« 昭島サークル 2014年12月 | トップページ | 向陽中(1年)との練習試合 »

2014年12月22日 (月)

房yaと「心のブレーキ」

私は飽きっぽい半面,こだわりも強く,
しばらく同じものに執着する傾向がある。
房yaの場合も同様で,次に私が何を注文するか,
マスターやYさんはすぐわかると思う。

(1)飲み物編

まず,最初は「生ビール」でしょう。
ただでさえ美味しいプレミアムモルツの
冷し方も注ぎ方も上手。
次は,たいてい赤のグラスワイン。
料理にも合うし,健康も考えて。
最後は,ウーロンハイ薄め(濃い薄いも大切)が最近多いかな。

それぞれ何杯になるかは,その日の天気,体調,気分,
そして房yaのメニューによって変わってくる。
まだ夏は経験していないが,
最初に生ビールを2杯ということもあると思う。
ワインも1~2杯,ウーロンハイも1~2杯。
その日によって違う。
また,時間が遅くて「今日は食事中心に」という時は,
飲み物は少なくなる。

(2)食べ物編

こちらも,飲み物と似たようなものだが,
「お通し3点セット」の後,まず頼むのが,
「新鮮な魚のカルパッチョ」「房yaの手作り豆腐」「芝えびの唐揚げ」。
たいていここまでは,一挙に進む。
寒い日には,「牡蠣とほうれん草のグラタン」もうれしい。
その後は諸条件により,「アクアパッツァ」「つくね焼き」等々。
「最後の炭水化物」は,1番多いのが「マルゲリータ・ピッツァ」。
あと,スパゲティー類がそれに続くのだろうか。

とにかく,房yaのマスターの作る料理は美味しいものが多いので,
次々と注文したくなるのが悩みのタネだ。
ブレーキが必要なのは,車や自転車だけでない。
房yaでは,料理を注文し過ぎないようにする
「心のブレーキ」も大切なのである。(笑)

« 昭島サークル 2014年12月 | トップページ | 向陽中(1年)との練習試合 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭島サークル 2014年12月 | トップページ | 向陽中(1年)との練習試合 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ