« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

今日はハロウィン

今日はハロウィンなのだが,
イマイチその意味がわからないので,
インターネットで検索してみた。

中でも「Halloweenとは」というサイトが,
詳しく説明していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。

語源・・・Hallow(神聖な)+een(even=evening)
万聖節はAll Hallow'sと言います。その前日である事からAll Hallow's Eveと呼ばれていたのが、Hallow E'enとなり、短縮されてHalloweenと呼ばれるようになったというのが有名な話です。

起源
数千年前の古代ケルト民族の祭り(Samhain)が起源と言われています。
古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。それは死者の霊が親族を訪れる夜であり、また悪霊が横暴し、子どもたちをさらったり、作物や家畜に害をなす夜でもありました。死者の霊を導いたり、また悪霊を払いさったりする為、焚き火は不可欠なものとなったのです。

古代ケルト人と古代ローマ人がブリテン島を征服してから両民族の祭りが組み合わさっていきました。
起源は古く、古代ケルト民族のドルイド教の収穫祭の行事に、ローマの果家女神Pomonaの祭が加味されたものらしいです。その後、キリスト教が伝来していき、現在のHalloweenという名前になったのです。
つまり、Halloweenは、古代ケルト・古代ローマ・キリスト教という3つの要素が混合したものなのです。

ラテン系国家では、宗教的色彩が強いが、イギリス・アイルランド・アメリカでは民族的習慣が教会的儀常時と並行して残存しています。

Trick or Treatの由来
仮装して子どもたちが練り歩き、窓をたたき"Trick or Treat"と言ってお菓子をねだるのは、祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子をまねたもので、中世のなごり。

イギリスでは、HalloweenよりGuy Fawkes Day[Night]ガイ・フォークス・デー(11/5)の方が盛ん。こちらにHalloweenが吸収されたと言えます。
Guy Fawkes Day[Night]・・・イギリスの熱烈なカトリック信者であったGuy Fawkesは、1605年国会議事堂の地下室に火薬を仕掛けて国王ジェームス1世の暗殺を企てましたが、直前に発覚し処刑されました。カトリック側のこの陰謀を怒った議会は、翌1606年「神の助けと法王への憎しみを忘れぬために」この日を記念日に定めました。この火薬陰謀事件(Gun Powder Plot)の記念日がGuy Fawkes Day[Night]です。 毎年11/5には子どもたちは町のとおりにGuy Fawkesに見立てたぼろ人形を作って置き、大人が歩いてくると「A penny for the Guy(ガイのために1ペニーのお恵みを)とねだります。そして最後には、この人形に火をつけて焼き捨てる。当日はBanpire Nightボンファイアー・ナイトとも言われ、花火を上げたり祝いの大かがり火をたいて祭を終えます。

アメリカでは、子ども達の大晦日とも言われているとか・・・
アイルランド系の移民などに持ち込まれた習慣なのに、本場アメリカとも言われています。

街はHalloweenを象徴する色、オレンジと黒を主に、Jack-o'-lantern(かぼちゃをくり抜き目・鼻・口をつけた提灯)、黒猫、ガイコツ、クモやクモの巣で飾られます。
当日、夜になると子どもたちは思い思いに仮装し、近所を「Trick or Treat」と周りお菓子をもらいます。
最近は事故防止のために、色々と工夫して周るようですね。
大人たちもコスチュームパレード・パーティ・Mallや教会のお祭に参加をし、Halloweenを祝います。
パーティーの一般的なゲームとしては、リンゴを水に浮かべ、手を使わずに口でリンゴをgetするというものがあります。

日本でも、かなりイベントとして定着してきました。英会話教室・幼稚園・学校・地域などでパーティやイベントが開催され、様々な商品も販売されています。
初めてハロウィンパレードを実施したのが原宿キディランドだそうです。今でも原宿表参道は日本のハロウィン本家とも言われ、毎年パレードがあるようです。

Halloweenのいいつたえ [将来の結婚相手を知る方法]
★Halloweenの夜は畑に行こう。
Halloweenの晩、畑に出て若者が小道に種か灰をまいて歩き、その後について来る若い娘がいればその娘はやがて若者の花嫁となるといういいつたえ。(イギリス)

★Halloweenの夜、リンゴを食べよう
Halloweenの真夜中にリンゴを食べて後ろを振り向かずに鏡を覗くと、そこに将来の伴侶の面影がうつると言われています。

★Halloweenの夜、T字形にくつを脱ごう
Halloweenの夜、若い娘が靴をT字形に脱ぎ、歌を口ずさみながら後ろ向きのまま一言も口をきかずにベッドに入ったら、夢の中で未来の夫に会えるといういいつたえ。

Halloweenの伝説
=アイルランド=
死者が悪魔・魔女・幽霊・妖怪・黒猫などになって、地上に現れて騒ぎまくり、ありとあらゆる意地の悪い危害を加えると信じられていました。彼らの身を守るためには、焚き火が必要。人々は丘の頂上にかがり火をたき、その火でたいまつをともし、丘を下ったのです。しかし、このような習慣はすたれ、焚き火の代わりにろうそくを用いるようになりました。にれ・はしばみ・ひいらぎなどの植物も悪魔を追い払う護符でした。

=スコットランド=
魔女が魔法の杖をペットに置き、黒猫に付き添われて煙突から抜け出し、ほうきの柄にまたがって空へ飛び去っていくと信じられていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さまざまな歴史の中から
ハロウィンが生れたのですね。

ブロックスを活用した社会の科学教育

「たの社ML」での平野さんのご意見に対して,
私が返信したものを転載する。
ブロックスという立体模型についての私の考えである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も,ブロックスは「社会の科学における分子模型のような存在」と言えると思います。
もっともっとその魅力を知りたいし,知らせたいです。

教研集会では「ブロックスの大きさだけが,
幸せのあり方ではないのでは?」という意見もありました。
もちろんその通り。
ブロックスでは,小さい形の国が幸せ度ではナンバーワンと思ってもいいのです。
(ブータンをイメージした発言でしょうか)
また,「1人当たりGNPが高いといっても,
それはあくまで平均の数値ということで,
その国の中での貧富の差は表せていない」という意見もありました。
それももちろんその通り。
「1人当たり」とは平均のことですから,その国の中で
貧富の差があるのは当然のことなのです。

しかし,ブロックスを使って授業をすると,
そういうことを超えて,いろいろなことが見えてくるのです。
「ヨーロッパ諸国が,アジアやアフリカを植民地化した」
というのは,過去だけでなく今もその影響が大きいこと。
また,EU内での経済格差がかなり大きいこと。
さらに,授業書《世界の国ぐに》でも扱っているように,
世界の経済の中心は,3つの勢力(アメリカ・日本・EU)があることを
イメージしておくといいこと。
それら世界の現状を,目に見える形で黒板上に表せ,
「みんなで考えている」という実感があるかなと思います。

板倉先生は,「衣食足りれば,他人の笑顔」と言われます。
「衣食たりれば」というのは,言葉を替えて言うと,
「1人当たりGDPがある程度の高さにまで達すること」
とも言えるのではないかと思います。
「1人当たり(平均)」で考えるからこそ,見えてくるものがある。
それは,授業書《日本歴史入門》で学んだ方法だと思います。

ブロックスを活用することで,
世界のことを考える楽しさを伝えていきたいです。

日本シリーズ 2013(第4戦)

楽天 3 1 0 0 0 1 0 0 0 計 5
巨人 1 0 0 2 2 0 1 0 X 計 6

1回表にジョーンズの3ランが飛び出した時は,
楽天が3連勝するかに見えた。
しかし,野球は下駄を履くまでわからない。
4時間7分の死闘の末,
勝利をものにしたのは巨人だった。

星野監督のインタビュー
「俺のミステーク。継投を間違ったかな。
(これまで3試合で合計7四死球だったのが)
ウチの投手陣は12四死球か…これでは勝てんな」

元巨人軍監督の川上哲治氏が
28日に亡くなられていたことが分かったと
報道された日の勝利。
原監督としては「巨人軍の父」に捧げる
またとない1勝となった。
ご冥福をお祈りしたい。

2013年10月30日 (水)

日本シリーズ 2013(第3戦)

楽天 0 4 0 0 0 0 0 1 0 計5
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1

楽天は2回表に2死満塁のチャンスを作ると,
藤田と銀次の連続タイムリー二塁打が飛び出し,
昨年ノーヒット・ノーランを喫した杉内投手から
大量4点を先制することができた。
さらに,終盤の8回にはジョーンズの
タイムリー安打が出て,リードを広げた。
投げては,先発・美馬が6回途中まで無失点の好投。
その後を受けたリリーフ陣も,巨人の反撃を1点に抑えた。

027_2

PS 九想さん,ごめんなさい!
4つの記事間の位置を変更していたら,
九想さんからの祝メール(星野監督と松井稼を日本一に)と
私の返信メール(お礼)を消してしまいました。
おわびいたします。

Photo_2


「最初で最後」の体育館練習

昨日は午後の合唱練習が体育館で行われた。
今回の使用は,「最初で最後」のものだった。
時間は,わずかに20分間。

やはりミューズの大きさを実感できる体育館は,
2回やらせてもらいたいものだ。
1回だとまだ1週間前で実感が湧(わ)かない。

女子のハーモニーはとても良くて,
男子が足を引っ張らなくなれば,
上位に入る可能性も残されている。
あと1週間,観客を感動させる合唱を追求したい。

なお昨日は,30周年記念行事の一環で,
タイムカプセルの埋設も行われた。(朝会時)

026_2


評制の施行と古代日本ハイウェー

「古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した軍用道路か?」を
「古田史学会報」2012年2月号に書かせていただいて以来,
2年近くがたった。

私は主にその形状(幅12m,直進道路)や
廃止までの期間の短さ(100年後には道幅も半分以下に)から,
唐と新羅の連合軍との衝突に備えての軍用道路の建設だったのではないかと考えた。
(だから,敗戦後は廃棄せざるを得ない)

その後さしたる研究の進展もなかったが,
昨日「新古代学の扉」の中の「洛中洛外日記」で古賀さんが,
『宋書』百官志などから「評制」は中国に倣って作られた
「軍事と刑獄を兼ねた行政制度」と書かれていたので,
古代日本ハイウェーと関係ありと思った次第である。
時代も7世紀半ばということでピッタリ合う。

『真実に悔いなし』読了!

昨日ようやく上記の本を読了した。
ようやくというより,ゆっくり味わいながらの読書だった。

古田氏の本の魅力は論証の素晴らしさにあると思うが,
それと同時に市民の人たちと連携して研究するという,
ユニークな方法を取り入れているということも見逃せない。

私が関係している(研究紙を取り寄せている)ところだけでも,
多元的古代研究会(東京)と東京古田会(東京)と古田史学の会(関西)
の3つがあるし,それと同時にホームページ「新古代学の扉」がある。
それらと連携をとりながら,私も勉強し,この「夢ブログ」で発信している。

・滝沢馬琴著『玄同方言』は二倍年暦の実例になるか?(多元)
・房総半島から八丈島が見えた!(多元)
・日本古代ハイウェーは九州王朝の軍用道路か?(古田史学会報)

2013年10月29日 (火)

パン屋もハロウィン

新所沢駅の構内にある神戸屋というパン屋。
そこに今ハロウィンのパンがお目見えしている。

025_2

味もなかなかよかったので,
もし新所沢にお寄りの際はお試しを!

模擬選挙をしよう(2)

昨日は,残りの一党(上中党)の演説と投票を行った。
各党の名前と演説の要旨を書いておこう。(演説順)

【各党の選挙演説・政権公約】

(1)地味ん党(党首・H君)~高齢化社会対策を中心に考え,
バリアフリーなどの社会的環境の整備を訴える。

(2)肥沼党(党首・Hさん)~消費税は15%に値上げ。
使い道は明確にして,2%ごとに各事業に配分する。

(3)財政再建党(党首・S君)~諸外国と比べ人数も多く,
歳費も高い国会議員の大幅削減を主張する。消費税は10%。

(4)Hawaii党(党首・Mさん)~教育問題を中心に,
具体的な政策を出した。成績別クラス編成など。

(5)CNM党(党首・Kさん)~消費税は上げない。
少子高齢化に対しては「二人っ子政策」で臨む。高校まで義務教育。

(6)納党(党首・Sさん)~消費税は5%と10%を繰返す。
高齢化対策,原発廃止に努力する。

(7)エッフェル党(党首・Eさん)~消費税は10%にする。
電気税・ガス税を財源に,環境問題を重視。福祉・介護の授業を義務に。

(8)甘党(党首・A君)~お菓子関係は無税。外国のお菓子には
関税を20%の関税をかける。お菓子パーティー。糖尿病保険。

(9)上中党(党首・K君)~環境問題に取り組む。
過疎・過密問題の解消。「1人ひとりの心掛けが大切」と主張。

その後,投票。(自分の所属政党には投票しないという条件)
さて,どの政党が多数の票を獲得して,首相を出せるだろうか。

【選挙の結果】

(第1党)財政再建党・・・10票
(第2党)甘党・・・6票
(第3党)納党・・・5票
(第4党)肥沼党・・・3票
(第5党)エッフェル党と上中党・・・2票

などという結果になった。

首相となった財政再建党の党首・S君,おめでとう!
ただし,これからが大変である。
10票の得票は決して安定多数ではなく,もし第2党の甘党と
第3党の納党が「お菓子つながり」の仲で
合計11票の甘納党(甘納豆ならぬ)を結成することも
考えられるからである。それを阻(はば)み,
政権を安定させるためには,どこかの党との連立政権も
模索していかなければならないということになる。

ともあれ,何時間もかけてみんなで選挙について考えた授業が,
楽しく充実した時間であったことは確かだ。
みんな,どうもありがとう!

『真実に悔いなし』を読み始める(6)

「新たな発見の日々」と題して,古田氏は一章をあてている。
(1)「畢生(ひっせい)の書」としての『イ卑弥呼』執筆
(2)『関東に大王あり』のその後(臣は豆か)
(3)『東夷伝』の3つの序文の発見
(4)人間の発明した国家と宗教
(5)バイブルの改竄(かいざん)
(6)本居宣長『古事記伝』による『古事記』の改竄
など新旧の諸問題について自由に書いている。
若い研究者への「宿題」としても読めると思う。
古田氏は古代史を中心とした研究・批判をしてきたが,
残された問題や古田氏も気がつかなかった問題については,
当然未来の研究者が跡を継がなければならない。
それを書かれているのだと思いつつ読んでいった。

2013年10月28日 (月)

千恵さんの「カナダ報告」 4年目(3)

三ヶ島中時代の教え子であり,現在カナダ在住の千恵さんから,
また「カナダ報告」をいただきました。
ありがとうございます。
日本でもだいぶ秋が深まってきましたが,
カナダではひと足先に雪が降ったようですよ!w(゚o゚)w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
肥沼先生

こんにちわ。
私のカナダでの生活も4年目となり、
1年目2年目のようになかなか新しい発見を
する機会が減ってしまったように思うのですが、
日常生活の中の様子をこれからも報告させて頂ければと思います。

本日、雪が降りました。
今シーズン初雪です。
そんなに積もってはいませんが。地面が白くなっています。
私がカナダに来てから、一番早い雪だと思います。
(2年目3年目は初雪が12月だったと思います。
1年目は11月でした。)

こちらは、ちょうど今週末、
ハロウィーンパーティーのピークを迎えているようです。
本番は31日ですが、皆さん次の日、学校や仕事があるので、
ハロウィンに近い週末にパーティーをするようです。
子供が玄関にやってくるのは主に本番の10/31だそうですが。
職場でもハロウィーン用にお菓子を用意し始めました。

私は、昨日、お休みでしたが、今日は仕事なので、
とくに何もできそうにないのですが、
近所の家で、とっても本格的な飾り付けをしているところがあるので
通勤がてら、鑑賞を楽しみたいと思っています。


肥沼先生も何かハロウィーンの予定はありますか?
私が子供だった頃に比べると
ハロウィーンというイベント自体が
大分日本でも広まったという印象を受けています。

10月もあと数日ですね。
こちらではすでにクリスマスのデコレーションが店頭に並んでいます。
日本はどうでしょうか?

また報告を送りますね。
それでは。

近藤千恵

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千恵さん,ありがとうございます。
これからも大発見でなくてよいので,
「小さな発見」を時々送っていただけたら幸いです。
そのような「小さな発見」をし続けることが,
幸せの見つけ方のような気がしています。(o^-^o)

ではまた。

『真実に悔いなし』を読み始める(5)

いよいよ「東日流三郡誌」の研究の話となった。
上記は,「つがるそとさんぐんし」と読む。
東北各地に残された記録を集成し,
江戸時代の津軽藩の現支配層を批判する。
偽書扱いされ,これまでその価値が理解されなかった。

しかし「東日流三郡誌」は,単なる「勝者の歴史」を超えた
「真実の歴史」のあり方を問う大切な史料群だったのだ。
秋田孝季(あきたたかすえ)という素晴らしい思想家もそこに実在した。
なかなか「寛政原本」(秋田孝季の自筆)が発見されずやきもきしたが,
無事2006年にそれも発見され,真偽論争にも決着がついた。
(初めて参加した第3回古代史セミナーでのこと)

実は「東日流三郡誌」についてはつらい思い出もある。
研究会が2つに分断されたような状況になったことだ。
しかし,古田氏の方法の正しさを信じ,
研究を続けることを選んでよかったと思う。

昨日の部活動 10/27

昨日は,午後1~5時のコマだった。
台風も去り,秋晴れの1日だった。

木下兄弟コーチが来てくれて,
男子は兄コーチにより,女子は弟コーチにより,
有意義な練習ができたと思う。

声を出すことの大切さも理解できたかな?
バレーボールに限らず,
スポーツでの声の掛け合いはとても重要だ。
ぜひそれを理解して,頑張ってほしい。

日本シリーズ 2013(第2戦)

巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1
楽天 0 0 0 0 0 1 1 0 X 計2

第1戦に続き,第2戦も投手戦となった。
楽天・田中の投球は立ち上がりから冴え,
9回を3安打12三振4四死球1失点に抑え,
楽天にシリーズ初勝利をもたらした。

023_2

第1戦で完封リレーされた打線は,
6回に銀次の,7回に藤田のタイムリーが出て,
好投の田中を援護した。

第3戦から3試合は東京ドームでの戦いである。
ぜひ打線が奮起して,投手陣を支えてほしいところだ。

024_2


2013年10月27日 (日)

教研集会 2013

昨日は市内のM小学校で開かれた教研集会に,
「社会科における立体模型「ブロックス」の活用
~ブロックスと250人の笑顔」という
長い題名の資料を持って参加した。

私が参加した中学校分科会は,私を含め9名だった。
自己紹介も省略するほどの顔見知りで,
和やかな雰囲気の中報告されていただいた。

ブロックスとは,高校社会の宗先生の作られた教材で,
国旗の面積がその国の人口を表し,
体積がその国のGDPを表し,
背の高さが1人当たりのGDPを表す
三拍子そろったスグレモノなのだ。

021_2

022_2

これらを黒板に描いた世界地図に貼っていく時,
(ブロックスは,裏に板磁石が付けてある)
その高低間にいろいろなことを感じることができる。

時間があったので全部貼らしていただいたが,
私もあらためて「植民地にされた地域の発展の遅れ」を
感じないわけにはいかなかった。
それらの地域にはいまだに諸問題が残され,
内戦・飢餓・病気などのために発展ができなくされている。

そういう様々なことが直感的にわかるような具体物,
それがブロックスの魅力だ。
そして,そういうものがこの世に存在することを
知らせる役目を背負ったのが,かく言うこの私だったのだ。
後半に感想を述べていただいたが,初めてブロックスと対面した
驚きとわかりやすさを多くの方がおっしゃっていた。

なお,時間に余裕があったため,古代史の話もさせていただいた。
こちらも私が得意とする分野である。
ちょうど古田武彦氏の自伝『真実に悔いなし』
(ミネルヴァ書房,3150円)を持参していた。

伊勢神宮スタートの背景 (9/23(月)の再録)

10月には第62回目の遷宮が完了するという伊勢神宮。
その第1回の遷宮が690年だったとすると,
20年に1回遷宮を行う伊勢神宮のスタートは670年ということになる。

この時期は663年の白村江の戦いの大敗北の直後で,
国内は大混乱だったはずだ。
それなのになぜ伊勢神宮はスタートできたのか。
いや,「大混乱なのに」スタートできたのではなく,
「大混乱だったから」スタートできたのではないかと・・・。

それは,私が「白村江の戦いでの敗戦国が大和ではなく,
倭国=九州王朝だった」ではないかと考えているからである。
(日本書紀を読むと,敗戦直後の正月を
普通の「めでたい正月」のように日本書紀は描いている)

やはり,白村江の戦いの大敗戦で,
日本の主権者は倭国から日本国=大和政権に移動した
と考える方が正しい歴史認識のようである。
(大和政権は,「斉明天皇崩御の喪に服す」という理由で,
白村江の戦いに参戦しなかったらしい)

ここで,古田武彦氏を中心とした研究会が,
各地の寺社の縁起等に残っている九州年号(倭国年号)を
発掘した成果に登場してもらおう。
それに歴史事象を併載してみる。

九州年号は本来「飛び石」年号もなく,
連綿と200年続けられてきた年号である。
(3つの年号が「飛び石」なのは,九州年号の盗用だからか)

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間) ← 663年,白村江の戦い(倭国=九州王朝,大敗北)
朱雀・・・684~685年(2年間)    670年,日本国=大和政権が主権者に。伊勢神宮スタート
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆ ← 690年,第1回遷宮(持統天皇による)       ここまで「評」を使用
                                                        ↑
大化・・・695~703年(9年間)◆ ←701年,大和政権による初の年号「大宝」 ---ー
                      =続日本紀には改元ではなく建元記事がある      ↓
                      ~以降,「平成」まで続く                  ここから「郡」を使用
                      ← 710年,第2回遷宮,平城京遷都
大長・・・704~712年(9年間) ← 712年,古事記の完成
                    ← 「山沢亡命」の人々(九州王朝系の史料を持つ)あり
                    ← 720年,日本書紀の完成(倭国=九州王朝の記事も取り込む)

※1 ◆は,九州年号の中から大和年号に取り込まれた3つの年号
※2 670年頃,「日本」「天皇」という言葉が使用され始めた

『たの授』公開編集会議 2013年10月

お昼まで教研集会に参加していたので,
高田馬場の仮説社に着いたのは午後2時過ぎで,
編集会議には完全に落ちこぼれた。

10月24日(木)に退職前の勤務校で板倉先生を招いて
講演会を開いたたくわさんから,当日配付された40ペもの
立派な板倉先生の言葉集をいただいた。
(帰りの電車で読ましていただいた)

また,カノンのコード進行を使った授業プラン作りに
飛び入り参加させていただき,刺激をいただいた。
私は「日本音階と沖縄音階」という授業プランを作りたいと思っている。
日本音階・・・ドレミファソラシドで1音飛ばしでは和音となる。
沖縄音階・・・ドミファソシドで1音飛ばしで「和音」となる。
      (ゆるやかな「和音」で脳がリラックスできる)
       試しに,ドミファソシドの音で「沖縄だよ~♪」と
       歌ってみてほしい。

『真実に悔いなし』を読み始める(4)

古代史三部作を書き終えたあと,
(『「邪馬台国」はなかった』『失われた九州王朝』『盗まれた神話』)
古田氏は昭和薬科大学に勤める。
そして,白樺湖の大学の施設を借りて,
6日間の古代史シンポジウムを開くことになる。

実はこのシンポジウムには私も参加している。
プロジェクターを勤務校から借りて,
ビデオ出演してくれる方々の映写のお手伝いをしたのだ。
まったく意見を異にする人たちが,真剣に古代史に向き合う
貴重な6日間だったと思う。1991年のことであった。

日本シリーズ 2013(第1戦)

巨人 0 0 0 0 1 0 0 1 0 計2
楽天 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0


巨人・内海と楽天・則本の先発で始まった第1戦。
素晴らしい投手戦となったが,
巨人が少ないチャンスをものにし,先手を取った。

楽天は巨人より多い安打を放ったが,
(巨人が4安打に対して,楽天は9安打)
せっかくのチャンスにあと一発が出ず,
好投の則本を援護できなかった。

本日は,巨人・菅野と楽天・田中の先発だ。
絶対に落とせない試合となった。

2013年10月26日 (土)

模擬選挙をしよう

中学3年生の1クラスに「出授業」していて,
昨日の総合訪問の日にちょうど上記の授業だった。

仲のいい友達と何人かで政党を作り,
それぞれの代表が党首討論をし,
このクラスの首相を選挙するという授業だ。

何時間かかけて授業でも準備したり,
家でも作業をしたりして,
党首の演説はなかなか素晴らしい出来だった。
また,それに対する質問もするどいところを突いていて,
とても楽しく充実した一時間となった。

私は「模擬投票」はこれまでやったことはあったが,
選挙全体を扱うことはしたことがなかった。
この授業を企画していただいたK先生に感謝いたします。

生徒の演説の写真を載せられないのが残念だ。

総合訪問 2013(2)

昨日は2年に1度の総合訪問の日だった。
いつもだと道徳をやることが多いのだが,
(進度を気にせず出来るので)
今年は時間割の関係で社会科をやらなければならない。

単元は「ヨーロッパの課題とロシア連邦」というところ。
ちょうど「1人当たりのGDP」というキーワードがあり,
教科書の資料(色で塗り分けている)を見たあと,
ブロックスを見せることにした。

久しぶりに授業に登場したブロックスに生徒たちも喜んでいたが,
目を丸くしていたのは指導主事の先生だった。
授業後の検討会でも,「素晴らしい教材をお持ちですね。
あれがあればいろいろな授業が可能ですよ」とほめていただいた。

ブロックス自体は高校社会の先生である宗さんが作られたわけで,
私はそれを分けていただいて授業に使わせていただいているのだが,
1つの教材でこんなにイメージを生き生きさせられるなんて,
「本当にブロックスは,社会の科学の分子模型だ」とあらためて思った。

本日は,所沢市の組合の教研集会だ。
「社会科における立体模型「ブロックス」の活用~
ブロックスと250人の笑顔」という題で報告してくる。

『真実に悔いなし』を読み始める(3)

古田武彦氏の自伝である上記の本は,
『「邪馬台国」はなかった』の執筆のところまで来た。
古代史研究の記念すべき第1冊である。
部分里程の総和が全里程であるとか,
三国志全体の中で「壹」と「臺」の用法はどうだとか,
古田氏の研究方法の最も基本的なことが出てくる。

1971年に出版されたこの本は,その後角川文庫に入り,
私はそれを高校生の頃読もうとして挫折した。
(古田氏の本との再会は,『吉野ヶ里の秘密』であった)
その後『「邪馬台国」はなかった』を何回も読んだが,
読むたびに気持ちを新たにする大切な一書である。

ミネルヴァ書房から再刊されたので,
まだ読んだことのない方はぜひ一読してほしい。
こんなにも納得のできる古代史研究が
わが国でも行われてきたことに驚かれるのではないかと思う。

2013年10月25日 (金)

楽天が高校生№1投手・松井を引き当てる

昨日は今年度のドラフト会議だった。

高校生№1投手・松井裕樹(桐光学園)を楽天が引き当てた。
5球団の競合の末の当たりくじである。
松井は「12球団どこでもOK」と聞いているので,
楽天に入団する可能性が高くなった。

インタビューでも,「パリーグ優勝という
強いチームに指名していただき,
うれしく思います。」と語った。

今オフにも大リーグ入りがうわさされる
田中投手の後継者として申し分ない逸材である。
プロの世界はそう甘くはないと思うが,
ぜひ「1試合22奪三振」の実力を発揮してほしいものだ。

019_2

2位以下の指名は,以下の通り。

2位
内田 靖人 (捕手) 常総学院

3位
濱矢 廣大 (投手) Honda鈴鹿

4位
古川 侑利 (投手) 有田工

5位
西宮 悠介 (投手) 横浜商科大

6位
横山 貴明 (投手) 早稲田大

7位
相原 和友 (投手) 七十七銀行

8位
相沢 晋 (投手)  日本製紙石巻

9位
今野 龍太 (投手) 岩出山

2日連続で開花したハイビスカス

もしかしたら2日連続で開花しているかもしれないと思い,
昨日は忘れずにデジカメを持って家を出た。

教室に行ってみると,思ったとおり咲いていた。
うれしくなってシャッターを押した。

018_2

これまでの3回は1日だけの開花だったが,
今回の4つ目は光合成のおかげか2日連続開花となった。
今日も咲いていれば「3日連続」となる。
それを楽しみにして,教室に行きたい。

総合訪問 2013

本日は総合訪問の日である。
金曜日は本来6分の3の日なのだが,
「空き時間」が2つも減って4分の3とはこれいかに・・・。

研究授業は,担任クラスでの「EUの課題とロシア連邦」。
加盟国間の経済格差をブロックス(立体模型)で,
ロシアの面積(日本の45倍)を教室と全校の部屋で表し,
具体的なイメージを持ってもらうつもりだ。

2013年10月23日 (水)

「教室のハイビスカスは週末に咲く」という仮説

これまで3つのハイビスカスの花を掲載してきたが,
それはすべて週末に撮影したものだった。
そこで,気の早い私は,次の仮説を立てた。
「教室のハイビスカスは週末に咲く」のではないかと。
つまり,ハイビスカスは人がたくさんいる平日には咲かず,
ストレスの少ない週末に咲くのではないかというのだ。
みなさんは,どう思われますか?

その仮説は早くも昨日打ち砕かれた。
昨日(水曜日)1つのつぼみが見事に開いたからだ。
ちょうど昨日はデジカメを家に忘れて出勤し,
学校のデジカメでその証拠を撮影したので掲載する。

017_2

昨日学年主任のH先生が,水道前に置かれていた
別のハイビスカスを「配置換え」されていた。
わがクラスのハイビスカスの花をご覧になったからだろうか?
日照さえ確保すれば,まだまだハイビスカスは楽しめそうだ。

給食ローテーション(2)

3組,4組ときたので,今日は5組と思いきや,
実は「担外」であった。
担外の先生方と会議室で給食を食べた。
これがまさしく食事をするということだと思った。

(1) ゆっくり時間をかけて食べるので,
おかわりをしなくても満腹感が得られた。
(2) こころなしか噛む回数も多かったような気がする。
(3) その後の昼休みがいつもより10分長かった。

いつもの担任としての給食と
昨日の副担としての給食との違いは,
強烈な印象だった。w(゚o゚)w

もっとも,いつも「副担」の先生がなさっていることを
するのを忘れてしまった。ごめんなさい。m●m

『真実に悔いなし』を読み始める(2)

上記の本は,古田武彦氏が松本深志高校の教師を止め,
神戸に引っ越して歴史研究(親鸞)に入るところまで来た。
岡田甫(はじめ)先生に招かれて就職した松本深志高校での,
先生方や生徒たちとの交流が楽しかった。
それが今の古田武彦氏を作っていったともいえるだろうし,
当時から古田武彦氏は自分自身を生きていたともいえるだろうが・・・。
ただ,飲酒・喫煙についての記述は,意外だった。
私も飲酒を少し控えようかな?(喫煙はもともとなしだが)

「笑っていいとも!」が来年3月で放送終了

人気番組の「笑っていいとも!」が
来年3月で終了すると発表された。
これは驚きだ。
平日は見られないので,
日曜日に編集されたものを観て楽しんでいたが,
それでもなくなってしまうと思うとさびしい。

1982年から始まり今年で32年目。
37歳だったタモリも68歳となった。

実は32年といえば,私の教員生活と同じ長さなのだ。
「肥さん年図」から転載してみると,以下のようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1982(昭57)年・美原中1年目・2年副担・24歳】

④所沢市立美原中に赴任(正式採用)。
④歴教協,組合に加入(現在まで)
②西日本たのしい授業ゼミナール(須磨)
③『たのしい授業』誌創刊
「写真部顧問・卓球部副顧問」「合唱曲なし・順位なし」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1982年から始まり今年で32年目。
24歳だった私も55歳となった。

「和食」を無形文化遺産に

「ニフティー」のニュースに,
ちょっと面白い記事があったので,
転載させていただくことにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月22日(火)19時54分配信 共同通信

政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案した
「和食 日本人の伝統的な食文化」について、
事前審査を担うユネスコの補助機関が新規登録を求める
「記載」の勧告をしたことが22日分かった。

文化庁によると、過去の事前審査で記載勧告された提案が覆されたケースはなく、
ユネスコの政府間委員会は12月上旬にも登録を正式に決定する見込み。

政府の登録提案は昨年3月。
「四季や地理的多様性による新鮮な山海の幸」
「自然の美しさを表した盛り付け」
「正月や田植えなどとの密接な関係」などとアピールしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに和食は,四季のある国の特色を表すものだけど,
なにもユネスコ登録までしなくてもいいと思うが・・・。

ちなみに韓国も,キムチとキムジャンの登録を
考えているとのこと。

2013年10月22日 (火)

給食ローテーション

昨日から学年で,上記の取り組みが始まった。
担任・副担8名が,給食で順繰りにクラスを巡るのだ。
つまり1組の担任は2組に,2組の担任は3組にというように
普段の担当とは違うクラスに出向く。

私にとっては初めての試みだったが,
これは意外といいのではないかと思った。

生徒たちは,普段担任が接しているより,
こころなしかキビキビ動いているように見える。
私たちも普段しているような細かい注意をしなくて済む。
ということで,生徒と先生の両者に,新たな風を吹き込む。

そこで思い出したのが「主観」と「客観」という言葉だ。
どうしても担任は自分のクラスだと,
きびしめに評価しがちである。
それは決して悪意からそうしているのではないが,
生徒たちから見ればそう見えることもあるだろう。
それが,他の先生から見てもらえるということだから,
張り切っていい評価をもらおうと頑張るのではないか。

主観・・・主(あるじ)から見た評価
客観・・・客(よその人)から見た評価

これをうまく使い分けながら,
学級経営や学年経営がなされていくといいと思った。
提案されたN先生に感謝です。

PS 学年は8人の先生で構成され,クラス数は5つである。
ということは,3日間の「担外経験」も
この8日間に含まれるということになる。
私は今を去ること32年。新任の1年間だけ担外だったが,
それ以降ずっと31年連続で担任だった。
ということで,久しぶりの「担外経験」も楽しみの1つとなった。

楽天が日本シリーズ初出場を決める

楽天がCSファイナルを勝ち越し,
日本シリーズ初出場を決めた。

ロッテ 0 0 0 4 0 0 1 0 0 計5
楽 天 1 2 0 2 0 0 1 2 X 計8

014_2

楽天・辛島とロッテ・唐川の先発で始まったこの試合。
これまでの試合とは一転,逆転に次ぐ逆転の打撃戦となった。

ジョーンズとマギーのアベックホームランも出たこの試合。
1点リードした8回表に則本投手が登板した時,
9回表に田中投手が出てくるのは
もう「お約束」のようなものだった。

あの西武球場で感動の優勝を田中で迎えた再現を,
地元仙台のファンの前でしてあげようという
星野監督流の「サービス」だろう。

鈴木・・・キャッチャーフライ
金沢・・・一塁ゴロ
根元・・・左前ヒット
福浦(代打)・・・右前ヒット
井口・・・三塁ゴロ

二死一,二塁なんてちょっとヒヤッとしたが,
これでとうとう日本シリーズ出場となった。
この勢いのまま,巨人と戦いたい。

4日後,この仙台で,まず田中投手で1勝をあげ,
日本シリーズの幸先のよいスタートを切りたい。

星野監督のインタビュー

「クリネックス(Kスタ宮城)で胴上げしてもらいたいと選手と約束していました。
本当に幸せな男だね。僕は。こんなにもう息子たちが多少の緊張はしたんだろうけども、
前向きに常にファンのために、己のために、家族のために、チームのために、
すべての皆さんのためにやってくれました」

015_2

2013年10月21日 (月)

千恵さんの「カナダ報告」 4年目(2)

ここのところお便りが届かないので,
「お元気ですか?」とカナダにメールしてみた。
すると,千恵さんから久しぶりの「報告」をいただけた。
なかなか仕事が忙しいようで,そんな中すみません。(^-^;
では,久しぶりの「カナダ報告」をどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

お久しぶりです。
ご連絡ありがとうございました。
本当に報告が途絶えていて申し訳ないです。

この夏は仕事が忙しくて、なかなかイベントなどにも参加できませんでした。
毎年楽しみにしていたヘリテージフェスティバルにも行かずに終わってしまいました。

こちらでは1か月前から紅葉していて、もうほとんど枯れ始めてします。
まだ雪は降っていませんが、月末あたり降るかもしれないなんていう話をちらほら聞きます。

本当に仕事が生活のメインになってしまっていて、
なかなか新しい場所に行ったりする機会が減ってしまって残念なのですが、
先日、日本人の友人と中華料理を食べにチャイナタウンに行った時に思ったことがあるので、
そのことについて今回報告させて頂こうかと思います。

エドモントンはまだまだ石油関係で雇用機会等に恵まれているほうで、
カナダ各地や色々な国から移り住んでくる人がいまだに多い都市で、人口もまだ増えています。

大抵の人は気候的にも楽なのと、学生の場合は9月始まりが多いので、夏に引っ越しをするのですが、
今年の夏は人が増えるペースに不動産が追い付かずアパートが不足していて、
引っ越してきたくても入居先が決まらない人々が多数いたそうです。

現在、私が勤めているのが、都心部の北側で、シティー空港があるのですが、
一等地を空港にしておくよりは住宅地にして土地を活用しようということになり、
もうじき閉鎖され、住宅地になるとのことでした。

それに伴い、現在南北に1路線しか走っていない電車が拡張され、
市内から北東に伸びていた路線から、
北西に伸びる路線が継ぎ足される工事が見られるようになりました。
完成はまだ先のようですが。

また市外でも、大規模な住宅地の開発工事が見られます。
私も詳細は把握していないのですが、聞いた話だと、
エドモントン市の拡張を規制する法律をもうけるかどうか、
市議会ではかなり論議されているようです。

そんな中、先日私達が行ったチャイナタウン。 ダウンタウンの東側にあります。
治安があまり良くなく、あちこちでかなり老朽化、荒廃化が進んだ建物が見受けられます。
中には人気を感じない建物すら、見受けられますし、
駐車場や公園などでさえもない荒地も点在します。
私達も、ひとりで歩いたりするには抵抗があるような場所です。
メインストリートなどは飲食店やスーパー等でにぎわっているのですが、
全体を見ると、なかなか有効活用されているとは言いにくい状況です。
なぜこれまでチャイナタウンの土地の有効化がされていないのか、理由はよくわかりませんが、
チャイナタウンの中でもダウンタウン寄りの部分に博物館が建設され始めてしました。
なのでこれからチャイナタウンも再開発されるかもしれないと友人と話していました。

これは私の個人的な意見なのですが、
チャイナタウンならではの本格的な中華料理のお店や、
漢方のお店、その他アジア系のお店等の魅力もある地区なので、
その面影を残したまま、区画整備され、今より治安が良くなり、
皆が気軽に歩ける地区になっていって欲しいと思います。
今後、エドモントンのチャイナタウンがどうなっていくのか、注目してみて、
またその変化をご報告できたらと思います。

これからハロウィンの季節ですね。
私は今のところ、とくに何かをする予定はないのですが、
また何かあれば報告させて頂きます。

先生も、合唱コン等お忙しそうですね。
お身体にお気をつけてお過ごしください。

近藤千恵

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千恵さん,「カナダ報告」をありがとうございます。
これから厳しい冬に向かうカナダですので,
またお仕事も忙しいようですので,
とうぞご自愛下さい。

『真実に悔いなし』を読み始める

古田武彦氏の自伝である上記の本を,昨日から読み始めた。
(ミネルヴァ書房刊,408ペ,3150円,
副題は「親鸞からイ卑弥呼へ日本史の謎を解読して」)

幼少の頃から始まり,
今は松本深志高校の教師になったところまで来た。

これからいよいよ親鸞の研究や
邪馬壹国の研究に入っていく。

11月9日(土)~10日(日)に行われる
古代史セミナー(八王子)までに読み終わるつもりで,
少しずつ楽しみたいと思っている。

古代史セミナーは今年で10回目の開催で,
私は第3回から連続8年参加していることになる。

昨日の部活動 10/20

昨日は,午後1~5時のコマだった。
あいにくの雨,しかも体育館の半面を
男女いっしょに使うという悪条件だったが,
木下兄コーチのご指導のもと,
楽しく練習することができた。
本当に感謝の一語に尽きる。

良くも悪くも,現在実力は男女差がほとんどなく,
「男女いっしょに練習する」というやり方は,
そんなに無理がないと思うし,
むしろ男女共修という学校生活と同じやり方は,
生徒たちのやる気を引き出すには最善と思う。
30名近くを指導するコーチにしてみれば,
とても大変な話ではあるが・・・。

男バレのТシャツは,ワンポイントのマークも決まり,
いよいよ注文をとる段階に入る。

なお,昨日の部活動とぴったり並行して行われる予定だった
楽天VSロッテのCSファイナルシリーズは,
雨のために中止となった。

その代わりといってはなんだが,
本日午後6時半よりテレビ東京で,
楽天VSロッテ戦が中継される。
(最大延長が午後11時28分)

楽天・辛島とロッテ・唐川の先発。
楽天が勝てば,初の日本シリーズ出場が決まる。
ファンならずとも見逃せない1戦である。

2013年10月20日 (日)

『地球のいま そして 未来』

中一夫著の上記の本を,
(副題は,〈地球温暖化〉について考える)
私は持っていたことに昨日気がついた。

011_2

構成は,以下のようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめに~二酸化炭素の増加と温暖化

第1部 〈京都議定書〉と温暖化防止
~二酸化炭素削減のための政策の実態と効果は?

第2部 地球の歴史から見た〈地球温暖化〉
~二酸化炭素の変化と地球温暖化

第3部 温暖化がすすむとどうなるか?
~〈温暖化〉と予測ーIPCC最新報告書から考える

第4部 地球の現状と未来
~地球環境と人間の暮らしは悪化してきたか?

補注

参考文献

あとがき
~〈終末時計〉と〈地球温暖化〉と板倉聖宣さんの言葉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経緯は,次のようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)2007年,中さんのガリ刷りの論文集を入手(100余ペ)
(2)「夢ブログ」に紹介記事を書く。
(3)川瀬さんに送る。
 ・
(4)2009年,『地球のいま そして 未来』を入手する。
 ・
(5)先日の「夢ブログ」記事
(6)川瀬さんのご指摘
(7)『地球のいま そして 未来』での再勉強

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持っていた『地球のいま そして 未来』には読んだ形跡がなく,
(私は,赤線を引きながら本を読む習慣があるので)
「とりあえず中さんの書いた本を入手しておいた」という感じだった。

さっそく読んでみたが,川瀬さんの指摘されていた通り,
温暖化人為説を否定する内容だった。
そして,まさにそのことが中さんの研究の成果であり,
〈地球温暖化〉問題の真相だった。

今回,川瀬さんに私の間違いをご指摘いただき,
あらためて学び直せたことに感謝いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

かつて板倉聖宣さんが言っていたことを思い出しました。
「江戸時代の農民が,あわやひえしか食べられないほど貧しかった」
というのは,原子論的に見て間違いだ。
それは,右派も左派もそうしておくと都合がいいからだ。
右派は「天皇の価値」を,左派は「明治維新の価値」をアピールできるから。

今回の場合でいうと,原発推進派もエネルギー革命派も,
〈地球温暖化〉を自分たちの「錦の御旗」にしていたのかと・・・。

『地球のいま そして 未来』,素晴らしい本です。
ぜひ読まれることをオススメいたします。
(入手したい方は,私までご連絡を。
コメント欄にその旨書いていただければ,
公開せずに用件が伝わります。
当時は1000円でしたが,
もしかしたら値上がりしているかも) 

楽天が美馬の完封勝利で「王手」をかける

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0
楽 天 0 2 0 0 0 0 0 0 X 計2

ついに楽天が美馬の完封勝利で「王手」をかけた。
美馬は,9回を4安打7三振2四球の立派な内容。

2回裏二死一,三塁に,
嶋が2点タイムリー二塁打を放ち,
これが決勝打となった。

013_2

本日の先発は,辛島だ。
がんばれ,楽天!がんばれ,辛島!

昨日の部活動 10/19

昨日は,午前11~午後2時のコマだった。

前半はそれぞれ練習したが,
途中から木下兄コーチに来ていただき,
男女いっしょに練習を見ていただいた。

男女が交互にコートに入り,
わずかな時間で守備体制を整えるのは,
緊張感もあり,なかなかいいトレーニングであった。
今後もぜひやれたらと思う。

男バレのТシャツのワンポイントが,
いよいよ決まりそうだ。
そちらの方も楽しみ。

女バレの方で,3人の保護者の参観があった。

2013年10月19日 (土)

2枚のハイビスカスの写真

先週と今週の週末に撮影した
ハイビスカスの写真をお届けする。

012_4

010_2

日照がたくさんあった方が光合成が進み,
花も咲きやすいのではないかと考え,
教室で1番日当たりの良い場所に移して以来,
二週連続での開花となった。
(私の仮説は当たっていた!?)

前に1度この「夢ブログ」に掲載しているので,
これで合計3回載せたことになる。
ハイビスカスというのは,実に魅惑的な花だ。

本日の昭島サークル

週末は,都合がつけば「仮説サークル」へと通っている。
これは仮説実験授業に関わる機会を求めてのことでもあるが,
忙しい毎日のストレス解消法でもあるのだ 。

本日は,明星大学(八王子)を利用しての昭島サークルの日だ。
そこでいくつかの資料を用意していたのだが,
いつも土曜日を担当してくれている部活の相方が,
昨日から体調を崩されていて,「代打出場」となる。

活動時間が午前中ならよいのだが,
あいにく午前11時~午後2時の3時間で,
午後1~5時の昭島サークルに参加するには,
大遅刻を覚悟しなければならないなあ・・・。
でも,参加してリフレッシュしてこようと思っている。

ダイエット仲間

東京の小沢さん(同世代の中学美術の先生)が,
「ボクの健康法~ああダイエット10年」
という資料を送ってくれた。
私も「計るだけダイエット」の情報提供者として登場させていただき,うれしい限りだ。
(飽きっぽい私も,これは継続中)

小沢さんの書いていた,南雲吉則さんの『50歳を超えても30代に見える生き方』
(講談社プラスアルファ新書)は私も入手し,検討した。
しかし,あまりにもすご過ぎて,
参考にはなったけれど,私には無理そうということで,
現在は「計るだけダイエット」+「呑んだ次の日の朝食はゼリー飲料」
というやり方で体重調整をしている。
(1袋で100キロカロリーぐらい)
バナナの方が値段は安いのだが,
とても甘いのと皮の処理がちょっと・・・。

そのお陰で4月からの半年で5キロほど減量し,
卒業生が訪問するたびに,
「肥さん,やせたんじゃない?」と言われ喜んでいる。

11月2日(土),ニコたのサークルには参加できるかも!

楽天が好投の則本を援護できず敗れる

ロッテ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 計 4
楽 天 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 計 2

楽天が好投の則本を援護できず敗れた。
9回4安打11三振1失点だから,
援護があれば当然勝ち投手となってしかるべきで,
とても残念な試合だっだ。

9回裏にジョーンズが同点ホームラン。
10回裏に聖沢の意地のホームランも出た。

だが,試合はさらに続く。
本日は湿りがちな打線も大爆発して,
ロッテに「王手」をかけてほしい。

本日の先発は,美馬である。
がんばれ,楽天!がんばれ,美馬!

2013年10月18日 (金)

楽しみな「研究会ニュース」11月号

「仮説実験授業提唱50年
仮説実験授業百年
その展望をもとに考える,これからの仮説実験授業」
という題名の記録(B4判・40ペ)が
仮説実験授業研究会の「ニュース」の載るという。

これは先月29日(日)に法政大学&私学会館で行われた
「50周年の会」&パーティーの記録である。
私も「パーティーの閉会にあたっての板倉先生の話」という題名で
テープ起こしさせていただいたが,
それが4ページにわたって収録されている。

この40ページの記録が入る「ニュース」11月号は,
すごく厚い号になるとともに,すごく熱い号になりそうだ。

編集にあたった平野さん,お疲れ様でした!
約2週間の「突貫工事」でした。

台風26号接近(3)~遊水池の存在

伊豆大島の被害は想像以上のものだったが,
私の住む埼玉県所沢市はそれほどではなかった。
その原因の1つに,遊水池の存在があると思った。

私の通勤コースにはいくつかの遊水池がある。
大雨増水の際,その水を貯めておく場所だ。
普段は巨大な遊水池のために
自転車を余計走らさなければならず,
煩(わずら)わしいかに思えるが,
今回のような場合にはとても役に立ってくれるのだ。

007_2

008_2

そういえば,若い頃町内の防災放送がよく流れ,
砂川堀と呼ばれる小河川の氾濫を伝えていた。
しかし,今は中央公園の地下に作られた貯水槽によって,
そんなことは起きなくなった。
増水した分がそこに流れ込むためだ。
私たちの見えないところで,しっかりと
私たちの生命と財産を守ってくれているんだな。

楽天が田中の完封勝利でCS初戦を制す

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計 0
楽 天 0 0 0 1 0 0 0 1 X 計 2

楽天が田中の完封勝利でCS初戦を制した。

009_2

楽天・田中,ロッテ・成瀬の両エースの投げ合いで,
3回まではゼロ行進が続いた。
均衡を破ったのは4回裏。
銀次の先制ホームランが飛び出した。
さらに8回裏には,マギーのだめ押しタイムリー安打で,
田中を援護した。

アドバンテージの1勝とこの勝利で,
楽天はCS戦でとても有利な立場に立った。
(あと2勝で,日本シリーズ出場権ゲット!)
本日の先発は,新人王間違いなしの則本だ。

第1回・肥さん賞の発表

25年続いている世界文化賞や
24年続いているの板倉賞にはまったく及ばないが,
第1回・肥さん賞を勝手に発表します。
(要するに今年私を元気にしてくれた方々ということです)

スポーツ部門・・・9年目で悲願のリーグ優勝をした楽天
         およびその立役者・田中投手

音楽部門・・・いきものがかりの3人(9月にはライブにも初参加した)

テレビ番組部門・・・最近ではNHK連ドラ「あまちゃん」かな

著作・出版部門・・・古田武彦氏の『イ卑弥呼』『真実に悔いなし』等
         および彼の著作の出版に尽力したミネルヴァ書房

授業書・教材部門・・・『世界の国ぐに』とブロックスと呼ばれる立体模型
          (「ブロックスと250人の笑顔」という資料も書いた)

飲食店部門・・・「まる」「3丁目の夕日」「とりどこ」

2013年10月17日 (木)

合唱コンへ向けての練習

これまでは音楽の時間だけだったが,
2学期に入った10/15(火)から
教室等でも合唱コンクールの練習が始まった。

現在はまだパート練習で,音を正確に覚える段階。
早くそれを終えて,楽譜を見ないで歌えるようになって欲しい。
勝負は各パートが合わせる来週以降になるだろう。
絶対他のパートにつられないような自信を付けよう。

また,3週間あるかに見える練習期間だが,
土日が入るので実質は2週間しかないことを覚えていてほしい。
合唱コン当日(11/6)から逆算して練習する必要がある。
みんなで協力して,クラスの団結力を見せつけよう!

楽天が本日からCSファイナルステージ!

本日から楽天はロッテと,上記の対決をする。
先発は田中と成瀬。
どんな試合になるか今から楽しみだ。

1日早く行われたセリーグの試合も,
接戦で盛り上がった。

広島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 計2
巨人 0 0 0 1 0 1 1 0 X 計3

1勝のアドバンテージがあるので,
初戦で勝利すれば「王手」をかけられる。
がんばれ楽天!がんばれ田中!

以下,日程をどうぞ。

17日(木)・・・18時5分 (本日)
18日(金)・・・18時5分
19日(土)・・・14時5分
20日(日)・・・13時5分
21日(月)・・・18時5分
22日(火)・・・18時5分

台風26号接近(2)~伊豆大島の被害

勤務校は「2時間遅れで,10時半スタート」を計画し,
予定通りの1日を過ごせた。
風雨もそれまでには止んで,台風一過となった。

ところがニュースを観て,大変驚いた。
伊豆大島ではものすごい降水量があり,
土砂崩れのため多くの犠牲を出しているというのだ。
(先ほどのニュースでは,死者18名,行方不明者41名)  
1時間で120ミリ,24時間で824ミリの降水量。
そんな数値は誰も予想していなかっただろう。

私たちにも責任がある「地球温暖化」。
それに起因する海水温の上昇が台風の大型化を招き,
これまで以上に大きな被害を引き起こしている。
それは,モンスーン,ハリケーン,サイクロンと呼び名は違っても,
地球の各地で発生し,これからも猛威をふるうだろう。

今私たちにできることは,エネルギー増大の方向ではなく,
逆に減少の方向に舵を切り換えていくことではないか。
「便利だから幸せ」を感じるのではなく,
「ちょっと不便でも幸せを感じられる感性」を
育んでいきたいものだと思う。

小泉元総理の「原発ゼロ」発言

小泉元総理が「原発ゼロ」発言をしたと報道されていた。
与党の中では異を唱える者もいるかもしれないが,
福島をはじめとする被災地のことを考えると,
ぜひ実現してもらいたいと思う。

東日本大震災は,これまでの日本の生き方を問う
大きな転換点となりうる出来事だと思う。
その痛みをみんなで分かち合うことが
明日のこの国の未来を創っていくことになるのではないか。
そして,そういう勇気ある大人たちの背中を見て,
子どもたちも自信を持って生きていけるのではないかと考える。

昨日の部活動 10/16

昨日も帰りの会の1時間ほどだったが,
木下兄コーチに来ていだき練習をした。

練習用のТシャツで安く作れるところがあるそうだ。
単色でワンポイントなら1000円台でできそうなので
作ってみる予定だ。
話がきまったらプリントを出そうと思う。

2013年10月16日 (水)

台風26号接近~勤務校の台風対策

今年は本当に台風の話題が多いが,
昨日も台風26号のニュースで持ちきりだった。

昨日の下校時,プリントが配付され,

(1) 放課後の部活動なしで下校すること
(2) 2時間遅れの10時半に登校すること
(3) 朝練はないこと

などが書かれていた。

隣接のS市やK市は1日休みということで,
休養を取りたい私としてはちょっぴりうらやましいが,
来週末にある総合訪問の単元が狂っても困るので,
仕方のないところではある。

現在午前5時10分,静岡県の報道がメインだ。
もう少しすると埼玉のことも取り上げられることになるのだろう。
さて,私は何時に自宅を出発しようかしら。
自転車は学校に置いてきたから,電車で行くしかないが・・・。

九想さんのアドバイス

昨日は台風接近の中,九想さんとオフ会をした。
お互いの仕事のことやブログのことなど,
共通の話題を話しているうち,
「かな入力で変換できないという謎」について,
パソコンを取りに戻って見ていただいた。

結論からいうと,「故障している」ということで,
販売元に問い合わせてみたらどうかという
アドバイスをいただいた。

九想さんとのお付き合いは,
私が「IТ革命」した10数年前からのもので,
その九想さんか調べて原因がもわからない
というのであれば,アドバイスに従うのがいいだろう。
ようやく次のステップに進めそうだ。

総合訪問の指導案の作成(2)

一昨日に続き昨日も上記の作業をした。
単元は,「EUの課題とロシア連邦」である。

一応「ブロックス」で1人あたりのGDPを
表現することをメインにし,
「抽象的なもの」でも「具体的な教材」があれば
生徒たちにイメージを伝えられるということで
やってみようと思っている。
他の部分は教科書&指導書のお世話になるが,
それはそれでいいかなと思う。

2013年10月15日 (火)

「あまちゃん」総集編

昨日は,上記の放送の日でもあった。
テレビの番組欄を出掛けに見て,
録画することを思い出し,
あわててビデオをセットして学校に向かった。

帰宅して確認してみると,バッチリ録画は成功!
今それを観ながらブログを書いている。

以前「九想話」で紹介されていたように,
話は宮藤官九郎・作の楽しい展開で,
主役の若い高校生たちを
大勢の俳優・女優たちが支えている印象だ。
毎日チェックしたくなる気持ちもよくわかる。

昔の芸能界と今の芸能界(AKB48など)の様子を描き,
その線で行くのかと思いきや,
それが東日本大震災で一変する。

しかし,最後には希望につながる終わり方で,
力をもらえたような気がする。
次は,私たちが何をするかだ。
特別なことではなく,自分の立ち位置から・・・。

九想さんは番組終了後「あまロス」に陥(おちい)られたそうだが,
私は「総集編だけ」なので,それはないかな。

スリーJプロダクション (‘jjj’)/

総合訪問の指導案の作成

午前中に部活動を行い,
午後からは上記の作業をした。

今までまったく取り組んでいなかったが,
チェックしてみたら,まだ4.5人しか完成していないようで,
新人戦や通知表づくりの忙しい毎日が偲ばれた。

教える単元を特定し,本日の締め切りを意識して,
ひな型を埋めるようにして作っていった。
ゼロからのスタートなので,写せるところは指導書の文章を写し,
あとで削るようにしたため,
少なくともA4判で2ページの量にはなった。

EU諸国間での経済格差10倍以上のところで「ブロックス」を使用し,
ロシアが日本の46倍の面積のところで何かの量比較が使えると思った。
そこを含めて再検討し提出しようと思う。

昨日の部活動 10/14

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。

市民バレーの開会式参加のため一部の生徒が抜けたが,
後半は練習に合流した。
木下兄コーチには,昨日もお世話いただいた。
3日間の「秋休み」の練習は大変だったが,
そういう中で力は付いていくものと信じる。

2013年10月14日 (月)

11月の楽しみ

10月末から始まるの日本シリーズから見てみよう。

10月26日(土) [第1戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場
10月27日(日) [第2戦]   〃   (飯能・日高サークル)
10月28日(月)   (移動日)
10月29日(火) [第3戦] セ・リーグ出場チーム本拠地球場
10月30日(水) [第4戦]   〃
10月31日(木) [第5戦]   〃
11月1日(金)   (移動日)
11月2日(土) [第6戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場
11月3日(日) [第7戦]   〃

3日(日)・・・『たの授』&臨時増刊号『たのしい教師生活をしよう』

9日(土)~10日(日)・・・古代史セミナー(八王子)
したがって,9日の飯能・日高サークルは欠席で,「資料参加」の予定。

15日(金) ~ 20日(水) アジアシリーズ2013(台湾)
16日(土)・・・昭島サークル

20日(水)・・・社会科サークル

23日(土)・・・『たの授』公開編集会議

「かな入力」での変換ができないという謎

私は「かな入力」でこの文章を書いているのだが,
設定を「かな入力」にしているのに
「ローマ字入力」されるという事態が昨日から続いている。

犯人は,寝ぼけて,変なボタンを押してしまった私自身
という説が1番有力なのだが,
じゃあ,なぜ今「かな入力」できているかというと,
実はパソコンに「メモ帳」という機能が付いていて,
それを使うとこれまでのように「かな入力」ができるからだ。

なので,当面文章を打ち込むのに不便はないのだが,
「かな入力」したいのに,「ローマ字入力」になってしまうという怪現象,
しかも「メモ帳」においてはちゃんと「かな入力」できるという怪々現象に
頭を痛めていることに変わりはない。
どなたかこの「謎解きはディナーのあとで」いいので,
お願いしたい次第である。

昨日は4人の方に挑戦ていただいたが,謎は解けなかった。
ただ,Т先生が「メモ帳」なら「かな入力」できることを発見してくれた。   
ありがとうございます。
当面そこで書いて,貼り付けたい。
                                     

昨日の部活動 10/13

昨日は,午後1~5時のコマだった。

木下兄コーチに来ていただいて,
午後4時まで練習を行った。

最後は2セット男女で試合をした。
男バレが少しずつ攻撃力を付けてきている。
12月8日の市民バレーでは,
いいところが見せられるかもしれない。

昨日は,午前中にボランティア活動(柳瀬川&緑道),
午後所沢まつりが入り,落ち着かない1日だった。

2013年10月13日 (日)

浦和仮説サークル 2013年10月

昨日は午後から,浦和仮説サークルに参加した。

参加者は7名。

須崎さん,実藤さん,荒井さん,長谷川さん,
山本さん,荒川さん,そして私。

資料は,次の16点。

(1) 力は時間と一緒にはたらく(長谷川さん)
(2) 科学映画〈力は時間と一緒にはたらく〉の製作を終えて(長谷川さん)
(3) プリント・フリップチャート集CD試作版(長谷川さん)
(4) 科学映画〈力は時間と一緒にはたらく〉の宣伝パンフ(長谷川さん)
(5) 残念無念!~「夢ブログ」でお楽しみ下さい(肥沼)

(6) 「1学期前半を振り返って」「1学期後半を振り返って」(肥沼)
(7) 所沢市教育研究集会宣伝ビラ(肥沼)
(8) 科学かわらばん「化学変化が終わりました」(実藤さん)
(9) 私の新発見「小惑星ケレス」(実藤さん)
(10) 山路さんの「フーコーについての資料」の紹介(実藤さん)

(11) 絵本『おどるピンポンだま』の紹介(荒井さん)
(12) 科学映画「地球は大きな磁石である」宣伝ビラ(山本さん)
(13)1年1組通信「いつもえがおで」(荒川さん)
(14)提唱50周年の会テープ起こし「関東の先輩たちのスピーチ」(荒川さん) 
(15)《ものとその重さ》第二部が終わって(須崎さん)
(16)楽しさが広がる地域の科学教室(須崎さん)

003_2

004_2

005_4

006_2

楽天が則本の好投で82勝目

オ リ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 計1
楽天 0 0 3 0 0 1 0 0 X 計4

楽天は3回裏銀次の犠飛,ジョーンズの適時二塁打,
マギーの適時打で3点を先制。
6回には聖沢の適時打でリードを広げた。
投げては,先発・則本が5回を無失点に抑えて,今季15勝目。
その後は4投手の継投で逃げ切った。

[他の試合]

ロッテ 1 0 2 1 1 1 0 5 0計11
西 武 0 0 0 0 1 0 0 0 0 計1

広島 0 0 0 1 3 0 0 0 4 計8
阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 0 計1

阪神ファンの九想さん,残念でした。
広島ファンのТ先生,おめでとうございます。

2013年10月12日 (土)

ノーベル平和賞受賞者・受賞団体一覧

昨日今年度のノーベル平和賞が発表され,
シリアのことにも関係しているのだろうが,
化学兵器禁止機関(OPCW)が受賞した。

ノーベル平和賞の全体をイメージしたくて,
歴代の受賞者・受賞団体の一覧を探したら,
例の「ウィキペディア」に出ていたので,
転載させていただくことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1900年代

1901年 - アンリ・デュナン(スイス)=赤十字社の創設者、フレデリック・パシー (フランス)
1902年 - シャルル・ゴバ(スイス)、エリー・デュコマン(スイス)
1903年 - ウィリアム・クリーマー(イギリス)
1904年 - 万国国際法学会
1905年 - ベルタ・フォン・ズットナー(オーストリア)
1906年 - セオドア・ルーズベルト (アメリカ合衆国)
1907年 - エルネスト・モネータ(イタリア)、ルイ・ルノー(フランス)
1908年 - フレデリック・バイエル(デンマーク)、ポントゥス・アルノルドソン (スウェーデン)
1909年 - エストゥルネル・ド・コンスタン(フランス)、オーギュスト・ベールナールト(ベルギー)

1910年代

1910年 - 常設国際平和局
1911年 - トビアス・アッセル(オランダ)、アルフレッド・フリート(オーストリア)
1912年 - エリフ・ルート(アメリカ合衆国)
1913年 - アンリ・ラ・フォンテーヌ(ベルギー)
1914年 - なし                      【第一次世界大戦】
1915年 - なし                                    
1916年 - なし                                   
1917年 - 赤十字国際委員会                           
1918年 - なし                                  
1919年 - ウッドロウ・ウィルソン(アメリカ合衆国)

1920年代

1920年 - レオン・ブルジョワ(フランス)
1921年 - カール・ブランティング(スウェーデン)、クリスティアン・ランゲ(ノルウェー)
1922年 - フリチョフ・ナンセン(ノルウェー)
1923年 - なし
1924年 - なし
1925年 - チャールズ・ドーズ(アメリカ合衆国)、オースティン・チェンバレン(イギリス)
1926年 - アリスティード・ブリアン(フランス)、グスタフ・シュトレーゼマン(ドイツ)
1927年 - フェルディナン・ビュイソン(フランス)、ルートヴィッヒ・クヴィデ(ドイツ)
1928年 - なし
1929年 - フランク・ケロッグ(アメリカ合衆国)

1930年代

1930年 - ナータン・セーデルブロム(スウェーデン)
1931年 - ジェーン・アダムズ(アメリカ合衆国)、ニコラス・バトラー(アメリカ合衆国)
1932年 - なし
1933年 - ラルフ・エンジェル(イギリス)
1934年 - アーサー・ヘンダーソン(イギリス)
1935年 - カール・フォン・オシエツキー(ドイツ)
1936年 - カルロス・ラマス(アルゼンチン)
1937年 - ロバート・セシル(イギリス)
1938年 - ナンセン国際難民事務所
1939年 - なし(ロバート・ベーデン・パウエルに決定していたが、      【第二次世界大戦】
第二次世界大戦 勃発により賞自体が取り消された)                                                       

1940年代                                  
                                         
1940年 - なし                                
1941年 - なし                                
1942年 - なし                                
1943年 - なし                                
1944年 - 赤十字国際委員会                           
1945年 - コーデル・ハル(アメリカ合衆国)               
1946年 - ジョン・モット(アメリカ合衆国)、エミリー・ボルチ(アメリカ合衆国)
1947年 - 米国フレンズ奉仕団、英国フレンズ奉仕団
1948年 - なし
1949年 - ジョン・オア(イギリス)

1950年代

1950年 - ラルフ・バンチ(アメリカ合衆国)
1951年 - レオン・ジュオー(フランス)
1952年 - アルベルト・シュバイツァー(フランス)
1953年 - ジョージ・マーシャル(アメリカ合衆国) 
1954年 - 国際連合難民高等弁務官事務所
1955年 - なし
1956年 - なし
1957年 - レスター・B・ピアソン(カナダ)
1958年 - ドミニク・ピール(ベルギー)
1959年 - フィリップ・ノエル=ベーカー(イギリス)

1960年代

1960年 - アルバート・ルツーリ(南アフリカ)
1961年 - ダグ・ハマーショルド(国連事務総長、死後受賞)
1962年 - ライナス・ポーリング(アメリカ合衆国)
1963年 - 赤十字国際委員会、国際赤十字赤新月社連盟
1964年 - マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(アメリカ合衆国)
1965年 - 国際連合児童基金
1966年 - なし
1967年 - なし
1968年 - ルネ・カサン(フランス)
1969年 - 国際労働機関

1970年代

1970年 - ノーマン・ボーローグ(アメリカ合衆国)
1971年 - ヴィリー・ブラント(ドイツ)
1972年 - なし
1973年 - ヘンリー・キッシンジャー(アメリカ合衆国)、レ・ドゥクト(ベトナム、辞退[2])
1974年 - 佐藤栄作(日本)、ショーン・マクブライド(アイルランド)
1975年 - アンドレイ・サハロフ(ソビエト連邦)
1976年 - ベティ・ウィリアムズ、マイレッド・コリガン=マグワイア(北アイルランド)
1977年 - アムネスティ・インターナショナル
1978年 - メナヘム・ベギン (イスラエル)、アンワル・サダト (エジプト)
1979年 - マザー・テレサ(インド)

1980年代

1980年 - アドルフォ・エスキベル(アルゼンチン)
1981年 - 国際連合難民高等弁務官事務所
1982年 - アルバ・ミュルダール (スウェーデン)、アルフォンソ・ロブレス(メキシコ)
1983年 - レフ・ワレサ(ポーランド)
1984年 - デズモンド・ムピロ・ツツ (南アフリカ)
1985年 - 核戦争防止国際医師会議
1986年 - エリー・ウィーゼル(アメリカ合衆国)
1987年 - オスカル・アリアス(コスタリカ)
1988年 - 国連平和維持軍
1989年 - ダライ・ラマ14世(チベット亡命政府)

1990年代

1990年 - ミハイル・ゴルバチョフ(ソビエト連邦)
1991年 - アウンサンスーチー(ミャンマー)
1992年 - リゴベルタ・メンチュウ(グアテマラ)
1993年 - ネルソン・マンデラ、フレデリック・デクラーク(南アフリカ)
1994年 - ヤセル・アラファト(パレスチナ)、シモン・ペレス (イスラエル)、イツハク・ラビン(イスラエル)
1995年 - パグウォッシュ会議、 ジョセフ・ロートブラット(イギリス)
1996年 - カルロス・ベロ、ジョゼ・ラモス=ホルタ(東ティモール)
1997年 - 地雷禁止国際キャンペーン 、ジョディ・ウィリアムズ(アメリカ合衆国)
1998年 - ジョン・ヒューム、デヴィッド・トリンブル(北アイルランド)
1999年 - 国境なき医師団

2000年代

2000年 - 金大中(韓国)
2001年 - 国際連合、コフィー・アナン(国連事務総長)
2002年 - ジミー・カーター(アメリカ合衆国)
2003年 - シーリーン・エバーディー(イラン)
2004年 - ワンガリ・マータイ (ケニア)
2005年 - 国際原子力機関 、ムハンマド・エルバラダイ(エジプト)
2006年 - グラミン銀行、ムハマド・ユヌス(バングラデシュ)
2007年 - 気候変動に関する政府間パネル、アル・ゴア(アメリカ合衆国)
2008年 - マルッティ・アハティサーリ(フィンランド)
2009年 - バラク・オバマ(アメリカ合衆国)

2010年代

2010年 - 劉暁波(中華人民共和国)
2011年 - エレン・ジョンソン・サーリーフ(リベリア)、レイマ・ボウィ(リベリア)、タワックル・カルマン(イエメン)
2012年 - 欧州連合(EU)
2013年 - 化学兵器禁止機関(OPCW)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰もが知っている有名人から,
「えっ,こんな人いたっけ?」や
「えーっ,この人にあげていいの?」まで,
いろいろな感想が出るのがこの賞の「特徴」で,
物理学賞などの実績が比較的はっきりするものとは違い,
「未来への期待」的なものも含む
きわめて政治色の濃い面が否定できない。

じゃあ「ノーベル平和賞なんてやめてしまえばいいか」と問われれば,
「いや,時々疑問を感じることもあるが,賞そのものには意義がある」
という人が多いのではないだろうか。

自然科学的な賞とは違い,なかなか「正解」が見えないのがつらいところではあるが,
世界を平和にしていくには,こうやって試行錯誤(仮説・実験)していくしかないのではないか,
なんてことを思う肥さんなのでありました。

最初の受賞者アンリ・デュナン(スイス)は赤十字社の創設者だ。
それをはじめとして,赤十字関係のものが何回も出てくることは,
授業書《世界の国旗》をやっている者として,ちょっぴりうれしいことだった。
(アンダーラインを引いてみた)
ノーベル賞受賞者(団体)の一覧,いかがでしたか?

西武球場では,なぜ三塁側がホームチームか?

九想さんとのやりとりの中で,
西武球場がホームとビジターを逆にしていることについて,
話題となった。

そこで,調べてみると,例の「ウィキペディア」に
次のように書いてあった。
転載させていただくことにする。

「・・・2008年度までは他の多くの球場と同じく、1塁側ベンチをホームチーム用としていたが、
2009年度からは球団事務所、練習場、合宿所等の諸施設に近い3塁側をホーム用として使用している。
プロ野球で3塁側をホームとするのは札幌ドーム・クリネックススタジアム宮城に続き3例目である。
この他、西武が主催公式戦を開催する埼玉県営大宮公園野球場も3塁側をホームとしている
(なお、これ以外の球場ではどちら側をホームとするかに関して明確な決まりはないが
2011年シーズン終了現在で埼玉県外での主催試合において3塁側をホームベンチにした例はない)。

このベンチ変更に関し、元西武の選手で球団職員の高木大成は、
前述のように各種施設が3塁側寄りに集中していることや、
観客の入退場時の動線を確保する点、各種店舗・設備が1塁側より充実している点など
ライオンズファンに対するサービス改善に加え、
3塁側ベンチ裏に西武の選手用サブロッカールームを新設することが主な目的だった旨を説明している。

西武のメインロッカールームはバックネット裏上段の棟内に設けられているためベンチから遠く、
選手からもベンチ裏にロッカールームの設置を求める要望がかねてから寄せられていたものの、
スタンドの構造上の問題で一塁側ベンチ付近はスペースの確保が困難なことから、
構造的に余裕があった三塁側ベンチに各種設備を設けることになった[1]。・・・」

そういえば,仙台の宮城球場で,
レフトスタンド(ということは三塁側)の
「楽天山」と呼ばれる盛り上がったところで
楽天を応援したことを思い出した。

終業式今昔(こんじゃく)

かつて終業式といえば,
次のようだった。

1校時・・・終業式
2校時・・・学活(通知表配付など)
放課後,部活等なし

そして,昨日の終業式はこうだった。

1校時・・・授業
2校時・・・授業
3校時・・・授業
4校時・・・授業
5校時・・・終業式
6校時・・・学年集会,学活
放課後,一部の部活動あり

昔と今,3学期制と2学期制という違いはあるが,
これほど違うことになるとは,
30年前には想像もできなかった。

2013年10月11日 (金)

5分以内プリント

少しでも学力向上をというので,
帰りの会が終わった直後にプリントをやっている。
今のところ漢字の練習がメインだが,
今後他教科にも広がっていく予定。

量はあまり多くしないということで,B6判サイズ。
「終わりじまい方式」を取り入れて,
終了者は教卓にプリントを提出して
部活動に参加することができるということにした。

つまり5分以内で終わらせるということで,
「5分以内プリント」と命名したワケだ。
このプリント,毎日のことなので,
これからの心配としては,
散逸しゴミと化す危険性がある。
そこで,プリントを150枚まで綴じることができる道具
(1人当たり7円で購入できる)を買うことにした。

これで散逸しゴミと化すことを防ぎ,
綴じられたプリントは生徒の努力の成果として,
記念すべきプリントの束となる!
と行くかどうかはわからないが,
そういう努力を始めたという報告をしておく次第。

デジタル方式の通知表

我が校の通知表は,デジタル方式だ。

(1) 各教科の先生が,評価・評定を入力する。
   (AABBで「4」だとか)
(2) 委員会・係,部活動,行動の記録,総合の評価を担任が入力する。
   (私は書きたいのだが,「所見欄」はない)
(3) プリントアウトする。
(4) 出欠席の記録を配付前日に手書きで記入する。
(5) 担任の私印を押す。
(6) 通知表の本体に貼りつける。

というような流れで作っていく。

私には,(1)~(2)の作業が苦痛である。
「作っている」という実感があまりしない。
「前に進んでいる」という感じが少ないのだ。
(パソコンのキーは,たくさん叩いてはいるが・・・)

アナログ方式の場合は,常に「評価・評定」の冊子や
通知表の本体が机上に見えるので,
お互いの進捗状況(しんちょくじょうきょう)がわかり,
安心して作業を進めることが出来る。
なんとアナログな嘆きだと思うが,
これが私の「現実」だ。

ブログの場合,すぐに公開されるので,
デジタルだけどアナログな感じがするなあ。
だから,学級通信と同じ気持ちで書いている。pen
※おかげさまで,10/8に「65万アクセス」を達成しました!

とにもかくにも,通知表が完成してよかった。(o^-^o)

昨日の全校集会 10/10

昨日は体育館で,5・6校時を使って,
シンガポール派遣報告と
総合の全校発表が行われた。

さすがに学校の代表や各学年の代表だけあって,
素晴らしい内容だった。

今回で5回目ぐらいらしいが,
我が校の伝統になってくれればいい。
(来月「30周年」を迎える我が校である)

2013年10月10日 (木)

板倉先生のお話のテープ起こし終了

9月29日に私の母校・法政大学で
「仮説実験授業提唱50周年の会」が行われた。
そして,その晩私学会館で開かれたパーティーに
私もビデオを持って参加した。

というのは,多久和さんから依頼があり,
パーティーの中で板倉先生が話をするだろうから,
それをテープ起こししてほしいというのだ。

板倉先生の話を聞くのは大好きだが,
テープ起こしが大変なことは
これまでの経験からわかっていた。
(20数年前に授業書開発講座でされた話を,
『たの授』に載せてもらったことがあった)

何しろ板倉先生は頭の回転がよく,早口である。
その上話題が多岐にわたるので,
いろいろな方面での知識が必要である。
さらに,いい意味で「常識はずれ」の言葉が飛び出すので,
反対の意味に誤解して書いてしまうことも少なくない等。

テープ起こしの第1段階の「荒起こし」は先週末に行った。
休憩を取りつつ,結局1日かかった。
とにかく話が分かるところから,書き始めてしまうのだ。
A・・・B・・・・C・・・D・・・E
それをやっているうちに,だんだんと隣り合う2つ話が
つながってくるようになる。
A・B・・・C・・D・・・E
この繰り返しで,それぞれの話の距離を縮めながら,
最終的に内容の分からないところを調べたりして,
A・B・C・D・E
と話をつなげていく。

しゃべった言葉を文章に「8~9割直訳」し,
「1~2割意訳」するという感じだろうか。
板倉先生の話の趣旨を生かしつつ,
わかりやすく文章に起こすことを心がけた。
小見出しだけ紹介しよう。

●近代科学は発展したのか
●「虹は七色」問題
●日本の対応
●日高敏隆さんのこと
●科学史学会の会長になった1つの理由
●階級社会がなくなったのは戦争中
●私立と関西の公立から始まった仮説
●三浦つとむさんのこと
●なぜ〈仮説〉を科教協で発表したか  
●科学検定

来月の「仮説の研究会ニュース」(11月号)には,
掲載させてもらえるかも。
乞う御期待!

昨夜,担当の平野さんにメールで送り,
一応私の仕事は終わった。

新人戦・本部役員選挙・通知表の入力・
授業プリント3枚の作成と並行しての作業で,
なかなかハードな1週間だった。

高崎サークルニュースの10月号から

今月もいろいろ忙しくて,高崎サークルの例会に行けなかった。
しかし,「資料参加」ということで,
3年前に私が作ったミニガリ本(「カンブリア宮殿」に学ぶ)を
送らせていただくことにした。
昨日送付いただいた「高崎サークルニュース10月号」に
その資料をご紹介いただいていたので,
転載させていただくことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●肥沼さんの資料参加
 今月も,肥沼さんが来られなかったのは残念でしたが,先月に続いて資料参加をして
くださいました。今回は,「カンブリア宮殿」についての話題を集めたもの。どの話題
もおもしろいのですが,最後に「これを教育現場に例えると…」「仮説実験授業では…」
と,考えているところが「いいなぁ」と思いました。僕はこの番組を見たことがないの
ですが,肥沼さんのお話を読んでいると,日曜の朝7:30 からTBS で放送している「が
っちりマンデー」に似ているかな?と思いました。
  以前,星野さんの資料で,夜間高校には「教養講座」というものがあり,実際に働い
ている人をよんでお話を聞いたりすることがあることを知ったのですが,「そういう時
間などに,こういうVTRを見せるというのはどうなんですか?」と聞くと,「いいかも
しれませんね。でも,『プロジェクトX』はダメでした」と教えてくれました。夜間高校
の生徒さんは,引いてしまうそうです。「同じような感じで,おもしろいのに,なんで?」
と思いましたが,理由は,「そんな苦労は,自分にはできない…などと,生徒が思うか
らではないか」というのが星野さんの予想でした。なるほど,と思いました。
 中学校で3年間社会科の授業をしてきた森さんは,「カンブリア宮殿は,木曜夜10時
ですが,同じテレ東の似た番組で,火曜夜10時の「ガイアの夜明け」もおもしろいです
よ?」と教えてくれました。また,「池上彰さんの「学べるニュース」などを使って社
会科の授業をすることもありますよ。ただ見せるだけでも,自分が授業するよりいいで
す(笑)」と,ハードルを下げてくれる発言をしてくれました。森さんのそういうとこ
ろは,ホントにスバラシイです(中学社会で,宗教問題や紛争などについても教えなけ
ればならないという話を聞いて,ビックリしました)。
 肥沼さんの資料では,特に「セブンイレブンの鈴木社長」のことで話題が広がりまし
た。「多くの人が〈そんなの無理だ〉〈できるはずがない〉と思っていることは,ビッグ
チャンスなのだ」と鈴木社長が言っていた(市原さん情報),という話から「仮説実験授業
も,教育界におけるビッグチャンス。〈授業はたのしくあるべき〉なんて,まさに〈そ
んなの無理だ〉〈できるはずがない〉の世界だから」という話に発展しました。その通
りだと思います。それに携わっている自分たちの意義を強く感じながら,授業していき
たいと決意を新たにしました。肥沼さん,わざわざ資料参加してくださり,ありがとう
ございました。11月は例会をお休みにするので,12月の参加をお待ちしていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。
「体」は参加することはできなかったけれど,
「心」は参加した気持ちになれました!
うれしいです。

今回の通知表の「段取り」

今回の通知表の作成に当たっては,
新人戦など多忙な日々の中のもので,
(基本的には今年の授業数が多すぎるため)
私としては非常に大変だった。

次回の参考のために,
「段取り」をメモしておくことにする。

10月2日(水)・・・社会科の評価・評定の入力
 【新人戦,板倉先生の話のテープ起こし,部活動】
6日(日)・・・委員会・係,部活動の入力 【部活動通信1枚】
7日(月)・・・行動の記録の入力 【授業プリント1枚】
8日(火)・・・総合の入力(1) 【授業プリント2枚】
9日(水)・・・総合の入力(2) 【本部役員選挙の仕事】
10日(木)・・・通知表のプリントアウト・記入・捺印・貼り付け
11日(金)・・・通知表の配付

前にも書いたように,通知表のやり方が他校とは違い,
デジタル方式であることがまずストレスになる。
他の先生がどこまで進めているのかが見えにくい。
昔のアナログ式だったらブツ(通知表)が各先生の机上にあり,
だいたいの進行の様子がつかめるが,それがない。
なんだかんだで忙しい上に,さらに孤独な作業なのだ。
こういうのは会わないなあと,アナログな私は思う。

そして,また元に戻るが,今週通知表のための
時間的措置は「ゼロ」である。
ああ,無情というしかない・・・。

昨日の部活動 10/9

新人戦も終わり,部活動の時間が15分短くなった。
現在5時終了,5時15分最終下校である。

月曜日は学年会のため,昨日は本部役員の選挙の開票ため,
体育館に向かったのは,ほぼ終了時間だった。

ありがたいことに,仕事の合い間を縫って,
両日とも木下兄コーチにめんどうを見ていただいていた。

本当にありがとうございます。
生徒たちも楽しみにしておりますので,
今後ともよろしくお願いいたします。m●m

「再々放送」のお知らせ

ビデオに録画し損ねた(10/2)
「東北楽天・被災地に誓った初優勝」。
ところが,台風24号の接近で,
再放送(10/9)も流れてしまった。
残念・・・。

しかし,NHKのサイトを調べたら,
「再々放送」の記事があった!

2013年10月16日(水)午前2時30分~3時19分(15日深夜)

よしっ,今度こそ!( ̄ー ̄)ニヤリ

2013年10月 9日 (水)

「ハモネプ★スターリーグ4」の放送

昨日は,午後7時からフジテレビで上記の放送があり,
録画しながら観ることが出来た。

予選は自由曲と課題曲(テーマを指定される)の合計点で,
決勝への進出が決まる方式であった。
(☆が各ブロックの勝者)

【Aブロック】

ハモリ倶楽部・・・177点 ☆
G7・・・176点
タカラヅカ虹組・・・169点

【Bブロック】

ハロプロ8。・・・174点
オヤジ☆ズム・・・180点 ☆
ТKハモナイザー・・・178点

【Cブロック】

スパーリングヴォイス・・・171点
なかよし圭三・・・178点 ☆
アンダーノース・・・174点

☆印のついた3グループの対決の結果,
「なかよし圭三」グループが,決勝で「糸」を歌い,
見事今回の優勝を勝ち取った。
(予選では「ひこうき雲」と「Monster」を歌った)

芸能人によるこのような豪華な番組になってしまうと,
素人の学生たちのハモネプにはもう戻れない感じがするなあ。

ハモネプのサイト
http://www.fujitv.co.jp/nepleague/hamonep/

楽天が大逆転で81勝目

オ リ1 1 0 0 0 0 0 1 0 計3
楽天 1 0 6 0 0 0 0 0 X 計7

楽天が3回裏に打者12人の猛攻で大逆転し,
先発・田中に24連勝=通算28連勝をプレゼントした。

田中は1,2回に各1点取られたものの,
その後は立ち直り,7回まで投げた。

連勝記録も来シーズンへと持ち越され,
夢はさらに大きくふくらんだ。

Photo_2

なお,2位西武と3位ロッテの対決は西武が勝ち,
まず西武球場で両者がCS戦の対決をし,
先に2勝した方が宮城球場で楽天と戦うことになった。
(10月17日~21日)
「1勝」のリードあるので,初戦を田中で確実に取れば,
日本シリーズがぐんと近づくことになる。

楽天はオリックスとの2試合を残すのみ。
調子を上げて,宮城で相手を待ちたいものだ。

時間を生み出す

昨日のブログで,月曜日から木曜日までの
「空き時間」の少なさ(1日1時間ずつ)を嘆いたが,
嘆いていても時間は増えない。

授業が減らないということは,
週3時間の授業が今週もあるということで,
通知表づくりと並行して授業プリントも作らなくては
ならないということになる。

昨日はその時間を生み出すために,
前夜午後8時過ぎに帰還したのにもかかわらず,
午前6時に自宅を出発し,午前6時半に学校に到着。
朝錬に出るまでの1時間あまりに,
なんとB4判で2枚の授業プリントを作った。

また,1時間目の昨日唯一の「空き時間」に,
通知表の総合の評価を「仮入力」(修正は本日)。
昼休みに,本日の立合演説会の巨大掲示物の捜索
(生徒会室の奥に置いてあった)。
放課後すぐに投票用紙の印刷・配分と,
次々と時間を生み出していったのだった。

なぜそんなに動き回ったかというと,
実は楽天の田中投手の最終登板があると
新聞に出ていたので,
私も頑張ろうという気持ちになったのだった。

2013年10月 8日 (火)

今夜午後7時「ハモネプ★スターリーグ4」放送!

いよいよ今夜午後7時に
「ハモネプ★スターリーグ4」が
フジテレビで放送される。

素人のハモネプでないのは残念だが,
芸能人のものも迫力があっていい。
ぜひ録画しつつ観たいものだ。

そして,その数時間後,先日録画しこねた
「NHKスペシャル(楽天優勝)」の再放送もある。
(9日午前1時45分~)
こちらもとてもいい番組だったので,
今回はバッチリとビデオに収めたい。

いずれにしても,録画予約しておいて,
不測の事態があっても
大丈夫にしておきたい。

PS 録画つながりでいうと,
10月14日(月・祝)に
NHK「あまちゃん」の総集編(前編・後編)が
放送されるそうです。(九想さんからの情報)
私は「あまちゃん」を観たことがなかったので,
総集編で観てみたいと思っています。
巷(ちまた)には「あまロス」という現象が見られるほど,
この番組の終了は視聴者にショックだったようです。

午後8時過ぎの帰還

午後3時半,学年会が始まった。
議題は多く,学年会後に2つの仕事(授業予習と通知表)
をやろうと考えていた私は,やや不安になった。

午後5時,部活動終了時間になり,
生徒たちの下校指導のため,
学年会が中断された。

午後5時半に再開されたものの,
あらたに話題が追加され,
一向に終わらない。

午後6時半,ようやく終わったので,
まず授業のプリントを作ることにして,
パソコンに向かった。

午後7時15分,それが出来上がり,
印刷室で5クラス分印刷した。

午後7時45分,通知表の「行動の記録」を
入力し終わり「退庁」することとなる。
そんな時間まで残っていた私を,
教頭先生が驚いておられた。
もう学年の先生は誰もいない。

午後8時過ぎに帰宅し,
ある生徒の家に電話して,
ようやく昨日の仕事が終わった。

明日は「ハモネプ★スターリーグ4」と
「NHKスペシャル(楽天優勝)の再放送」だが,
「不測の事態」があるといけないので,
あらかじめ録画することにした。

幸い本日は部活動の定休日だが,
通知表は,「総合」の記入という
大物を残している・・・。

ちなみに,今週は1時間の短縮もない,
「平常日課」である。
月曜日から木曜日まで1時間ずつしか
「空き時間」がない私にとって,
通知表づくりはかなり条件が厳しいのだ。

昨日の部活動 10/7

昨日は,新人戦も終わったということで,
午後5時部活動終了,同15分最終下校だった。

木下兄コーチにも来ていただけたのに,
学年会が延びてお会いできたのは,
下校前の10分程しかなかった。

Nさんによって,注文していた
ウィンドブレーカーを届けてられた。
生徒たちはうれしそうに持って帰った。

2013年10月 7日 (月)

「楽天優勝」特集の雑誌

木下兄コーチが,「東北楽天」という雑誌が売っていた
という情報をもたらしてくれた。
そこで本屋に立ち寄った際,さっそく探してみた。

そうしたら,あった,ありました,その雑誌が!
『週刊ベースボールマガジン』の増刊号が
「優勝特集」をしてくれていたのだ。

001_9

その内容は,2月の春季キャンプから
9月26日の西武球場での優勝までを,
写真やインタビュー記事で詳細に飾っていた。

また,優勝直後球場内で撮影された記念写真の
ポスター(A2判)も付録として付いている。
楽天ファンならぜひ手に入れたいものであった。

002_5

これで700円とは,安~い!(o^-^o)

ただし,早めに買っておかないと,
「売り切れ」ということが出てくるかも。
(なにしろ「隠れ楽天ファン」は少なくないので・・・)

昨日の部活動 10/6

昨日は,午後1~5時のコマだった。

雨が上がり,気温も上昇して,
湿度が高くてやりやすい環境とは言えなかったが,
木下兄コーチの指導の下,
男女バレーボール部員は汗を流した。

新人戦を経て,だいぶ部員の「本気度」が増した気がする。
新人戦を特集した「バレーボール部通信」を発行した。

2013年10月 6日 (日)

『たのしい教師生活のすすめ』という新刊

昨日仮説社からお便りがあり,
『たの授』の11月臨時増刊号で
『たのしい教師生活のすすめ』という新刊が出る予定だという。

私の書いた短文「アンケート・私のおすすめ〈最初の授業〉」も
載せていただけるとのこと。

どんな記事だったっけと思って見てみたら,2009年4月号で,

地理・・・《世界の国ぐに》
歴史・・・《日本歴史入門》
公民・・・《三権分立》か《日本国憲法とその構成》

などを,コンパクトに紹介していた。
「いい仕事してますねえ~」と我ながら思った。(笑)
ただし,半ページの記事なので,
原稿料がいくらもらえるかは?です。

20数年ぶりに板倉さんのお話をテープ起こし

昨日は,先週日曜日に開かれた
仮説実験授業研究会「50周年」講演会&パーティーの
テープ起こしをした。

私が分担しているのは,パーティーの最後に行われた
板倉聖宣さんのミニ講演で,
ビデオに収録してあったので比較的やりやすかった。

それでもいくつか分からない表現が出てきたり,
文章の構成で困るところもあったが,
一応昨日は「荒起こし」を午前中に,
午後はやや細かいところまで行った。

本日最終チェックをして,担当の平野孝典さんに送りたい。
B5判で4ページくらいの量だ。
板倉さんのお話のテープは授業書開発講座のものに続き,
20数年ぶりのことである。
(郷土から日本を見る・世界を見る」
『たの授』1990年6月号に掲載)

PS 昨日は高崎サークルだったが,
こういう事情で行けなくなった。
「「カンブリア宮殿」に学ぶ」という冊子を送り,
「資料参加」をお願いした。

PS2 楽天が西武と宮城球場で試合をした。
残念ながら,1点差で惜敗した。
田中投手以外では勝てないのが残念。

「何をするにも仮説・実験」という歌

仮説実験授業研究会の会員で,
愛知県の伊藤善朗さん(小学校の先生)は,
シンガーソングライターである。

先日の私学会館のパーティーでも,
余興として上記の歌を披露していた。

授業書で教える内容(法則やイメージ)を
わかりやすくまとめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何をするにも仮説・実験 
                伊藤善朗 作詞・作曲

1.時には例外あるけれど 虫さんみんな6本足
空気が入れば水が出て 水が入れば空気出る
背骨があるのかないのかで 分けてく論理の明快さ
回路ができればランプつき 回路ができなきゃ真っ暗け
♪何をするにも仮説・実験 「なんとなく」ばかりでも また実験

2.原子の数が変わらなきゃ 重さは決して変わらない
この目に見えるものならば 何でも光を出している
方位磁石の指すところ 気がつきゃ地球も磁石だよ
あのときゃきれいに溶けたのに ほかでは溶けないこともある
♪何をするにも仮設・実験 討論なくても また実験

3.曲がったキュウリもニンジンも 重心わかれば竿ばかり
作用があれば反作用 すべてはバネで出来ている
俵の数が人の数 人の数こそ世の鏡
サムライどれだけ雇っても 法則知らなきゃ勝てません
♪何をするにも仮説・実験 評価が「1」でも また実験
♪善意の押しつけ悪意と同じ 法則求めて また実験

2013年10月 5日 (土)

新人戦(2日目) 2013

昨日は.新人戦の2日目だった。
私は男バレとともに.会場の富岡中へ向かった。

対東中・・・0ー2(12ー25,20ー25)

「事実上の決勝戦」と言われた富岡中VS向陽中のあとを受け.
第2試合が我が校の初戦だった。
案の定,緊張して普段できていることができず.
9m×9mのコートのなかで,もがき苦しんだ。
声も動きも不十分で,6人がバラバラな動きをしていた。
連続10失点もあって,大事な第1セットを
開始直後に相手に譲ってしまった。
「自滅」というやつである。

第2セットはシーソーゲームとなったが,
大事なところで粘りが続かず,最後に力尽きた。
「意地でも取り返して,逆転するぞ!」
というファイトが欲しかった。

対向陽中・・・0ー2(13ー25,7ー25)

聞くところによると向陽中は,2人のレギュラーが欠けていたらしい。
それでもあれだけまとまったプレーができ,
特に第2セットは,ひとケタに押さえ込まれたのだった。
きっと向陽中は地区大会を勝ち抜き,県大会に出場するだろう。

対富岡中・・・0ー25(8ー25,7ー25)

向陽中に続き富岡中には,さらに2セット続いて
ひとケタに押さえ込まれた。
得点のほとんどは相手のミスによるもので,
自分たちでもぎ取った得点は,2セットでわずか6点だ。
これでは勝てるわけがない。

丁寧なレシーブ,正確なトス,力強いアタックがつながらなくては,
試合に勝つことはおろか,バレーボールにならないのだ。

なぜこのような結果に終わったか,
ひと言だけ書くとしたら,
バレーボールに集中できないことが
あまりにも多かったということだ。
(ここでは書けないが・・・)
バレーボールをやる前に,学ばなくてはいけないことが
たくさんあるような気がする。
そして,「多くの人のおかげで,
バレーボールをやらせてもらっている」
という感謝の気持ちを持ってほしい。
そうしたら,1つひとつのプレーに真剣みが出てくるはずだ。
その連続で,バレーボールは成り立っていると思う。
他のチームにあって,自分たちにないもの。
それにまず本人たちが気づいてほしい。
木下兄コーチも,「もっとバレー漬けになろう」とおっしゃっていた。

以上のような残念な結果になってしまいましたが,
保護者の皆様には,たくさんの応援ありがとうございました。
道は遠く険しいですが,頑張っていくしかないです。

次は,11月下旬の所沢市民バレーと狭山経済カップ。
バレーボールが好きである限り,
男バレは進化していくと私は信じます。

来週には,65万アクセスへ

「649140」

おかげさまで,来週には
65万アクセスを達成できそうだ。

だいたい毎日300アクセスぐらいで,
月に1万アクセスというのか今のペース。

「退職までに100万アクセスを!」
というのが現在の目標だが,
それも今のペースなら何とか達成できそうだ。

「肥さんの夢ブログ」の前身である
「肥さんのホームページ」を始めた時には,
思いも寄らなかった「何万」という単位が,
次々と塗り替えられてうれしい。

ただし,それも毎日コツコツ更新し,
それを毎日読んでいただいている
読者の方のおかげと思っている。

どうぞこれからも,よろしくひいきに!
命と意欲の続く限り,書いていきます。

ありがとう!「まる」

「楽家」「肴や」に続き,
ひとつ屋根の下に誕生した新所沢の「まる」。
ずっと続いてほしい居酒屋だったが・・・
4日間の「特別営業」を最後に,
昨日惜しまれながら幕を閉じた。

043_2

044_6

045_4

046_4

今後は「梅ちゃん先生」に引き継がれ,
11月に再スタートとなるという話も出ているが,
ひとまず「お開き」と相成った。

ありがとう!「まる」。
私たちは「まる」を忘れない。
2013.2.14~10.4

2013年10月 4日 (金)

新人戦(1日目) 2013

昨日は,新人戦の1日目だった。

K先生の学年の事情により,
先に私が女バレを引率して市民体育館に
向かうことになっていた。
試合は第3試合からだったので,
途中でK先生と交替するつもりだったのだ。

午前7時下山口駅出発で,新所沢駅東口の
市民体育館へと向かった。
生徒たちは初めての公式戦とあって,
かなり興奮している。心配だ。
その心配が,初戦から出てしまった。

対向陽中・・・0ー2(14ー25,10ー25)

下馬評では,同じグループを組んだ3校の中で
富岡中有利とされていたが,
なかなかどうして向陽中はよくまとまり,
第1試合で富岡中を圧倒していた。
その勢いに乗っている向陽中とやったのだから,
緊張でがちがちになっている我が校は
最初から大量リードを奪われ自滅してしまった。
なにしろレシーブがあれだけとれないのでは,
お話にならないのだった。

しかし,第1セット2ー15からの後は盛り返し,
14点まで行ったのだから,
後半だけ見れば12ー10だったのだ。
力がないわけではない。
その力を試合で出せるかどうかが大切なのだ。

対富岡中・・・2ー1(17ー25,25ー23,25ー20)

K先生が11時頃市民体育館に登場。
最初は勢い良くスタートしたものの,
その後逆転され第1セットも残念ながら奪われた。
このままでは新人戦で1セットも取れず敗退である。

しかし,そこから我が校の逆転劇が始まった。
第2セット,好サーブの連発で
相手のレシーブを撹乱(かくらん)し,
強烈なアタックで度肝を抜いたのだ。
(おいおいこれをスタートから出してくれよ~)
第2セットで接戦を制すると,その勢いに乗って
第3セットも終始リードして試合を進め,
見事逆転勝ちで公式戦初勝利をあげた。
おめでとう!

しかし,予選リーグ2位通過チームには,
他のリーグの2位との「決勝トーナメントへの
進出戦」が残されている。
私は男バレのこともあり,
K先生に女バレを託(たく)し,
自転車で学校に向かった。

木下兄コーチには,女バレの応援を始め,
再登校した男バレの練習も見ていただき,
ありがとうございました。m●m

男バレの練習が終わった後,
再びとんぼ返りして市民体育館へ。
無情にも我が校の試合は終わっていて,
結果を記したスコアシートが残されていた。

対小手指中・・・0ー2(11ー25,10ー25)

木下兄コーチの解説によると,
今回の新人戦のチームの中でも,
小手指中はベスト3的な存在で,
先の苦戦も無理なしとのことであった。

早朝からの生徒の引率,ボールの変更への対処,
試合の観戦態度の指導,生徒のケガへの対処,
休憩なしの2試合の審判等,大車輪の1日だった。
(審判→生徒のケガへの対処→試合→審判→試合・・・)

いよいよ男バレも,決戦の時を迎える。
4チームでの総当たりの3試合である。
実力を「120%」発揮して頑張ってほしい。

ちょっと不便がちょうどいい

2学期制の所沢市内の学校は,
10月11日(金)が1学期の終業式である。

今その日に渡す通知表の準備をしている。
新人戦と並行の作業で大変な上に,
勤務校の特別なやり方(パソコンへの入力)で
2重に大変だ。

アナログな通知表なら,
自分のペースで作業をしていけるのだが,
(通知表を渡す日から逆算していく)
勤務校はデジタルな通知表なので,
(全員分の入力がしていないと印刷ができない!)
締め切りが早い時期に設定されるからである。

しかも入力する際,パソコンの入り口が1つしかないので,
「同時に複数の先生が入力作業をすることができない」
というジレンマも生じてしまう。

かてて加えて,この作業。
パソコン内で行われるため,
他の先生の進行状況が見えにくい。
アナログな通知表なら,
「もうあの先生はここまで進んででいる。
私もペースアップしよう!」と視覚的にわかるのだが,
デジタルな通知表では,目隠しを外したとたん,
「えーっ,こんなに他の先生は進んでいるの!」
ということがしばしばあるのだ。

私はブログを開設はしているが,
別に機械に詳しいわけではない。
昔と違って今はワードが打てればブログはOKなので,
私のような素人でもなんとかやっていける。
書く意欲だけが問題となるのだ。

しかし,デジタルな通知表の入力の方はそうはいかない。
あまり面白くない作業を,締め切りも設定され,
他の先生にあまり遅れを取らないように
進めていかなければならないのだ。
知識も,ワードよりエクセルって感じだ。
(エクセルが便利なのは,免許更新でわかったが,
私はあまり好きにはなれなかった。なんとなく)

便利な世の中になったが,
使える時間は1日24時間だ。
それ以上には,使えない。

「ちょっと不便がちょうどいい」※
とグチの1つも言いたくなる
肥さんなのでありました。

※ スローライフな生活を愛好する人たちの間で,
けっこう使われている言葉らしいです。

2013年10月 3日 (木)

総合の発表(学年)

昨日6校時,上記の発表会を武道場で行った。

(1) 山口観音について
(2) ミヤコタナゴついて
(3) 狭山湖の動植物
(4) 狭山湖の歴史について
(5) 四葉のクローバーについて

各クラスの代表だけあって,
どの発表も興味を引くものだった。

このあと,学年代表が2つほど選ばれ,
1学期の最終日の10月10日に行われる
全校発表会に出てもらう。

NHKスペシャル「東北楽天・被災地に誓った初優勝」

昨日,上記のNHKスペシャルを観た。
(午後10時~)

今年は楽天にとっても,それを応援してきた私にとっても,
大変記念すべき年となったが,
それをこの番組の視点で見せてくれた。

・3年前の嶋キャプテンの「東北の底力をみせましょう」宣言
・今年の田中の連勝記録
・他の選手の活躍
・宮城球場でのロッテとの首位攻防戦
・西武球場での3連戦での優勝決定

残念ながら録画し損ねてしまったので,
1週間後の再放送に期待したい。
最後にNHKのホームページに載っていた
番組の紹介を転載させていただこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「東北楽天・被災地に誓った初優勝」

東北に本拠地を置く「東北楽天ゴールデンイーグルス」は、
球団創設9年目にして念願のパ・リーグの頂点に立った。
星野監督が監督に就任したのは東日本大震災が起きた3年前のこと。
以来、監督も選手も心の中には常に「被災地」があった。
今シーズンの開幕前、星野監督は「被災地には優しさは十分にあげた。
今年は強さを与えたい」と宣言。
勝負に徹する采配を貫き、選手たちにも「勝ち」にこだわることを求め続けた。
それを受け止めた「球界のエース」田中投手、
仙台出身で大リーグから戻ってきた斎藤投手、
そして3年前に「見せましょう、東北の底力を」とスピーチした嶋選手たち。
それぞれがさまざまな葛藤を抱え、いかに勝つチームに生まれ変われるか、
人知れず努力を続けてきた。
そして、その努力を被災者たちはずっと見守り続けてきた。
「勝つ集団」に生まれ変わった楽天イーグルスから勇気をもらい、
一歩ずつ復興を目指している。
星野監督、そして選手たちの密着映像と独占インタビューを軸に、
「被災地の球団」が「被災者」とともに初優勝を勝ち取った3年の軌跡に迫る。

【再放送】

NHK総合テレビ
2013年10月9日(水)
午前1時45分~2時34分
(10月8日の深夜。ハモネプの後だ!)

昨日の部活動 10/2

昨日は,新人戦前日だった。
6校時だったが,45分授業で,
午後練習が3時40分から始まった。

私が成績交換の作業ををある程度までして
体育館に向かった時,
木下兄コーチはすでに女子バレー部のスリーメンを
(女子なので,スリーウーメン?)
されていたところだった。

聞くところによると,何時から午後練習が始まるか,
学校に問い合わせの電話をかけて下さったとのこと。
その心遣いに頭が下がる。m●m
明日は,絶対女子バレー部もいい試合をしてきたい。
(学校の事情で,初戦の向陽中戦は,私が指揮を執る予定)

男子は1日あとになるが,午後1時再登校の予定。
現有勢力の力を120%発揮して,
一矢も二矢も報いたいところだ。
木下兄コーチの尽力に報いる好ゲームを期待する。
コーチも最終練習に来て下さる予定。

2013年10月 2日 (水)

消費税4月8%決定

昨日安倍総理は上記の方針を
正式に表明した。
その賛否は今はせず,
まずはグラフを描いてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1988(昭63)  なし
1989(平1)  ●●● 3%
1990(平2)  ●●●
1991(平3)  ●●●
1992(平4)  ●●●
1993(平5)  ●●●
1994(平6)  ●●●
1995(平7)  ●●●
1996(平8)  ●●●
1997(平9)  ●●●●● 5%
1998(平10) ●●●●●
1999(平11) ●●●●●
2000(平12) ●●●●●
2001(平13) ●●●●●
2002(平14) ●●●●●
2003(平15) ●●●●●
2004(平16) ●●●●●
2005(平17) ●●●●●
2006(平18) ●●●●●
2007(平19) ●●●●●
2008(平20) ●●●●●
2009(平21) ●●●●●
2010(平22) ●●●●●
2011(平23) ●●●●●
2012(平24) ●●●●●
2013(平25) ●●●●●
2014(平26) ●●●●●●●● 8%

日本の「最も古い歴史書」とは?

『粟鹿大神元記』という本について調べようと,
インターネット検索したところ,
戸矢学さんの開設されている「てんげん録」というサイトに
興味深い記事を見つけた。
以下,転載させていただく。

てんげん録
http://www.toya-manabu.cocolog-nifty.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の「最も古い歴史書」とは? (117夜)

日本の古代史を知るための文献資料といえば「記・紀」と総称されて
あまりにも有名な『古事記』と『日本書紀』がある。
これ以前には文字で書かれたいわゆる文献資料は存在しないと、
一般には考えられているはずである(「偽書」を除く)。
しか実は、あるのだな、これが!
成立年で見てみると以下のようになる。

『天皇記』620
『国記』620
『臣連伴造国造百八十部并公民等本記』620
『帝紀』681
『旧辞』681
『伊吉博徳書』695?──ここまで飛鳥時代以後、奈良時代
『粟鹿大神元記』708
『古事記』712
『日本書紀』720
『住吉大社神代記』731
『出雲風土記』733
『穂積三立解』746
『萬葉集』759
『藤氏家伝』760

『天皇記』から『旧辞』まではかつて存在したことは間違いないが、
すでに失われているもの。それでも「記・紀」以前に二つある。
『伊吉博徳書』は、遣唐使に随行した伊吉博徳(いきのはかとこ)の手記・紀行文で、
『日本書紀』にも数カ所引用されている。
『粟鹿大神元記(あわがおおかみのもとつふみ)』は、粟鹿大明神の由来などを記したもの。
『住吉大社神代記』とともに、神社・神道系の資料としてはきわめて重要なものだ。
『穂積三立解』は皇后の写経などについてのものであるが、いくつかの重要な記述がある。

しかし望むらくは「記・紀」の元にもなっている『天皇記』『国記』が現存すれば、というものだろう。
これらは乙巳の変の際に、蘇我の邸宅とともに焼失したしまったとされている。
「記・紀」にもそれらしき欠篇がないことはないのだが、復元できるほどのものではない。

──ところがここにその原型とおぼしきものを私は見出した。
それについては、いずれお知らせしたいと考えている。

2009年10月29日 (木) 神社・神道

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戸矢さんは神主の資格ももっている経営コンサルタントらしい。
ブログも更新されており,ちょっと読んでみようかと思っている。
私より5歳年上の方のようだ。

楽天が13安打11得点の大勝で80勝目

楽  天 1 0 6 0 2 2 0 0 0 計11
日ハム 1 1 0 0 0 0 0 0 0 計2

楽天が13安打11得点の大勝で,80勝目をあげた。
先発の田中は6回を2失点で,開幕23連勝=27連勝。
打っては捕手の嶋が,4打数4安打4打点と大暴れし,
打撃でも援護した。

042_2

2013年10月 1日 (火)

楽忙しかった9月

「たのいそがしかった」と読みます。
私が作った「肥さん語」です。
なぜそんな造語を作ったかは,
以下の日程を見てみればわかると思います。

9月1日(日)・・・明治大学で板倉先生の科学史講演会

9月10日(火)・・・いきものがかりのライブ(横浜アリーナ)

9月14日(土)・・・体育祭

9月18日(水)・・・社会科サークル

9月21日(土)・・・古田武彦氏の自伝刊行記念講演会(京都)

9月24日(火)・・・西武VS楽天 3ー4 ●
9月25日(水)・・・西武VS楽天 2ー4 ●
9月26日(木)・・・西武VS楽天 4ー3 ○(優勝決定!)

9月29日(日)・・・法政大学で仮説実験授業「50周年」の会

このほかに,休日部活動6回,実家訪問4回等もあった。
本当に親に丈夫な体に生んでもらったことを感謝する次第です。happy01

揚力(ようりょく)を与えられるブログをめざして

先日の「50周年」の会で,2人の方が
揚力の実験をされていて興味深かった。

重い飛行機が飛ぶのも,揚力が働いてのことだそうだ。
つまり,カマボコ型の物体に対して上面に強い風が当たると,
下に落ちると思いきや,揚力が働いて上に上がるのだ。

            →→→→→→→
強い風 →→→/ カマボコ型の物体 \→→→
     →→→→→→→ ↑ →→→→→→→
              (揚力)

揚力の実験
http://www.youtube.com/watch?v=eYzUrG02x_g

これは原子論的にいうと,こういうことらしい。
強い風が物体の上空の原子を吹き飛ばすことによって,
一種の「真空状態」を作り出し,
その結果下からの原子に押し上げられる形で揚力が働き,
物体は上に上がっていく(下におちないでいる)らしい。

もしこの理論が正しいとすれば,
「夢ブログ」という強い風(あるいは,ちょっと風変わりな風)が
毎日読者の方々に当たることによって,
多少とも揚力を差し上げられるのではないかということだ。

インターネットは人間が発明した素晴らしい技術だと思う。
それを生かすも殺すも人間次第。
私は「揚力を与えられるブログ」をめざし,頑張っていきたい。
今後ともよろしくお願いいたします。m●m

体育祭から合唱コンへ

9月半ばに体育祭が終わり,
今は合唱コンの入り口に立っている。
3年生は部活動を引退しているので,
昨日辺りから「朝錬」に入ったようだ。

1年生はまだ音楽の時間のみで,
10月半ばからクラス練習が始まる。
昨日は,帰りの会で体育祭と合唱コンの違いを話した。

体育祭・・・個人の体力の合計
       やる前から勝負はある程度決まっている
合唱コン・・・クラスの協力度の勝負
       取り組む中でいかにクラスが成長していけるかがカギ

来週には「ハモネプ★スターリーグ4」(10/8)も放送されるので,
それも利用しながら取り組ませていきたい。

ユニフォームの配付

昨日は朝練が終わる時,男女の部長に
「午前中に背番号の原案を出しなさい」と指示しておいて,
午後錬の最後にユニフォームの配付となった。

あえて部長に原案を考えさせたのは,
キャプテンとしての自覚を促すためと,
チーム構成を把握してもらうためだ。

男子の場合,「背番号④」がリベロ用で,
数人の入れ替えはあったが,
以下のように落ち着いた。

① 部長 2年生 右打ち
② 副部長 2年生 右打ち
③ 1年生 右打ち
④ 1年生 右打ち リベロ
⑤ 1年生 右打ち
⑥ 1年生 左打ち
⑦ 1年生 左打ち セッター
⑧ 1年生 右打ち
⑨ 1年生 右打ち
⑩ 1年生 左打ち
⑪ 1年生 右打ち

今年は11名のメンバーなので,
全員ベンチに入ることができる。
(バレーボールは,12名がベンチ入り)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ