« 楽天が2位に7.5ゲーム差 | トップページ | トップページの変更 »

2013年8月 7日 (水)

社会科部員・現地研修会 2013

昨日は上記の会に講師として参加した。

場所は,市内の南小学校。
参加者は,講師の私を含めて13名。
テーマは,「東山道武蔵路の教材化」だった。

最初に,1時間ほど私がレクチャーして,
「東山道武蔵路」についての基礎知識を知っていただいた。

その後南陵中に移動して4階の教室から
遺跡の様子(実際は地下に埋め戻されているので,
カラーコピーの写真を用意した)を見てもらい,
南北に続く「直線的・幅12m」の古代道を
参加者の皆さんに思い描いていただいた。
ここが全国的にも有名な「東(あずま)の上遺跡」である。
(校舎内への立ち入りでは,加藤先生にご配慮いただいた)

その後東村山駅めざして,南進。
・将軍塚(元弘の碑の発見の地)≒八国山遺跡跡
・久米川古戦場跡
・徳蔵寺(元弘の碑を保管)
・歴史資料館(土日はやっている)
・本町2丁目遺跡跡(大踏み切りの手前)
と巡って,東村山駅にちょうどお昼頃到着した。

【良かった点】

(1) 所沢市に「全国区」の遺跡があることを知っていただけた
(2) 南陵中内の「東山道武蔵路」の横切り方がわかった
(3) 「古代日本ハイウェー」のDVDを参加者にプレゼントできた
(4) DVD以外にもたくさん資料を差し上げることができた
(5) 午後のゲリラ豪雨に遭わずにすんだ

【反省点】

(1) 下見はしたのだが,定休日(月と火)の確認ができていなかった
(2) フィールドワーク用の「見所地図」」作っておけばよかった
(3) 参考文献の紹介のプリントをつけておけばよかった
  
なので,ここで3冊紹介しますね。↓

中村太一著『日本の古代道路を探す』(平凡社新書)760円+税
木下良監修・武部健一著『完全踏査 古代の道』(吉川弘文館)2600円+税
木本雅康著『古代官道の歴史地理』(同文社)7000円+税

ということで,私の拙(つたな)い案内でしたが,
市教研社会科部会の役員の先生たち・
部員の先生たちにいっぱい助けていただき,
栄(は)えある講師を務めさせてさせていただきました。
ありがとうございました!m●m

005_2

007_3

006_8

« 楽天が2位に7.5ゲーム差 | トップページ | トップページの変更 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼先生
昨日は所沢市教研社会部現地研修会講師大変ありがとうございました。
東山道武蔵路についてのわかりやすいお話とたくさんの資料のお土産
感謝しています。
(帰宅してからDVDは全編視聴しましたが、大変よかったです。)

肥沼先生のお話、資料、DVD、そして八国山超えのフィールドワークで
古代道への「視点」が私の中に確かにできました。
ニュース、新聞で古代道の報道に接したらきっとワクワク感をともなって
食いつくと思います。

東村山駅前のまとめの集会で、肥沼先生が「視点」を持つというお話をさ
れていましたが、子どもたちに「視点」を持たせるということは、学習者
を育てるという私たちの仕事において大切なことなのではと考えさせられ
ました。

加藤さんへ
コメントありがとうございます。

拙(つたな)い私の案内にもかかわらず,
加藤さんや役員の先生のご協力で,
何とか講師の大役の仕事の一端を果たせたかなと思います。
ありがとうございました。

特に加藤さんには,地の利を生かし,
南陵中の4階まで上がれる算段を付けていただき,大感謝です。
「耐震工事中」という言葉で,4階からの遠望はあきらめていました。
今回のような大規模な遺跡を認識するには,
やはり鳥瞰図的に対象をつかむことが不可欠ですね。

道案内も,私の大雑把な案内を気にしていただき,
大きく道を踏み外すことなく,時間内に東村山駅まで
たどり着けたことも,お礼を言いたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が2位に7.5ゲーム差 | トップページ | トップページの変更 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ