« 高崎サークルの歌 | トップページ | 昨日の部活動 12/7 »

2014年12月 7日 (日)

Aさんの「宿題」

高崎サークルの中でAさんが,こんな「宿題」を出された。
「学校が発明されたのは,いつ,どこの国でか」というものだ。
「学校の先生なら,当然知ってるはずでしょう?」と
挑発的な雰囲気のある質問だ。

しかし,「売られたケンカ」は買う方なので,
ダメモトで検索してみることにした。
Aさんの話をヒントに3つのキーワードを使った。
「傭兵 落書き ギリシャ」と入力して・・・「検索!」

すると,「学校を発明したのは誰か?」という話にいきなり遭遇した。
長いけど,転載させていただきます。

「271828の滑り台Log~
271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪」
というサイトです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校を発明したのは誰か?

2012-07-18 18:17:07 |

ギリシャ先日、NHKスペシャルの知られざる大英博物館
「第2集古代ギリシャ“白い”文明の真実」を視聴しました。
パルテノン神殿を飾っていた多くの大理石像が英国のエルギン卿によって持ち去れら、
大英博物館の目玉「エルギン・マーブル」として展示されています。
どの様に剥ぎ取られたかは以下の動画で良く分かります。

念の入ったことに、彩色されていた石像を白くクリーニングまでしたのです。
NHKは取材させてもらう関係上、
大英博物館が熱心に保存と研究に取り組んでいることを強調していましたが、
やはり現地に帰すべきでしょう。

番組にやや難癖を書きましたが、「おお!!」と思ったのは
エジプトのアブシンベル神殿にギリシャ人傭兵が書き残した落書きを紹介したシーンでした。
遺跡に落書きするのはご法度ですが、落書きが書かれたのが2500年前となると話が違い、
資料的価値は世界遺産と同じです。
数年前に読んだ周藤芳幸さんの
『物語 古代ギリシア人の歴史 ─ユートピア史観を問い直す─』の第一章に
この落書きのことが書いてあったことを思い出し、読み返しました。

須藤さんはこのロドス島出身の落書きの主
「イアリュソス人テレフォス」を主人公にして物語を綴ります。
彼の少年時代から、エジプトからの傭兵の募集に応じて出征、負傷して帰島するまで。

この章に私が貼った付箋には「学校の発明」と書いてありました。
テレフォスが通った島の学校の事が書かれていましたが、
-500年ならば日本では弥生時代です。
傭兵として出稼ぎに行くのはどう考えても庶民です。
庶民を対象とした初等教育機関(≒寺子屋)があまねく存在したことがとても驚きでした。
それで名古屋大学の周藤さんにメールで問い合わせました。直ぐに返信がありました。

「学校を発明したのは誰か」というのは、非常に興味深い問題です。
「学校」をどのように定義するのかによっても変わってきますが、
アルファベットの習得などを目的とした、小学校のような学校が存在したことは、
断片的な史料からも、ほぼ確実かと思われます。

プラトンのアカデメイアやアリストテレスのリュケイオンのような高等教育機関だけでなく、
初等的な教育機関を発明したところがすごいと思ったのです。
これを可能にしたのは「アルファベットの発明」も大きく寄与しているのでしょう。

ギリシャ世界が最盛期の頃、およそ1,500のポリスがあったそうです。
おのおのに少なくと1校あったとしたら成年男子の識字率はかなり高かったと推測できます。
市民の識字率の高さがギリシャ文明を支えていたのでしょう。

日本では江戸末期に存在した寺子屋の数は約2万、
維新後はこれらが急速に小学校に再編成されました。

八鍬友広さんの「近世社会と識字」によれば1880年の群馬県民の自署率
(自分の名前の書ける割合)は52%です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開設者を見ると「群馬県」の「男性」の方のようです。
すると・・・これはAさんのサイト!?
期せずして私は,「Aさんのサイト」を発見してしまったのでした。
Aさん,そうですよね?

これで,「宿題」の「前半」は終わったかな。

« 高崎サークルの歌 | トップページ | 昨日の部活動 12/7 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

 学校の歴史はもっと古いですよ。
 古代メソポタミアの遺跡からは、紀元前数千年の書記のための学校が出てきます。粘土板に書くわけですが、彼らの書きかけのノートすら出てくる。
 学校の始まりはおそらく、文字の出現とともにあると思います。
 だから中国でも甲骨文字が出てくるとともに学校は出現する。
 日本でもおそらく弥生時代にはあったと思いますよ。
 九州の倭国が中国と朝貢関係を結ぶには、中国の文字の習得が不可欠ですから。
 ギリシャは文明としては新しい。
 あの文明は、先行するクレタのミノス文明と小アジアの文明、たとえばトロヤを吸収しかつ滅ぼして出来ている。そしてこれらの文明はこれに先行する、エジプトやメソポタミアに依存している。そしてそのエジプトやメソポタミアもこれに先行するパレスチナの新石器文明に依存している。
 学校の歴史を探るなら文字の歴史を探らないといけないと思いますよ。

 でも宗教の発生とともに学校は始まったかもしれない。文字の発生も教団宗教の発生と同時かもしれませんからね。
 それも専門の宗教者を養成する学校として。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

そうかあ,文字の発生とともに学校はある。
いや,宗教とともに学校は始まったかもしれない。
少なくともギリシャよりはるか昔から,
「学校はあった」といえるようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高崎サークルの歌 | トップページ | 昨日の部活動 12/7 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ