« 国名の由来シリーズ(4年前の記事の再録) | トップページ | 国名の由来シリーズ(2)【アフリカ編】 »

2013年5月 8日 (水)

映画「ああ野麦峠」の思い出

昨日,映画「ああ野麦峠」を3年生に観てもらった。
(25分間のダイジェスト版)
3学年の社会科担当のK先生の編集なのだが,
主役・政井ミネ役の大竹しのぶの
素朴な魅力がよく出ていて懐かしかった。

もう1つこの映画を観てもらう時の話題があって,
私は当時大学生で,アルバイトとして
小学6年の男の子を教えていたのだが,
そのO君(劇団に所属)が,「オーディションに受かって,
大竹しのぶの弟役をやります」と言っていたので,
期待してこの作品を観に行ったのだった。

山深いミネの実家で,工場側の人と契約する場面。
彼は大根をかじりながら初めて登場した。(数秒)
そして・・・2度と映画の画面に現われることはなかった。
(「再登場」を期待して,その後2時間のあいだ
目を皿のようにしていたのだが・・・)

PS 今回さらにもう1つの話題ができた。
ミネの働く工場の社長役を三国連太郎がやっていたのだ。
彼は最近亡くなってしまったが,
生徒たちには「映画「釣バカ日誌」の社長の
スーさんだよ」と言ったら通じた。

PS2 映画「草の乱」に私がエキストラ出演したことは,
すでに3年生の授業で紹介していた。
この映画は秩父事件を扱ったもので,私は農民役。
この映画のために,秋から冬にかけて4回秩父に通った。
(朝から夕方まで拘束されるが,エキストラの撮影は短時間)
当時それなりに話題にはなったが,
生徒たちはまだ幼くて観に行ってはいないだろう。
撮影と撮影の間は有り余るほどあったので,
その時お互いの農民姿を写真で撮り合ったものがあり,
授業で見せたら大いにウケた。(ホンモノの実物教材!?)

« 国名の由来シリーズ(4年前の記事の再録) | トップページ | 国名の由来シリーズ(2)【アフリカ編】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「草の乱」はぜひ一回見てみたいと思っていた映画です。
肥さんが出演とは驚きです。

あじすきさんへ
コメントありがとうございます。

エキストラとして参加しました。
秩父事件は地元・埼玉の出来事なので,
話を聞いた時ぜひ参加したいと思いました。
願いがかなってよかったです。
DVDになっていて,アマゾンで注文できます。
(4240円です)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国名の由来シリーズ(4年前の記事の再録) | トップページ | 国名の由来シリーズ(2)【アフリカ編】 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ