« 最後の席替え | トップページ | 急に暖かくなる »

2014年2月26日 (水)

鋳銭司村

今は山口市に属しているが,1956年までは村だった。
かつて,その名のとおり
和同開珎などの古代貨幣の鋳造所があった場所である。

例の「日本古代ハイウェー」の番組の中でも,
田の中から和同開珎の枝銭が出土している写真があり,
案内役の刈谷さんも
「地名を消してしまったら
わからなくなってしまうものなあ」
と感慨深く語っている。

また,山口県の長登鉱山の銅は,
大仏鋳造にも使われたという。

« 最後の席替え | トップページ | 急に暖かくなる »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の席替え | トップページ | 急に暖かくなる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ