« ご褒美の「おまかせ5点盛り」 | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(6) (再掲載) »

2013年12月16日 (月)

埼玉県立久喜図書館へ

ロドリゲスの『日本大文典』が埼玉県立久喜図書館にあると,
インターネット検索で確認できたので,
昨日の午後行ってみることにした。

武蔵野線と埼京線を使って大宮まで出て,
宇都宮線で20分ほど電車に乗ると久喜だ。
駅から20分ほど人に聞きながら歩き,
目的の図書館に着いたのは午後3時過ぎだった。

017_2

メモしていた著者名,著書名を司書の方に見せ,
禁帯出の収蔵庫の中から,ロドリゲス原著の『日本大文典』と
それを翻訳した土井忠生訳の『日本大文典』を持ってきていただいた。
厚さのある2冊の本を閲覧室で拝見した後,
巻末近くに掲載されている九州年号の部分を,
両書からコピーさせていただくとともに,
両書のその部分を撮影させていただいた。

015_2

収録されているのは,『如是院年代記』によるもののようだ。
「善記」から始まり「大長」「大宝」まで続く。
「ある意見では,これ(大宝)が最初の年号であって・・・」
との記述も見られる。
図書館を出たのは,午後4時だった。

帰りに東村山の実家に寄って,
買い物の手伝いをした。
午後6時となり,辺りはもう真っ暗だった。

« ご褒美の「おまかせ5点盛り」 | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(6) (再掲載) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

対応ありがとうございます。ご足労でございました。

いしやまさんへ
コメントありがとうございます。

遠くて時間もかかりましたが,
いい経験となりました。

遠路わざわざご苦労様でした。ロドリゲスの『日本大文典』に見える九州年号については、2009年に竹村順弘さんが研究会で紹介されていますが、もっともっと研究する必要がありますよね。
綺麗なコピーがあればデジタル化して古田史学会のHPに貼り付け、皆で検討できるのですが、私は汚れた物しかなく断念していました。またご提供お願いするかもしれません。その際はよろしくお願いします。

古田史学会H.Mさんへ
コメントありがとうございます。

ロドリゲスの『日本大文典』に見える九州年号について
2009年に竹村順弘さんが研究会で発表されていることは,
新古代学の扉で「HP内検索」をしていたので存じておりました。

コピーはきれいに取れておりますので,
住所をお知らせいただければどこにでも送ります。
(コメント欄に送り先をお書き下さい。
私だけが見て公開せず削除します)

さっそく有難うございます。ではあつかましくコピーの送付お願いします。
「外国人の記録」という「曇らぬ目」による九州年号の証言であり、二中歴などの資料とともに重視すべきものと考えられます。
この間、「元壬子年木簡」、薩摩入来院家の『日本帝皇年代記』や赤淵神社の「常色三年の神宮修理記事」など「すでに存在していた九州年号資料」の再発見が続き、今後九州年号の研究がますます進むように思います。それではお手数かけますが下記あて送付よろしくお願いします。

「続日本紀」の中の九州王朝=10個の傍証(再出)のコメントの一部と、「日本大文典」の写真を、拙HPの「明かり窓」において恣意的に使わせていただきました。ご海容のほどを。

古田史学会H.Mさんへ
コメントありがとうございます。

さっそく明日お送りします。
よろしくお願いいたします。

MM3210さんへ
コメントありがとうございます。

真実の歴史の解明のためなら,
どうぞご利用下さい。
私も拝見させていただきます。

C13シロウズ氏のブログの「日本大文典」の画像にある年号を河西良浩氏の「逸年号史料」の「如是院年代記」の年号と比較すると、「吉貴」の「吉」が前者では「イ告」のように見える点と、「朱雀」の年数8が6になっているように見える点について、貴コピーでの様子をお教えいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

MM3210さんへ
コメントありがとうございます。

告貴・・・「イ告」
朱雀・・・「6」

以上のように見えます。

日本大文典のコピーいただきました。ありがとうございます。
翻訳書の注釈には「如是院年代記」が参考だとありますが、仁王、白雉、白鳳、朱雀がなく、告貴と吉貴が違う、二中歴と如是院年代記双方にある「大化」(持統大化)が無いなど、一概には言えないようです。ロドリゲス本人がいろいろ比較参照し記したということでしょうか。
ロドリゲスが「522年の善記が年号の始まり」とし、九州年号と天皇年号を「並列」的に見做し、その差は「天皇年号の方が確実さが多いように思える」程度だとしていることは、現代の「天皇年号絶対主義」の非科学性を示していると言えるでしょうね。

古田史学会H.Mさんへ
コメントありがとうございます。

「如是院年代記」だけでなく,
ロドリゲス自身も複数参照したようであること等
お教えいただきありがとうございます。
いろいろな史料の比較研究が大事なのですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

以下の文書がありました。ご存知でしょうか。2010年に「日本大文典」を知りながら、その後もこの文献について、どこにも言及されていないのは、なぜでしょうか。九州年号についての書籍が出版されたのは、昨年だったと思います。そのなかでもなぜか何も言及なしということは、どういうことでしょうか。
古代史の真相を見たいといいながら、なぜこれを・・・・・・・・・・・・・・のでしょうか。
・・・
・・・・・・
古田史学の会・東海 東 海 の 古 代 第123号 平成22(2010)年11月

いしやまさんへ
コメントありがとうございます。

「東海の古代 第123号」私も見てみました。
ずいぶん精力的に発行されているようですね。

外国史料に掲載されている
古代逸年号(1)
瀬戸市 林伸禧

上記の論文は,私も初めて見ました。

「なぜその後言及がない」についてや
「『「九州年号」の研究』に言及がない」というのは,
私の答えるところではないので,
直接それぞれの著者・編者に
質問していただくのがいいと思います。

日本大文典をダウンロードさせていただきました。ありがとうございました。

私も「いしやま」さんから御指摘を受けたのですが、すでに野口義廣氏の論考で九州年号を記述されていること承知していましたので、あえて見ることを考えませんでした。

しかし、皇極が在位3年で死去した後に、男性らしい斉明が即位したことや天武が隠居したという初めて承知した事実を知って驚いています。

北東さんへ
コメントありがとうございます。

>  しかし、皇極が在位3年で死去した後に、男性らしい斉明が即位したことや
> 天武が隠居したという初めて承知した事実を知って驚いています。

ちょっと話が飛びすぎて,私には議論についていけません。
1つずつていねいにご説明いただけますか?

大変、失礼しました。

ダウンロードは、次のブログ「孤独な散歩者の妄想」さんからいただきました。
http://yourehazauei.at.webry.info/201312/article_2.html

この中で、「(皇極天皇女帝は、) 在位3年、30歳で崩御」と記述されています。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/010/072/68/N000/000/001/138704594115365761228.jpg

さらに、653年に斉明天皇が、「在位7年」と記述されています。死んだ皇極が、再び、即位することは不可能なので、この「斉明」は、「皇極」とは別人だと考えるしかありません。また斉明は、「女帝」と記載されていないので、男性である可能性があります。

次に、天武天皇の関して、「在位15年。この天皇は、その位を皇后に譲って、‘吉野(Yoxino)’に隠遁し給うた。」という記述があります。

天武天皇が、隠居して位を譲ったなどとは、初めての情報です。
以上です。

北東さんへ
コメントありがとうございます。

私も斉明天皇と皇極天皇は2人の天皇の情報をくっつけて
1人の天皇の情報としているような気がします。
特に斉明天皇は九州王朝の人物ではないかと・・・。
天武天皇についてはよくわかりません。
「初めての情報」ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ご褒美の「おまかせ5点盛り」 | トップページ | 肥さんのー「夢バレー」試論(6) (再掲載) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ