« 1年生大会・地区大会 2015 | トップページ | NHKテレビ「サイレント・プアー」の再放送 »

2015年1月18日 (日)

満月の夕(ゆうべ)

夜中に目が覚めて,テレビ(NHK)を付けっ放しにしていたことに気がついた。
沖縄民謡風の演奏が流れていて,なぜか引きつけられた。
それは,「満月の夕(ゆうべ)」という曲だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

満月の夕(ゆうべ)

風が吹く港の方から 
焼け跡を包むようにおどす風
悲しくてすべてを笑う 乾く冬の夕

夕暮れが悲しみの街を包む
見渡す眺めに言葉もなく
行く宛てのない怒りだけが
胸を熱くする

ヤサホーヤ 唄が聞こえる 眠らず朝まで踊る
ヤサホーヤ 焚き火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 生命で笑え 満月の夕

声のない叫びは煙となり
風に吹かれ空へと舞い上がる
言葉にいったい何の意味がある 乾く冬の夕

飼い主を亡くした柴(犬)が
同胞とじゃれながら車道を往く
解き放たれすべてを笑う 乾く冬の夕

ヤサホーヤ 唄が聞こえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ 焚き火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 生命で笑え 満月の夕

解き放て 解き放て 生命で笑え 満月の夕
解き放て 解き放て 生命で笑え 満月の夕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ウィキペディア」を調べてみると,こんな事情で出来た歌のようだ。
長文になるが,引用させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の惨状、復興への厳しい現実、
それらに向き合おうとする被災地の人々の姿が歌い込まれている
(震災当日の夜、満月がのぼっていた)。

関西に活動拠点を置くソウル・フラワー・ユニオンは、
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットという別動隊バンドで、
被災した阪神各地の避難所を数多く訪れ慰問ライブを行っている
(1995年だけでそのライブの回数は百回を越えている)。

ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬と
ヒートウェイヴの山口洋はかねてより親交が深かった
(「盟友関係にあった」といってもよい)。
その中川に招かれて被災地を訪れた山口もまた、
その惨状を目にして思わず言葉を失ったという。

同年2月10日、被災地の神戸で慰問ライブ活動を開始した
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットの中川が、
2月14日、神戸市長田区の南駒栄公園で行ったライブの光景を元に、
山口と作った主旋律の一部に乗せて一気に書き上げた。

その日の神戸の空には、震災から丸一か月の満月が浮かんでおり、
最大余震の到来が噂される中、ライブを観る被災者たちが口々に
「満月を見るの、怖いわ」と言っていたのを中川が耳にしたことから
この唄は産まれている。

ヒートウェイヴのヴァージョンは、
同年3月にソウル・フラワー・ユニオンの同曲を聴いた山口が、
自身の住む東京から見た被災地への思いを「書き足した」もので、
中川、山口両者ともに、現場の違い(神戸・東京)により産まれた
お互いのヴァージョンを認め合っている。

2015年1月17日にはNHKで「「満月の夕」~震災が紡いだ歌の20年~」
と題したドキュメンタリーが放送された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が観たテレビ番組は,本当にその最後の部分だったが,
いい歌を知ることができたので,掲載させていただいた。

« 1年生大会・地区大会 2015 | トップページ | NHKテレビ「サイレント・プアー」の再放送 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1年生大会・地区大会 2015 | トップページ | NHKテレビ「サイレント・プアー」の再放送 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ