« 昨日の部活動 12/15 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」 4年目(5) »

2013年12月17日 (火)

肥さんのー「夢バレー」試論(7) (再掲載)

今回は「練習と練習試合と公式戦」
という題で書いてみよう。

3つの中で記録上に残るのは,
もちろん公式戦である。
新人戦,学総体(昔の春の大会)が
それにあたるが,
バレー部の場合には協会長杯(昔の春の大会)も
忘れてはいけないだろう。
この3つの大会がメインで,
あと各種の小さい大会や催しがある。

では,3つの公式戦だけがんばれば,
あとはどうでもいいのか?
それはもちろん違うだろう。
日々の練習の上に練習試合があり,
その積み重ねの上に公式戦がある。
そういうピラミッド構造をしていると考える。

基礎工事にあたる練習を
おろそかにしていれば,
当然堅固なピラミッドは築けない。
せいぜい5mか10mの小山だろう。
世界最大のエジプトのクフ王のピラミッドは,
さいころ型の石灰岩を230万個も
積み上げて作られているそうだ。
(1年に10万個積み上げても,
完成には23年かかるということ)
だから,何千年たってもがっしり建っていられるし,
他の追随を許さない。

では,私たちは何個の石(練習)を積み上げようか。
それはめざす目的によっても違うだろう。
県大会出場でいいのか,
そこで勝ち抜きたいのか,
さらに関東大会や全国大会をめざすのか。

練習の際気にしておいてほしいのは,
「本番の気持ちで緊張感をもってやる」ということだ。
サーブにしても,レシーブ・トス・スパイクにしても
緊張感をもってやってほしいのだ。
そして,本番の大会では逆に,
「練習の気持ちでリラックスしてやる」ということ。
大事な大会で緊張してガチガチになり,
はずしたサーブやスパイクを覚えているだろう。
それを思い出してほしい。
それを日頃から意識してやれれば,
明日からの練習も張りのあるものになり,
大事な公式戦ではリラックスしてプレーでき,
その結果「栄光は君に輝く」(高校野球の歌)
ということにつながるのだ。

次回は,「レギュラー選手と控え選手」だ。

« 昨日の部活動 12/15 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」 4年目(5) »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 12/15 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」 4年目(5) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ