« 首位打者争い | トップページ | 昨日の部活動 10/5 »

2014年10月 6日 (月)

添田馨講演「九州王朝の貨幣について」

添田馨さんの講演「九州王朝の貨幣について」を
YouТubeで聞くことができる。
(2014・7・19 久留米大学公開講座にて)

その分析では,以下のようになるとのこと。

無文銀銭・・・蘇我政権下の渡来人(九州王朝の貨幣)
古和同(銀銭)・・・蘇我政権(九)
古和同(銀銭)・・・蘇我政権(九)
古和同様(銅銭)・・・蘇我政権・筑紫王朝 (九)
富本銭・・・天武朝
新和同・・・持統朝

大分産の銅と山口産の銅では,
アンチモンの含有量が違うらしい。
九州王朝が大分産の銅を使い,
大和政権が大仏と同じ山口産の銅を使用したなら,
科学的な成分分析を行うことによって
どこの王朝・政権がその貨幣を作ったか
わかるようになるだろうな。

添田さんは埼玉の方とのこと。
お会いできる機会があるとうれしい。

以上の内容に興味を持たれた方は,
ぜひ検索してお聞きになって下さい。

« 首位打者争い | トップページ | 昨日の部活動 10/5 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 首位打者争い | トップページ | 昨日の部活動 10/5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ