« 楽天が則本の好投で65勝目 | トップページ | 昨日の部活動 8/30 »

2013年8月30日 (金)

ワールドグランプリ2013(ブラジル戦)

0ー3(21ー25,22ー25,17ー25).

「バレーボールは20点から実力の差が出る」
ということなのだろう。
いい試合はできても,勝たせてはくれない。
しかし,ブラジルも「つけ入るスキ」がないわけではない。
バックアタックを多用して,ブロックで封じられるのを
できるだけ避けていた。
気持ちを切り換えて,本日のセルビア戦で2勝目を狙おう。

YAHOO!スポーツの記事を転載させていただく。

木村沙織選手のコメント

「1セット目も2セット目も20点以降が乗り切れなかったのがよくなかった。
(メンバーが多少変わっても)ブラジルは、個人個人のレベルが高いのは変わらない。
さらに今のブラジルはこれまで以上にミスが少なく、
苦しいところで最後にボールを返す場所なども無理せず、徹底している。
日本も新しいチームになって、初めてブラジルと対戦したのでこれからが勝負。
差をつけられないようにしたい。
スタートから中盤までは点数が互角でも、
20点以降のもう一つ勢いがほしいところで勝ち急ぎ、
シュンとしてしまうのが今のチームの課題。
世界を相手に戦う時は、20点以降の勢いや、
リズムをつくるのが大事なので新しい課題を克服したい」

江畑幸子選手のコメント

「ミスが多く大事なところで決められなかった。
ブラジルはミドルとセッターが(ロンドン五輪までと)同じでブロックが良い。
空いていると思って打っても止められたブロックが何本もあった。
個人の能力は相手が上かもしれないが、
チーム力は日本の方が勝っていると思うので、チーム力で上回りたい」

« 楽天が則本の好投で65勝目 | トップページ | 昨日の部活動 8/30 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が則本の好投で65勝目 | トップページ | 昨日の部活動 8/30 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ