« 督促状 | トップページ | 学総体・地区大会 2014 »

2014年6月29日 (日)

六二三八六八九八一五 五三に繋げ我ら今生く

『民主的な道徳教育を創造するために(実践編)』
(さいたま教育文化研究所)の中に,
上記の短歌(岸和田市の西野防人氏の作品)を使った
貝田久氏の平和教育の実践が出ていてうれしくなった。
(なお,この短歌は,2010年の第27回朝日歌壇賞の
受賞作品の1つである)

数字ばかりが並んで,何だか謎解きのようだが,
6/23・・・沖縄戦終結 
8/6・・・広島に原爆投下
8/9・・・長崎に原爆投下
8/15・・・終戦・敗戦
5/3・・・憲法記念日
という平和教育には欠かせない日付で構成されているのだ。

最初は5/3は□□で隠しておいて,
数字を当てさせるという構成もなかなか良い。
この短歌の意味が判明していくにつれて,
戦争と平和について,自然と考えるように授業は流れていく。

もう2つ「焼き場に立つ少年」(ジョー・オダネル氏撮影)という終戦後の写真と
「戦争をしない国」の世界地図という資料を貝田久氏は使っているのだが,
これら3つの資料を組み合わせた平和教育は,
狭い視野の徳目を越えて,真の民主的な道徳に迫っていると思った。

« 督促状 | トップページ | 学総体・地区大会 2014 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 督促状 | トップページ | 学総体・地区大会 2014 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ