« 『日本の戦争を終わらせた人々』 | トップページ | 「道徳の教科化」についての意見 »

2013年8月 2日 (金)

M先生が県主催の「東山道武蔵路」の講座に

昨日部活の移動で下山口駅に向かった時,
社会科のM先生とお会いした。
ちょうど埼玉県が主催した歴史講座(東山道武蔵路について)に
お出かけになるところだった。
これは私もチェックしていてできたら行きたかったが,
諸事情で断念していたものだった。

もちろん定説での解説がされる講座だと思うが,
入手された資料をコピーしていただけるようお願いした。
普通は「天武・持統期のできごと」で処理されてしまうのだろうが,
それでは歴史研究はいつまでも進歩がないので,
その点で一歩踏み出したいと思っている。

(1) 定説ではどう考えるか
(2) 謎だらけの「東山道武蔵路」
(3) ある仮説によると・・・

こんな風に展開していこうかな?
8月6日が,今から楽しみだ。

« 『日本の戦争を終わらせた人々』 | トップページ | 「道徳の教科化」についての意見 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『日本の戦争を終わらせた人々』 | トップページ | 「道徳の教科化」についての意見 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ