« 房yaと「心のブレーキ」 | トップページ | 猿が猿を「猿命」救助 »

2014年12月22日 (月)

向陽中(1年)との練習試合

1年生大会・市予選は中止になったが,
せっかくだから練習試合をやろうということで,
昨日体育館に向陽中(1年)に来ていただいた。
(昨日も,木下兄コーチにお世話になった)

5ー1(25ー7,25ー10,25ー10,
18ー25,25ー10,25ー7)

5勝というところに注目すれば,
これまでたくさんの練習でやってきたことが
よく出た結果であった。

大切なのは,「1敗」である。
この負けは,1年男バレがこれからさらに成長していくための,
大きなカギ(宿題)となると思う。

第4セットは,スタートから7連続失点。
上中男バレの良くない所(他人まかせ)が出てしまったのだった。
まあ,3連続失点というならしょうがないとしても,
7連続失点ではゲームの主導権は完全に相手に行ってはしまい,
相手のやることは上手くいき,こちらのやることは後手に回り…。
というわけで,後半猛攻撃で挽回したものの,
終わってみれば18ー25の7点差負けということであった。

県大会の対深谷中戦で,
5連続失点でスタートしたら,20ー25(5点差負け)。
2連続失点でスタートしたら,24ー26(2点差負け)
というのがあったが,
第4セットはそれとまったく同じパターンだった。

しかし,バレーボールの神様は,またまたヒントを出してくれている!
上中男バレがどう頑張っていったら,より強くなっていけるかと…。
20ー20以降の練習はだいぶ出来ている。
では,0ー0の試合開始直後はどうだろうか。
素晴らしいロケットスタートは切れているだろうか?
また,それを意識して守り,攻撃しているだろうか?

バレーボールの神様に見捨てられる前に,
上中男バレ「スタートダッシュ・プロジェクト」(仮名)を
立ち上げなければならない。

2年生たち,審判をご苦労様でした。
保護者・家族の皆様,応援ありがとうございました。

« 房yaと「心のブレーキ」 | トップページ | 猿が猿を「猿命」救助 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 房yaと「心のブレーキ」 | トップページ | 猿が猿を「猿命」救助 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ