« 楽天が田中の好投で76勝目 | トップページ | 楽天が打線爆発で77勝目 »

2013年9月22日 (日)

自伝刊行記念・古田武彦氏講演会(京都)

昨日は,上記の講演会(ミネルヴァ書房主催)に参加してきた。
古田武彦氏が自伝を書き,その刊行記念の講演会が開かれたのだ。

会場は,京都教育文化センター。
参加者は,200人あまりだった。
演題は,「真実の歴史を求めて~私の歩んで来た道、歩み行く道~」

講演会は「2部構成」で,

第Ⅰ部 文字をめぐって
第Ⅱ部 未来への課題
質疑応答

張莉さんという中国人研究者が,
「『倭』『倭人』について」とする論文で,
九州王朝説を支持してくれている。
昨日の講演会の会場にも参加していただき,
質疑応答の最後に立たれ挨拶された。

古田先生はこの夏の暑さでお疲れ気味なのか,
ちょっと声に元気がない感じがして心配だ。
11月の古代史セミナー(八王子。今年で10回目)では,
ぜひ元気なお姿を拝見したいものだと思った。

ここで,何枚か写真を載せてみよう。

013

012

014_2

015_2

PS 私は,古代史の研究会で知り合いの
宮崎さん・和田さんと3人で新幹線で出かけた。
私は東京始発なので座れたが,お2人は新横浜で乗車。
三連休の初日とあって大混雑で,
お2人が座れたのは名古屋を過ぎてからだった。

また,帰りも3人で新幹線を使って帰ろうとしたが,
発車時刻が迫っていたので急いだところ,
お2人の姿を見失ってしまい,自由席の1~3号車まで行ったが,
結局2人は次ののぞみ号で帰ることになった模様。
ごめんなさい! m●m

PS2 京都ということで地元の古賀さんたちともお会いできたが,
翌日は朝から部活動ということで,お茶もせずに帰途についた。
ごめんなさい! m●m

« 楽天が田中の好投で76勝目 | トップページ | 楽天が打線爆発で77勝目 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
私も参加させていただきました。
冒頭にミネルヴァ書房の社長が挨拶されましたが、
その中で古田先生の主張がなにかと排除される
現状をお怒りになって、

「学問の世界にフェアな精神はないのか!」

と言われたことがとても印象に残りました。

古田先生のお声に関しては、私もはじめは
「小さいなぁ」「聞き取りにくいなぁ」と思いましたが、
手にしたマイクが少し離れているのに気づかずに
話されていたせいなんじゃないかと思います。
(質疑応答の時は質問者を叱り飛ばしてるのかと
思うくらい大きく聞こえました・笑)

結局私は前回と同じく車で行ったのですが、京都市内も
名神高速も渋滞していて、2時間半ほどかけて帰宅。
京都市内は修学旅行の生徒さんたちをよく見かけ、
ちょっと懐かしく、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

ツォータンさんへ
コメントありがとうございます。

ツォータンさんは車でしたか。
車は渋滞すると大変ですよね。
「古田先生の声の小ささ」がマイクのせいであれば幸いです。
なにしろご高齢なので,いろいろ心配してしまいます。
しかし,『イ卑弥呼』の後,自伝も書かれるとは,
すごい方である上に幸運な方でもありますね。
11月の古代史セミナーがますます楽しみになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が田中の好投で76勝目 | トップページ | 楽天が打線爆発で77勝目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ