« 菅原文太さんも逝く | トップページ | 本日から三者相談 »

2014年12月 2日 (火)

『古田武彦の古代史百問百答』

ミネルヴァ書房からまた,古田武彦氏関連の本が出版された。
上記がそれである。

この本はすでに東京古田会(古田武彦と古代史を研究する会)編で
発行されており,私も持っているが,
「歴史への探求」シリーズの5冊目として収められた。

本の宣伝には,以下のような内容が書かれている。
「九州王朝説を軸に四十年以上にわたって
日本古代史の新たな姿を明らかにしてきた
古田武彦の議論の焦点とは。
本書では,読者からの131項目に及ぶ質問に
直接に答えるという形で,様々な疑問点を明らかにする」

『古田武彦が語る多元史観』の姉妹品として考える。 
古田史学を支持する人は,ぜひ目を通してほしい。
ただ,初めて古田史学を学ぶ人にはちょっと難しい内容かな。
順序としては,「古代史三部作」といわれる
『「邪馬台国」はなかった』・『失われた九州王朝』・
『盗まれた神話』から入られることをお勧めする。

〈もくじ〉
1.神話・民話に学ぶ歴史と真実
2.実在した神武神話
3.『史記』・『漢書』・『三国志』と神功紀の秘密
4.継体と王朝の交代
5.日出ずる処の天子・多利思北孤と聖徳太子の実像
6.蘇我氏と大化の改新
7.白村江の戦いと九州王朝の滅亡
8.歌集等に見える歴史の真実
9.消されていた東北王朝の歴史
10.南界を極めた倭人
11.歴史を実証する考古学
12,思想家としての古田武彦

380ページで3500円+税は,
内容からしても安い(高くない)のでは? 

« 菅原文太さんも逝く | トップページ | 本日から三者相談 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

八王子でわお世話になりました。この本来年1月までははんばいされませんよね?

上城さんへ
コメントありがとうございます。

どうもすいません。
「ミネルヴァ書房・出版案内」をもうよく1度見たら,
12月中旬(11~20日?)の刊行予定とありました。
情報は正確でないといけませんね。
もう少しお待ち下さい。

上城さんへ

今ミネルヴァ書房のサイトを見たら,
「2015年01月刊行予定 」と書いてありました。
たぶんこちらが正しいのでしょう。
失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅原文太さんも逝く | トップページ | 本日から三者相談 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ