« 昨日の部活動 9/22 | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 »

2013年9月23日 (月)

伊勢神宮スタートの背景

10月には第62回目の遷宮が完了するという伊勢神宮。
その第1回の遷宮が690年だったとすると,
20年に1回遷宮を行う伊勢神宮のスタートは670年ということになる。

この時期は663年の白村江の戦いの大敗北の直後で,
国内は大混乱だったはずだ。
それなのになぜ伊勢神宮はスタートできたのか。
いや,「大混乱なのに」スタートできたのではなく,
「大混乱だったから」スタートできたのではないかと・・・。

それは,私が「白村江の戦いでの敗戦国が大和ではなく,
倭国=九州王朝だった」ではないかと考えているからである。
(日本書紀を読むと,敗戦直後の正月を
普通の「めでたい正月」のように日本書紀は描いている)

やはり,白村江の戦いの大敗戦で,
日本の主権者は倭国から日本国=大和政権に移動した
と考える方が正しい歴史認識のようである。
(大和政権は,「斉明天皇崩御の喪に服す」という理由で,
白村江の戦いに参戦しなかったらしい)

ここで,古田武彦氏を中心とした研究会が,
各地の寺社の縁起等に残っている九州年号(倭国年号)を
発掘した成果に登場してもらおう。
それに歴史事象を併載してみる。

九州年号は本来「飛び石」年号もなく,
連綿と200年続けられてきた年号である。
(3つの年号が「飛び石」なのは,九州年号の盗用だからか)

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間) ← 663年,白村江の戦い(倭国=九州王朝,大敗北)
朱雀・・・684~685年(2年間)    670年,日本国=大和政権が主権者に。伊勢神宮スタート
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆ ← 690年,第1回遷宮(持統天皇による)       ここまで「評」を使用
                                                        ↑
大化・・・695~703年(9年間)◆ ←701年,大和政権による初の年号「大宝」 ---ー
                      =続日本紀には改元ではなく建元記事がある      ↓
                      ~以降,「平成」まで続く                  ここから「郡」を使用
                      ← 710年,第2回遷宮,平城京遷都
大長・・・704~712年(9年間) ← 712年,古事記の完成
                    ← 「山沢亡命」の人々(九州王朝系の史料を持つ)あり
                    ← 720年,日本書紀の完成(倭国=九州王朝の記事も取り込む)

※1 ◆は,九州年号の中から大和年号に取り込まれた3つの年号
※2 670年頃,「日本」「天皇」という言葉が使用され始めた

« 昨日の部活動 9/22 | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 9/22 | トップページ | 「ザ・ノンフィクション」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ