« 建元と改元の論理 | トップページ | 今日から巨人戦 »

2014年5月28日 (水)

インターネットと歴史研究

昔は本に書いて他の人に自分の研究を伝えた。
他の人はその本を読んで学び,研究を発展させた。
しかし,今はインターネットの時代である。
インターネットには良い面もそうでない面もあるが,
いろいろな調査を短時間でしてくれるという長所がある。

たとえば,「九州王朝説」や「九州年号」という言葉に
興味を持った人は,昔なら本屋に向かっただろう。
運が良ければ関連した本が見つかるが,
なかなかそううまくはいかない。
ところが,今の若い人はパソコンに向かって
そのキーワードを入力し,検索することになる。
すると,キーワードに関連するいくつものサイトや
本や研究論文があることに気づき,さらに興味を深めることになる。

私が古代史研究に興味を持ったのは,本の時代であった。
しかし,これからはインターネットも活用して,
いろいろな調査をしていきたい。

« 建元と改元の論理 | トップページ | 今日から巨人戦 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 建元と改元の論理 | トップページ | 今日から巨人戦 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ