« 私立入試 2014 | トップページ | モルテン杯の抽選会 »

2014年1月23日 (木)

楽天・田中がヤンキースと契約

Yahoo!ニュースを見ていたら,楽天・田中投手の記事が出ていた。
ヤンキースと契約したようだ。
昨日「他に日本人のいない球団を希望している」と何かで聞いたので,
いったいどこの球団になるのかとドキドキしていたが,
結局,資金豊富な大本命のヤンキースで決まった。

「7年,161億円」というのがどんなにすごいか見当もつかないが,
割り算で概算してみることにする。
161÷7=23億円(年)
23÷12=2億円(月)
2÷30=700万円(日)
700÷24=30万円(時)

ただ,活躍する選手には拍手やスタンディングで応援する一方,
年俸にふさわしい活躍をしない選手には容赦ないファン。
今シーズンの田中の活躍が注目される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田中、ヤンキース入団合意=7年161億円と米メディア―大リーグ
時事通信 1月23日(木)0時1分配信

 【ニューヨーク時事】FOXスポーツなど複数の米メディアは22日、新ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指していた楽天の田中将大投手(25)が、ヤンキースとの契約に合意したと報じた。
 契約は7年間で総額1億5500万ドル(約161億円)の破格の条件。2012年に日本ハムからレンジャーズ入りしたダルビッシュ有投手の6年総額約6000万ドル(約62億4000万円)を大きく上回った。昨年12月に成立した新ポスティングシステムに基づき、ヤンキースから楽天に対し、上限額の2000万ドル(約20億8000万円)とみられる譲渡金が支払われる。
 ア・リーグ東地区のヤンキースはニューヨークを本拠地とし、ワールドシリーズ優勝が最多の27度を誇る名門。現在はイチロー外野手、黒田博樹、建山義紀両投手が所属し、過去には松井秀喜外野手や故伊良部秀輝投手らがプレーした。田中は黒田とともに先発の柱として期待される。
 田中は北海道・駒大苫小牧高から高校生ドラフト1巡目で2007年に楽天入団。1年目から主力投手として活躍し、昨季は24勝0敗、防御率1.27の驚異的な活躍で主なタイトルを独占、楽天の初の日本一に貢献した。昨年12月に大リーグ挑戦が決まり、ヤンキースの他、ドジャース、カブスなど複数球団が獲得に関心を示していた。

« 私立入試 2014 | トップページ | モルテン杯の抽選会 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私立入試 2014 | トップページ | モルテン杯の抽選会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ