« 山口めぐりの準備 | トップページ | 学習計画表 2013 »

2013年5月18日 (土)

タモリ倶楽部「東京古道」

読者のkawa さんのご案内もあって,上記の番組を観た。
(テレビ朝日,5月18日,午前0時20分~0時50分)

府中国府(大国魂神社)から各地方へ伸びる古道を,
専門家の撮ってきた映像をもとに訪ねる旅である。
番組のサイトには,以下のようなことが書いてあった。

「千年前のロードマップ奈良・平安時代の東京古道を行く!」
古道といっても東海道などの江戸時代のものでは無く
千年前、奈良時代からあったとされる3つの古道、
人見街道、瀧坂道、品川道の歴史的名所、観光ポイントなどを徹底解剖!
一番魅力的な古道を決定!!

おおむね直進的である古道は,
当時の「準国道」のような存在だったのか。
例の「古代ハイウェイ」との関係も含め,
もう少し時間をかけて考えてみたいと思った。

参考書として,以下のものをアマゾンに注文した。
荻窪圭著 『東京古道散歩』(中経文庫)

拙論「古代日本ハイウェイは
九州王朝が建設した軍用道路か?」
(「古田史学会報」2012年2月号掲載)                         
                                                                                                                                                                                                                                                                                  

« 山口めぐりの準備 | トップページ | 学習計画表 2013 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口めぐりの準備 | トップページ | 学習計画表 2013 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ