« 房yaの「明太子と大葉と海苔のスパゲティー」 | トップページ | 第2回・肥さん賞の発表 »

2014年12月31日 (水)

本の整理(2)

『たの授』の処遇は,結論から言うと,
「エ.その他」ということになった。
表紙と目次と裏表紙など1号について8ページずつ残すことにし,
これをファイルに入れる。

001_4

『たの授』はだいたい120ページ仕様だとすると,
1/15に減らすことができるというわけである。
ただし,これは全号にわたってではなく,
特に劣化が激しいものについてで,200号までそうすることにした。

これは私にとっては30代くらいまでの号であり,
劣化も激しく,主な板倉先生の連載は単行本化されており,
また,私の書いた文章はガリ本に入れてあるし,
「はみだしたの」もミニガリ本に収録してあるからだ。

つまり,まとめていうと,次のものが残ることになる。

(1)1~200号までの表紙等のファイル10冊分。
(2)201~430号

これで,『たの授』は約1/2に圧縮されて,
本箱の一角は占めることになるが,
本箱全部を占領することは防ぐことができる。

« 房yaの「明太子と大葉と海苔のスパゲティー」 | トップページ | 第2回・肥さん賞の発表 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 房yaの「明太子と大葉と海苔のスパゲティー」 | トップページ | 第2回・肥さん賞の発表 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ