« アギーレJ,ベネズエラと引き分ける | トップページ | 昨日の部活動 9/10 »

2014年9月11日 (木)

各地に猛烈な雨

「大気の状態が不安定」ということで,
昨夜も太平洋岸の各地に猛烈な雨が降った。

北海道(千歳市支笏湖付近)で1時間に100ミリ

宮城県(石巻市・東松島市付近)で1時間に120ミリ

東京都(大手町)1時間に70ミリ

大阪府(伊丹市)や兵庫県にもたくさん

広島の土砂災害がこの夏あって,
大きな被害を出しただけに,
夜の雨は恐い気がする。

我が家付近は昨夜は雨はなく,
本日の午前中に体育祭予行が行われ,
今夜雨が降っても明日の午前中に乾けば,
予定通り土曜日に体育祭ができる予定。

« アギーレJ,ベネズエラと引き分ける | トップページ | 昨日の部活動 9/10 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今朝7時のニュースを見てびっくり。
北海道、宮城の大雨で観測史上1位の大雨。
全国どこで起こるか、どこでも起こる可能性が
あるということで、日本中が異常気象みたいですね。
「いままで経験したことのないような」大雨特別警報が
出されています。札幌は全域で学校は休校とのことです。
関東地方も東京では、道路のミラーが埋まるほどの大雨、
被害が出ないこと、小さいことを祈るだけです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

本当にすごい降りようですね。
最近「大気が不安定」という言葉を何回も聞きます。
季節の変わり目だということなのでしょうか。

ある先生が天気予報で,
「今日はどんな天気になるか予想できません」
と言っていたとかいないとか!
それほど,「大気が不安定」だったのでしょう。

 最近日本で異常気象が多い原因。天気予報の解説でもちゃんとされていますが、日本列島付近を流れる偏西風が、例年と異なって蛇行しており(例年は日本海を東に、今年はなんと南に蛇行していて、日本列島の南側に)、このため寒気が異常に南下する。これにまだ南に衰えていても強い太平洋高気圧があるから、南から日本列島に吹き込んでくる湿った温かい空気と寒気がぶつかって「大気が不安定に」なり、激しい雷雨となる。この状態が6月くらいからずっと続いている(6・7・8月は西日本で激しい雷雨。9月に入って関東・東北・北海道。これは太平洋高気圧が後退したことによります)。
 昨年はこの状態がヨーロッパで起こった。今年は日本。では来年は? たぶんアメリカでしょう。偏西風が蛇行するのは北極の冠から噴き出す寒気がヒトデ型をしているから。これは地球温暖化の過程でおこる自然現象です。しばらく(今世紀中ごろまでは)はこうしたことが地球規模で起きますね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

これは日本だけで起こっていることではなく,
昨年はヨーロッパで起こり,
来年はアメリカで起こるかもしれない。
そう言われると,少し安心できます。
天気の大きな変化は人間の生活に大きく影響するので,
ただ「結果」を報道するだけでなく,
科学的な「分析」もほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アギーレJ,ベネズエラと引き分ける | トップページ | 昨日の部活動 9/10 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ