« 「痛快!ビッグダディ!」最終回 | トップページ | NHKテレビ「あまちゃん祭り」 »

2013年12月30日 (月)

久しぶりに『論語』を読む

〈仮説〉年末の会で竹内三郎さんが
論語と弟子論について講演をされた。
それに刺激を受けて久しぶりに『論語』を読んだ。
私の持っているのは岩波文庫の金谷治訳のものである。

孔子とその弟子たちの交流を断片的に伝えた
2000年前の書物が『論語』だ。
その中心的テーマは今の教科でいうと「道徳」なのだが,
それにとどまらず「人間というもの」について
学ばせてくれるロングセラーだと思う。

・弟子たちの長所と短所をつかんだ上での教育
・「学而(がくじ)」などを始めとした様々な発言
・愛弟子・顔回への「特別扱い」とも思える期待と
 若い死への落胆ぶり

不幸にして時代によってその評価は大きく変化したが,
私は『歎異抄』における親鸞と弟子たちとのやりとりとも似て,
弟子たちの質問に対して意表をついて回答をしている孔子に
大いに人間味を感じるのである。

« 「痛快!ビッグダディ!」最終回 | トップページ | NHKテレビ「あまちゃん祭り」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「痛快!ビッグダディ!」最終回 | トップページ | NHKテレビ「あまちゃん祭り」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ