« 再会の夜 | トップページ | アナと雪の女王 »

2014年8月 3日 (日)

読書感想文

夏休みの宿題で読書感想文というのがある。
私も毎年「何を読むか」というところから苦労したが,
今テレビを観ていたら,予備校講師の林先生は,
毎年同じ作品の読書感想文を書いていたと聞き,驚いた。

その作品は,宮沢賢治の「注文の多い料理店」。
2人の青年紳士が山の中で出会う不思議な料理店の話だが,
それについて毎年書き,提出したという。
もちろん同じ感想文ではない。
毎年違う感想文を提出したのだ。

人間は1年経つと,少しは成長する。
今まで気がつかなかったところにも気が付くようになる。
それが感想文の中身に反映されるというのだ。
なるほどなあ,と思った。

毎年同じ感想文を提出したら反則だが,
毎年同じ作品についての違う感想文を提出してはいけない
というルールはない。
それに気がついたところが,やはり林先生のセンスなのか。

« 再会の夜 | トップページ | アナと雪の女王 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再会の夜 | トップページ | アナと雪の女王 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ