怪ウォッチと言ったらこいつ的な存在。
ゲーム版でもパッケージを飾っている。
(…もしかしたらポケモンのマスコットが鼠だからこっちは猫にしようという魂胆だったのだろうか。)

やたら重い過去の割に、暢気で一応前向きな性格。
最初に友達になる妖怪であり、主人公とも基本的に仲が良い。
アニメ版のケータは、バトルの際にはまずジバニャンを呼ぶことが殆ど。

しかし、ぐうたらで図々しいところもあることから主人公と衝突することもあり、
いざというときに囮にされるなど、散々な扱いを受けたこともある。
アニメ版と『2』では、他の地縛霊に場所をとられてしまったため、
主人公の家に居候することになる。

自らを撥ね殺したトラックにリベンジを果たすため、
日々トラックに立ち向かっては負け続けていたところを、主人公と出会い、友達になる。
実際のところ、何度立ち向かっても負け続けている上、ぐうたらな性格ゆえか、
実は他の趣味にも結構精を出しているなど、
トラックへの復讐の優先順位はそんなに高くない様子。
また、生前の名前などはとうに忘れてしまっている。

過去

トラックに撥ねられて致命傷を負ったところへ、
飼い主だった女の子であるエミちゃんから
「車にひかれて死ぬなんて………ダサっ」
と言われ、失意の中生涯を終えたという、
とても子供向け作品とは思えない暗い過去を持つ。

その結果、トラックに負けない猫となって
エミちゃんに見直して貰いたいという強い思いから、
地縛霊となってこの世に留まり、
道路を走ってくるトラックにリベンジを挑む日々を送るようになった。

しかしそもそも、仮にエミちゃんと再会出来ても、
妖怪ウォッチを持たない人間にはその姿が見えないので
見直してもらうのはまず無理である。

また、彼が撥ねられて死んだのがいったい何時のことなのかさえもう判別出来なくなっており、
下手したら何年も前の可能性もあることから、彼の思いが報われる日が来る可能性は低い。
生前の名前は「アカマル」。

エミちゃんとは互いにとても仲が良く、
特に、ある理由から家庭の空気が非常に悪かったエミちゃんにとって
アカマルは最大の理解者だった。

しかし現在は、ジバニャン自身ですらも生前の記憶を少なからず失っており、
基本的にエミちゃんのことが大好きだったことと、
死の間際にひどいことを言われたことしか覚えていない。

仲の良い関係から死を迎えるまでに、
彼とエミちゃんの間にどんな出来事があったのかは、
アニメ版第25話「ジバニャンの秘密」、
続編ゲーム『本家/元祖』で明らかになる。
なおアニメの脚本は、生みの親である日野晃博氏が担当している。

主なジバニャンの技

必殺技は連続パンチを繰り出す「ひゃくれつ肉球」。
見た目とは裏腹に威力はそこそこ高く、
走行中の自動車を一時的に食い止めるほどのパワーがある。
ゲーム版では敵全員に連続でダメージを与える全体攻撃。

通常攻撃は爪で敵をひっかいて攻撃する『するどいつめ』と、
小さな炎を放って攻撃する『火花の術』。
ただしこれら2つはアニメ版で使用しない。

太鼓の達人などにゲスト出演するなどのアウェー戦略をとっているジバニャンだが、
著名人から奥義を勝手に伝授してもらっていることがある。

世界的映画監督からコメディアンとしての持ちネタ・【コマニャチ】を…
殿様系国民的コメディアンから持ちネタ・【ニャイーン】を…
おフランスがえりの出っ歯さんからは、伝説のポーズ【ニョエー】を、

それぞれ習得している。効果は自身の目で確かめよう。
ちなみにニョエーの仕様に関して責任は持てません。
アニメでもこれらの奥義を召喚時に披露している。
どれがいつ出てくるのかは召喚するケータの気分次第のようだ。

それ以外の武器としては、腹巻にしまいこんでいる「のろい札」という黄色い札がある。
相手の足元に貼り付け、足を痺れさせて素早さを下げる効果がある。
妖怪メダルやバトルでこの札を使っていることは確認できるが、
通常技同様本編のイベントやアニメでは使用する描写は無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)ジバニャンのキーホルダー・・・仙台駅で購入(450円)

かばんに付けておいたら,すでに子どもたちに「発見」されている。
2~3cmくらいの小さいものなのに!

(2)「妖怪ウォッチ・スタンプ」・・・市原さんより譲ってもらう(1000円)

このスタンプを社会科の検印に使ったら,どういう反響があるか。
本日より「実験」開始!

« 今週の社会科チャレンジ問題 1月(2) | トップページ | 咳が出る »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の社会科チャレンジ問題 1月(2) | トップページ | 咳が出る »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ