« 肥さんのー「夢バレー」試論(4) (再掲載) | トップページ | 昨日の部活動 12/14 »

2013年12月14日 (土)

『家康公の時計』

落合偉洲著,平凡社刊,1600円+税の
上記の本を入手した。

014_2

これは今古代史のことでやり取りしている
いしやまさんのご推薦のもので,
私としても興味をひかれたので購入の運びとなった。

久能山東照宮が所蔵するこの時計は,
スペイン国王フェリペ3世から家康に贈られたもので,
当時の技術を伝えている貴重な資料だ。
(現在は国の重要文化財)

著者は久能山の宮司を務めている方で,
この時計の国宝指定をめざしているようである。
冬休みの「読書計画」に入れる予定。

« 肥さんのー「夢バレー」試論(4) (再掲載) | トップページ | 昨日の部活動 12/14 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんのー「夢バレー」試論(4) (再掲載) | トップページ | 昨日の部活動 12/14 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ