« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

ハモネプ 放送決定!

ついに「ハモネプ★スターリーグ4」の放送日が発表された。
予想通り,10月8日(火)の午後7時である。
フジテレビの専用サイトに以下のように出ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カスペ!『芸能人アカペラ選手権 ハモネプ★スターリーグ4』
10月8日(火)19時00分~21時54分 3時間スペシャル!

芸能人が己の意地をかけて戦う『ハモネプ★スターリーグ』の第4弾!

小室哲哉が参戦決定!!新・小室ファミリーが魅せる究極のハーモニーとは!?
ジェロ率いる多国籍軍団は2連覇なるか!?ハモって踊る!?宝塚歌劇団参戦!
リベンジを狙うハロプロチームに、つのだ☆ひろ率いるオヤジ軍団・・・
今回は全チーム優勝候補の史上最高レベルの戦い!

個性豊かな出場9チームは以下の通り。
果たして頂点に立つのは、どのチームなのか!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出場グループのメンバーなど,詳しいことは以下のサイトで。

ハモネプ
http://www.fujitv.co.jp/nepleague/hamonep/

仮説実験授業研究会「50周年」集会とパーティー

昨日は,上記の会に参加してきた。

場所は,法政大学(母校です)と
私学会館(市ヶ谷アルカディア)。
時間は,午前9時半~午後7時半であった。

040_4

037_4

【「50周年」集会】 ・・・ 午前9時半~午後4時半

以下のように,3つの部屋に分かれて,
それぞれの興味にしたがって過ごした。

039_8

041_2

036_2

【「50周年」パーティー】 ・・・ 午後5時~7時半

ほとんど食欲と同窓会と化しながらも,
竹内さんの司会でパーティーは進められていった。

034_2

035_2

038_3

私の人生の最大のラッキーなところは,
仮説実験授業の提唱者である板倉聖宣先生と
九州王朝説などの多元史観の提唱者である古田武彦先生に,
お元気なうちからお近づきになれ,
たくさんの言葉をいただけたことである。

その学恩に対して私は,まだまだ少ししかお応えできていないが,
このブログでお2人の存在やその主張をお伝えすることで,
少しでも貢献できたらと思う次第である。

今年の楽天戦の観戦記録

4/27(土) 楽天VS西武 9ー2 ○
4/28(日) 楽天VS西武 1ー15 ●

5/12(日) 楽天VSロッテ 4ー5 ●

6/9(日) 楽天(田中⑧)VS巨人 5ー3 ○
6/25(火) 楽天(田中⑪)VS西武 11ー0 ○
6/26(水) 楽天VS西武 0ー1 ●
6/27(木) 楽天VS西武 10ー1 ○

7/9(火) 楽天(田中⑮)VS日本ハム 5ー0 ○

8/14(水) 楽天VSロッテ 5ー6 ●
8/16(金) 楽天(田中⑰)VS西武 3ー1 ○
8/17(土) 楽天VS西武 2ー3 ●
8/18(日) 楽天VS西武 11ー12 ●

9/24(火) 楽天VS西武 3ー4 ●
9/25(水) 楽天VS西武 2ー4 ●
9/26(木) 楽天(田中S)VS西武 4ー3 ○(優勝決定!)

現在のところ,15試合で7勝8敗である。
ということは,肥さんが応援に行くと楽天が負ける確率が高い!?
う~ん。

それにしても,今年はよく見に行ったなあ。w(゚o゚)w

2013年9月29日 (日)

天正大判のレプリカ

歴史教材のレプリカの効用については,
何回かこの「夢ブログ」でも書いてきた。

本物ではないが,いや本物ではないからこそ,
教室に持ち込め,さわらせることもできるのだ。
これは「その時代のイメージ」をふくらませるのに大いに役立つ。
今回は「天正大判」である。

033_2

現存は3枚しかないと聞いた。
秀吉が大阪城を作った際,大名たちに配ったもので,
本物だったら1350万円するものだという。
貨幣というより,「引き出物」なのかな。

いつも西武VS楽天のチケットを手に入れる
ダイエー所沢店で2000円で入手した。
(銅製で金メッキがほどこしてある)

昨日の部活動 9/28

昨日は,午前11時~午後2時のコマだった。

木下兄さんが来て下さり,
男子にサーブの上達法等を教えていただいた。
すぐに使えるかどうかはわからないが,
そういうやり方で相手はやってくるということを
知っているだけでもプラスである。

「人からやれと言われた練習は,努力とは言わない」という言葉がある。
チーム全体にその言葉が広がることを願う。

女子には私が付き,個人的にアドバイスした。
これもすぐに役立つかどうかわからないが,
いいものを引き出す努力は続けたい。
「頑張ってもうまくいかない→こうやればうまくいく」
という形のアドバイスをしたいものだ。
私はアタックやサーブで,今のチームは
もっと得点できると思っている。

声を出そう。
コミニュケーションをしよう。
声は得点を2倍にし,
失点を半分にする効果がある。happy01

優勝を確信したロッテとの3連戦(山村宏樹)

『Sportiva』 というスポーツ誌がある。
その2013年09月27日号に,元楽天の山村宏樹投手が,
「優勝を確信したロッテとの3連戦」について書いていた。
私は一昨日それを配信したニフティー・ニュースで見つけたので,
長文に渡るが「関係者の証言」として残しておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

球団創設9年目にして、ついに楽天が初優勝を果たしました。
楽天の初年度から昨年までプレイしていたOBとしてこれほど嬉しいことはないですし、
首脳陣、選手をはじめ、スタッフの方々には心から「おめでとう」、そして「ありがとう」と言いたいです。

今シーズンの楽天を振り返ると、ポイントになる試合は数多くあったと思いますが、
なかでも8月23日からKスタ宮城で行なわれたロッテとの首位攻防3連戦が
ターニングポイントだったと思います。

この試合を迎えるまで楽天は5連敗を喫しており、ロッテとのゲーム差は2.5。
3連敗すれば首位を明け渡すどころか、一気に失速する可能性もあったと思います。
この大事なロッテとの初戦、楽天のマウンドを任されたのは
開幕から連勝記録を続けている田中将大でした。

さすがの田中もプレッシャーがかかったのか、先頭の岡田幸文にいきなり二塁打を打たれ、
その後、四死球もあって二死満塁のピンチを作ってしまいました。
ここでバッターはベテランのサブロー。ここでも制球が定まらず、フルカウントにしてしまいます。
そこで田中-嶋(基宏)バッテリーが選択したのは「スプリット」。
やや高めに抜けましたが、意表を突かれたサブローは手が出ず、見逃し三振。大ピンチを切り抜けました。
もしこの一球が違う結果になっていたら、この日の田中はわかりませんでした。

のちに、嶋は次のように語ってくれました。
「あの一球がすべてでした。田中もこういう時があるんだなぁ、と。
正直、指から離れた瞬間、『あっ!』と思いました。
ただ、その次の回からは本来の田中に戻っていました」

1回のピンチを切り抜けたことで田中も立ち直り、7回を投げ無失点。
打線もロッテ先発の西野勇士に4回までパーフェクトに抑えられていましたが、
5回に枡田慎太郎がチーム初安打を放つと、嶋の安打と島内宏明の犠飛で1点。
6回にも4連打などで3点を挙げて、試合を決めました。

調子からいえば、田中よりも西野の方がはるかに良かった。
それでも田中は丁寧に低めを突くピッチングで点を与えなかった。まさにエースのピッチングでした。
この勝利で連敗を5で止め、田中は開幕からの連勝を「18」に伸ばしました。
何より、チームに再び勢いをもたらす1勝だったと思います。

続く2戦目の先発は、故障から復帰して4試合目の辛島航でしたが、
初回、二死満塁からG.G.佐藤に一発を浴び、いきなりの4失点。
しかし打線が、直後に1点を返すと、3回に2点、4回に1点を挙げ同点に追います。
そして、5回にも2点を挙げ見事逆転に成功しました。

初回に4点を奪われた辛島ですが、その後は何とか試合を作りました。
ただ、この試合はリリーフ陣の頑張りが見事でした。
なかでも頑張ったのが、4番手で登板した長谷部康平。
2日前の8月22日に母親を亡くし、当初は「ロッテはいい左打者が多いから、穴をあけたくない」
とチームに残ることを希望していました。
最後は星野監督の「行ってこい」のひと言で、23日の通夜に参列することになり、
24日の朝、実家のある岐阜から仙台に戻ってきました。

当日の試合前、球場で本人に会った時に「いろいろと大変だったね」と声をかけると、
「やるしかないです」と気丈に振る舞っていた長谷部。
しかし、8回に登板し打者2人を抑えベンチに戻ってくると、
緊張が解けたのか、涙が止まりませんでした。
ベテランの斎藤隆さんが長谷部のもとにかけより、肩を抱く姿が印象的でした。
魂のこもった長谷部のピッチングが、チーム全体に一体感をもたらしたと、私は思います。

その斎藤隆さんからウイニングボールを手渡された長谷部は、
「母親に頑張っているところを見せたいと思って投げました。いいボールがいったと思います」と
しっかり前を見つめていました。

そして2連勝で完全に勢いに乗った楽天は、3戦目も2年目の榎本葵が
ロッテの守護神・益田直也を打ってサヨナラ勝ち。
3連勝でロッテとのゲーム差を5.5に広げました。

キャプテンの松井稼頭央も「この3連勝で優勝を意識した」と言っていたように、
チームにとっても、選手にとっても大きな3連戦だったと思います。

3連戦のうち2つが逆転勝利。それも日替わりヒーローが生まれるなど、
チームの底力を感じた首位攻防でした。
ロッテ戦を前にいろんな選手に話を聞いたのですが、
どの選手リラックスした表情を見せていましたが、
その中に「やってやるぞ!」という強い意志を感じました。
この表情を見た時、「優勝する」と確信しました。

2013年9月28日 (土)

クラス懇親会

昨日は,午後6時~7時半に,
被服室で上記の会が開かれた。

集まった人数は,10人程だったが,
用意していただいた茶菓と
「山口めぐりと体育祭のスライドショー」を肴(さかな)に
おしゃべりを楽しんでいただいた。

途中合唱団の練習で2人音楽室に行かれたり,
(30周年記念合唱コンにて披露される予定)
30分遅れで来られたか方がいたりといろいろだったが,
お姉ちゃんが画面に登場するたびに「また,Aだ!」と
叫んでくれるAさんの弟君の可愛らしさにも助けられ,
和やかに時間を過ごすことができた。

最後に機械を片付けに2人の先生が来てくれたが,
あとで聞いたらうちのクラスが1番長くやっていたとのこと。
それには気がつかなかったなあ。

準備をしていただいたSAさんSIさん,
参加していただいた皆さん,
どうもありがとうございました!(o^-^o)

楽天と私の歴史

西武のファンが多い所沢に住んでいる。
そこで,私が楽天ファンだと知った人は,
次に「いつ頃から楽天ファンなんですか?」といい質問をしてくれる。
私は,だいたい次のように答える。

「所沢に住んでいて西武ファンでないのは,
実は子どもの頃から巨人ファンだったからです。
それが30代まで続いていました。
それをやめたきっかけは,渡辺恒雄オーナーの
「選手の分際で・・・」という発言でした。
彼は自分の選手観を述べたのでしょうが,
私たちファンというのは,彼が見下している
選手にあこがれてのことなのです。
つまり「選手の分際で・・・」という発言は私にとって,
その選手にあこがれるファンをも
見下していると思えたのです」

巨人ファンはやめたものの,すぐに次の球団は出て来ず,
「プロ野球ファン」を自称していた時期もあった。
それが楽天ファンになったのは,新球団誕生という
楽天イーグルス創設にまつわるできごとからだった。

今や伝説となっている「26対0」という試合に象徴されるように,
とても公平とは思えないやり方で楽天イーグルスは誕生した。
エースに岩隈はいるものの,あとは何人かのベテランと
2軍選手のような人たち。おまけに球場はまだ未完成ときた。
これで勝てたら世界の七不思議である。
田尾監督率いる1年目の楽天は,太平洋の荒波に
小舟で乗り出した漁師のような弱い存在だった。

1年目(2005年)・・・38勝97敗1引。勝率.281で圧倒的な最下位

しかし,これが私の「判官びいき」に火を付けた。
「この球団を応援することによって,私自身も成長しよう」と。
そして,そう決意するのと同時に野村監督が就任した。

2年目(2006年)・・・47勝85敗4引。勝率.356で6位。
3年目(2007年)・・・67勝75敗2引。勝率.472で4位。(田中の入団)
4年目(2008年)・・・65勝70敗3引。勝率.461で5位。

この年は,3位以上を期待していただけに,かなり残念だった。
野村監督の下(もと)で伸びてきた楽天だったが,やはりもう限界なのかなあ,と。
少々弱気にもなった。
しかし,プレゼントは翌年に残されていたのだ。

5年目(2009年)・・・77勝66敗1引。勝率.538で2位。

「さあ,来年こそは優勝」と喜んでいたら,なんとここで野村監督の解任。
「もう1年延長」のファンの声も経営サイドにかき消され,
就任したのは,ブラウン監督。その結果・・・。

6年目(2010年)・・・62勝79敗3引。勝率.440でまさかの6位

ここで,現在の星野監督が抜擢される。
野村監督が育てた選手たちを星野監督が引き継ぐ
「再生プログラム」が始動したのだ。
しかし,その直後3月11日に東日本大震災が起きた。
選手たちは「野球のことだけ考えていればいい」という訳にはいかなくなる。
しかも,宮城にあるホーム球場にも被害が出て,オープン戦もすべて他球場。

7年目(2011年)・・・66勝71敗7引。勝率.482で5位。
8年目(2012年)・・・67勝67敗10引。勝率.500で4位。

この勝率.500は,選手たちに大きな自信となったと思う。
そして,新外国人選手のジョーンズとマギーの獲得ということになる。
もう1つ,新人王間違いなしの則本投手(現在14勝8敗)の獲得。

9年目(2013年)・・・昨日現在.79勝54敗2引。勝率.594で1位(優勝)。

今年の勝因は.3つあると思う。

(1) エース田中の抜群の安定感(現在の田中の成績・・・22勝0敗)

「みんな連勝記録ばかり話題にするけど.防御率にも注目してほしい」と
田中自身は言っている。これはイチローやダルビッシュの時もそうだったが.
ファンの側に見る目がないと.一流選手が次々海外に出て行ってしまうということだ。
せめて楽天ファン・田中ファンはそこんとこしっかりしておきたい。
連勝するためには.より少ない点で抑える必要があるのだから・・・。
現在の田中の防御率・・・1.23

(2) 2人の外国人が攻撃力をパワーアップ

2人雇って2人とも1年間クリーンナップで活躍するなんて.
普通は考えられないことだ。それが今年の楽天では実現した。
2人合わせて50本以上のホームランを放ち,得点力をアップした。
これまでヒット3本で満塁にはできたが,得点できなかった。
というようなこともあったが,今年はそこに一発が加わった。

(3) センターラインの充実ぶり

捕手から中堅手までの選手たちを「センターライン」というらしい。
ここがしっかりと守備ができると,チームが締まる。
その点楽天は,藤田二塁手・松井稼遊撃手・聖沢外野手と,
広くて確実な守備をしてくれる選手たちに恵まれている。

今後楽天はますます充実期を迎えると思うが,
必ず起きてくる「田中の大リーグ移籍」や
「選手の新旧入れ替え」という問題もでてくると思う。
それを温かく見守り応援していくことが大切だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 昨日はスポーツ紙を5社分購入した。
だって,「9年分のお祝い」ですからネ。(o^-^o)

PS2 昨日はたくさんの方に「おめでとう!」と言ってもらえた。
「どうもありがとうございます!」

2013年9月27日 (金)

楽天がついに悲願の初優勝!

楽天 1 0 0 0 0 0 3 0 0 計4
西武 0 0 1 1 1 0 0 0 0 計3

創設9年目,楽天がついに悲願の
初優勝を成し遂げた。
この3連戦,楽天が先制しては
西武が逆転サヨナラ勝ちするというパターンで,
私たち楽天ファンは苦汁を呑まされてきた。

いや,実をいうと8月にも3連戦があって,
初日を田中の17連勝でものにして喜んだものの,
そのあとの2試合を連続して逆転負けしていたのだった。
(そのことが,西武球場のクイズでも話題にされ,
「4連続逆転負け試合観戦男・肥さん」の
汚名を着せられていたのだった)
そして,試合展開はまたしても,
「楽天が先制し,西武が逆転する」という形に・・・。

それを救ってくれたのは,不動の4番・ジョーンズ。
昨日も3タコで,7回二死満塁のチャンスに登場。
一瞬西武ファンを喜ばせ,楽天ファンを不安に陥れたが,
ここ大一番で走者一掃の二塁打!
ついに再逆転の立役者となったのだ。

ついでにいうと,状況判断良く三塁も陥れ,
さらに味方のアドバイスで本塁も狙ったが,
さすがに西武もそれを許すはずはなく,
本塁上憤死と相成った次第。
チェンジ。(。>0<。)

しかし,この一打で球場の雰囲気がガラリと変わった
と思ったのは私だけではないだろう。。
ブルペンでは田中がピッチングを始めるし,
他球場の途中経過で,2位のロッテがリードされていて,
もしかしたら目の前で楽天が優勝するのでは・・・
という期待が,熱を帯びてきたのだった。
心なしか,三塁側の西武ファンより,
一塁側の楽天ファン+優勝時楽天ファンの人数の方が,
明らかに多くなってきたのを感じた。

不安定な先発・美馬を,昨日危険球で1回に
退場させられたハウザーが好救援し,
さらに大リーク経験者のベテラン斉藤が抑えて,
9回裏は目下22連勝中の田中に託された。

鬼崎・・・ニ遊間安打
ヘルマン・・・四球
片岡・・・送りバント(ランナーは二・三塁に進塁)
栗山・・・見逃し三振
浅村・・・空振り三振

「優勝決定の場面は田中に投げさせたい!」
という星野監督の采配は,
実は「連勝記録をご破算にする可能性」もあったワケだが,
そこは田中が最後力でねじ伏せて,
「胴上げ投手」という栄誉をも手に入れた。
めでたし,めでたし。(o^-^o)

何枚か撮影した写真をどうぞ。
(写真上でクリックすると拡大します)

022_2

024_9

027_2

023

025_2

026_4

028_4

今朝の朝日新聞から3枚。

029_6

030_2

032_6

2013年9月26日 (木)

次の「ハモネプ」はいつ放送されるか?

カスペ!『芸能人アカペラ選手権 ハモネプ★スターリーグ3』
が放送されたのは,4月2日(火)のことだった。

それから半年,「ハモネプ」の情報サイトのやりとりによると,
「10月に第4回が行われる」とのこと。
素人のものではないが,また楽しみにしていたい。

10月の火曜日を調べてみると,次の5日がある。
1日,8日,15日,22日,29日。

このうち,フジテレビの来週の番組表=10月1日(火)には,
「開局55周年記念特番・・・3代目ちびまる子ちゃん」とあるので,
これを除いた4日に注目していたい。

「ハモネプ」ファンの皆さんも,ぜひ録画しつつ,
「第4回のスターリーグ」を楽しみましょう。

総合「山口めぐり」の発表(前半)

昨日は午後教室で,
上記の発表をした。

【良かった点】

・4連休で内容が改良された
・興味深い内容のものが多かった
・発表を聞く態度が,いつもより良かった

【反省すべき点】

・作品を家に忘れた人が何人もいた
・声の小さい人が何人かいた
・よそ見している人がいた
・油断してとなりのクラスの先生に怒られた
(昨日のノルマを達成した時)

本日は後半を行う。
昨日の反省を生かして頑張ってほしい。

楽天が本日にも優勝か?

楽天002000000計2
西武00000101x2計4

2夜連続の観戦で,2試合とも先制したのに,
よりによって2試合とも9回裏サヨナラ負けとはつらい・・・。(;ω;)
しかし,昨日はロッテが敗れたため,マジックは「2」となった。

最短では本日優勝が見られるかも!
(楽天が勝ち,ロッテが負けた場合)
それを信じて,今日も西武球場へ応援に行こう!

2013年9月25日 (水)

「MA MAISON(マ・メゾン)」

学区内にある店で,
私が新任の頃からある
「MA MAISON(マ・メゾン)」という
イタリア料理店がある。
美味しくてサービスがよいので,
女性にも人気のある店である。

017_2

ランチサービスも各種あって,
私はだいたい「日替わりランチ」を注文するのだが,
昨日も「そうだ!マ・メゾンに行こう」と
午前中の部活が終わったので,
自転車をこいで向かった。

昨日の星占いで,おとめ座は第1位.
「素晴らしい出会いがあるでしょう」
という言葉に胸を弾ませながら・・・。

出会いは・・・確かにありました!
ただし,教材屋のSさんという男性でした。
読者の方は覚えておいででしょうか?
Sさんというのは,先日いきものがかりのライブで
私が横浜アリーナに出かけた時,
親子で日産スタジアム(同じ新横浜にある)に
サッカーを観戦しに来ていたあのSさんです。
またしても,期せずして同じ場所に向かったとは,
縁の深さに驚く肥さんなのでした。
(ただの食いしん坊だったためかもしれませんが)(o^-^o)

Sさんは「野焼き」の達人で,
何回も土器づくりの際お世話になってきた。
今でもいろいろな注文でお世話になっている。
今後ともよろしくお願いいたします。m●m

昨日の部活動 9/24

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。

女子は全員揃うかと思っていたら,
なんと駅伝の試走で昨日もメンバーが足りない。
男子は最初8人だったが,
途中で用事のため2人減って6人に。
4連休だからといって,4日分の練習ができるとは限らない。
しかし,4日間日程を入れないわけにもいかない。
これは「基本的矛盾」だなあ。

楽天が逆転負けし,「マジック3」のまま足踏み

楽天 0 0 0 0 0 0 2 0 1 計3
西武 0 0 0 0 0 0 0 3 1X 計4

6回まで西武・十亀と楽天・則本の投手戦。
その両投手がKOされて,試合がもつれた。
マギーの先制本塁打,嶋の中越えタイムリー二塁打も,
枡田の同点本塁打も,感動的だったが,
結局逆転負けで,優勝は26日以降ということに。
もちろん,今日も西武球場に応援に行きます!

018_4

2013年9月24日 (火)

「がんばっぺラジオ2013旅立ち」

上記の番組(NHKテレビ,午後10時~)を偶然観た。
「女川さいがいエフエム」の様子を伝えたものだ。

「宮城県女川町
ここにもあまちゃん?
高校生アナの涙と笑い
青春ドキュメント」
と番組紹介にあった。

私は昨年の9月1日,
夏休み最後の日に女川を訪れた。
たった1日いや数時間その町にいただけだけれど,
この番組を観て,知り合いの人たちのことを
話題にしているように思えた。
やはり,現地訪問は大切なことだ。
これからも自分の足でできるだけ現地を訪れたい。

それでは,1年前の女川訪問の様子を伝えた
「夢ブログ」をご覧下さい。

石巻・女川への訪問                                                                                                                                                                                                                                                                   

昨日の部活動 9/23

昨日は,午後1~5時のコマだった。

K先生が女子の7名を連れて審判講習会に行かれたので,
私は残って「留守番」役。
女子をもと顧問のТ先生に見ていただき,
私は男子の練習に付き合った。
最後に「肥スリー」もやって,
(肥さんによるスリーメンの意)
涼しい日だったが汗を流した。

本日は,午前中の練習。
夜は,西武球場にて楽天を応援の予定。

楽天が宮川の快投で78勝

楽  天 0 0 4 0 0 1 0 0 0 計5
日ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

宮川が7回を1安打5四死球0失点の快投で,
2勝目をあげた。
それを援護したのは,打撃陣。
3回表,打者一巡の4点をあげ,
宮川のピッチングを助けた。
また,6回には伊志嶺が1号ソロホームランを放ち,
投打噛み合っての勝利となった。

さて,4連勝で西武球場に乗り込む楽天。
昨日はロッテが敗れマジック「3」となったので,
この3連戦のうちに胴上げが見られる可能性が高くなった。
本日からの3連戦は,それを夢見て応援に向かいたい。

本日・・・午前中,部活動 → 西武球場へ (先発予定・則本)
明日・・・放課後 → 西武球場へ (先発予定・ハウザー)
明後日・・・放課後 → 西武球場へ (先発予定・美馬)

2013年9月23日 (月)

「ザ・ノンフィクション」

日曜日の午後2時からフジテレビが放送している
上記の番組をご存知だろうか?

いい内容が多く,時々観させていただいているが,
昨日の「初の女子応援団長一年
女人禁制の(秘)特訓で涙」もやはりいい内容だった。

明治大学付属中高等学校は中高一貫校で,
そこには伝統深き応援団がある。
しかし,リーダーと呼ばれる男子応援団員は減る一方で,
逆に増えるのは女子のチアーばかり。
ついに団長を務める学年に男子はいなくなり,
抜擢されたのが今回の主人公の女生徒だったというわけだ。
お父さんもこの学校出身で応援してくれているが,
なにしろこの伝統ある応援団ということで,
大変な1年を過ごすことに・・・。

ビデオに収録できなかったのは残念だが,
朝日新聞出版局から『花の中学校応援団』という
書籍が刊行されていると聞き,アマゾンで注文した。
届くのが今から楽しみである。

応援団長を務めた彼女は,その後無事明治大学に進学し,
親友とともに充実したキャンパスライフを過ごしているとのことだ。

伊勢神宮スタートの背景

10月には第62回目の遷宮が完了するという伊勢神宮。
その第1回の遷宮が690年だったとすると,
20年に1回遷宮を行う伊勢神宮のスタートは670年ということになる。

この時期は663年の白村江の戦いの大敗北の直後で,
国内は大混乱だったはずだ。
それなのになぜ伊勢神宮はスタートできたのか。
いや,「大混乱なのに」スタートできたのではなく,
「大混乱だったから」スタートできたのではないかと・・・。

それは,私が「白村江の戦いでの敗戦国が大和ではなく,
倭国=九州王朝だった」ではないかと考えているからである。
(日本書紀を読むと,敗戦直後の正月を
普通の「めでたい正月」のように日本書紀は描いている)

やはり,白村江の戦いの大敗戦で,
日本の主権者は倭国から日本国=大和政権に移動した
と考える方が正しい歴史認識のようである。
(大和政権は,「斉明天皇崩御の喪に服す」という理由で,
白村江の戦いに参戦しなかったらしい)

ここで,古田武彦氏を中心とした研究会が,
各地の寺社の縁起等に残っている九州年号(倭国年号)を
発掘した成果に登場してもらおう。
それに歴史事象を併載してみる。

九州年号は本来「飛び石」年号もなく,
連綿と200年続けられてきた年号である。
(3つの年号が「飛び石」なのは,九州年号の盗用だからか)

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間) ← 663年,白村江の戦い(倭国=九州王朝,大敗北)
朱雀・・・684~685年(2年間)    670年,日本国=大和政権が主権者に。伊勢神宮スタート
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆ ← 690年,第1回遷宮(持統天皇による)       ここまで「評」を使用
                                                        ↑
大化・・・695~703年(9年間)◆ ←701年,大和政権による初の年号「大宝」 ---ー
                      =続日本紀には改元ではなく建元記事がある      ↓
                      ~以降,「平成」まで続く                  ここから「郡」を使用
                      ← 710年,第2回遷宮,平城京遷都
大長・・・704~712年(9年間) ← 712年,古事記の完成
                    ← 「山沢亡命」の人々(九州王朝系の史料を持つ)あり
                    ← 720年,日本書紀の完成(倭国=九州王朝の記事も取り込む)

※1 ◆は,九州年号の中から大和年号に取り込まれた3つの年号
※2 670年頃,「日本」「天皇」という言葉が使用され始めた

昨日の部活動 9/22

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。

そこに,男子は木下兄さんの,女子にはもと顧問のТ先生の
ありがたいコーチングが入り,感謝で一杯であった。
(一昨日もそうであったと聞いた)

これはフツーのことではない。
特別なことである。
このような温かいご支援のなかで,
私たちはバレーボールをやらせていただいている。

それにどう応えていくか。
今後の部の努力にかかっている。

N君の保護者様,見学ありがとうございます。
ぜひほかの保護者の皆さんも見学なさって下さい。

9月下旬になっても,まだ暑い。
(アクエリアスの給水を実施した)
しかし,もう30℃を越えることはない。

楽天が打線爆発で77勝目

楽  天 0 5 0 0 2 0 5 0 3 計15
日ハム 0 0 0 0 1 0 0 0 0 計1

楽天の打線爆発で,
辛島に3勝目をプレゼントした。

辛島も7回を1失点の好投。
3勝目をあげた。

マジックは,「5」。
優勝はもう「秒読み」に入った。

2013年9月22日 (日)

自伝刊行記念・古田武彦氏講演会(京都)

昨日は,上記の講演会(ミネルヴァ書房主催)に参加してきた。
古田武彦氏が自伝を書き,その刊行記念の講演会が開かれたのだ。

会場は,京都教育文化センター。
参加者は,200人あまりだった。
演題は,「真実の歴史を求めて~私の歩んで来た道、歩み行く道~」

講演会は「2部構成」で,

第Ⅰ部 文字をめぐって
第Ⅱ部 未来への課題
質疑応答

張莉さんという中国人研究者が,
「『倭』『倭人』について」とする論文で,
九州王朝説を支持してくれている。
昨日の講演会の会場にも参加していただき,
質疑応答の最後に立たれ挨拶された。

古田先生はこの夏の暑さでお疲れ気味なのか,
ちょっと声に元気がない感じがして心配だ。
11月の古代史セミナー(八王子。今年で10回目)では,
ぜひ元気なお姿を拝見したいものだと思った。

ここで,何枚か写真を載せてみよう。

013

012

014_2

015_2

PS 私は,古代史の研究会で知り合いの
宮崎さん・和田さんと3人で新幹線で出かけた。
私は東京始発なので座れたが,お2人は新横浜で乗車。
三連休の初日とあって大混雑で,
お2人が座れたのは名古屋を過ぎてからだった。

また,帰りも3人で新幹線を使って帰ろうとしたが,
発車時刻が迫っていたので急いだところ,
お2人の姿を見失ってしまい,自由席の1~3号車まで行ったが,
結局2人は次ののぞみ号で帰ることになった模様。
ごめんなさい! m●m

PS2 京都ということで地元の古賀さんたちともお会いできたが,
翌日は朝から部活動ということで,お茶もせずに帰途についた。
ごめんなさい! m●m

楽天が田中の好投で76勝目

楽  天 0 0 0 2 0 0 1 0 4 計7
日ハム 0 0 1 0 0 0 0 0 2 計3

田中が8回を1失点に抑える好投で,
22連勝=通算26連勝を飾った。
ちなみに22勝は,1980年の木田以来33年ぶりの快挙。
(22勝は6人目。最多は26勝で,堀内と山田の2人)

先制点は日本ハムに取られたが,
次の回には逆転して田中を援護した。
7回には追加点,9回にはダメ押しの4点あげ,
田中の連勝を不動なものにした。

016_2

これで,マジック「6」。
もしかして,24日からの西武との3連戦で胴上げとか!?
いや,ぜひそう願いたいものだ。ヽ(´▽`)/

2013年9月21日 (土)

今日から「4連休」

体育祭の代休もあり,今日から4連休である。
部活もあるので完全な「4連休」というわけにはいかないが,
心身のリフレッシュができそうでうれしい。

また,古田武彦氏の講演会(京都)に出かけたり,
西武ドーム球場で楽天戦と楽しい行事も始まる。
(3連戦のチケットは入手済み)

その様子は,またこの「夢ブログ」で報告するので,
ぜひ毎日訪問して下さいネ!happy01

「差別」の単元

東京書籍の公民の教科書には,
だいぶ前から2ページに渡って
「差別」についての実話が3つ載っている。

本文とは違って細かい活字で,
決して読みやすいとはいえないが,
「3つの話を読んで,1つについて感想を書く」
という形で私は扱っている。

部落差別については少し復習が必要だが,
その他の障害(碍)者差別と民族差別については
読んでいけば概要はつかめる。

このような「読み物教材(実話)」は,
いつもの授業とは違って,生徒たちにも
印象的なのかもしれない。
生徒たちもいい感想を書いてくれた。

かんぱちカマ&あん肝&八海山

「3丁目の夕日」の若マスターの腕はホンモノだ。

下ごしらえする姿を見ていて,
なにやら昨日も美味しいものが食べられる予感が・・・。

(1) 刺身用にさばいたかんぱちからたった1個だけ取れた新鮮なカマの焼き物
(2) 新鮮なあんこうの肝をアルミ箔に包んで円筒形に固めた蒸し物の輪切り

あ~,カメラがなかったのが残念だ。
あの美味しい2つの料理を映像で見てもらえたのに・・・。

ということで,めったに呑まない日本酒を昨日はいただいた次第。

(3) 八海山×2杯

「あ~,極楽,極楽~♪」(≧∇≦)

2013年9月20日 (金)

総合のクラス内発表

山口めぐり(学区内散策)をテーマとした
総合のクラス内発表が始まった。

しかし,一昨日社会科サークルで
小3の子どもたちのあまりにも素晴らしい発表の様子を
DVDで見てしまったこともあって,
私はこのまま進めてしまうには
大いに気がとがめるものを感じていた。
そこで・・・

(1) 15分ほどシナリオ書きの時間を取った
(2) お試しの発表をA君にしてもらい,評価の練習をした
(3) 再びシナリオ書きの続きをおこなった

シナリオとは,調査した内容を聴きやすいように
「起」「承」「転」「結」の4パートに分けて原稿を作るもので,
それぞれ20秒・20秒・60秒・20秒の合計2分とした。
これを発表する紙の裏に貼って読めば,
発表する方も落ち着いてできるし,
聞く方もわかりやすいと考えた。

来週「再スタート」をしようと思うが,
少しでもクラス内発表のレベルが
高くなってくれればと思う。

ちなみに,38人のクラスから
2人だけクラス代表が選出される。

美味しいものは,出し惜しみしない

「3丁目の夕日」の若マスターが
お得意の「おまかせ5点盛り」で
まぐろの美味しいところを切ってくれた。

それに気がついた私は,さっそく
「ありがとうございます」とお礼を言ったが,
「美味しいものは,出し惜しみしない」
ということで2人の意見が一致した。

刺身は鮮度が命。
しかし,刻々とそれは失われていく。
美味しいものを出し惜しみしていると,
いざそれを出そうとした時には
「もう遅い」ということになりかねない。

また,「美味しいところ」を食した客(私のこと)は,
当然その店の振る舞いに対して感謝の再訪問をする。
結局,その繰り返しではないかと・・・。

翻(ひるがえ)って,これは授業でも同じことだと思った。
私のできる授業で生徒たちにとって「美味しいもの」は,
仮説実験授業といっていいが,
これを1年のスタートの4月にやるのか,
ゴール間近の3月にやるのか,
結果はおのずと違ってくる。

今持っている「旬」のもので勝負し,
それに反応してくれた生徒には
さらに「新しい旬のもの」を探していく。
これが私が「さび付かない唯一の方法」
なのではないかと思った。

楽天がサヨナラ勝ちで75勝目

ソフト 0 0 0 0 0 1 0 1 0 計2
楽天 0 0 0 0 2 0 0 0 1X計 3

美馬が7回を1失点と試合を作った。
リリーフの青山は同点にされたが,
土壇場の9回裏に,松井稼と伊志嶺の
長短打が飛び出してサヨナラ勝ちした。

前夜一時6点をリードしながら,
10ー11と逆転負けして悔しかったが,
一夜にしてその雪辱を果たした。

2位ロッテとの差は,8.5ゲームに。
マジックは,2つ減って「7」に。

PS 本日は試合がなく,
土曜日に田中が投げる。
またまた楽しみな週末となる。

2013年9月19日 (木)

7回連続パーを出して優勝する確率

昨日行われた今回ののAKBジャンケン大会。
優勝したのは松井珠理奈だった。

しかも出したのは,7回連続してパーだったという。
7回連続してパーを出して優勝する確率って,
2分の1の7乗ということでしょうか?
(どなたか数学に詳しい方,教えて下さい)

2分の1の7乗は128分の1で,
それだけでもなかなかの確率(1%未満)だが,
「人は緊張すると力が入り,グーを多く出すのではないか」
という仮説を貫いての7連勝だったという。

そういう点では,松井は運がいいだけでなく,
なかなかの人間観察者といえるかもしれない。

PS ところで,今回選ばれた16人で
34曲名のシングルを歌うことになるとすると,
センターの松井珠理奈は知名度が高いにしても,
他のほとんどのメンバーはあまり知られていない。
その曲がどのくらい売れるのかという点でも注目される。
また,普段知られていないフレッシュなメンバーを
世に知らしめるという点ではシャッフル効果が
あるかもしれないとは思った。

社会科サークル 2013年9月

昨日は,上記のサークルに参加した。

何と10人の参加があり,しかも若い先生が多く,
大変うれしい例会だった。

おみやげ・・・肥沼「2組かわら版(4月~7月のダイジェスト)」
宮崎さん「教科書採択の新聞記事や『はだしのゲン』閲覧問題の週刊誌記事」
森田さん「除染作業の求人広告(38万7500円の給与!)を使った実践報告」

メイン報告・・・宮崎・荻原コンビによる
「ちいちゃんのかげおくり」(国語)から「基地跡調べ」(総合)へ

これは所沢歴教協の古参・宮崎さんの得意分野とするところで,
最古参・篠原さんの基地跡探検の実践を背景に,
宮崎さんが積み上げてきた中学年の実践を,
今ぐんぐん力をつけてきている荻原さんとのコンビで報告したものだ。
(この夏の歴教協・大阪大会ですでに発表されている)
そして,その実践から学ぼうと若い先生方が多数集ったというのが,
昨日の社会科サークルの概要であった。

大石さんの司会の下いろいろな意見が出されたが,
1つの実践から学んでさらに発展させていくには,
このような学習会の存在が不可欠であるということだ。
そこには1時間の授業の大切さと
1つのまとまった実践(30時間)の大切さが
うまく絡み合った姿があると思った。

実は本日中学1年の各クラスで,
5・6月に行った山口めぐりについての
総合の個人発表を行うのだが,
小3の子どもたちの素晴らしい発表を知ってしまうと,
いったい何人ぐらいの生徒がそれを越えてくれるのだろうと,
不安でいっぱいになるほど内容の深い実践だった。
これは幸せなことなのか,不幸なことなのか?

以下,写真を何枚か・・・。

008_2

011

009_2

010_3

はばたこう明日へ

体育祭も終わり,次の大きな行事は
11月6日(水)に行われる合唱コンクールである。
所沢市内でも1番音の響くミューズでやれるので,
生徒たちも力が入るところだ。

わがクラスの合唱曲は,「はばたこう明日へ」。
松井孝夫さんの作詞・作曲で,
お別れソングとしても知られている名曲だ。
昨日の道徳の一部を使って楽譜作りを行った。
(表紙の絵は,体育祭の応援うちわに続き
美術部のТさんに描いてもらった)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はばたこう明日へ  作詞・作曲 松井孝夫

いつかはこの時が 来ると思っていた
悲しいことだけど 今は 泣かないで
ともに過ごした時を 思い出して
なつかしい日々を 楽しかったことを

心のキャンパスに 描こう
はばたこう明日へ

青い空のかなたへすすめ
無限の夢を抱(いだ)きながら
翼ひろげ飛んでゆくんだ
つらいこと吹き飛ばし 生きてゆこう

ともに過ごしたことを 思い出して
二度ともどらない 大切な日々を
心のアルバムに しまおう

青い空のかなたへすすめ
無限の夢を抱(いだ)きながら
翼ひろげ飛んでゆくんだ
つらいこと吹き飛ばし 生きてゆこう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

曲自体はとてもいい内容なので,
あとはこれをクラスとして
どのように表現していくかということだ。

曲想のヒントについては,
すでにここでも取り上げた。
それをまず私からのプレゼントにしたい。

バーコード貼りの作業

昨日は,1学期最後の委員会があったのだが,
「1学期の反省」のほかに
蔵書の「バーコード貼り」という作業も入った。
学校の図書室の本にバーコードを貼り,
パソコンで管理しようという時代なのだ。

作業は4人ひと組で,

(1) 本を持ってきて,作業後戻す人
(2) 位置の印を書く人
(3) バーコードを貼る人
(4) 透明なカバーシールを貼る人

という役割分担だった。

慣れてくるとどんどん作業は進むのだが,
何しろ図書室の蔵書は膨大な冊数である。
やってもやってもまだあるという感じで
当然のことながら作業途中で終了した。

これまでも司書の先生やボランティアの生徒により,
だいぶ作業が進んできたが,
ちょっとやそっとで終わらない一大事業
であることがわかった。
おそらく2学期も続くのであろう。

実は昨日は,1年生による図書掲示委員会だよりの
原稿(10人の1年生の推薦する本+私の推薦する本)を
作ることも並行して行われた。
こちらも欠席の1人を残して完成した。
ちなみに私の推薦図書は,最近出版された
「いたずら博士の科学大好きシリーズ」である。(o^-^o)

2013年9月18日 (水)

お気に入りバー

別に「お気に入りのバー(飲み屋さん)を見つけた」というわけではない。
パソコンの画面上に「お気に入り」のほかに
「お気に入りバー」という場所があって,
それを自分で指定して登録しておくと大変便利だということに,
パソコン歴13年目にして初めて気がついたというわけだ。

これまで知らずに不本意なサイトを「お気に入りバー」に登場させ,
「自分で勝手にいらいらしていた」ということが少なからずあった。
しかし,どうしてそうなってしまうのかわからなかった。
そう,「犯人」は私だったのでした。
これからはそんな悩みともおさらばだ。(o^-^o)

楽天が逆転で74勝目

ソフト 0 0 1 2 0 0 2 0 0 計5
楽天 0 0 0 0 5 2 0 0 X 計7

楽天は3点ビハインドで迎えた5回裏,
藤田のタイムリーで2点差に追い上げる。
さらに2死満塁のチャンスに,
マギーの満塁ホームランが出て逆転に成功した。
投げては先発・則本が今季14勝目。
長谷部も2セーブ目。

2位のロッテが敗れ,ゲーム差は8.0に。
マジックも「9」と1ケタになった。

楽天なのに甲子園?楽天だから甲子園?

日本シリーズを楽天が戦う場合,
ホームとして宮城ではなく甲子園で戦うという計画があるらしい。
というのは,東京ドームなら5万人収容できるところを,
宮城では半分しか収容できないからだ。
そこで甲子園を借りて試合をすれば,
8000円×2万人=1億6000万の収入増となるというわけ。

甲子園といえば田中の地元だし,星野監督はもと阪神の監督だった。
また,東京ドームは巨人ファンがたくさん応援にくるが,
甲子園ならアンチ巨人ということで阪神ファンの応援が期待できる。
(本当かな?)

しかし,弱かった時代から楽天を応援してくれた
宮城のファンとしては裏切られた感は否めない。
また,東日本大震災からの復興に水をさすことになる。
これこそ本当の損失ではないだろうか。
私は何としても宮城でやってほしいと思うな。

2013年9月17日 (火)

台風一過 9/16

昨日の午前中は台風18号の接近で
外出をすることは出来ないと考えた。
そこで,2つのことをやった。

1つは,部屋の片づけをすること。
これは3つのゴミ袋として結実し,
午後に収集所に出されることになった。

もう1つは,最近やっていないグラフを描くこと。
これは前から気になっていた
「デトロイト市の人口の変遷」を描いた。
実際に描いてみると,米国の側から
日米貿易摩擦を見ている感じになった。
(トヨタや日産のせいで,俺たちの暮らしが・・・)

午後には風雨も収まり,夕焼け空に。
空気も乾燥して,秋の訪れが近いのを感じた。

デトロイト市の人口の変遷

かつて「自動車の街」として知られ,
最盛期には180万人以上の人口をしめたデトロイト市は,
今や70万に減り財政破綻を宣言するまでになってしまった。
「ウィキペディア」に載っていた数値で,
人口の変遷をグラフに描いてみようと思う。
(人口10万人を●と表現する)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1830年・・・2222人
1840年・・・9102人
1850年・・・2万1019人
1860年・・・4万5619人
1870年・・・7万9577人   ●
1880年・・・11万6340人  ●
1890年・・・20万3876人  ●●
1900年・・・28万5704人  ●●●
1910年・・・46万5766人  ●●●●● ← 1908年,Т型フォード発売
1920年・・・99万3078人  ●●●●●●●●●●
1930年・・・156万8662人 ●●●●●●●●●●●●●●●●
1940年・・・162万3452人 ●●●●●●●●●●●●●●●●
1950年・・・184万9568人 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1960年・・・167万0144人 ●●●●●●●●●●●●●●●●● ← 日本の高度経済成長
1970年・・・151万1482人 ●●●●●●●●●●●●●●● ← 石油ショック
1980年・・・120万3339人 ●●●●●●●●●●●● ← 日米貿易摩擦
1990年・・・102万7974人 ●●●●●●●●●●
2000年・・・95万1270人  ●●●●●●●●●●
2004年・・・90万0198人  ●●●●●●●●●
2010年・・・71万4600人  ●●●●●●●
2012年・・・70万1475人   ●●●●●●● ← 財政破綻宣言

※ 9/18 改訂

小さな「発見」

この夏観た映画の1つに「少年H」があるが,
これは「エッチ」と読むのが正しい。
映画館のアナウンスは「エイチ」と言っていたが,
なにしろ原作本にはそう書いてあるのだから。

もう1つ,いきものがかりの「地球」という曲は,
「ほし」と本人たちが読ませている。
しかし,『いきものがかり全曲集』の索引には,
「ハ行」ではなく「タ行」で出ている。
つまり「ちきゅう」だと思ってそうしているのだ。

自分が関わっているものやことの名前には,
敏感でありたいものだ。
これは,自らの戒めも込めて。

2013年9月16日 (月)

台風18号接近

昨日は朝たくさん雨が降ったが,
(部活動の実施でちょっと悩んだ)
午後には上がって,逆に少し暑くなった。

その後「小康状態」が続き,
所沢付近では日付が変わる頃
また雨が激しく降った。

これからは雨というより
風の方が激しくなるらしい。

みなさん,台風接近に
お気をつけ下さい。

昨日の部活動 9/15

昨日は,午前11時から午後2時のコマだった。

台風接近で雨がたくさん降ったが,
木下兄コーチも駆けつけて下さり,
「3日間部活動なし」という事態は避けられた。

体育祭も終わって,あと2週間ほどで新人戦。
そこで,ニューボールを3つずつ入れた。
やはり新しいボールが入ると気分も変わる。
生徒たちも喜んでいた。

本日は台風通過に伴い,強風が吹くという。
もしかしたらK先生から連絡が入るので,
連絡網を電話の前に用意しておいてほしい。

PS 先ほどK先生に確認したところ,
もう連絡網は回したとのこと。
仕事,早っ!

楽天が「2位に7ゲーム差」&「マジック11」に

昨日は雨で試合が流れた楽天だったが,
2位のロッテが西武に敗れたため,
上記のように数字が動いた。
「果報は,寝て待て」か。

本日は宮川の初先発。
来季を見越して田中以外の投手に
登板機会を与えているものと考える。
ぜひ各投手はそれに応えてほしい。

2013年9月15日 (日)

祝 バレンティン選手のホームラン記録

ついにヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が,
56号・57号の連続ホームランを放ち,文句なしの「日本記録」を樹立した。

ホームランの日本記録については,王貞治選手が55号を放って以来
2人の外国選手(バースの54号も含めば3人)が記録しているが,
残念ながらいずれも最後の何試合かは敬遠の四球が多く,
とても「正当な勝負」とは思えなかった。

今回の場合,残り試合が20試合以上あったので,
さすがにこれまでように「55本タイ記録」とすることはできなかったのだろう。
私はそれが良かったと思っている。
敬遠の四球による「日本記録更新阻止」は,
偉大なホームラン王・王貞治選手を冒涜(ぼうとく)するものに
思えてならなかったからだ。

今や日本人選手も実力次第では大りーグで活躍する時代である。
偏狭な「島国根性」はもう捨てようではないか。
第1あのイチロー選手は,そんなことはすでに乗り越えて,
偉大な記録を大リーグで次々と樹立しているのだから・・・。

「日本記録」と「日本人記録」を混同してはいけないと思う。
バレンティン選手の日本新記録を素直に喜べる精神にこそ,
私はこの国の明るい未来を感じる次第である。

006_2

007_2

体育祭 2013

今年の体育祭は,開校30周年記念のものだった。
優勝カップが新品のものに替えられ,ピカピカ光っていた。

003_3

昨年ほど暑くもなく,生徒たちも
体育委員を中心によくやったと思う。

1位の個人競技・・・男子100M走の2人,男子バラエティー,女子二人三脚
2位の個人競技・・・女子二人三脚
3位の個人競技・・・女子100M走,男子200M走,

学年種目(台風の目)・・・4位(だいぶ動きがよくなった)
全員リレー・・・5位(差は今までで1番小さかった)
400MR・・・2位
800MR・・・3位

私も得点掲示係として,最低限の仕事をした。
たぶん生まれて初めて「成績発表」をやらせていただいた!

1年・・・400MR・800MRまでは6点の中に4クラスがいたこと
2年・・・優勝と準優勝の差は,わずか2点だったこと
3年・・・「30回記念の体育祭」=3年生にとって最後の体育祭を制したのは
 どこのクラスだったでしょうか?

というように,学年ごとにエピソードを付け加え,私なりに盛り上げた。
また,学年種目も,1年は台風の目,2年は大縄,3年はムカデ競争と,
競技名を入れて熱戦のイメージを思い出せるように配慮した。

体育祭が終わって,「台風の目」ならぬ本物の台風(18号)がやってきた。
この体育祭で学んだことを,次の行事(合唱コンクール)に生かしてほしい。

PS 実習生のA先生も,青系のいでたちで応援に駆けつけてくれた。

『ももクロの美学』

ここ数年の努力で,AKB48のことは
少しわかるようになったので,
次は「ももクロ」をと思い,上記の本を入手した。

005

東大大学院准教授の安西信一氏の著書で,
廣済堂新書(857円+税)だ。

先日ライブに出かけたいきものがかりは,
昔のフォークソングに似ていて
「わかる」という感じが強いが,
「ももクロ」(正式名は,「ももいろクローバーZ」)は
「わからない」という感覚に近い。
それなのにあんなに人気がある(田中マー君もファン)
というところに興味がわく。

彼女たち5人のパフォーマンスの魅力を知ることで,
今の若い人たちの感性の理解が
少しでもできればと思う。

弘法の湯

昨夜西所沢方面に出かける用事があったので,
かねてより気になっていた「弘法の湯」という
銭湯に寄ってきた。

004_2

今流行のスーパー銭湯ではなく,
かつての古典的なもので,
料金も410円。

中はきれいで,湯船もジャグジーや薬湯もあり,
300円余計に払うとサウナにも入れる。

若い頃新所沢には松葉町には富士見湯,
緑町には緑湯があって便利だったが,
今は時の流れで存在しない。

弘法の湯は自宅と実家の途中にあるので,
これから時々立ち寄ろうかなと思った。

PS ただし,石鹸もシャンプーもないので,
自分で持参する必要がある。

2013年9月14日 (土)

『仮説実験授業のある人生・19』

西尾たのしい授業の会発行の
上記のガリ本を送っていただいた。

001_2

いつもは「ガリ本プレゼント(有料)」を通して
送っていただくのだが,
今回はそのハガキを送り損ねてしまって,
発行元の井上勝さんにお願いした。
それを受けて井上さんの相棒の手嶋さんが,
わざわざ私のところへ送って下さったものだ。

このガリ本が発行され始めたのは,2011年の4月。
ちょうど私が現在の学校に赴任した春だった。
名前にピンとくるものを感じて読み始め,
若き教師たちの実践に感動しさせていただき,
年数だけはベテランの私も
たくさんの勇気をいただいてきた。

19号の今回は,10年の実践を3人が報告している。
自分自身の「10年」と比べられて,大変興味深い。

1号の発行数は50部。19号の現在は100部。
この2年間に読者を倍増させ,
さらに発行数は伸び続けていくものと思われる。

仮説実験授業というのは,単に授業の方法ではない。
生き方を含めての哲学・思想なのだと思う。
今年は提唱50周年の仮説実験授業。
そのうち33年に関われた私はなんと幸せ者だろうか。

また,その提唱者・板倉聖宣さんとともに歩み,
少しは教育の科学化に貢献できたのかと思うと,
55年生きてきた甲斐があったと思う今日この頃だ。
(それは,古田武彦氏と多元史観についても
同様のことが言えると思っている)

PS 『仮説実験授業のある人生・20』については,
先日ハガキを確実にポストに投函した。
来月送られてくるのが楽しみだ。

10月の楽しみ

ちょっと気が早い気もするが,10月の楽しみを考えてみる。


10月3日(木)・・・『たの授』10月号発行

3日~5日・・・新人戦(5日は高崎サークルと重なるなあ)

【秋休み・・・といっても部活だろうが】

19日(土)・・・昭島サークル(明星大学が会場?)

26日(土)・・・午前中,所沢での教研集会(これに向けてガリ本を作ろう!)
         午後から『たの授』公開編集会議

楽天が田中の粘投で73勝目

オ リ0 0 0 0 0 0 1 0 1 計2
楽天 0 0 0 0 2 3 1 0 X 計6

ヒットは打たれても失点は許さなかった田中に,
5回島内と岡島がタイムリーで援護した。
さらに6回は松井稼の3ランで追加点をあげ,
直後に1点返されると,すかさず聖沢がタイムムリーでダメ押し。
大量の6点の援護を受け,田中は9回2失点の完投勝利。
開幕21連勝&通算25連勝(世界新)の偉業を成し遂げた。

002_3

田中投手のインタビュー。

「皆さんが祝ってくれるのはうれしいが,
連勝記録のためにやっているんじゃない。
日本一になるためです」

なぜ連勝を続けられるのか,
この田中投手の言葉に秘密が隠されていると思う。

これで,2位ロッテとは7.5ゲーム差に。
優勝へのマジックは,12となった。

2013年9月13日 (金)

体育祭の予行 2013

昨日は体育祭の予行だった。
これまで「はっきりしない天気」が多かったが,
昨日は「雲1つない晴天」で,気温も30℃を越え,
生徒たちは消耗していた。

予行は競技はほとんど行わないのだが,
1年生だと試走する場合がいくつかあった。
それを見た限りでは「わざかけ競技」に
期待が持てそうだと思った。

また,組体操・ダンス(よさこい・ソーラン)も
だいぶうまくなってきた。

午後の学年種目(台風の目)では
最下位の5位に沈んだが,
今日は作戦を練り直し,コツも伝授して
明日の体育祭ではリベンジを果たしたい。

クラスのパネルもほぼ完成。
クラスカラーの青にちなんで,
今年は「アクア君」である。

Photo_2

九想さんとオフ会

今から12,3年前,私は九想さんと知り合った。
場所は新所沢の楽家(らくや)という居酒屋。

当時パソコンの導入は決めたものの,
右も左もわからない素人の私に,
いろいろとアドバイスしていただいた
パソコンの師匠が九想さんなのである。

その後私はまずメールマガジンを2年ほどやり,
続いて九想さんのように毎日のように更新される
ホームページへと転進し,
さらに5年ほど前からは今の形のブログを始めた。
その一部始終を見て下さり,
時に貴重なアドバイスをいただく日々だった。

オフ会とは,普段インターネット上でしか会わない人と,
実際に顔を合わせて交流することをいう。
インターネットは確かに便利だが,
微妙なニュアンスの話はやはり本人同士が
顔を付き合わせてするのがよい。

ひと月かふた月に1度そのオフ会をさせていただき,
私自身得るところが多く,感謝している。
いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。m●m

昨日は,最近のホームである「3丁目の夕日」にご案内し,
「おまかせ5点盛り」などを試していただいた。
昨日は〆サバのしまり具合がなかなか絶妙だった。

楽天が集中打で逆転し72勝目

楽 天 0 0 0 0 0 4 0 0 2計 6
ロッテ 0 0 0 1 0 0 1 0 0 計2

1点ビハインドの6回表,
ロッテの先発グライジンガーを集中打でKO。
ハウザーをリリーフした釜田が今シーズン初勝利。
長谷部が今シーズン初セーブ。
これで2位ロッテに7ゲーム差をつけ,
マジックも13に減った。

本日の先発は,開幕20連勝中の田中。
投打がかみ合ってさらにもう1つ
勝利を積み上げたいものだ。

2013年9月12日 (木)

学びて時にこれを習う

「学びて時に之(これ)を習う 、
亦(ま)た説(よろこ)ばしからず乎(や)」というのは,
孔子の言葉を集めたと言われる『論語』の書き出しだが,
ひと渡り「世界の人々の生活」の概略を授業したので,
昨日はワークを使って復習することにした。

これはタイミングよく使うとなかなか効果的な学習である。
つまり日々の授業はどうしてもインプット(入力)中心になるわけで,
時にアウトプット(出力)して自信を付けたり,
勘違いしていたことを修正したりするのも
学習のもう1つの側面だからだ。

ちょうど体育祭前で授業への集中も難しい時,
いいタイミングで『論語』が役に立った。

PS 『論語』はこの後,「朋(とも)有り、遠方より来(きた)る、
亦(ま)た楽しからず乎(や)」と続くのだが,
本日ちょうど九想さんが長野県から来られる。beer
偶然とはいえ,オチがつく話ではないか。(o^-^o)

反芻(はんすう)する

一昨日のいきものがかりライブの余韻を楽しみながら,
昨日は1日過ごした。
今彼らの最新アルバムの「I」を聴いている。

「I」→ライブ→「I」´(アイ・ダッシュ)

前回聴いた「I」と今聴いている「I」´は,
モノとしては同じ曲なのだけれど,しかし「同じもの」ではない。
それは私自身がライブに参加して「変化」したからだろう。

つまり「I」を聴く時に,ライブ後はその雰囲気を重ねながら聴くので,
同じイメージというわけにはいかないのだ。
アルバム収録にあたっては,主として正確に歌うことが求められると思うが,
それだけでいいならライブ会場でそれを流せばいいことになる。
しかし,ライブ会場では正確に歌うこと以上に
アルバムをすでに聴いてきているファンを盛り上げることが求められる。
したがって・・・

(1) わざとボーカルはサビを歌わず,ファンにマイクを向けて歌わせる
(2) ボーカルが高いパート音で歌って盛り上げる
(3) 手拍子(前打ち・後打ちやタン・タタンという打ち方)
(4) 主として曲の最後をジャンプで締めくくる

などのことがインプットされたので,
同じ曲なのだけれど,「同じもの」ではなくなったのだ。

実は煩雑(はんざつ)になるので,昨日の「ライブ報告」には書かなかったが,
ボーカルの吉岡さん(聖恵ちゃん)の衣装(上)は3回変わっている。
最初は白,途中で赤,最後はギザギザ模様入りの白であった。
(下は銀色キラキラのショートパンツ)
そういう視覚的な効果はライブに参加した者でないとわからないので,
「立見席でも6300円」という値段だけ聞くと高く感じると思うのだが,
五感を駆使して3時間感動させてもらったので,
これだけサービスしてもらった私としては
「決して高くはない」と思っている次第である。

なお,今後ツアーのDVDも作られると思うが,
6000円位してもやはり私は買うのだろうな。

楽天が美馬の粘投で71勝目

楽 天 3 0 3 1 0 0 0 0 0 計7
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

ロッテとの1位・2位対決。
ジョーンズとマギーのアベック3ランなどで,
楽天は序盤から大量リードを奪った。

それに応えて美馬が7回を7安打2奪三振0失点の粘投で,
楽天に71勝目をもたらした。
これで美馬は6勝目。

ロッテとは,再び6.0ゲーム差に。
またマジックは,一挙に3つ減り15に!

2013年9月11日 (水)

いきものがかりライブ in 横浜アリーナ 9/10

ついに,ついに,ついに,憧れの・・・
いきものがかりのライブに行って来た。heart04

所沢駅発,午後4時半の電車に乗って横浜に向かった。
横浜アリーナは新横浜にあり,「元町・中華街行き」では,
途中の菊名駅で乗り換えてひと駅だ。(駅から徒歩15分)
ちょうどサッカーのガーナとの試合(日産スタジアム)も
開催されていて,ものすごい混雑ぶりだった。

033_2

開演1時間前の午後6時に会場に着いたが,
アリーナ内も人がごった返していて,
とてもツアーグッズを買うどころではなかった。

035

午後7時,ついにいきものがかりのライブが始まった。
その内容は大変演出がしっかりしており,
ファンのマナーも良くて,充実した3時間だった。

では,「セットリスト」をどうぞ。

(1) 1・2・3~恋が始まる         
(2) 気まぐれロマンティック
(3) マイ・サンシャイン・ストーリーズ

  MC1 「こんにつあー!!」

(4) 風が吹いている
(5) あしたのそら
(6) なんで
(7) 恋愛小説

  MC2 「あなたは何県から来た?」「あなたは何10代?」

(8) 月と私と冷蔵庫・・・センターステージにて
(9) 東京・・・センターステージにて

  休憩(映像)

(10) MONSTAR
(11) ぱぱぱ~ら
(12) うるわしきひと
(13) キミがいる
(14) 笑っていいんだ
(15) 笑顔

  アンコール

(16) じょいふる
(17) ありがとう
(18) ぬくもり

1人ひとりにペンライトを腕時計風にしたものを貸し,
新しい演出の試みをしていた。
これがいろいろな色に変わり,会場を彩ってくれる。
(機械によって操作される)

今回の席は「立見席」で座ることはできなかったが,
へたな座席より動けて良かったかもしれない。
ただ,ステージ方向の背の高い高校生の動きが
あまりにも大きくて視界がさえぎられるのにはまいった。
また,1度立ってしまうとノリノリの曲だけでなく,
静かな曲の時も立って聴くのはなんとかならないものかなあ。
それはいきものがかりのメンバーも言っていた。

とにかく1万2000人のファンを3時間近く引きつける
いきものがかりのパワーに感動した肥さんだった。

第18共徳丸の解体始まる

夏休みの最後の東北・被災地巡りの旅でも載せた
気仙沼の第18共徳丸の解体がついに始まった。
(朝日新聞の9月9日朝刊)

034_2

来月19日までの40日の工期で解体されるそうだ。
気仙沼市としては震災遺構とし保存を望んだが,
「見たくない」という住民の声などを受け,断念したという。

漁港から約750メートル内陸まで流された船で,
ほかの地域の船は見られなくなった現在でも,
腰折のバス停の近くに残されていた。

2013年9月10日 (火)

2020五輪コーナー

五輪のマークは5大陸を表し,
世界が平和でありますように
という願いが込められている。

ということもあって,
担任クラスの廊下に
「2020五輪コーナー」を作った。

031_2

これはサンケイスポーツの五輪特集から,

(1) 五輪マーク(「東京に決定」の瞬間)
(2) 各競技の会場
(3) 高校生の短距離ランナーの記事

以上3つをお借りしたもので,
ちょうど壁紙がボロくなっているところを
覆い隠すように貼った。

いつもは薄暗くて足早に通り過ぎてしまう場所が,
ちょっと立ち止まってみたくなる場所に大変身した。
ぜひあなたもやってみては?

夕焼けは明日への希望

昨日は,夕焼けがきれいだった。
そこで何枚が写真を撮ってみた。

028

029

030_2

私は夕焼けが好きだ。
なんでそうなのかと考えてみた。
やはり「明日は晴れる」という希望が
そこにあるからではないかと思った。

たとえ今日はいやなことがあっても,
「明日は晴れる」という気持ちになれれば,
今日の努力は無駄ではないから。
そうやって何回夕焼けに励まされたことか・・・。

時には「理不尽」な解決法も有効!?

私たち教員は,生徒たちが学校に
楽しく通ってくれることを願っている。

そのため,生徒たちが悩みや苦情を相談してくると,
その生徒を中心にトラブルを解決しようとする。

もちろんそれ自身は別に悪いこととは言えないが,
生徒たちの人間関係はそう単純にはいかないので,
解決する方法や時間を誤るということもあるかもしれない。

時には「理不尽」な解決法が有効であるということも含めて,
柔軟に対応していくといいのではないかと思った。
そして,そのあとはいっしょに汗を流すことだ。

「バレーボールが好きだ」という気持ちのある限りは,
それを利用していくこともまた1つの手なのだから・・・。

2013年9月 9日 (月)

教室のハイビスカス

教室の花は,ほとんどが朝日新聞の
読者プレゼントでもらったものだ。
四季折々の花がいただけて,
担任の私としてはとても助かっている。

今日紹介するハイビスカスもその1つだが,
日照が足りないのか,今までつぼみまでは行くものの,
花がなかなか開いてくれなかった。
それが,昨日部活動の合い間に水をやりに行ったところ,
実に美しく咲いていたのでカメラに収めて来た。
それを紹介しよう。

025_2

024_2

027_2

9/24~26のチケット入手

今度楽天が西武球場で試合をするのは,
9/24~26である。

「そろそろチケットが出そうだな」と思い,
ダイエー所沢店の3階に行ってみたら,
まさにそのチケットがありました。

026_2

さっそく購入して「9月の楽しみ」に加えたが,
「もうその頃には優勝が決まっているのかな?」と考えると,
長かったが思い出深いシーズンであったなと思う。

楽天が則本の好投で70勝目

日ハム 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1
楽 天 0 1 0 0 0 1 0 1 X 計3

日本ハム・吉川と楽天・則本の投手戦。
ジョーンズの21号と嶋の4号が効果的に出て,
則本に13勝目をプレゼントできた。
青山はちょっと危ない11セーブ目(2四球)。
ロッテが昨日も負けて,マジックは17になった。

2013年9月 8日 (日)

2020年五輪は「東京」に決定!

「ゲバ票第1位は選ばれない」とか
ややこしいジンクスのある五輪の開催地決定。
「過半数に達していないので,引き分けの投票をする」
という今回の展開もよくわからないものだった。

東京は残ったのか,残らなかったのか?
結局東京との決戦東京の相手は,
イスタンブールということになる。
つまり,引き分けの投票とは,
「2位通過」を選ぶということだったのだ。
(これが午前4時過ぎ)

あとで分かったことだが,1回目の投票は,
東京・・・42票
イスタンブール・・・26票
マドリード・・・26票
という内訳だったとのこと。

これまで招致団は,マドリードを決選投票の
相手と予想していたようだ。
読めないものである。

午前5時20分,決戦投票の結果が発表された。
東京・・・60票(+18票が入れられた)
イスタンブール・・・36票(+10票が入れられた)
その結果,2020年五輪は東京に決定した。
招致に努力された皆さん,おめでとう!

さて,みなさん。
ここで自分の年齢に7を足してみよう。
それがオリンピックの時のあなたの年齢である。
私の場合,55+7=62ということで,「退職後」ということ。
残念ながら,生徒たちと盛り上がることはできない・・・
と一瞬思ったが,退職の年までミニ授業書《オリンピックと平和》を
生徒たちにしてあげることができるではないか!
そう思うと,これは朗報だ!!

1964年の前回の東京五輪の時,私は6歳だった。
これをきっかけに,テレビ(もちろん白黒)を購入したらしい。

PS 今回の開催地決定に際しては,
福島第1原発の「汚染水問題」がかなりの懸念材料だった。
五輪開催の決定で,ただ浮かれていてはいけない。
日本は東日本大震災からの復興とともに,
「汚染水問題」にもしっかり取り組み,
安心して五輪に来てもらえるように努力していきたいものだ。

歯の治療

夏休み中頃から行っていた歯の治療が,
昨日8回目をもって終了した。

冷たいものを飲むと歯にしみたので,
てっきりかぶせたものが取れたと思ったが,
それは気のせいで,
本当の原因はわからなかった。

なので,あとの治療としては歯垢除去の連続。
まあ「8020運動」(80歳までに20本の歯を残す)
というのは,なんと並々ならぬ努力がいるものよと思った。

私はもともと歯は悪い方ではないのだが,
とりあえず歯のことを気にしなくてよくなり,
あとは毎日の歯磨きの励行で頑張る所存。

楽天が序盤で打線が大爆発して69勝目

日ハム 0 0 0 0 2 0 3 0 0 計5
楽  天 1 2 4 0 0 0 0 0 X 計7

マギーの24号2ラン本塁打など,
打線が3回までに7点取る大爆発。
若い辛島に2勝目をプレゼントした。
(辛島だけに,辛勝ということか・・・)

リリーフした長谷部がホールドをあげ,
最後を締めた斉藤も4セーブ目。
斉藤は11戦無失点である。
ラズナーに代わって,素晴らしい守護神だ。

マジックは,1つ減って19となった。

2013年9月 7日 (土)

体育祭の取り組み進む

週末に来て,体育祭の取り組みが進んだ。

(1) 「必勝・寄せ書き」の作成

まだ全員が書き込んだわけではないが,
体育祭を盛り上げるために背面黒板に掲示した。

022_2

(2) パネル係の決定と作業

7名の女子が立候補し,この2日間で,
青チームのキャラクター「アクア君」の下書きまで。
5クラス中トップの進行ぶりだ。

(3) 応援うちわの原画

美術部のТさんが立候補してくれ,
現在作成中。
どんな作品ができるか今から楽しみだ。
出来上がり次第,色画用紙に印刷してうちわに貼る。
(「合唱コンクールの楽譜」の表紙もТさん)

楽天が田中の力投で68勝目

日ハム 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
楽  天 0 0 0 0 2 1 0 0 × 3

楽天・田中(開幕19連勝)と日本ハム・大谷(開幕3連勝)の
無敗同士の先発という注目のゲーム。
2点ビハインドで迎えた楽天は,
5回裏藤田の2点タームリーで同点とすると,
続く6回裏には松井稼の10号ソロ本塁打で逆転した。
田中は9回を被安打7,奪三振11,与四死球2,失点2の力投で,
開幕20連勝=24連勝をあげた。
おめでとう!

昨日は,2位のロッテが敗れたため,
ゲーム差は6.0に広がり.マジックも20に減った。

「スポニチアネックス」より転載させていただきます。

星野監督「すげえやつだよ、想像を絶するな。こんなピッチャー見たことない」
田中投手「本当に欲しいものは優勝です」

023_2

楽天のサイトも「お祭りさわぎ」のようだ。
以下,転載させていただきます。

「田中将大が開幕「20」連勝!貯金「20」!マジック「20」!

【9月6日(金)Kスタ宮城】○3-2北海道日本ハムファイターズ

■開幕20連勝 ※プロ野球記録更新中
ルーブ・マーカード[1912年]の記録を超え世界新記録
■連続シーズン24連勝 ※プロ野球記録更新中
カール・ハッベル[1936~37年]の記録に並び世界タイ記録
■単独シーズン20連勝
稲尾和久氏[1957年・西鉄]の記録に並びプロ野球タイ記録」

2013年9月 6日 (金)

「空き時間」は2つがベスト

今年度は変則「空き時間」で,
月~木が1時間ずつしかなく,
金曜が3時間(異様に多い)ということだ。

これだけ取ると,金曜は6分の3で
天国みたいに見えるが,
もし他の先生がお休みなら
必ず「自習監督」で白羽の矢が立つという,
危険と背中合わせの「空き時間」の多さだ。

ちょうどいいのは,「空き時間」が2つで,
1時間は休憩のために使い,
もう1時間は仕事のために活用できて,
とても充実感がある。

昨日は体育祭前の時間割変更で,
その「空き時間」が2つというラッキーデーだった。
新しい授業プリントも1枚できたし,
クラスでは体育祭の取り組みが進むし,
とてもうれしい気分になった。
全員で作った「体育祭・必勝寄せ書き」は,
後日掲載しますね。

昨日は,自分に対するごほうびということで,
帰りしなに新所沢の「三丁目の夕日」に寄り,
恒例の「おまかせ5点盛り」を作っていただいた。

Photo_3

PS 帰宅して確認したところ,
「夢ブログ」が64万アクセスを達成していた。
毎日のご愛読,ありがとうございます。m●m

世界バレー・アジア最終予選の2試合

女子はベトナムに

3ー0(25ー9,25ー16.25ー20)

男子もカタールに

3ー0(25ー18,25ー22,25ー17)

と2試合を快勝した。

ぜひ男女アベック出場してほしい。

楽天に再びマジック22が点灯

昨日は雨で試合がなかったが,
2位のロッテが敗れたため,
楽天に再びマジック22が点灯した。
(5ゲーム差)

本日は田中が登板予定で,
開幕20連勝=24連勝にチャレンジする。
これで勢いに乗って,一挙に優勝へと突き進もう!

2013年9月 5日 (木)

天候の変化が大きな1日

昨日は,曇ったり,土砂降りの雨だったり,
カラッと晴れたり,また夜には雷雨があったりと,
天候の変化が大きな1日だった。

引き続き本日も,それが続くようだ。
体調を崩さないように過ごしたい。

夏休み明けの授業の準備を2時間分しておいたので,
本日まではそれで過ごせる。
ただし,本日は明日の分をどこかの時間で
やっておかなければならない。

体育祭の準備で授業数は減るが,
「空き時間」も減ってしまうので,それがつらい。(。>0<。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 現在「夢ブログ」のカウンターは,63万9759アクセスです。
今日中に64万アクセス達成かも!
(ひと月に約1万アクセスのペースです)

昨日の部活動 9/4

昨日も体育祭の練習や準備があり,
部活動は午後4時5分から5時45分の100分間。
(9月に入って,下校時間が15分早くなった)

木下兄コーチの助けで,レシーブを中心に行った。
私は学年種目「台風の目」の担当で,その準備に追われ,
実質参加はわずか30分なので,ホントに助かります。

世界バレー・アジア最終予選(チャイニーズ台北戦)

ワールドグランプリが終わったと思ったら,
もう世界バレーのアジア最終予選と忙しい限りだが,
なんとかグループ2位以内に残らなければいけない。

3ー0(25ー19,25ー15,25ー10)

YAHOO!スポーツより,転載させていただく。

木村沙織選手のコメント

最終予選は負けられない試合。
ミスが多かったが、全員がコートに立って試合に出られたのは良かった。
(ワールドグランプリで対戦したチームと比べると)
アジアのチームに対して、戦い方は違う。
もっとコンビの絡みを入れたり、攻撃パターンを増やしたい。
(試合が続くが)大会に合わせて良い準備ができている。
途中で出た(近江)あかり、(長岡)望悠、(石井)優希もとてもよかったので、
誰が出ても同じバレーができるように、総合力で頑張りたい。
今日は自分たちのミスが多かったので、
明日も対相手というよりも、まずはミスをなくすところから意識して、
自分たちから攻撃を仕掛けていきたい。

楽天が投手陣の完封リレーで12回引き分けに

西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 0 0 計0
楽天 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 0 0計 0

先発・美馬が8回を0点に抑え,
リリーフした投手陣も完封リレー。
この日ロッテが負けたため,
「価値ある引き分け」となった。
(3安打では勝てまへん)
2位との差は,4.5ゲームに。

2013年9月 4日 (水)

てんてこまいの1日

昨日は朝練(スズメバチの被害)から始まり,
てんてこまいの1日だった。
しかし,先生方・生徒たちのおかげで
なんとか1日を切り抜けることができた。

・2日連続欠席なし
・授業書《世界の国旗》を3クラスに実施
・かわら版を2号分発行
・夏休みの宿題のチェックが終了(部活が「定休日」のおかげ)

暑い1日ではあったが,
日陰に入れば「秋の気配」も・・・。

PS1 昨日から,体育祭の練習が始まった。
給食・清掃・帰りの会のあと行うので,チョー忙しい。

PS2 昨日から,下校時間が5時45分となった。
15分違うと,ずいぶん余裕ができるネ。

スズメバチ対策十箇条

スズメバチ対策のサイトを見つけたので,
お知らせしたいと思う。

「スズメバチ対策十箇条」

昨日の場合,「毒を吸う」ための器具が,
とても効果的だったと思う。

楽天が助っ人2人の本塁打で67勝目

西武 0 3 0 0 0 0 0 0 0 計3
楽天 0 0 0 0 1 0 0 3 X 計4

昨年までの楽天だったら,
2回表の3失点が重くのしかかり,
きっと負けていただろう。
しかし,今シーズンは違う。
2人の外人助っ人が頼もしい活躍をしてくれるのだ。
ジョーンズ20号ソロとマギー23号3ランで逆転!
やはり「いつ優勝するの?今でしょ!」だね。
好リリーフした金刃が初勝利。斉藤が3セーブ目。

2013年9月 3日 (火)

1学期後半が始まった!

夏休みも終わり,いよいよ1学期後半が始まった。
10月前半までの短い期間だが,
どんな行事があるかイメージしておこう。

(1) 体育祭がある!

まず,来週の土曜日に体育祭がある。
三大行事の1つで,大変盛り上がる行事だ。
わがクラスの持っている力を100%発揮して,
いや,潜在能力も含めて120%の力を発揮して頑張ろう。
今こそ2組の団結力を見せる時だ。
そうだ,「必勝寄せ書き」も書くことにしよう。
体育祭グッズの「応援うちわ」も作らなくては。

(2) 新人戦がある!

男子バレー部など,生徒によっては出場機会がある新人戦。
それが来月初旬に行われる。もちろん,他校との試合だ。
わが校の代表として,頑張ってこよう。
たとえ自分が出場しないとしても,次回のシュミレーション。
どんな会場でどんな動きをしたらいいのか感じてこよう。
応援も大切な「戦力」だ。抜かりなく頼む。

(3) 委員会の入れ換えがある!

1学期と2学期の委員係の入れ換えが行われる。
やってみたい委員・係に積極的に立候補してみよう。
1学期は立候補がいない委員・係もあった。
今回はそんなことがないように,お願いする。
2組を良くするのも,積極的な立候補から始まると担任は信ずる。

その他,「中学初めての通知表」という楽しみもありますね。

防災訓練&集団下校

9月1日が「防災の日」だったということで,
昨日1日遅れの上記の取り組みをした。

その際私は「大塚・山王峯」という地区の担当で,
18名の生徒といっしょに歩いたのだが,
そこにはどんなものがあったと思いますか。
ありそうなものに○を付けてみて下さい。

( ) 「まむし注意」の立て札があるflag
( ) 馬が飼われている牧場があるhorse
( ) ミツバチを飼いハチミツを採っている養蜂場があるclub
( ) トトロの森6号地があるxmas
( ) 学区の隣りは「西武のゴルフ場」だgolf

カンの良い方はもうおわかりでしょう。
実は,この地区は上のすべてに○が付く地域なのです。
つまり自然が豊富で,私も住んでみたいと思いました。

残念ながらカメラは持っていかず写真はありませんが,
もし来年も同じ地区を担当するなら,
ぜひこのブロク゛に写真を掲載したいものです。

『旧唐書』の「倭国」と「日本国」

最近「古田史学」の話題が少ないので,
「新古代学の扉」の「洛中洛外日記」で
古賀達也さんが上記の史料を紹介していたのに便乗し,
私も書いてみる。

上記の史料は,岩波文庫にも収録されているので,
手に入れていただくとうれしい。
ぜひ自分の目で確かめてほしいからである。

かいつまんで内容を書くと・・・

【中国(唐までの)は日本列島の「倭国」と付き合ってきたが,
「倭国」が(663年の白村江の戦いで敗れて)滅んだので,
「日本国」が日本列島の代表となった】

だいたいこんな感じだろうか。
飛鳥時代の日本列島で,
驚くべき政権・大移動があったのだ。

ところが,「日本国」(大和政権)で作られた歴史書(日本書紀)には,
そのことがはっきり書かれておらず(歴史の教科書も同様),
昔から自分たちが日本列島の主であるかのような顔をしているのだ。
つまり,「倭国」(九州王朝)があったことは隠されている。

しかし,古田史学の各研究会では,古田武彦氏に学び,
真実の歴史を明らかにしつつある。

(1) 7世紀末まで「評」が,8世紀以降は「郡」を使用
(2) 200年にわたって使用されてきた九州年号と
 8世紀にスタートする「大宝」からの大和年号(以降「平成」まで)
(3) 古事記と日本書紀の比較により,たくさんの「歴史捏造」があきらかに・・・

など,これまでにもいろいろなことが明らかにされてきた。
もういくつか書くと,

(4) 『隋書』タイ国伝には,阿蘇山の近くに都があったことが出来てくる
(5) 『続日本紀』には,聖武天皇が九州年号に言及している場面あり
(6) 『続日本紀』に,かつて大分県と愛媛県との間に「国境」があった

などなど,目からウロコの事実がたくさん出てくる。
ぜひ古代史の研究を通して,真実の歴史を明らかにしたいものだ。
あなたもいっしょに学びませんか?

「新古代学の扉」

宮崎駿監督の「引退」

映画監督の宮崎駿が「引退」するという。
そこで,彼の年図を描こうとインターネット検索したが,
関わった仕事があまりにも多過ぎて,収集がつきそうにない。

そこで,私のような者でも知っているアニメを,
彼が何歳の時に作ったかを「かんたん年譜」にしてみることにした。
以下,私が教員になってから32年間の「作品集」だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1941(昭和16)年・・・東京都に生れる。
    ↓
    ↓
    ↓
1984年(宮崎駿43歳)・・・「風の谷のナウシカ」
1985年
1986年(45歳)・・・「天空の城ラピュタ」
1987年
1988年(47歳)・・・「となりのトトロ」
1989年(48歳)・・・「魔女の宅急便」
1990年
1991年
1992年(51歳)・・・「紅の豚」
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年(56歳)・・・「もののけ姫」
1998年
1999年
2000年
2001年(60歳)・・・「千と千尋の神隠し」
2002年
2003年
2004年(63歳)・・・「ハウルの動く城」
2005年
2006年
2007年
2008年(67歳)・・・「崖の上のポニョ」
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年(72歳)・・・「風立ちぬ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この10作品は,みなさんもおそらく知っておられるだろう。
あらためて,これらの作品を観てみたいと思った。

2013年9月 2日 (月)

明治大学での板倉講演会

科学史学会主催,板倉研究所後援の
板倉講演会が昨日開かれた。

場所は,明治大学リバティタワー。
時間は,午後2~4時。
参加者は,100名あまりだった。

017_2

016

020_2

最初に,仮説実験授業を紹介するために
《吹き矢の力学》の最初の部分が実演された。
そのあと,科学史と科学教育にまつわる話が,
いろいろ続いていった。

私のメモによると,

・教育はもともと押し付けるために作られたもの。
しかし,科学は押しつけなしにできる。
・実験は,自分の予想や仮説を確かめるためにある。
・民主主義こそ「仮想敵国」なのである。
真理は多数決でなく,実験で決まるのだから。
・新発見も大切だが,大衆化のための再発見も大事。

などが話題に出たと思う。(他にもたくさん)

今回のような機会があれば,また参加したい。

なお,11月2~3日に中一夫さんと板倉先生が,
仮説実験授業について深く考える会(港区)を開くらしい。
今年は「提唱50周年」だし,参加したいなあ。
でも,11月9~10日は古代史セミナーだし,
両方とも参加したら部活は困るかもしれないしなあ・・・。

「板倉賞」の歴史

夏の大会で全員配布された本に,
『仮説実験授業とめぐりあった頃(1)』がある。
どの人にもそれぞれのドラマがあり,
読んでいてジーンとくる本で今後も楽しみだ。

021_2

第1冊目ということで,いろいろな資料的なものも載っている。
今回はその中から,「板倉賞」を取り上げてみたい。

板倉賞とは,仮説実験授業研究会のなかで,
特にこの1年活躍がめざまして人に贈られる賞で,
賞金10万円と冬の大会での受賞記念講演が約束される
素晴らしい賞なのである。(プレッシャーでもあるらしいが)

板倉賞が創設されたのは1990年で,
それ以来24年にわたって続けられている。

1990年・・・犬塚清和,宮地祐司
1991年・・・伊藤恵,山田正男とそのご家族
1992年・・・出口陽正,清水龍郎
1993年・・・村上道子,伊藤善朗
1994年・・・住本健次,豊田泰弘
1995年・・・藤森行人・知子夫妻,二階堂泰全
1996年・・・阿部徳昭(1),谷水聡
1997年・・・湯沢光男,長岡清
1998年・・・三木淳男
1999年・・・小笠原智,松平亨

2000年・・・原田研一,佐藤重範
2001年・・・萠出浩・樹子夫妻
2002年・・・尾坂紀生
2003年・・・内沢達
2004年・・・小野健司,伊藤穂澄
2005年・・・中一夫(1)=「進路指導」の枠を超えた教育学研究
2006年・・・吉田秀樹=ギリシア・オリンピック・民主主義
2007年・・・村西正良,田中葉子=街角かがく倶楽部
2008年・・・松平久美子=障害児教育の可能性を開拓
2009年・・・犬塚清和(2)=まったく新しい教育研究の領域を開拓

2010年・・・竹田かずき=グラフの普及と徴兵制の研究
2011年・・・橋本淳治=〈子〉のつく名前の誕生ほか
2012年・・・阿部徳昭(2)=油の研究ほか
2013年・・・中一夫(2)=『学校現場かるた』,『日本の戦争を終わらせた人々』など

本当に多方面にわたって活躍している。
それがすべて仮説実験授業の思想とつながっているところがすごい。
そして,会員の活動を励まし見守って下さっている板倉先生。

私も33年前に仮説実験授業と出会った(『日本歴史入門』という本)が,
その時の衝撃を今でも覚えている。
板倉先生と同時代を生き,仮説実験授業をやれる幸せを感じる。

ワールドグランプリ2013(アメリカ戦)

予選で敗れたアメリカが相手だったが,
日本はよく戦ったと思う。
しかし,勝ちきるには力が足りなかった。
(6チーム中4位だった)

2-3(25-17,19-25,25-18,17-25,12-15)

YAHOO!スポーツより,転載させていただく。

木村沙織選手のコメント

「ワールドグランプリの最終戦なので、絶対に勝って終わりたかったが、
フルセットで勝ちきれず悔しかった。
予選からずっとスタートが悪かったので、どうにか改善しようとみんなで話し合い、
やっとスタートは取れるようになってきたが、
中盤から後半にかけてや、20点以降の得点の取り方がワンパターンになっている。
個人的にもポイントが欲しいところで取りきれていないので、
20点以降の戦い方をみんなで意識していきたい。
(9月4日から始まる)世界選手権の予選が、今シーズンで一番大事な大会なので、
そこは絶対に落とせないし、今回の大会で出た課題を改善できるように頑張りたい」

お刺身も美味しい「三丁目の夕日」

焼き鳥の店「三丁目の夕日」は,
お刺身も美味しかった。

とてもきれいに盛って下さったので,
宣伝用にと写真を撮らせていただいた。

おまかせ5点盛り

019_2

岩がき

018_4

2013年9月 1日 (日)

「1年2組」から会員証等が届く

先日報告したいきものがかりのファンクラス(クラブではなく)
=「1年2組」から,
以下のものが送られてきた。

015_3

(1) 会員証
(2) 記念キーホルダー
(3) いきものがかりの最新ニュース

なかなかかっこいい!
これでチケットの入手も優先してもらえる。

私は肉体的には若くないかもしれないが,
精神的にはヤングかも。(o^-^o)

雨の東北・被災地訪問の旅 8/31

一昨日の夜行バスで出発した私は,
気仙沼,陸前高田,大船渡,釜石を巡った。

今回は「その後5ヶ月の変化」を見るために行ったので,
現地を歩いたり,現地の人と交流することはなかったが,
やはり現地でなければ感じられないこともあり,
やはり行った甲斐はあった。

以降,現地で撮影した写真から・・・。

気仙沼の船(1)

001_2

気仙沼の船(2)

002_2

陸前高田の中学校

003_2

陸前高田の市役所

004_2

仮設の建物

005

建設中の復興道路

006_2

私が乗車した「けせんライナー3号」

007_2

新日鉄釜石の溶鉱炉

008_2

耐震工事が終った釜石小学校(1)

009

耐震工事が終った釜石小学校(2)

010_2

花巻の田園風景

012_7

新幹線

013_2

パソコンでブログを更新

014_2

ワールドグランプリ2013(中国戦)

ここまで3連勝の中国。
アメリカにストレートで勝った中国。
(しかも日本はアメリカに負けている)
とてもかなわないと思ったら,
戦い方を工夫すればけっこう点が取れると思った。
残念ながら,あと2点のところで終ったが・・・。

2ー3(16ー25,25ー18,24ー26,25ー21,13ー15)

YAHOO!スポーツより転載させていただく。

江畑幸子選手のコメント

2日間負けが続いていたので、絶対に勝ちにいくという気持ちで
この試合に臨んだが、勝てなくて悔しい。
昨日は出られなかった分、今日は爆発しようと思って試合に臨んだ。
最終セットはスパイクのタイミングが合わなくてミスをしてしまったので、
ミスではなく、つなぐプレーができればよかった。
メダルを取ったプライドがあるので他の選手には負けたくないし
、スパイクではチームの中で一番でありたい。
効果率がよくないので、決定率よりも効果率を落とさないことを課題としながら、
自分らしい攻撃をしたい。

木村沙織選手のコメント

昨日、一昨日は負け方が悪かったので、今日の練習前に全員で話し合って、
気持ちを切り替えて臨んだ結果、いい雰囲気で戦うことができたけれど、
最後を取りきれないと意味がないので悔しい。
監督やスタッフから『チームとしてディグが上がっているときは勝っている』
と言われ続けていた。
わかっていてもつながらない部分があったが、
今日の試合ではいつもより(ディグが)上がったので、
まだまだ足りないけれど少しは良かった。
明日でグランプリは最後。予選から良いところも悪いところもあったけれど、
最後に全員が一致団結して、今のチームでできる一番良いバレーをして明日は戦いたい。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ