« 昨日の部活動 10/28 | トップページ | 手品のような「紙切り遊び」 »

2014年10月29日 (水)

房yaの「マルゲリータ」

イタリア系料理店の房yaの「最後の炭水化物」
(要するに〆の食べ物)の1つが,上記の一品である。
熱々(アツアツ)の楕円形のピザで,
食べやすいように4分割されている。

私の注文ワードは,「マルゲ」。
シロウトのように,長々とは呼ばない。

以前,房yaの「鯛めし」を紹介したが,
こいつもなかなか魅力的で,
「人間の幅」を広げるのに貢献しそうで怖い存在だ。

フリー百科事典「ウィキペディア」には,
だいたい以下のように書いてあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァイタリア王妃が、
「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤が
まるでイタリアの国旗を表しているようだ」として気に入り、
自らの名を冠したと言われる。

1880年に創業したナポリのピッツェリア「ピエトロ…エ・バスタ・コジ」の
ピッツァ職人であったラファエレ・エスポジトが、
1898年にウンベルト1世とマルゲリータ王妃夫妻を迎えるため、
イタリア国旗の緑・白・赤を表現したこのピザを作ったといわれる。

この説に対して同様にナポリの老舗「ピッツェリア・アンティカ・ポルタルバ」では、
起源はもっと古いと公に反論し議論が絶えないなど、
ナポリ文化に深く根ざしたピザでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初に「マルゲリータ」と入力しようとしたら,
「○蹴りーた」と出てしまった。
いったいどこを蹴ったというのであろう?
それはわからないが,面白いので記念に残しておく。

« 昨日の部活動 10/28 | トップページ | 手品のような「紙切り遊び」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 10/28 | トップページ | 手品のような「紙切り遊び」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ