« 久しぶりに仮説社へ | トップページ | 昨日の部活動 9/14 »

2014年9月15日 (月)

打撲事故

それは突然やってきた。
中華料理店で昼食をとり,
西武ドーム球場へ向かおうと自転車をこぎ出したとたん,
私は顔の左側面と左肩に強い衝撃を受けたのだった。

10秒ほど痛さに耐えてから,周りを観察した。
それは店の宣伝用のビニール製のシートを昇降する器具であった。
つまり鉄の物体と生身の人間がぶつかったということだ。
チェックしたところ,血は出ていないようだったが,
左目のすぐ脇のところと,左肩の頂上部に強い打撲があった。

幸い目をはずしていたので,大事には至らなかったが,
危機一髪の事故だった。
原因はお昼時でいつもより自転車が多く停められていて,
それに気を取られて鉄の器具に気がつかなかったのだった。

皆さんも「普段と違う状況」の時にはご注意を!
もし目を直撃していたらと思うと恐ろしい気がする。

« 久しぶりに仮説社へ | トップページ | 昨日の部活動 9/14 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに仮説社へ | トップページ | 昨日の部活動 9/14 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ