« 私のゲンかつぎ | トップページ | 学総体・県大会(1日目) 2013 »

2013年7月24日 (水)

おまじない

「緊張すると実力が出ない」とよく言うが,
緊張しない「大きな仕事」というのは
世の中ないといっていいのでは?
要は,プレッシャーを楽しむ知恵を
いかに数多く持っているかだと思う。
私の例をいくつか。

(1) 保護者会の前に・・・

最初に笑いを取るネタを考えておく。
次に,確実にウケるネタ(手品やものづくり)を用意しておく。drama
最後の終り方の演出まで考えておく。

(2) 試合の前に・・・

体を動かす。(最初の10点までは,とにかく動き回る)
大声を出す。(味方には勇気を与え,相手にはプレッシャーをかけるため)
高見盛(大相撲の人気力士)のように両手で顔面を叩き,強気になる。
1点取ったら,まるで試合に勝ったようにわざと大袈裟に喜ぶ。
緊張していたら,顔面をマッサージして,強制的にでも笑顔を作る。happy01
(「幸せだから笑うのではなく,笑うから幸せになる」ことを思い出す)

(3) いろいろな場面で

勇気の出る曲を寝る前に聴きながら眠りにつく。
(最近は,いきものがかりの「歩いて行こう」や「いつだって僕らは」など)
自分だけでなく「みんな同じように緊張している」という当たり前のことを思い出す。
良いことは2倍にするように,ミスは2分の1になるように声かけをする。
勝って帰って,ビールで祝杯をあげている自分の姿を想像する。beer

少しでも参考になることがあれば幸いです。

« 私のゲンかつぎ | トップページ | 学総体・県大会(1日目) 2013 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のゲンかつぎ | トップページ | 学総体・県大会(1日目) 2013 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ