« 楽天が田中の力投で60勝目 | トップページ | NHKスペシャル「緒方貞子・戦争が終らないこの世界で」 »

2013年8月17日 (土)

映画「終戦のエンペラー」

ちょっと堅いのもと思って,上記の作品を観てきた。

「Yahoo!映画」に掲載されていたあらすじ:
1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官として
ダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。
彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、
太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。
わずか10日間という期限の中、懸命な調査で
日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。
ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、
彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。」

最後の方にあるマッカーサーと昭和天皇の間の会話はもちろんフィクションだが,
実際はどんな風だったのかと興味のあるところだ。

« 楽天が田中の力投で60勝目 | トップページ | NHKスペシャル「緒方貞子・戦争が終らないこの世界で」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が田中の力投で60勝目 | トップページ | NHKスペシャル「緒方貞子・戦争が終らないこの世界で」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ