« テレビ朝日「相棒」 | トップページ | 本の整理(4) »

2015年1月 4日 (日)

房yaの「年越し蕎麦(そば)」

大晦日まで営業して,あと数時間で今年も終わるという時,
「せんせー,よろしかったら召し上がって下さい」と,
マスターが年越し蕎麦を振舞ってくれた。noodle
たった今揚げたばかりの可愛いかき揚げ付きの天ぷら蕎麦である。
こういう心遣いをしてもらえる店に来ることができたこと自体,
私の運気も右肩上がりの気がする。

厨房(ちゅうぼう)ではもう1人,私にこの店の存在を知らせてくれた
「専務」ことYさんが,お持ち帰り用の筑前煮をコトコト煮込んでいる。
その目分量の作り方がなんとも微笑ましい。
「来年も「房ya」に幸あれ!」と私は祈る。( ^ω^ )

PS ところでマスター,年末ジャンボ宝くじはいかがでしたか?
お互いに「1億円当たったら1000万円あげる」と約束しましたが…。(笑)

北東製粉(株)のHPに,どうして年越し蕎麦を食べるようになったかについて,
いろいろな説が書いてあったので,転載させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

•鎌倉時代、博多の承天寺で年の瀬を越せない町人に「世直しそば」と称して、
そば餅を振る舞ったところ、翌年から皆運気が向いてきたため、
大晦日に「運そば」を食べる慣わしが生じたという説。

•室町時代、関東三長者の一人増渕民部が毎年の大晦日に無事息災を祝い
「世の中にめでたいものは蕎麦の種、花咲き実りみかどおさまる」と歌い、
歌人ともどもそばがきを食べたのが起こりとする三角縁起説。
古来、三角形は邪気を払う力を持つと信じられているが、
蕎麦の実が山稜で帝に通じる為、京都御所では葉が葵に似ているところから青いと言った。
また、三角は夫婦と子供の関係に例えられ、縁起が良いとされてきた。

•そば(切り)は長く伸びるので、延命長寿や身代が細く長く伸びるようにと願う形状説で、
「寿命そば」、「のびそば」とも言う。
逆にそばは切れやすいから、旧年の苦労や災厄をきれいさっぱり切り捨てようと
「縁切りそば」「年切りそば」あるいは一年中の借金を打ち切る意味で「借銭切り」、
「勘定そば」といい、必ず残さず食べなければいけない。

縁起をかつぐ地方では太く長かれと「運どん」(うどん)を食べるようです。

•金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのにそば粉を使う為、
金を集める縁起で始まったと言う説。

•そばを食べることで新陳代謝が良くなり体内を清浄にして新年を迎えると言うそば効能説。
薬味に葱(ねぎ)を添えるのも、清め祓う神官の禰宜(ねぎ)に通じるからだと言う。

•そばは少々の風雨に当たっても、翌日陽が差せばすぐ起き直る。
それにあやかって、来年こそはと、捲土重来(けんどちょうらい)を期して食べると言う。
また、旧年を回顧して反省する「思案そば」もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「房ya」は,明日=1月5日(月)に新年の営業開始です。
マスターの美味しい料理とYさんのかいがいしい働き振りを見たい人は,
「5時半だよ,全員集合!」(ドリフターズの真似)(*゚▽゚)ノ

« テレビ朝日「相棒」 | トップページ | 本の整理(4) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビ朝日「相棒」 | トップページ | 本の整理(4) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ