« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

本日からセ・パ交流戦の後半

本日からセ・パ交流戦の後半が始まる。
相手はこれまで交流戦最下位(3勝9敗)のDeNAだ。
同首位(8勝4敗)の楽天が負けるわけにはいかない。
しかも,ホームのKスタ球場での試合である。
ぜひ2連勝して,パリーグ首位のロッテに迫りたい。
頼むぞ,先発の則本!

042_2

本日から部活動が再開!

テスト前の停止期間から8日,
生徒たちは部活動をしなかった。
いよいよテスト明けの本日から,
部活動の再開である。

梅雨には入ったが,本日は梅雨の谷間。
晴天の上,気温も30度近くまで上がるようだ。

まず無理をさせないことと,
これまで印刷してきたものを配付すること。
それを忘れずにやっていく。

(1) 部費の回収袋~後援会の援助に期待して2000円に
(2) 学総体・市予選の対戦表~女子にもチャンスが
(3) 6~7月の練習予定~毎週土日やります

テストの採点を始めて

すぐに返さなくてはいけないのが3年生のものだが,
気になって1クラスだけ1年生のものをつけてみた。

だいぶ出題をわかりやすくしたのだが,
残念ながら平均は60くらいか。

英語でもかつてのように高得点にならない現実の中で,
「社会科も頑張ればできる」という感覚をつけてもらいたい。
そのような願いを持ってやっている。

学ぶことと覚えること

私は30年ほど中学社会の教員をしているが,
生徒たちの授業への感想に大きな変化を感じている。
それは「学ぶことと覚えること」という2つのことに
集約できるような気がするのでちょっと書いておく。

〈1〉 学ぶこと

新しいことを学ぶと,視野が広がり世界が見えてくる。
だから,ますます新しいことを学びたくなって・・・と
相乗効果のようになるのが理想と思っていた。
しかし,現在中学生たちの「学ぶ」という感覚は,
かつての中学生の「学ぶ」という感覚と,
だいぶ違ってきているような感じがする。

〈2〉 覚えること

昔は,学ぶことと覚えることがイコールに近く,
「これは覚えるしかないので,頑張ってね」といい,
ある程度方法も伝授するとかなり覚えてきたものだ。
とくに「肥さんの社会科かるた」を開発した10数年前は,
とても感謝され,「かるたがあったので覚えられた」
という感想が多かったが,今は「かるたが多くて
覚えきれない」というものが少なからず登場するようになった。

〈3〉 中学時代と「暗記」

暗記という「差別語」があって,中学生とたちが
社会科の悪口をいう時に使われる。
「先生,社会科って暗記すればいいんでしょ」とか・・・。
もちろんそういっていい部分も少なくないが,
「暗記」をそのようにマイナスの部分だけで考えても,
何も生み出さないように思うし,
中学時代といえば,我が「記憶力」の最大値の時。
「いつ覚えるの?」「今でしょ!」てな時代だったので,
彼らの感覚をどう考えていったらいいか,
自分なりに納得して教えていきたいわけだ。

〈4〉 学ぶことと覚えること

・人口の多い国の覚え方~人口多いは中・印・米国。
インドネ・ブラジル・パキスにナイジェ。バングラ・ロシアに我が日本。

これは板倉聖宣著の授業書《世界の国ぐに》に出てくるものだが,
とてもたのしい覚え方だし,実際に役に立つ。(私が小改訂)

・日清(1894)・日露(1904)・第一次(1914)。
ひっくり返して太平洋(1941)。
2を引きゃ第二次世界大戦(1939)さ!

5つの年号を覚える方法として,私の社会科かるたの1つに入れてある。

・世界をリードしたいアメリカ合衆国
・今後が心配な国コンゴ
・日本とは国交がないよ北朝鮮

世界の国への関心を持ってほしいので,入れたものだ。
未来を考える手がかりになってほしい。

(5) 百人一首 

私が中学時代に覚えて,その後に役立っているものの1つに
百人一首がある。(未完)

2013年5月30日 (木)

第1回定期テストまでの流れ

今年は4月から5月にかけて忙しく,
第1回定期テストに向けての準備の仕方に
少々不満が残った。

(1) 家庭学習ノートへのお誘い
  ・・・例年通り行ったが,生徒たちの反応はいまいち。
  (上位3人は.「20回」「20回」「18回」ではあるが.次点は「10回」)

(2) 学習計画表
  ・・・私は2つの土日を挟(はさ)むものをイメージしていて,
  最終的にはそうしていただいたが,先生方にも少々温度差があった

(3) 定期テストに向けてのテスト勉強
  ・・・なかなか尻に火が付かなかったが,さすがにここに来て動き出す生徒たち。
  しかし,5教科を満遍なくするのには時間が足りな~い

どうしても忙しいと,先手を打ってプリントを用意するなどの対策が遅くなる。
今回は他学年のプリントと1年生のそれの2枚になったことも手伝った。
(また,教育実習生の実習授業も始まっているし・・・)
なんとか今日の社会科テストでは,
3分の2以上の正答率になってほしいなあ。 (^-^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 1年生にとって,第1回定期テストまでの流れは,
最初の生徒総会までの段取りを教えるのと同じことなで,
私は個人的にていねいに指導していきたいと思っている。

※※ 生徒たちのノート作りについて以前書いたが,
こちらが指示した通りにやらず(「B5判の場合は,周りを切る」
「見開きで貼る」),我流で様々な貼り方をしていたので,
NO.5で一旦止めてノート点検したなどということもあった。

テストが出来上がる!

昨日も「6分の5」の日だったが,
教育実習生と半分ずつ分担し,
2日間でテストを作成した。

その結果昨日は,
午前中に印刷にこぎつけた。
やったね!

来週は1日1クラスの採点をしながら,
すぐに返却するのは3年のクラスだけで,
1年生5クラスは翌週からの予定。
(教育実習生の研究授業の関係で)

楽天が2本のタイムリーで26勝目

楽天 0 0 0 0 0 1 0 0 1計 2
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0計 0

先発の戸村は6回を8四死球と大乱調。
しかし,6回にマギーの,9回に嶋のタイムリーが出て,
楽天が阪神に連勝,26勝目をあげた。

戸村は2勝目で,ラズナーも4セーブ目。
リリーフ陣は安定を取りもどしつつあり,
先発投手が6,7回もてば,勝てる!

2013年5月29日 (水)

本日で教育実習の半分

本日が15日間の教育実習の中日である。
先週は授業見学,山口めぐりがあり,
今週も授業実習が始まったと思ったらテストで,
なかなか思うような教育実習にならないが,
最後の週には研究授業も控えているので,
今はその準備に時間を使ってほしい。
たぶん来週は,目の回るような5日間となるでしょう。
(テスト返しは,教育実習終了後にする予定)

「Tokyo 古田会 News」の西坂さんの記事

一昨日届いた「Tokyo 古田会 News」No.150
(2013年5月号)の中に,
西坂久和さんの「古代官道について」という記事が
掲載されていた。
研究発表報告(3月30日)とあるから,
つい最近のものであるようだった。

中身を読ませていただくと,昨年11月の古代史セミナーで
発表のものをさらに増補したように感じる内容だった。
今回は私の拙稿「古代日本ハイウェイは九州王朝が建設した
軍用道路か?」についての言及はなかったが,
私もぜひ続編を書いて,西坂さんの論文内で
紹介していただけるようにしたいものだ。

とりあえず,8月初旬に市教研の社会科部会で
「古代日本ハイウェイの教材化」というフィールドワークの
講師役を務めることになっている。
その際「東山道武蔵路の所沢での現状」という報告を
付け加えようと考えている。(写真と説明)

(1) 狭山市と接するフラワーヒル付近
(2) 所沢新町付近
(3) 松葉町付近
(4) 緑町付近
(5) 所沢中付近
(6) 南陵中付近(東の上遺跡)
(7) 八国山付近

楽天が終盤逆転し25勝目

楽天 0 0 0 0 0 0 3 0 4計 7
阪神 0 0 2 0 0 0 1 1 0計 4

エース田中が打ち込まれるも,一時逆転。
そのあとまた逆転されるも,
9回に聖沢のホームランなどで
一挙に4点奪い試合をひっくり返した。ヽ(´▽`)/
片山に3勝目が,ラズナーら3セーブ目がついた。

2013年5月28日 (火)

「中学社会科対策」プリント

昨日は中3用に「千里の道も太字から」プリントを
作った話を載せたが,
本日は中1用に「中学社会科対策」プリントを
作ったという話である。

中1は入学してまだ2ヵ月。
初めての定期テストとなる。
ここで最初から「洗礼」を浴びたのでは,
これ以降の「やる気」にも差し支えアリと読んだ。

そこで,「こんな感じのことをチェックしておいてネ」
という例をたくさん載せたプリントを作ったのだ。
中1の諸君はぜひこのプリントに取り組んでほしい。

(1)《世界の国ぐに》の問題のところ
(2)世界地理のプリントNo.1~7
(3)ワーク

これらのうち.要点を書き記してある。
もちろん無料配付の大サービスだ。
ぜひこれを参考に.中学社会科で100点をめざそう!

「資料参加」という参加の仕方

土曜日の午後は,仮説実験授業のサークルに
参加するのを楽しみにしている。

ところが,いろいろ事情があって
それができない場合も出てくる。
また,毎月のようにハガキやメールで
お誘いいただいているのに,
お応えできないサークルもある。

そこで今月は「資料参加」という参加の仕方を
試みてみようと考えている。
私自身は参加できないが,
せめて資料だけでもお届けしようと。

その方法に「メール便」を使う。
(近所のコンビニにクロネコの取扱店がある)
B4判やA4判だと「厚さ1cm以内」という条件なら,
けっこうな重さになっても,80円で届けてくれるのだ。
もし郵便局で同じことをしようとしたら,
だいぶ多く料金を払うことになるし,
だいたい郵便局は,午後5時で閉ってしまう。

今週は3つのサークルに「資料参加」することになる。
3種類の資料は,以下のものである。

(1) ブロックス関連の三部作
(2) 《世界の国ぐに》の補助グラフ
(3) 世界の国名の由来

「ラーメンより大切なもの~東池袋 大勝軒50年の秘密~」

私のお気に入りの居酒屋の隣りに,
「大勝軒」の支店がある。
その本店の店主・山岸一雄さんのことを扱った映画が,
このほど出来上がったということだ。
(以下,映画の宣伝)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジテレビの「ザ・ノンフィクション」で平成14年から3回にわたって放送された、
東京のラーメン店「大勝軒」と店主の山岸一雄さん(78)を追った記録映像が映画化され、
「ラーメンより大切なもの~東池袋 大勝軒50年の秘密~」として6月8日から、
東京・シネマサンシャイン池袋ほかで全国順次公開される。

「東池袋 大勝軒」は、つけ麺の元祖とされ、2時間待ちの行列ができるほどの人気店。
23年放送のシリーズ3本目は国際テレビ賞にも輝いている。
印南貴史監督はシリーズのスタート当初についてこう振り返る。

「テレビでラーメン特集が企画され、僕はそのときに大勝軒を知った。
店のフリークの人たちに取材すると『行ってみないとわからないでしょうねえ』とニヤニヤするだけ。
“口で言ってもあなたにはわからないでしょ”みたいな雰囲気だったので、
僕はちょっと腹が立って、直接店へ行って『取材させてくれ』と。
気づけば山岸さんに3時間話を聞いていた。不思議な魅力を感じました」
その後、週2、3回、約4カ月は通ったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も1度東池袋の大勝軒に行ったことがある。
つけ麺の盛りの多さは気に入ったものの,
独特の甘酸っぱいスープは
私の好みの味とはちょっと違ったが,
慣れ親しむと離れられないのかもしれない。
それより,弟子たちがたくさん修行に来ている
その様子に興味をひかれた。
映画が封切られたら,ぜひ観てみたいものだ。


2013年5月27日 (月)

デジタルとアナログの併用

ここ10年はこんな私でも,
デジタル的な機械である
パソコンやデジカメのお世話になっている。

学級通信はアナログの総本家みたいなものだったが,
今や記事の半分は「夢ブログ」の再掲載といっても
過言ではないだろうか?
また,写真の取り込みもパソコンから伸びている線に
デジカメをつないで必要なものだけ選んでいる。

こんな私だが,アナログな道具を全部排除して
しまったかというと,それは違う。
以下のようなものは依然として使用し,
さらに新たに使用を始めたものもある。

(1) 日記 ~ 父の影響で高校1年からつけている(記録)
(2) 本 ~ 電子書籍にはいまだに手を出さずにいる(学習)
(3) 手帳 ~ 日程や記録の管理にB7判のノートを使用(バイパス)

特に(3)はパソコンを始めてから,スタートした。
パソコン使用以前はB5ノートだったが,
B7判の方が使い勝手がいいので・・・。

これは「情報管理」の本の影響で,
たとえばバレーボール部の試合の得点をメモをして帰り,
それを見ながらパソコンに入力したり,
筆記用具さえあれば思いついたことがすぐ書けるので,
つまりパソコンのように「立ち上げる時間」が不要なので,
より機能的だと思うからである。

こういった形でデジタルとアナログを併用している。
脳にも右脳と左脳では扱う分野が違うらしいし,
デジタルとアナログの両方で「いいトコ取り」をするのが
今のところ能率がいいと思っている。

「千里の道も太字から」プリント

昨日はテスト前部活停止期間なので,
午前9時に実家に寄った後
足を伸ばして学校まで行ってみた。
主な仕事は花の水遣りと
「太字プリント作り」のためである。

先週3年生は修学旅行が入り,
テストの準備が遅れているかもしれないと思い,
老爺心ながら仕事をしたというわけだ。

この手のプリントには毎回,
それなりの名称を付けることにしているのだが,
「今からでも遅くない。頑張れ」という意味を込めて,
「千里の道も太字から」プリントとした。
人生,どんな時でもユーモアを忘れてはいけない。

「古田武彦・歴史への探求シリーズ」の続編入手!

しばらく前になるが,『イ卑弥呼の真実』に続く
上記のシリーズの(2)と(3)を入手した。

これまでに(2)の『史料批判のまなざし』は
半分ほど読了した。

やはり古田さんの本を読むと,
頭がすっきりするぜ!

041_2

2013年5月26日 (日)

『たの授』公開編集会議 2013年5月

昨日は上記の会に参加した。

板倉さんは科学史学会に出席するため,
こちらには来られなかった。
(ただ,本日行われる会長挨拶の原稿をいただけた)
私はブロックスの魅力を宣伝するため,
いくつかの資料とブロックスを持って行った。

資料は,

(1) ブロックスと250人の笑顔
(2) 宗さんのブロックス活用法
(3) ブロックスは社会の科学の「分子模型」である!

の三部作と,

(4) 《世界の国ぐに》の補助グラフ
(5) 世界の国名の由来

という世界地理関連資料を持っていった。

不在の板倉さんのコメントはいただけないものの,
仮説社の竹内さんや社会の科学MLのメンバーコメントを
いくつかいただけた。

037_2

世界の人口・GDP・1人あたりGDP地図(中国を除く)

036

中国の人口・GDP・1人あたりGDPの成長の様子を,
由良さんが表現してくれました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

楽天が則本の好投で24勝目

楽天 0 0 0 0 0 0 1 0 1計 2
広島 0 0 0 0 0 0 0 1 0計 1

8回を1失点に抑える則本の好投で,
楽天が24勝目をあげた。
則本は4勝目で,ラズナーは2セーブ目。
マギーが先制の,ジョーンズが勝ち越しの
ホームランを放って,則本を援護した。

2013年5月25日 (土)

「奇跡」の金曜日

金曜日は平常日課だと6時間の授業がある。
それが昨日は1時間しか授業がなかった。
これは「奇跡」といっても過言ではなかろう。
実は,こういう事情があったのだ。

(1) 時間割的理由

今年は月~木が「空き時間」が各1時間のみと,
かなり厳しい時間割となった。
その分金曜日は逆に「6分の3」の授業である。

(2) 修学旅行的理由

ちょうど水~金曜日の日程で,3年生が修学旅行。
しかも火曜と水曜の日課変更もあって,
今週の3年生の社会科は1コマだけとなった。

(3) 教育実習生的理由

月曜から来てくれている教育実習生の
最初の授業が昨日の金曜日に入った。

以上の理由から,夢の?「6分の1」授業が
実現したというわけだ。

しかし,大切なのはその裏の「6分の5」生活。
どんな生活だったかというと・・・。

(1) 学級通信2号分=全員感想のため合計5枚の発行
(2) 教育実習生の授業を見学&アドバイス(B5判1枚)
(3) 部活動のТシャツの注文まとめ・37着分
(4) クラスの席替えの作業
(5) テスト範囲変更のビラ作り 
(6) ブロックスの関連の3話をまとめる(B5判6ペ)

034_2

あと残されている当面の仕事は,

(1) バレーボール部の部費を集める集金袋作り(54名分)
(2) 3年生の太字対策プリント作り(38問?)
(3) 5/30(木)に行われる1年生のテスト作り

こんなところだろうか。

たくさん仕事はあろうとも,
時間さえあればどんどんこなせる。
そんな感想を持った1日だった。

「山口めぐり」とこれからの計画

昨日,木曜日に実施された山口めぐりの
お疲れ様会が行われた。
学年の先生8名と教育実習生4名の参加で,
大変盛り上がった。

学年の行事はその学年の先生と生徒の
力が試される貴重な機会なので,
それを教育実習生にも体験してもらったことは
大変有意義なことだったと思う。

(1) 準備・・・班づくりからスタートしたクラスもある。
         コース選択や役割分担を行った。
(2) 実施・・・5月23日(木)に好天のもと行われた。
        学年担当の教育実習生も参加。
(3) 反省・まとめ・・・プリントの反省は当日した。
         今後調べてきたことをまとめる作業をする。

そして,6月には半日の校外研究日で,
さらに自分の興味・関心があることをくわしく調べる。
さらに,クラスでの発表,学年での発表を経て,
最終的には体育館で各学年2名ずつの代表が,
全校発表することになるのだ。

2013年5月24日 (金)

山口めぐり(2013)の報告 写真付き

総合的な時間の地域調査として,
勤務校では「山口めぐり」を行っている。
昨日がその実施日だった。
写真とコメントで略報しよう。

187名全員が参加して,好天のもと
今年度の「山口めぐり」が行われた。
生徒たちは班ごとに各クラス6コースを周り,
調査・研究してくることになっている。
私たち教員は安全指導をしたり,
途中のチェックポイントで生徒たちを待つ。

私は自転車で各所を巡り,昼食時には
Aコースのチェックポイント(狭山湖)に至った。
自転車は男女離れ離れになった班の捜索にも役立った。
(狭山湖の堤防付近は,車が入れないもので)

(1) 狭山湖霊園の尾崎豊のお墓

029_2

(2) 西武ドーム球場裏

030_2

(3) 狭山湖の上湖

031_2

(4) 狭山湖の取水搭

028_2

(5) チェックポイントの東屋付近

026_2

(6) 愛車「ショッキングピンク号」

027_2

(7) 山口めぐりの「おみやげ」

032_2

最後の「おみやげ」は生徒たちが拾ってきた2つのゴミ袋を,
私が学校で分別した結果得たものである。
今生徒会本部でペットボトルのキャップとプルタブを集めており,
微々たる量ではあるがそれにも貢献できた。

出発に際し,各班に出発場所の再確認をさせた。
2年前の失敗を思い出したからである。
(少なくない班が出発場所を間違えたため,
帰校時間をオーバーしてしまったのだった)

今回の「山口めぐり」に際し,
保護者の方々や教育実習生たちの協力もいただいた。
広い地域を周るので,とても教員だけでは対応できない。
末筆ながら記し,感謝する次第です。

三浦雄一郎さん,80歳でエベレスト登頂!

昨日,朗報が飛び込んできた。
上記のニュースである。

033_2

私ももちろんうれしい気持ちになったが,
このニュースは2つの意味でよかったと思った。

1つは「80歳の三浦さんも頑張ったのだから,
よ~し自分だって・・・」と
日本中,いや世界中の人たちが
感動と勇気をもらえたこと。

もう1つは「3度目のエベレスト登頂ということ」で,
同じ対象でも自分の体力等が変化すれば,
それは新たなチャレンジであるということだ。
もちろん対象が魅力的なものだという条件もあるが,
3度のチャレンジは70歳,75歳,80歳で,
それぞれ持つ意味が違うのだということ。
彼のチャレンジはそういうことも教えてくれた。

エベレストの山頂は,畳2~3枚分。
そして地上の3分の1しか
酸素がないそうだ。

世界の国名の由来(2)

たの社MLで西村さんが「世界の国名の由来」について,
質問をして下さった。返信を転載してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西村さんへ みなさんへ
埼玉の肥さんです。

ていねいに読んで下さってありがとうございます。
「『世界の国旗全図鑑』に載っているものを写す」という趣旨で作った資料なので,
特に発展させなかったのですが,
ご指摘の国ぐには私も疑問に思っていた国ぐにでもありましたので,
ちょっと調べてみました。結果をご紹介します。

アゼルバイジャン 「火の国」の意・・・火を祀るゾロアスター教徒が多いところから

カタール 「点、部分」の意・・・この意味以外に「噴出する」というものも出ていました。
               カタール半島がサウジアラビア側に160キロ突き出ている

キプロス 「糸杉」の意・・・古代ギリシャ語でキプロス島に生い茂る「糸杉」の意
              または,古代ギリシャ語で「銅」。銅を産出するから

台湾 「外来者」の意・・・15世紀頃,台湾地方に渡来してきた漢民族を,
              マレー系先住民たちが「外来者」と呼んだから

少しは理解しやすくなったでしょうか?


2013年5月23日 (木)

星野富弘さんについての授業 2013

小学校の秋生(あきゅう)高志先生の作られた
星野富弘さんについての授業を道徳で行った。
1年生を担任すると,必ず春のうちに
行うようにしている「定番」授業である。

(1) 星野さんが事故後初めて書いた字を見せ,
   感想を発表させる
(2) 星野さんの著書『愛,深き淵より』から,
   その一部を朗読する
(3) 担任の書いた「作品」を紹介する
(4) 生徒たちにもサインペンを口にくわえて
   字を書くことを,追体験してもらう
(5) 星野さんの詩画集より,数編を紹介する
(6) 感想を書いてもらう

このやり方で,これまで10クラスほど
道徳の授業をしてきたが,
いずれも好評であった。

秋生先生の授業記録は,明治図書の本に出ている。
(『子どもが本気になる道徳授業・12選』)
ぜひ追試していただければと思う。

教育実習生も2名参観してくれた。

041_2


昨日の部活動 5/22

昨日は,朝練・午後練・社会体育のフル稼働だった。
テスト前最後の日だったので,
特別企画で男女混合チームの紅白戦をした。
3年生は修学旅行で不在。
2年生の女子が10人,男子が2人で,
合計12人だったからだ。

本日から1週間は部活停止期間。
第1回定期試験後は,
1年生も朝練に参加してくる。

楽天が田中の好投で23勝目

巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0計 1
楽天 1 0 0 0 1 0 0 0 X計 2

先発した田中は,いきなり長野に
先頭打者ホームランをあびるが,
それで目が覚めたのか,
その1失点のみで完投した。
これで田中は無傷の7連勝。
マギーが2本の犠飛で田中を援護した。

025_2

2013年5月22日 (水)

楽しみな今夜の「巨人戦」

私は小学生の頃から巨人ファンだった。
しかし,渡辺某氏の「選手ごときが」発言から,
憤りを感じて巨人ファンを「卒業」した。

その後は野村監督の楽天ファンとなり,
引き続いて星野監督の楽天ファンとして
ここに至っている。

本日は,現在セリーグの首位を走っている巨人と,
最近のぼり調子のひいき楽天との交流戦である。
今季6連勝を続けてきた田中マー君で
強打・巨人を迎え撃つ。

ぜひ田中には,巨人打線に対して
「攻めの投球」で挑んでほしい。
貯金も3つあるし,負けたってかまわない。
恐れなくてはならないのは,
弱気で行って打ち込まれる
チャレンジ精神のない投球だ。
頼むぜ,田中ー嶋のバッテリー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@niftyニュースより

【楽天】マー君G倒で開幕7連勝なるか

2013年5月21日(火)19時52分配信 日刊スポーツ

巨人戦先発に向け前日練習で
キャッチボールする楽天田中(撮影・江口和貴) [ 拡大 ]

楽天田中将大投手(24)が自己最多タイの開幕7連勝をかけ、
巨人打線に挑む。22日の巨人戦に先発。
開幕から6連勝中で、勝てば09年以来の7連勝となる。
登板前日の21日はKスタ宮城でキャッチボールや
短距離ダッシュで調整した。
セ・リーグ首位が相手となるが
「巨人戦だからといって、特別なことはないです。
勝つための投球をするだけです」と冷静に話した。

楽しみな私の今週末

忙しい毎日だが,これから後半
楽しみな週末が待っている。

金曜日・・・山口めぐりのお疲れ様会
土曜日・・・『たの授』公開編集会議(試験前で部活なし)。
      できたらブロックスの紹介をしてきたい
日曜日・・・テストの準備(試験前で部活なし)

いずれにしても,私自身が
健康を保っていてこそ実現できることだ。
健康に留意してがんばろう!

楽しみな今週末の科学史学会

今週末の土日に日本大学で,
今年度の科学史学会の総会が行われる。
普通なら関係ないわけだが,
今年度はそうはいかない。
仮説実験授業研究会の代表である
板倉聖宣氏が会長となったからである。

(1) 長時間ではないが,板倉新会長の講演がある!
(2) 科学史学会の総会に仮説社が出店する!
(3) 今回科学史学会会員となった高木さんも出店&参加し,
 メーリングリストで参加報告が読める!

私は科学史学会の会員にはならなかったが,
板倉会長のもとどんな活動が行われるか,
その動向には大変興味・関心がある。
楽しみな週末である。

2013年5月21日 (火)

忙しい・忙しい・忙しい

「忙しい」の3乗という感じの1日だった。

(1) 教育実習生のAさん登場!

昨日から社会科の教育実習生としてAさんが登場した。
(実習生は全部で4名。うち彼を含めた3名が1年生所属。
もう1人は2年生所属で,修学旅行のため3年所属はなし)
専門は経済だが,沖縄を自転車旅行してきたり,
アジアを旅行してきたりする行動的な若者である。
ちょうどビデオで生徒たちに観てもらった
「ぼくの自転車ひとり旅」や「猿岩石の旅」と
イメージが重なるかも!
初日は午前中授業見学が連続3コマで,
私の方が心身ともに疲れてしまった。
昨日が月曜日ということや行事前ということもあるのだろう。
また昨日は,低気圧が近づき湿度が高かった。(75%)
Aさんは意欲的に生徒たちに声掛けをするなど,
教職としての資質ありとおもったので,ぜひ頑張ってほしい。

(2) 学年会と「山口めぐり」の下見

休む間もなく,放課後学年会を1時間。
その後「山口めぐり」の下見を車と徒歩で1時間半。
これだけで,もう超過勤務間違いなしだ。

(3) 午後7時まで社会体育

昨日から部活動の時間が15分延長され,
6時15分まで行われた。(勤務時間は午後5時)
また,昨日は午後7時まで「社会体育」として
バレーボール部は活動したため,
昨日の私は,午前7時前から午後7時過ぎまで,
合計○○時間の勤務ということになった。
ああ無情・・・。

PS なお諸事情から,7月以降は
上記の「社会体育」はなくなる予定である。

昨日の部活動 5/20

昨日は,朝練・午後練・社会体育の
フル稼働であった。
おまけに別項のようにハードな1日だったため,
なかなか部活動に行けない時間も多かった。
こういう時はホント,生徒に申し訳ないなあと思う。
「部活動は課外活動」とは言うものの・・・。

本日は,「定休日」となる。
また,水・木・金の3日間は3年生が修学旅行。
金曜からはテスト前の「部活停止期間」に。
いつもとだいぶ違う1週間とになる模様。

楽天が戸村の好投で22勝目

ヤク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 計1
楽天 1 0 0 0 1 0 0 1 X 計3

戸村は8回を1失点の好投で今季初勝利。
青山は9セーブ目。
楽天はその後ジョーンズの7号ソロが出て,
戸村を援護した。

PS 一昨年担任したF君から
戸村投手のサインを譲ってもらった。
私はそれを2012年4月23日付けの記事にした。

PS2 今年度勤務校にいらしたI先生は,
昨年まで戸村投手の母親と同僚だったとのこと。

2013年5月20日 (月)

NHKスペシャル「病の起源・がん」

昨日放送されたもの(NHKテレビ,午後9時~)を視聴して,
なぜがんが日本人の死因の30%(チンパンジーは2%)を
占めているのかよく分かった。

(1) 人間がアフリカ大陸から出て太陽(紫外線)から遠ざかったこと
(2) 二足歩行で脳が巨大化したこと
(3) 産業革命後の生活スタイルの変化

等などが絡み合って,今の高い率になっているのだという。
なかでも,(3)は圧倒的な感じだった。
そういう意味では,やはりがんは「生活習慣病」の一種なんだな。
私もタバコは吸わないが,お酒は少々嗜(たしな)むし・・・。

がんが夜間に働く職業の人に多いというのを,
私は初めて知った。(昼間に働く人の約3倍!)

それでもがんを治療する薬の開発は進んでいる。
今の抗がん剤のように
強い副作用もない画期的な新薬が
登場する日も近いのであろうか?

昨日の部活動 5/19

昨日は,午前8時~12時半のコマだった。
そして,卓球部の練習試合に半面を提供したため,
女バレのみの活動だった。

カンザンさんが助っ人に来てくれて,とても助かった。
飯能南高校にお知り合いがいるそうで,
今後合同練習や練習試合ができたらうれしい。
また,いい針灸院をご存知のようで,
これまたお世話になるかもしれない。

半面の卓球部は今年度から来られた
I先生の前任校が来校。
とても収穫があったようだ。

楽天が永井の好投で21勝目

ヤク000000000計0
楽天00000100×計1

楽天が永井の好投で21勝目をあげた。
永井は8回無失点で今季初勝利。
(ラズナーは初セーブ)
高須の犠飛によってあげた6回裏の1点を,
2人の継投で守り切った。

2013年5月19日 (日)

昭島サークル 2013年5月

昨日は,上記のサークル(正式名は,「たのしい教師
入門サークル」)に参加してきた。
その様子を報告をしてみよう。

場所・・・明星大学(昭島公民館が工事中のため)
時間・・・午後1時~5時
参加者・・・20名ほど

Photo_2

資料・・・20点ほど

(1) 保護者もボクも笑顔(田辺さん)
(2) 空見上げて~新人育成教員日記・その5(小川さん)
(3) 空見上げて~新人育成教員日記・その6(小川さん)
(4) たのしい教師が教えるべきこと・教えてはいけないこと(伴野さん)
(5) ブラック日記

(6) ブロックスの紹介(肥沼)
(7) 世界の国名の由来(肥沼)
(8) 《世界の国ぐに》の授業評価(肥沼)
(9) 《世界の国ぐに》の補助グラフ(肥沼)
(10) <リカちゃん>は永遠に不滅です(小原さん)

(11) 理科フロンティア校のスーパーバイザー?(小原さん)
(12) 学ぶ感動,子どもに伝える(小原さん)
(13) 「原子・分子」は誰でも教えることができる(小原さん)
(14) ほめてくれたじゃん!~<学校支援員>という仕事(高野さん)
(15) 学習会報告(菅野さん)

(16) ベートーベン(再)研究①(森戸さん)
(17) 阪田寛夫「きまりことば」(市原さん紹介)

【未発表資料】

(1) 空見上げて~新人育成教員日記・その4(小川さん)
(2) 空見上げて~新人育成教員日記・その7(小川さん)
(3) 空見上げて~新人育成教員日記・番外01(小川さん)
(4) 職業紹介シリーズ①(森戸さん)
(5) 学生さんは共同研究者(山路さん)
(6) 2013川崎たのしい授業体験講座のパンフ

私が発表した宗さん作のブロックスも喜んでいただけ,
重い思いをして(発砲スチロールのため,重さはほぼ箱の重さだけ)
持って行った甲斐があった。

ブロックスは社会の科学の「分子模型」である!

仮説実験授業の魅力の1つは,
分子模型を使った原子論の教育にあると言っていいだろう。
《もしも原子が見えたなら》で学んだ「空気の中の原子」は,
その後学習する《ものとその重さ》や《三態変化》,
《ゴミと環境》などの他の授業書の中でも,
いきいきとしたイメージ作りに活用される。

社会の科学でも分子模型のようなものがあったら,
「いきいきとしたイメージ作り」ができるのになあ,
とだいぶ前から思っていた。
もちろん人間が単位となることはわかっていた。
だが,どうやって表していいかわからなかったのである。

先日ふと思ったのは,宗さん(高校社会の先生)が開発された
ブロックスがそれにあたるのではないかということだ。
(同じ発砲スチロールで作られているのもそれらしい)

018_2

国旗の面積・・・人口を表す
体積・・・その国のGDPの大きさを表す
背の高さ・・・1人あたりのGDPを表す

1つひとつがその国の様子や実力を表し,
他国と比較でき,未来を展望していくことに大いに役立つのである。
これはまさしく,社会の科学における「分子模型」(原子論)
と言っても過言ではないのではないか!
私はそう思ったので,宣伝役を買って出ることにした。

もちろん自然科学で活用される分子模型とは,
まったく違う面もある。
だいいち,年度が替わるとブロックスは作りなおさなくてはならない。
統計というのは,毎年「変化」するからである。
それには少なからぬ労力と費用がかかる。

しかし,宗さんはそれにも関わらず何年度版ものブロックスを作り替え,
私たちにも提供して下さってきた。
その情熱には頭が下がるばかりだが,
主たる情熱のもとはブロックスが分子模型のような存在で,
生徒たちに諸問題をイメージしてもらったり,
理解してもらう上で最上の教材だと考えているからではないか。
私はそう信じて疑わない。

私たちはグラフを使っていろいろな統計を表現してきた。
それはいろいろな授業書で活用されてきた。
特に《世界の国ぐに》はその最たるもので,
何枚もの「世界地図」が駆使されている。
ただ,「1人あたりのGDP」を表すのは,
平面のグラフではなかなか難しかった。
(国によって大きく人口が違うため)
それを解決してくれる意味でも
ブロックスの役割は大きいと私は思っている。

ブロックスに「改訂版」は付き物だ。
しかし,毎年作り変えなくてはいけない程ではない。
5年間くらいその年度のものを使い倒して
「もうそろそろ」と改訂の必要を感じたところで
一挙に新年度版を作ればいいのである。
そして,それは日本における,いや世界でも初めての
ブロックス=「分子模型」=原子論を使った
社会の科学の教育ということになるのではないかと思う。

昨日の部活動 5/18

昨日は,男女違う時間で行った。

男子・・・午前8時~午後2時
女子・・・午前11時~午後2時

これは本日卓球部が練習試合で
半面を午前中に使うためで,
残りの半面で男女50人がやるのは困難なので,
その分の男子を多めにやったワケである。
(その分男子は本日は「なし」)

この「借り」は,学総体の所沢市予選後,
つまり県大会へ向けての活動の中で
返していただこうと考えているのでご心配なく。
その方が「得」という頭でいてもらいたい。

昨日は木下兄弟をはじめ4人も助っ人があった。
本当に「有り難い」の一語に尽きる。

2013年5月18日 (土)

宣伝コピー

企業の宣伝もなかなか凝っていて,
思わず手を叩きたくなるものや,
唸ってしまうものがある。
それらをいくつか紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 場所に届けるんじゃない。人に届けるんだ。
   ~クロネコヤマト

(2) 日本人はなぜ日本から学ばないのだろう?
   ~国学院大学

(3) 愛と自由と安さを 
   ~西友

(4) 墓地墓地(ぼちぼち)考えてみませんか?
   ~すがも平和霊苑

(5) ベンリになろう。オモシロクなろう。スマートになろう  
   ~ドコモスマートフォン

(6) 日本のJから,世界のJへ。
   ~Jリーグ20周年

(7) 下3ケタで10万円!しかも4万本!!
   ~ドリームジャンボ宝くじ

(8) グッドなフライト。グッドな乗り継ぎ。グッとくる価値
   ~ルフトハンザ航空

(9) 太らない生活
   ~『Number DO』(文藝春秋)

(10) セサミンを始めた理由ベスト10
   ~セサミン

学習計画表 2013

昨日第1回定期試験のテスト勉強で使う
学習計画表が配られた。
B4判のケント紙に美しく印刷されたもので,
2週間分の計画・実施欄が作られている。
ここにたくさんの勉強時間の計画や実施の記入がされ,
中学校で初めての定期試験の役に立てば幸いである。

もうすでに家庭学習ノートの取り組みは始めており,
最高提出回数のベスト3の生徒は
「15回」「13回」「11回」とだいぶ水をあけているが,
「最初は誰でも第1回から」を合言葉に頑張ってほしい。

我がクラスには塾に通っている生徒も少なからずおり,
それをカウントしていいかが話題になった。
私はテストの範囲に関わる勉強をしたのなら
それを「テスト勉強に入れていい」と思っている。
反対に,それを飛び出しての先行学習は
「テスト勉強」の定義からも外れるだろうからダメ。

私が中学生の頃は「家庭学習ノート」といった
便利なものはやってくれる先生がいなかったので,
(班ノートはとても流行っていたが・・・)
教科書やノートに赤色で重要語句を線で引くことが
「テスト勉強」だと思っていた。
今私が生徒たちに推奨し,1年間付き合う
「家庭学習ノート」のシステムは,
このような経験から始めたものだ。

人間はちょっと支えてくれる人がいれば,
好きな分野の学習ならかなり力を伸ばせる。
また,1年間の継続的な取り組みは,
「学習習慣」という得がたい宝物を得るのに
必要な期間だと私は思っている。
だからこそ担任として,出来る限りの支援を
「家庭学習ノート」に注ぐ覚悟なのである。

PS 私の支援は,「シール」「日付ゴム印」
「何回目の提出か」を記入するものである。
最初の3回目の提出までは,応援コメントも書く。
(それ以降は,原則としてコメントなし)

タモリ倶楽部「東京古道」

読者のkawa さんのご案内もあって,上記の番組を観た。
(テレビ朝日,5月18日,午前0時20分~0時50分)

府中国府(大国魂神社)から各地方へ伸びる古道を,
専門家の撮ってきた映像をもとに訪ねる旅である。
番組のサイトには,以下のようなことが書いてあった。

「千年前のロードマップ奈良・平安時代の東京古道を行く!」
古道といっても東海道などの江戸時代のものでは無く
千年前、奈良時代からあったとされる3つの古道、
人見街道、瀧坂道、品川道の歴史的名所、観光ポイントなどを徹底解剖!
一番魅力的な古道を決定!!

おおむね直進的である古道は,
当時の「準国道」のような存在だったのか。
例の「古代ハイウェイ」との関係も含め,
もう少し時間をかけて考えてみたいと思った。

参考書として,以下のものをアマゾンに注文した。
荻窪圭著 『東京古道散歩』(中経文庫)

拙論「古代日本ハイウェイは
九州王朝が建設した軍用道路か?」
(「古田史学会報」2012年2月号掲載)                         
                                                                                                                                                                                                                                                                                  

2013年5月17日 (金)

山口めぐりの準備

中学1年が行う地域探検を,山口めぐりという。
総合の時間の1学期のメインだ。

狭山湖,トトロの森,西武ドーム球場,山口城跡,
いきものふれあいの里,荒幡富士,
柳瀬川最上流,埋蔵文化センター等をめぐり,
見聞を深めてくる。

そして,自分の関心のあることについて,
総合の時間にまとめ,発表する。
まずクラスで,次に優秀者は学年で,
さらに2名の最優秀者が全校で発表する。

一昨日班内分担とコース決めを行った。
昨日は具体的な行程の計画を立てた。
社会科のノート作りでは不安を感じさせた彼らも,
こういう作業はけっこう段取りがいい。

黒板に「過去の班の行程表」「必須条件」
「トイレ情報」を書いておいて,
それも込みの計画表を作成した。
昨日中に6班全部が完成したので,
本日はそれを学級通信に載せて
発行する予定である。

世界の国々かるた 2013

授業書《世界の国ぐに》第1部をやったあと,
例年だと「世界の国々かるた」をやるのだが,
今年はあまりにも忙しすぎて,
この強力な「武器」を使うのを忘れていた。

そこで,昨日思い出して,即印刷して,
3クラスで実施した。(もちろん好評で,
「たのしかった」「面白かった」という感想が,
自己評価表にたくさん書かれた)

小手指中で今から13年前に「都道府県かるた」を
作って以来,「肥さんの社会科かるた」シリーズは
7種類にもなった。(ライフワークといってもいいかな)

地理・・・「世界の国々」「世界の気候」「都道府県」
歴史・・・「歴史人物(1)=小学校の復習編」
     「歴史人物(2)」「歴史人物(3)」
公民・・・「公民=政治・経済」

これらを3年間で実施し,またテストに出題している。
私と3年間付き合う生徒たちは,
仮説実験授業の授業書と社会科かるたの両方を,
教科書以外に学ぶことになる。

時間的には教科書授業が圧倒的に多いが,
かるたはその節目節目の「刺激」となる。
それに加えてビデオの数々が
彩(いろどり)を添えてくれる
といったところだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① 短い夏 イヌイットの人々も住む カナダ
② 世界をリードしたい アメリカ合衆国
③ アメリカのおとなり メキシコ合衆国
④ 砂糖が多い 社会主義の国 キューバ
⑤ 赤道直下 アマゾン川の広がる ブラジル
⑥ 昔「インカ帝国」の国 ペルー
⑦ 南北に 細長~い国 チリ
⑧ 牛肉と小麦はここに アルゼンチン
⑨ 福祉の進んだ 北欧 スウェーデン
⑩ 世界初! 産業革命の国 イギリス

⑪ イギリスのおとなり アイルランド
⑫ 大西洋につき出た ポルトガル
⑬ 闘牛と 情熱の国 スペイン
⑭ 実は ヨーロッパの大農業国 フランス
⑮ このチーズは だれんだ? オランダ
⑯ ヨーロッパの 大工業国 ドイツ
⑰ 永世中立国だった 観光の国 スイス
⑱ 音楽の都 ウィーンをもつ オーストリア
⑲ ブーツの形の イタリア半島
⑳ 昔は イスラム教の大帝国だった トルコ 

21 ナイル川のほとりに ピラミッドの国 エジプト
22 チョコレートの原料 カカオのとれる ガーナ
23 今後が心配な国 コンゴ
24 アパルトヘイトの 差別があった 南アフリカ共和国
25 湾岸戦争 フセイン大統領の イラク
26 砂漠の下に 石油がねむる サウジアラビア
27 イライラ戦争は もう イラン
28 インドのおとなり イスラム教の パキスタン
29 人口12億 ヒンドゥー教の国 インド
30 昔ビルマで 今ミャンマー

31 仏教を大切にする国 タイ
32 ゴムと錫(すず)のとれる国 マレーシア
33 とってもおいしい フィリピンバナナ
34 1万以上の島々と 石油がとれる インドネシア
35 人口13億 世界の5分の1は 中国人
36 日本とは 国交がないよ 北朝鮮
37 おとなりの国 ハングルの 大韓民国
38 ジャングル広がる パプア・ニューギニア
39 石炭と 鉄鉱石の オーストラリア
40 キウイで有名 ニュー・ジーランド

41 面積が 一番広い ロシア連邦
42 太平洋と 大西洋をつなぐ パナマ運河
43 新興工業経済地域 NIESの一つ シンガポール
44 人口ベスト10 イスラム教の国 バングラデシュ
45 人口ベスト10 アフリカで一つは ナイジェリア
46 カカオの生産で ガーナをぬいた コートジボワール
47 黒人奴隷たちが作った 自由の国 リベリア
48 フィヨルドの狭い入り江 遊覧船にみんなで ノルウェー

2013年5月16日 (木)

6月の楽しみ&花の写真 5/15

そろそろニンジンをぶら下げておこう。
6月の楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月中には仮説社から,『板倉聖宣セレクション(1)』が
出版されるのではないかという話だったが,
どうなっているのだろうか?
また,同じく5月中にはミネルヴァ書房から,
古田武彦著『現代を読み解く歴史観』が
出版される予定である。

6月1日(土)・・・高崎サークルの日だが,
 元小手指中の教員の「同窓会」が夕方あるため
 資料参加となる

3日(月)・・・『たの授』発刊

7日(金)・・・教育実習生・最終日→ご苦労様会
8日(土)・・・飯能・日高サークル

13日(木)・・・学総体・市予選。女バレ予選リーグ
14日(金)・・・男バレ・総当り戦
15日(土)・・・女バレ決勝トーナメント→昭島サークル

19日(水)・・・社会科サークル

21日(土)・・・『たの授』公開編集会議

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

019_2

020_4

021_2

022

023_2


異例のノート点検

異例のノート点検を行っている。
チェックポイントは,次の2点である。

(1) 5枚のプリントがやってあるか
(2) 5枚のプリントが見開きで貼ってあるか

(1)については,授業がしっかり受けられているか
ということでもあるので当然だが,
(2)については,「指示通りやっていない生徒」が
少なからず見られた。
だいたい次の3つのパターンである。
 
(1) 順番通り貼られていない(信じられないが・・・)
(2) 重ね貼り,団結とじなど「見開き」以外の貼り方を我流でしている
(3) 「B5判のノート使用者は周りを切って貼る」という約束が
   守られていない。(貼ったあとで外側を切っていたりする)

これまで5枚のプリントでやられてきたことは,
小学校の6年間でやられてきたことの延長なのだろう。
指示通りできていないということは,
こちらの意図通りの教育効果も上げにくいわけだ。

『東大合格者のノートは必ず美しい』という本を見せ,
「しっかりしたノート作りは,学力作りの基礎となる」
ということを訴えた。(もちろんこの本には,
「プリントの貼り方」のことなどは出ていないのだが・・・)

部活動保護者会 2013

昨日は,朝練・午後練・社会体育のフル稼働。
加えて部活動保護者会(30名以上が参加)があるという
「顧問の1番長い1日」だった。

社会体育については7月までで,
保険未加入の1年生は実施しないことにした。
(原則として,保険に加入している2・3年生のみ)

このほかにも,2件部活関係のことがあり,
顧問2人の「継投」で何とかやり切った。
K先生には感謝したい。

助っ人にはいつもの木下兄さんと
Mさんの姉さん・兄さんの合計3人に恵まれた。
どうもありがとう!

楽天が7人の投手の継投で20勝目

楽天 0 1 2 0 0 3 0 1 0 計7
D N 1 0 1 0 0 0 1 0 2 計5

楽天が接戦を制し,DNとの交流戦を連勝。
大台の20勝目をあげた。
先発のダックワースがふるわず
3回1死も取れず降板したが,
その後6人の投手をつぎ込み,
DNの追撃をかわした。

2013年5月15日 (水)

副読本の利用~3つ読んで,1つに感想を書く

しっかり準備をして,しっとりとした道徳の授業をしたい。
これは私でなくても,教師なら誰しも思うことだ。
しかし,現実はそんなに甘くない。

山のような授業・・・週に22時間
海のような部活・・・定休日の火曜以外。土日もある
そのほか,会議や分掌の仕事などは当然だが,
突然入ってくる生徒指導も当然ある。

こんな忙しい毎日を送っていながら,心は余裕たっぷりで
しっとりとした道徳が毎回できたとしたら,
それこそ「世界の七不思議」だと思う。

そこで,「裏技その1」である。
道徳の副読本を使ってやる「読む道徳」を伝授しよう。
副読本の続いている3つの話を読んでもらい,
そのうち1つについて感想を書くというものだ。
その感想用紙はB6判のわら半紙で,
「番号」「氏名」「3つの話のうち何を選んだか」を
記入させて感想を書いてもらう。

こんなやり方でも,いやかえって
作品を選ぶという自由度があるからか,
生徒たちは年間何回かは付き合ってくれる。
(私の感じでは,1学期に1回程度。それでも6話読める)
もちろん感想の中身の濃さなど期待してはいけない。
こんな程度の工夫で中身の濃いものが書けたら,
それこそ「世界の七不思議」というものだ。

ちなみに昨日読んでもらったのは,次の3作品。

「美しく自分を染めあげて下さい」・・・2票
「おばあちゃんの指定席」・・・20票
「自分の番 いのちのバトン」・・・14票

何に何票入ったかを知らせると,生徒たちは喜ぶ。

なお,実習生が来た時の「師範授業」は,
気合を入れて「しっとりとしたもの」をやる予定だ。
(来週の火曜日に,乞うご期待!)

楽天が交流戦初戦を勝ち19勝目

楽天 0 0 0 1 3 1 2 0 0 計7
D N 0 1 0 0 0 0 1 1 0 計3

三浦と田中の両エースの先発とあって,
「横浜まで行っちゃおうかな!」
という気持ちもあったが,何とか抑えた。

投手戦という予想は外れて,
けっこう打撃戦になったようだ。
4回表のジョーンズの3ランホームランが,
やはり値千金だった。(その後マギーも!)
制球が乱れていた田中を立ち直らせ,
交流戦初戦を勝利で飾ることができた。
楽天は19勝目。田中は無傷の6連勝。

交流戦で5割以上の勝率をあげ,
ぜひ今年は優勝争いに参加したいものだ。

県職員給与7・8%減 基金確保、国の要請受け

「退職金に続いて,7月から給料も減額されるらしいよ」と,
誰かから聞いていたのを,先ほど検索してみた。
(「埼玉 7月 給料」ですぐヒットした)

上田知事は,退職金騒動の時は上から押し付けてきたのに,
給料については県の財源(地方交付税)の削減とも関係するので
だいぶ違う立場のようである。

いずれにしても,給料の減額は退職金算出の基礎になるので,
話は給料だけでなく退職金の再減額ともつながるのだと思う。
これだけ下げられて,テンションが上がる人間がいたら,
ぜひ見てみたいものだ。

以下,埼玉新聞 ・5月7日(火)23時36分配信の記事である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 上田清司知事は7日の定例会見で、国の地方公務員給与引き下げ要請に応じ、県職員(県教育委員会や県公安委員会含む)約6万9千人の給与を7月から来年3月まで、平均7・8%減額する方針を明らかにした。「国が一律的にこうしろという話ではない。不愉快」としながら、県の財政調整基金の取り崩しなどを不安視。「今は限られた選択肢しかない」と要請を受け入れ、6月定例県議会に条例改正案を提案する考えを示した。

 東日本大震災の復興財源確保のため、国は2012、13年度の国家公務員給与の平均7・8%特例減額を実施している。13年度は給与財源にもなる地方交付税と国庫負担金を減額して算出。全国の自治体にも国に準じて地方公務員の給与を引き下げるよう求めている。県によると、地方交付税、国庫負担金の削減による県への影響は約255億円。

 上田知事はこれまでの定例会見で、「47都道府県が職員の給与を下げてきたのに、国が追い掛けてこなかった。地方は先行して7・8%の以上の給与削減をしていた。地方交付税を減らすというやり方は卑怯(ひきょう)」などと反発していた。

 県によると、ここ数年は当初予算編成後も約300~400億円の財政調整基金を確保。13年度当初予算では基金を取り崩して不足分を補てん。13年度末には基金の残高が約200億円まで落ち込む見通しとなった。

 組合との協議はこれからだが、上田知事は「大災害があるかもしれない。どのような形で税収が落ち込むかも分からない。地方交付税の減額分は給与削減で補わなくてはならない。苦渋の決断」と、一定の基金が必要であるとした。

 上田知事は自身を含めた特別職の一時金については既に減額している。給与についても「同じように考えないといけない」と、削減する方針を示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに,この5年間で失われる金額を概算すると,
こんな金額になるのではないだろうか。
給料・・・マイナス200万円
退職金・・・マイナス400万円.

2013年5月14日 (火)

☆ついていた1日☆

ついていない1日というのは山ほどあるが,
昨日は逆に「ついていた1日」だった。
そんな特別な日はブログに書いておかないと・・・。

(1) 家庭学習ノートが8冊提出された!

学級通信で「家庭学習を進めよう」と書いて,
これまでの提出数をグラフで示しておいたら,
さっそく女子7名+男子1名=合計8名の反応があった。
8冊提出はこれまでの新記録で,
これをきっかけにテスト勉強へと意識を向けていきたい。
(本日で,第1回定期試験の16日前)

(2) 四角缶の残量調査で初勝利!

早生まれが多いせいか,上品な家庭が多いのか,
はたまた担任が上品だからか不明だが,
これまで2週間給食の四角缶(主に野菜)の残量で,
最高位が5クラス中3位だった。
しかし,昨日の四角缶を見た時,「勝負の時」を感じた。
我がクラスでも勝てる(少なくとも負けない)量=
厚さ1cmぐらいの煮物だったからである。
そして,私はクラスのみんなに「必勝宣言」をした。
野村監督じゃないが,弱いチームには弱いなりの
戦い方があるのである。孫子の兵法ならぬ肥氏の兵法。
結果はズバリ的中して,見事初勝利をあげたのでありました。
昨日の残量表は,家宝ならぬ級宝(クラスの宝)として,
賞状コーナーに貼ることにした。

(3) 図書貸し出し数・第3位!

4月の図書貸し出し数が第3位と書かれた
図書館だよりが昨日配られた。
これは図書室の利用方法も兼ねた貸し出しで,
その分1年生には有利になるのだが,
この際おめでたいことは何でもうれしいので,
これもカウントさせていただこう!

(4) 実習生と和やかに打ち合わせができた!

今年の春は合計4人の実習生が来るのだが,
その中の黒1点がうちのクラスに来るAさんだ。
学級通信20号,授業プリント多数
部活通信5号などを用意して,
教室にも案内して,イメージを膨らませてもらった。
来週月曜から3週間の実習を行うが,
「良い方に来ていただけたな!」という印象だ。
彼とクラスの生徒たちとの交流も楽しみ。
ちなみに彼は中学時代は柔道部だったとのこと。
残念ながらクラスに柔道部は0人であるが・・・。

(5) ブロックスと250人の笑顔への好反響!

週末の話題が発展して,仮説実験授業の夏の大会
(7月末に千葉県・勝浦)で分科会かナイターをやっては?
というところまで発展した。主役はもちろん製作者の宗さん
(高校社会の先生)だが,ここは私がでしゃばって
司会・盛り上げ役を務めたいと思っている。
何となく遠いと思っていた勝浦が,近くに思えてきたカモ!happy01

昨日の部活動 5/13

昨日は,朝練・午後練・社会体育の
フル稼働の日だった。

男子は人数が10人ほどで,
1年まで含めたミニゲームとなった。

女子は練習らしい練習だったが,
レギュラーチームのレシーブ力が
物足りない感じのするものだった。
最後の大会の学総体である。
奮起を期待したいものだ。

昨日は助っ人もなく,
午後7時の定時で終了した。

2冊の絵本~「右脳」と「左脳」?

最近2冊の絵本を入手した。

1冊は『スズメの謎』という本で,
もう1冊は『オオカミがとぶひ』という本だ。

015_2

2冊は方向性の違う絵本ではあるが,
それゆえ私の「右脳」と「左脳」の
両方の関心を表しているのかもしれない。

2冊とも学級文庫に入れる予定だ。
生徒たちが手にとってくれたらうれしい。

2013年5月13日 (月)

宗さんのブロックス活用法

昨日掲載した「ブロックスと250人の笑顔」を,
同時にたの社メーリングリストに掲載したところ,
合計18のやり取りとなった。
「言いだしっぺ」としては,大変うれしいことだ。

しかもその中で,作者の宗さん(高校社会)から,
たくさんのブロックスの活用法を伝授していただいた。
これは予期せぬ「副産物」だった。
忘れないうちに転載しておきたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 2つのブロックスの両刀使い

私は2セットを使い回しています。
後ろの黒板には常に世界地図の上においています。
それとは別に、農業、工業、貿易など2国間、
日本との関係では2つないし3~5個のブロックスを使っています。

(2) トコトン使い倒す

私は1970年、1980年、1990年 2000年 2005年のブロックスを持っています。
一昨年までは2005年のブロックスを主に使っていました。
昨年からは2010年版を使っています。
2015年版を作るのはたぶん2018年。
まだまだ5年以上このブロックスを使い倒します。

(3) 「先進工業国」「中進国」「発展途上国」

プランテーション農業で、コーヒー豆の主産地が変遷しています。

ブラジル → コロンビア → ベトナム → ケニア(エチオピア)

ブロックスの高さが ブラジル>コロンビア>ベトナム>ケニア

焼き畑農業 発展途上国
企業的穀物農業 牧畜が行われるのは アメリカ、カナダ、オーストラリア、アルゼンチン

工業
 自動車産業は現在中進国での生産が多くなっている。
 東南アジア タイ
 南アジア インド
 西アジア トルコ
 アフリカ 南アフリカ
 ヨーロッパ スペイン ポーランド
 北アメリカ メキシコ
 南アメリカ ブラジル アルゼンチン
 みんな中進国です。

 綿工業は 発展途上国

日本の貿易
 現在日本の貿易は近隣のアジアNIEsに部品を供給することで成り立っていることを確認する。
 自動車の輸出先とその他の輸出先は明らかに傾向が違う。

というところでしょうか。

(4) 《世界の国旗》でも活用

今「神高ゼミ」という総合的な学習の時間で《世界の国旗》をしています。
そこでもブロックスを使っています。

北欧、スイス、英国、カナダ、オーストラリア、南アフリカ、アメリカ、
マレーシア・・・・・と出てきた順にブロックスを出していきます。

センター地理は、実はブロックスのイメージさえあれば、
あとは些末な知識を少し詰め込めば得点が取れます。
1年の最初に国名を覚えてもらうときに、
ブロックスを使うことで興味関心が大いに刺激されるようです。

(5) 世界白地図と世界衛星写真と一緒に使った方が断然いい

それと、ブロックスは、世界白地図と世界衛星写真と一緒に使った方が断然いいです。
それを黒板に張って、上からブロックスがのせられるように、強力磁石を使っています。

昨日木彫木箱の会が淡路であって、ブロックスを持っていったのですが、
「オーストラリアって面積の割に人口はこんなに少なくて、
こんなに豊かなんですね」という意見がすぐに出てきました。

衛星写真は砂漠の国を知るために、どうしても必要です。
中近東の衛星写真を見ると
トルコ(地中海性気候の国) イラン(高原のステップ気候の国)
エジプト(砂漠の国) の3つが中心に動いてきた
 
トルコ(トルコ民族 アルタイ系)
イラン(ペルシャ民族 イスラムシーア派 インドヨーロッパ語族)
エジプト(アラブ民族 イスラムスンニ派 アジア・アフリカ語族)

の分布が一発でわかり、それぞれの気候風土が大きく影響していることがわかります。

(6) 北朝鮮問題を扱う時にも

北朝鮮、韓国、中国、日本、アメリカ、ロシアのブロックスで、
今の北朝鮮問題を説明するときもあります。
ものすごくインパクトがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は,私は宗さんの作られた2005年版は分けていただいていたのです。
しかし,こんなたくさんの活用法があるとは知らなかったので,
本当に「宝の持ち腐れ」という感じでした。
「これだけ活用できるのなら自作も辞さない」という感じがします。
なお,今回の2010年版は62ヶ国,前回の2005年版は41ヶ国で,
宗さんも200近くの国全部を作られているわけではありません。

昨日の部活動 5/12

昨日は,午前8~12時半のコマだった。
土曜日から連チャンの木下兄さんら4人にお世話になった。
いつもありがとうございます。
本当に感謝しています。

帰りに「協会長杯・県大会」の試合結果を配付した。
(男女とも。強いチームの名前くらい知っていてほしいので)
我々が敗れた蓮田平野中はベスト4をかけた戦いで
上尾中に敗れたようだ。
またその上尾中も準決勝で富士見西中に敗れ,
その富士見西中も決勝で富士見東中に敗れた。
つまり,富士見東中が優勝したということだ。

しかし,ここで確認しておきたいのは,
どの学校もこの半年の間に戦ってきた学校だということだ。
ケーザイカップ,大井高校杯,モルテン杯などで得た経験を,
あと1ヶ月に迫った学総体に活かしていこう。
もちろん市予選に1試合も取りこぼすことなく(直県で!),
県大会も1つひとつ勝ち上がって(2日目へ!),
最初の目標であるベスト4=関東大会出場。
(ここまで行くにも,市予選から7連勝する必要があるのだ!)

国名の由来シリーズ(6)【オセアニア編】

4年前の再録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーストラリア 「未知の南の大陸」の意
キリバス 「英国海軍トーマス・ギルバート」
 の名から
サモア 「モア神の居所」の意
ソロモン諸島 「ソロモン王の地」の意
ツバル 「八つの並び立つ島々」の意

トンガ 「南」の意
ナウル 「滝のような雨」の意
ニュージーランド 「オランダのゼーランド地方」
 の名にちなみ「新しい海の地」
バヌアツ 「われわれの土地」の意
パプアニューギニア 「ちぢれ毛」とアフリカの
 ギニア地方の住民に似ているところから

パラオ 「島」の意
フィジー 「太陽が昇る」の意
マーシャル諸島 東インド会社のジョン・
 マーシャルが付近の海域を探査したため
ミクロネシア 「極小の島々」の意

今回国名の由来シリーズをやってみて思ったのは,
国名の付き方には大きく2つあるということだ。
1つは住民たちが付けたもので
おおむね素晴らしい名前が付けられる。
もう1つが植民者たちが付けたもので
どちらかというと素晴らしくない
一方的な感じのものだ。

時々国名の変更の話が出るが,
後者から前者への変更ということなのだろう。

かつてビルマがミャンマーに変わり,
セイロンがスリランカに変わったように,
これからも国名の変更があると思われる。
一度覚えた名称が変更になると
「変更されるとまた覚えなければならないものが
増えていやだなあ」と思ってしまうが,
実は民主化が進んだために
こういう事態になることもあるのだろう。
これからも国名の変更の話題には
注目していきたい。

なお,「~スタン」「~グアイ」「~ネシア」など
共通の語尾のものが少なくない。
これらを扱った読本が書ければ,
中学生にまたとない教材ができそうだ。
それには時間が少々必要なので,
夏休みあたりにチャレンジしてみたい。
これで今回のシリーズをおしまいにしたい。

2013年5月12日 (日)

飯能・日高サークル 2013年5月

昨日は上記のサークルに参加した。

参加者は,6名。
丸屋さん,明石さん,関口さん,
佐藤裕さん,奥村さん,私。

内容は,以下の通り。

(1) 「飯能市の紹介番組」の視聴(森下さんが出演)

016

(2) 「ダイオオイカの研究」の視聴

017_2

(3) その国の人口とGDPと1人あたりのGDPを表すブロックス(私)
  → やはり背景は,ホワイトボードより緑や灰色の黒板がいいみたい

018_2

(4) お盆と風船はどちらが速く落ちるか(丸屋さん)

(5) 1~5のカードを並べかえる手品(丸屋さん)

(6) 子どもたちからもらった新しいタイプのビックリ箱(関口さん)

(7) パワーポイントを使った「30倍の世界」(奥村さん)

講座に参加した人に限り,研究用ということで
2000円程度でお分けするとかがいいのでは?

例会後,軽く一杯,飯能仮説会館で懇親会。
そういえば,ここのところやっていなかったなあ。
5月25日(土)にも「臨時懇親会」があるらしいです。

ブロックスと250人の笑顔

先月宗さんからブロックスを分けていただき,
昨日までに6つのクラス(中1の5クラスと中3の1クラス)で220人と
3つのサークル(高崎たのしい授業入門サークル12人,社会科サークル8人,
飯能・日高サークル6人)で26人と250人近い方に喜んでいただいた。

018_2

前にも書いたように,ブロックスは黒板という教具を
立体的なものに変化させるスグレモノだ。
また,人口・その国のGDP・1人あたりGDPを
いっぺんに表すというグラフ教材としても大変有効である。
製作には大変な労力が要るが,それを越える魅力を
持っている教材かなと今回強く感じた。

もしできたらブロックス作成を含めた研究会などができたら,
私たちの大きな「戦力」となるのではと思い,
先ほどたの社メーリングリストに書いたところだ。

なお,来週のたのしい教師入門サークルで20人ほどに見せたあとは,
希望者に宅配便を利用して送り(送料は1000円程度),
授業で活用して下さる方を募る予定である。
群馬のMさんは「ほしい」とさえ言っておられたので,
真っ先に手を上げるものと思う。
そうやってブロックスの輪を広げていきたい。

国名の由来シリーズ(5)【南アメリカ編】

4年前の連載の再録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルゼンチン 「銀の国」の意
ウルグアイ 「曲がりくねった川」の意
エクアドル 「赤道」の意
ガイアナ 「水郷」の意
コロンビア 「コロンブス」にちなんで

スリナム 「岩の多い川」の意
チリ 「寒さ,雪」の意
パラグアイ 「水をたたえた川」の意
ブラジル 赤色染料を採取するパウ・ブラジル
 の木が繁茂していたことに由来
ベネズエラ 「小さなベネチア」の意

ペルー 「水」「川」の意
ボリビア 「解放運動の指導者
 ボリバルの名」から

次回は,「オセアニア編」(最終回)です。

2013年5月11日 (土)

社会科サークル 2013年5月例会

昨日は総会も兼ねた上記の会に参加した。

参加者は8名。
大石さん,篠原さん,宮崎さん,佐藤さん,
早川さん,和智さん,荻原さん,私。

しょっぱなの「おみやげ」で,
ホワイトボードに「ブロックス」を貼らしていただいた。

014_2

また,メインの佐藤さんの航空公園の報告は,
質量ともに素晴らしく,
これらの教材をいかに伝えていくかが議論された。
私はパソコンを使っての「授業書風パック」方式を
進めたらいいのではないかと思った。

013_2

例会後皆さんは懇親会に向かったが,
私は疲れてしまっていて
帰宅することにした。

PS うれしいことに,ひいきの楽天が
9回の土壇場でロッテに逆転勝ちした。 
疲れが少し軽くなった。                    

国名の由来シリーズ(4)【北アメリカ編】

4年前の連載の再録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ合衆国 「イタリアの航海士・
 アメリゴ・ベスプッチの名」より
アンティグア・バーブーダ 2つの島の
 合成地名
エルサルバドル 「救世主」の意
カナダ 「村落」の意
キューバ 「中心地」の意

グアテマラ 「森におおわれた土地」の意
グレナダ 「ザクロの実」の意
コスタリカ 「富める海岸」の意
ジャマイカ 「泉のわきでる土地」の意
セントクリストファー・ネイビス 「聖クリスト
 フォルスの日」と「雪」の意味の2つの島から

セントビンセント・グレナディーン諸島
 「聖ビンセンチオの日」と「ザクロの花」の意味の
 2つの島の合成地名
セントルシア コロンブスがこの地に到達した
 「聖ルチアの日」にちなむ
ドミニカ共和国 「安息日」の意
ドミニカ 島を発見したコロンブスが命名
 「日曜日」の意
トリニダード・トバゴ 「三位一体」と「タバコ」を
 意味する2つの島の合成地名

ニカラグア 「インディオの族長・ニカラオ」から
ハイチ 「山の多い土地」の意
パナマ 「魚の多いところ」の意
バハマ 「引き潮」の意
バルバトス 「(ノギの木が茂っている=)
 ひげのはえた」の意。

ベリーズ 「泥水」の意
ホンジュラス 「深み」の意
メキシコ 「神に選ばれし者」の意

次回は,「南アメリカ編」です。


西部環境事務所の方のお話

昨日は6校時に西部環境事務所の方のお話を
体育館で聞いた。

012_2

5月23日(木)の山口めぐりの参考になればと思う。

楽天が土壇場の逆転で18勝目

楽 天 0 0 0 0 1 1 0 0 3 計5
ロッテ 0 0 1 0 1 1 0 0 0 計3

                                                                  88連勝で首位のロッテと互角で渡り合い,
9回2死の土壇場で逆転勝ちした楽天。
6連勝で貯金2の堂々3位だ。
投手陣が試合を作り,打撃陣が試合を決める勝利の方程式。
青山も9セーブ目をあげた。

2013年5月10日 (金)

「世界の国名の由来」パンフ

4年前の連載「世界の国名の由来」を
再録しているところだが,
これを手元に置いておけるパンフにした。
授業(200名)やサークル(100名)で
配付したいと思う。
皆さん,ご期待下さい。

授業でもサークルでもお会いできない方は,
個人的にご希望下さい。
サイズは,A4判×4ページ。
(色上質特厚・両面刷りです)

010_2

国名の由来シリーズ(3)【ヨーロッパ編】

4年前の連載の再録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイスランド 「氷の国」の意
アイルランド 「西側の国」の意
アルバニア 「白い」あるいは「山」の意
アンドラ 「古代王国の名」に由来
イタリア 「仔牛」の意

ウクライナ 「(東の)辺境地」の意
エストニア 「東の地」の意
オーストリア 「東の辺境地」の意
オランダ 「低地」の意
ギリシア 「先住民グラエキ人」に由来

イギリス 「イングランド」がポルトガル語を経て,
 日本に定着した慣用名称
クロアチア 「山の民」の意
サンマリノ 「聖マリヌス」に由来
スイス 「酪農場」の意
スウェーデン 「同胞の地」の意

スペイン 「うさぎ」の意
スロバキア 「スラブ人の地」の意
スロベニア 「スラブ人の地」の意
チェコ 「最初の人」の意
デンマーク 「デーン人の地」の意

ドイツ 「民衆,同胞」の意
ノルウェー 「北方へ行く」の意
バチカン 「バチカン丘」に由来
ハンガリー 「フン人の地」の意
フィンランド 「沼沢地」の意

フランス 「投げ槍の人」の意
ブルガリア 「ボルガ川流域の人々」の意
ベラルーシ 「白いロシア人」の意
ベルギー 「沼の森林地」の意
ボスニア・ヘルツェゴビナ 「清い」と「公爵」の
 合成地名

ポーランド 「平原の人々」の意
ポルトガル 「穏やかな港」の意
マケドニア 「高地の人々」の意
マルタ 「避難所」の意
モナコ 「1人だけの隠れ家」の意

モルドバ 「黒い川」の意
ユーゴスラビア 「南スラブ人の国」の意
ラトビア 「低地」の意
リトアニア 「流れる」の意
リヒテンシュタイン 領主名に由来。「輝く石」の意

ルクセンブルグ 「小さな城塞」の意
ルーマニア 「ローマ人の国」の意
ロシア 「櫓をこぐ人」の意

次回は,北アメリカ編です。

楽天が逆転勝利で17勝目

楽天 0 1 4 0 0 0 0 1 0計 6
日 ハ1 0 0 0 0 1 0 0 0計 2

先発・美馬が,打たれながらも
要所を締めて,4勝目をあげた。 
楽天は,1ー1の同点の3回裏に
一挙4点を奪い,試合を決めた。
5連勝で17勝目。貯金1!

2013年5月 9日 (木)

ビデオ「トイレの神様」を視聴する

2年前のヒット曲「トイレの神様」の
植村花菜の半生記を,
学活の時間に視聴した。
もう1時間本日の道徳で観て,
感想を書いてもらう予定である。
(2コマ連続で使えるのが,
いいビデオの条件の1つかな?)

このビデオは幼少期を芦田愛菜が,
思春期を北乃きいが演じたSPバージョンで,
生徒たちの感想も期待できる作品である。

本当はもう少し先で見せたいところだが,
1年の遠足である山口めぐりが5月中にあるため,
時間調整の意味もあって,この時期となった。

私自身もこの歌はヒット前から注目していたもので,
2年前のミューズでのコンサートにも参加した。
(その様子は,3回にわたって「夢ブログ」にも書いた)

ある程度の成果を期待できる「定番ビデオ」の存在は,
仮説実験授業の授業書みたいな存在である。
「ぼくの自転車ひとり旅」に続く第2弾といったところ。

エース田中の好投で,楽天が16勝目

楽天 0 0 5 0 0 0 0 0 0計 5
日 ハ0 0 0 0 0 0 2 0 0計 2

エース田中の好投(7回を2失点)で,
楽天が16勝目を飾った。
田中は無傷の5連勝。青山は7セーブ目。 
楽天は3回,聖沢の2点タイムリーと
マギーの7号3ランで大量5点を奪い,
試合の主導権を握った。
チームも4連勝で,久しぶりの勝率5割だ。

国名の由来シリーズ(2)【アフリカ編】

4年前の連載の再録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルジェリア 「島」の意
アンゴラ 「ンゴラ大王の国」の意
ウガンダ 「ヴガンダ(境界)の人」の意
エジプト 「プト神の居住地」の意
エチオピア 「日に焼けた顔」の意

エストリア 「赤い」の意
ガーナ 「最高の支配者」の意
カーボベルデ 「緑の岬」の意
ガボン 「水夫用のジャケット」の意
カメルーン 「エビ」の意

ガンビア 「堤防」の意
ギニア 「皮膚の黒い人々」の意
ギニアビゼウ 「ビゼウ公領」だったので
ケニア 「縞模様」の意
コートジボワール 「象牙海岸」の意

コモロ 「月」の意
コンゴ共和国 「山」の意
コンゴ民主共和国 「山」の意
サントメ・プリンシペ 「聖トマス島+
 プリンシペ(王子)島」の合成地名
ザンビア 「ザンベジ川」に由来

シエラレオネ 「ライオン山脈」の意
ジブチ 「ダウ船の停泊地」の意
ジンバブエ 「石の家々」の意
スーダン 「黒い人」の意
スワジランド 「スワジ人の国」の意

セイシェル 「セイシェル子爵」の命によって
 発見されたから
赤道ギニア 「皮膚の黒い人」の意
セネガル 「川」の意
ソマリア 「黒」の意
タンザニア 「連邦を構成している国々の合成語」

チャド 「湖」の意
中央アフリカ 「アフリカの中央だから」
チュニジア 「女神タニス」から
トーゴ 「湖の後ろ側」の意
ナイジェリア 「黒い」を意味するニジェール川から

ナミビア 「障壁」を意味するナミブ砂漠から
ニジェール 「黒い」を意味するニジェール川から
ブルキナファソ 「清廉潔白な国」の意
ブルンジ 「ふくらはぎの人」の意
ベナン 「ビニ人の国」の意

ボツワナ 「ツワナ(互いに離れる)人の地」の意
マダガスカル 「山の民の人」の意
マラウイ 「ゆらめく炎」の意
マリ 「王の居所」の意
南アフリカ共和国 「アフリカの南部だから」

モザンビーク 「停泊地」の意
モーリシャス 「マウリティウス島」の名から
モーリタニア 「皮膚の黒い人々」
モロッコ 「西の地の果て」の意
リビア 「エジプト王エバフォスの娘の名」から

リベリア 米国の解放奴隷が建国した国で
 「自由」の意
ルワンダ 「人々の土地」の意
レソト 「ソト人の土地」の意

次回は,ヨーロッパ編です。

2013年5月 8日 (水)

映画「ああ野麦峠」の思い出

昨日,映画「ああ野麦峠」を3年生に観てもらった。
(25分間のダイジェスト版)
3学年の社会科担当のK先生の編集なのだが,
主役・政井ミネ役の大竹しのぶの
素朴な魅力がよく出ていて懐かしかった。

もう1つこの映画を観てもらう時の話題があって,
私は当時大学生で,アルバイトとして
小学6年の男の子を教えていたのだが,
そのO君(劇団に所属)が,「オーディションに受かって,
大竹しのぶの弟役をやります」と言っていたので,
期待してこの作品を観に行ったのだった。

山深いミネの実家で,工場側の人と契約する場面。
彼は大根をかじりながら初めて登場した。(数秒)
そして・・・2度と映画の画面に現われることはなかった。
(「再登場」を期待して,その後2時間のあいだ
目を皿のようにしていたのだが・・・)

PS 今回さらにもう1つの話題ができた。
ミネの働く工場の社長役を三国連太郎がやっていたのだ。
彼は最近亡くなってしまったが,
生徒たちには「映画「釣バカ日誌」の社長の
スーさんだよ」と言ったら通じた。

PS2 映画「草の乱」に私がエキストラ出演したことは,
すでに3年生の授業で紹介していた。
この映画は秩父事件を扱ったもので,私は農民役。
この映画のために,秋から冬にかけて4回秩父に通った。
(朝から夕方まで拘束されるが,エキストラの撮影は短時間)
当時それなりに話題にはなったが,
生徒たちはまだ幼くて観に行ってはいないだろう。
撮影と撮影の間は有り余るほどあったので,
その時お互いの農民姿を写真で撮り合ったものがあり,
授業で見せたら大いにウケた。(ホンモノの実物教材!?)

国名の由来シリーズ(4年前の記事の再録)

私が持っている辻原康夫編著
『世界の国旗全図鑑』(小学館)という本には,
国名の由来が出ている。

今世界地理を教えているので,
自分の勉強のために略写してみる。
それが皆さんにとっても参考になれば・・・。

【アジア編】

アゼルバイジャン 「火の国」の意
アフガニスタン 「アフガン人の国」の意
アラブ首長国連邦 「砂漠の民」の意
アルメニア 「アラム王の国」の意
イエメン 「(メッカから見て)右側」の意

イスラエル 「神と闘う者」の意
イラク 「低地」の意
イラン 「高貴な人」の意
インド 「大河」の意
インドネシア 「インドの島々」の意

ウズベキスタン 「ウズベク人の国」の意
オマーン 「滞在地」の意
カザフスタン 「カザフ人の国」の意
カタール 「点,部分」の意
カンボジア 「バラモン教の高僧
 カンプーの国」の意

キプロス 「糸杉」の意
キルギスタン 「草原を遊牧する
 キルギス人の国」の意
クウェート 「小さな城塞」の意
グルジア 「強い民族」の意
サウジアラビア 「サウド王家と
 砂漠の民」の合成語

シリア 「東方,日の出の地方」の意
シンガポール 「ライオンの町」の意
スリランカ 「聖なる輝き」の意
タイ 「大きい」の意
大韓民国 「偉大なる国」の意

台湾 「外来者」の意
タジキスタン 「タジク人の国」の意
中華人民共和国 「世界の中央に位置する
 華やかで優れた国」
朝鮮民主主義人民共和国 「朝の光の
 美しい国」の意
トルクメニスタン 「トルコ人に似た
 トルクメン人の国」の意

トルコ 「力強い人」の意
日本 「日出づる国」の意
ネパール 「山麓の居住地」の意
パキスタン 「清廉な国」の意
バーレーン 「2つの海」の意

バングラデシュ 「ベンガル人の地方」の意
フィリピン 「フィリペ2世の島々」の意
ブータン 「チベットの端」の意
ブルネイ 「平穏な土地」の意
ベトナム 「南方に建国した越の国」の意

マレーシア 「山地に住むマレー人の国」の意
ミャンマー 「清浄」の意
モルディブ 「小高い島」の意
モンゴル 「勇敢な人」の意
ヨルダン 「河を下る」の意

ラオス 「人間」の意
レバノン 「白い(石灰質の山脈の色)」の意

次回は,アフリカ編です。

2013年5月 7日 (火)

狭山工業高校での練習試合 5/6

昨日男子バレー部は,
朝から狭山工業高校にお邪魔して,
所沢市内の中学校3校と長野・日義中とで
総当りで練習試合を行った。
〈女子バレー部は午前中,
K先生と体育館で通常練習〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対長野・日義中・・・3ー0(25ー16,26ー24,25ー16)

対向陽中・・・3ー0(25ー13,25ー15,25ー13)

対東中・・・2ー0(25ー13,25ー15)

対狭山工業高校・・・0ー3〈16ー25,19ー25,23ー25〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狭山工業高校の男子バレー部の皆さんには
遅くまでお付き合いいただき,ありがとうございました。
最後のセットには雷も鳴り出して,すごい試合となりましたね。

また,参加した各校のバレー部員,先生方,コーチの皆さん,保護者の方々。
どうもありがとうございました。

さらに,木下兄コーチ,いつもありがとうございます。
なかなかイメージ通りのバレーボールが実現できなくてすみません。

末筆ながら,今回もお誘いいただいた狭山工業高校のS先生,
どうもありがとうございました。
何人もの卒業生たちがお世話になっている上に,
中学生たちにも練習試合のチャンスをいただき,
とても感謝しております。
来る6月からの学総体で活躍し,
良い結果の報告ができるように,
生徒たちとともに頑張っていきたいと思います。

【昨日の教訓】

「他人を変えるのは難しい。それより自分が変わる方が簡単だ」
「自分の性格を変えるのは難しい。しかし,自分の行動は変えられる」
「体調は刻々と変化する。常にベストコンディションを保つように,
選手は自ら調整すべきである」

祝 60万アクセス!

昨日帰宅したら「600033」でした!
ということで,60万アクセス達成です。

いつもご愛読ありがとうございます。
読者のみなさんのアクセスが私の励みになります。
今後ともよろしくお願いいたします。

【これまで&これから】

2000年・・・パソコンを始める
2001年・・・「メールマガジン」を始める。
2002年
2003年・・・「肥さんのホームページ」を始める。
2004年
2005年・・・「肥さんの夢ブログ」を始める。
2006年
2007年
2008年・・・3年目で5万アクセス。
2009年
2010年
2011年・・・1月に30万アクセス,3月に東日本大震災,8月に40万アクセス。
2012年・・・6月に50万アクセス。
2013年・・・8年目で60万アクセス。

2018年・・・〈目標〉定年までに100万アクセス以上。

楽天が3本のホームラン等で15勝目

オ リ 0 0 1 0 0 1 1 0 0計 3
楽天 3 0 0 0 0 0 0 7 X 計10

1回のジョーンズの5号2ランとマギーの6号ソロの連続。
そして,8回の松井稼の4号満塁と楽天がホームラン攻勢。
これらを含む10得点で大勝した。
勝率5割まであと1勝。

2013年5月 6日 (月)

これって,花粉症なのかな?

数日前から体調がイマイチなのは自覚していたが,
その原因がわからないでいた。

(1) 頭痛

5月3日に左側の偏頭痛のような自覚症状がある。
だんだん良くなってきたが,これが事の始まりだったか?

(2) 鼻水

高崎サークルの日に鼻水が大量に出る。
おかしいな,どうしたんだろう,という感じ。

(3) のどのイガイガ感

協会長杯(4/29)の際,応援で喉を使い過ぎ,
翌日から声が出なかった。
それがもう収まっていいはずなのに,
喉のイガイガ感がある。

(4) せき

これがけっこう体力を消耗する。
小さい頃ぜんそくで苦しめられたように,
気管支系は私の弱点なのだ。

ということで,いわゆる花粉症の症状ではないかと思う。
今まで水際で防いできたのに,
とうとう許容量を越えてしまったのかな?

昨日の部活動 5/5

昨日は,12時半~5時のコマだった。
誰も助っ人はいない練習だったが,
男女とも3年生が中心となり,
長時間の練習を行うことができた。

本日は,男子が狭山工業高校へ遠征。
女子は学校に残って練習とそれぞれの活動をする。
どちらも収穫があるといいと思う。

ダックワースの好投で,楽天が14勝目

オ リ 0 0 0 0 0 1 0 0 1計2
楽天 0 0 2 0 0 0 1 0 X 計3

ダックワースの7回1失点の好投で,
楽天が14勝目をあげた。 
3回裏に聖沢の1号2ランが出て,
試合の主導権を握れたのがよかった。

2013年5月 5日 (日)

群馬県・古墳めぐりの旅(3)

高崎たのしい授業入門サークルに行く前に,
群馬県の古墳めぐりをしている。
今回は,その3回目。
前2回は「サークル報告」の中に入れたが,
今回から別稿として掲載することにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 群馬の森にある「群馬県立歴史博物館」
 
 新町駅から群馬の森方面にバスが出ている。(200円)
 特に,原始・古代の展示には魅力あり。
 綿貫観音山古墳の副葬品が無盗掘で出土し,
 この博物館に展示されている,
 また,レプリカながら,上野三碑も「集合」している。

001_2

(2) 綿貫観音山古墳・・・全長92m・前方後円墳

Photo_2

002_2

003_2

(3) 普賢寺裏古墳・・・全長は不明・前方後円墳

004_2

(5) 不動山古墳・・・全長94m・前方後円墳

008_2

005_2

そのあと,昭和病院前から例幣使(れいへいし)街道を3キロ東に歩き,
サークルの行われる玉村町文化センターに着いた。
午後1時頃だった。

高崎たのしい授業入門サークル 2013年5月

4月は行けなかった上記のサークルに,
昨日参加してきた。
午前中に古墳めぐりの旅を行ったが,
今回から別稿として報告する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は,いつもと同じ玉村町文化センター。

参加者は,12名と今回も多かった。
品川正さん,峯岸さん,品川美さん,藤倉さん,小林さん,高梨さん,
荒居さん,市原さん,新井さん,都丸さん,星野さん,肥沼。
用意したイスの数だけ人が来てビックリした。
GW中ということで,遠くから荒居さんや市原さんも来ていた。

資料も,30点以上。今回も多すぎるほどだ。
普通なら宿泊研究会の量だろう。

006_2

(1) 肥沼~「定番」を意識した学級通信16号分
(2) 荒居さん~ひと裁ち折り紙をしよう
(3) 荒居さん~たのしい自然観察のタイミング
(4) 荒居さん~あらいぐませんせいのいまむかし
(5) 荒居さん~同上の「アリジゴクと大森君」

(6) 荒居さん~たのしい輪唱「大きな声で」
(7) 市原さん~年度末のある出来事をきっかけに
(8) 市原さん~ほろ苦いバレンタインデー
(9) 肥沼~1人あたりGDPを「ブロックス」で表す
(10) 峯岸さん~あの鐘を鳴らすのはあなた

007_2

(11) 峯岸さん~地球ゴマ・・・NEWエコタイプ
(12) 峯岸さん~かるたdeビンゴ
(13) 峯岸さん~どこでもドラえもん
(14) 星野さん~清陵「進路ニュース」
(15) 品川さん~2014夏の大会を,まだ1度もやっていない群馬で!

009_2

ここまでで午後5時半となり,失礼することにした。
「風邪の入り」が予感されたためである。
まだ発表が続いていたのに,残念無念・・・。
ということで,以下に聞けなかった資料を。

(1) 新井さん~交流ゲーム大成功!
(2) 新井さん~「今こそ「ゆとり教育」推進を」記事に賛成です!
(3) 都丸さん~道徳「上松君のランドセル」の記録
(4) 都丸さん~クイズ100人に聞きました(なんと54ペ分!)
(5) 星野さん~新入生へ・・・今から,ここから

(6) 荒居さん~心をつなぐ歌「ハローハロー」
(7) 荒居さん~むかしばなし「カワラバッタに翻弄される」他
(8) 荒居さん~私が行ってきた「たのしい自然観察」
(9) 荒居さん~シーンとしたクラスが変わるとき(たのしい音楽)
(10) 荒居さん~たのしい音楽のはじめの一歩

(11) 市原さん~ボクが今までやった授業書 
(12) 市原さん~道徳授業プラン「真夜中のいたずら」の感想
(13) 市原さん~同上の印刷用原稿
(14) 市原さん~《生類憐れみの令》から学んだ2つのこと
(15) 峯岸さん~家庭訪問の定番パターン

(16) 峯岸さん~高崎たのしい授業入門サークル・サークルニュース4月号
(17) 肥沼~たのしい授業&たのしい時間をふり返る

またぜひ高崎のサークルに参加して,
パワーをいただこうと思いました。
次回は体調も万全にして行きますね!

松井稼が全4打点をあげ,楽天が13勝目

オ リ 0 0 0 0 0 0 0 1 0計 1
楽天 0 0 0 0 2 0 2 0 X計 4

松井稼が3号2ランを含む全4打点をあげ,
7回無失点の好投をした則本に
3勝目をプレゼントした。

2013年5月 4日 (土)

『銀の匙』第7巻が出た!

荒川弘(ひろむ。女性)著,小学館刊の
上記の漫画本の続巻が出た。(4月23日)

076_2

今回は「大蝦夷農業高校・購買部」発行の
生徒手帳という「付録」が付いている。
(もちろん漫画本だけのものもある)
銀の匙が「付録」だった時も驚いたが,
今回も生徒手帳ということでまたまた驚いた。
校歌や生徒心得,各種規定からカレンダーなど,
普通の学校の生徒手帳とそっくりで,
「臨場感たっぷり」といったところ。

あいかわらず登場人物たちは,
北海道の大地でたくましく成長を続けている。
季節は今「秋」で,7月発行予定の第8巻から
冬に入っていく模様だ。

昨日の部活動 5/3

昨日は,12時半~午後5時のコマだった。

男子は木下兄さんにお手伝いいただいた。
(彼はプロのトレーナーをなさっている)
また,女子にはこの3月に卒業したばかりの
MさんとKさんが来てくれた。
(2人は高校でもバレーボールを続ける)

先日男子で手首の負傷者が出たが,
昨日は足首の捻挫があった。
3年生にとっては最後の大会となる学総体まで
あとひと月である。
ケガ・病気には細心の注意をしていこう!

「あと1000」で60万アクセス!

皆さんのご愛読のお陰で,
60万アクセスまで「あと1000」のところまで来ました。
ありがとうございます!

順調にいけば,GW中に達成の見込み。
皆さんといっしょに「お祝い」いたしましょう!

2013年5月 3日 (金)

今日から「4連休」

いよいよGW後半です。
私の予定は,以下の通り。
4日(土)を除いて「部活漬け」である。
(6月に学総体=3年生最後の大会があるので,
仕方がない部分もある)

3日(金)・・・部活動 12時半~午後5時
4日(土)・・・高崎サークルへ
5日(日)・・・部活動 12時半~午後5時
6日(月)・・・部活動(狭山工業高校へ。4校大会?)
       午前7時半~午後4時半

地図帳で「世界の国探し」

授業の最初は,地図帳を使って,
「世界の国探し」をしている。

「10秒以内」に「ワンヒント(大陸名など)」で探すのだが,
ただやみくもに出題しているのではなく,
もちろん,のちのち役に立つ出題を意識している。
その方法を少し紹介しよう。

(1) ~スタン地方

カザフスタンからパキスタンにかけての地域は,
南北縦に「~スタン」がいくつも集中している。
これを毎回1問出題している。
生徒もすぐ「スタン地方だ!」と反応してくれる。

(2) 似ている国名

イランとイラク,オーストリアとオーストラリア,
インドとインドネシア,パラグアイとウルグアイ,
アルジェリアとナイジェリア,ドミニカとドミニカ共和国などを出題。
(オーストリアとオーストラリア以外は,
ほぼ同じ地域にある)

(3) アフリカ大陸には50以上の国ぐにがあること

知らない国名の場合,「アフリカ大陸」の可能性が高い。
何しろ「世界の4分の1」の50以上の国ぐにが
ここに集中しているのだから。

(4) ヨーロッパは小国が多いので拡大図でを利用する

面積の小さい国が多いヨーロッパは,
拡大図で探すと便利であること。

(5) 「未知の国」の集中地域

「アメリカの島国」や「太平洋の島国」も,
未知の国が少なくないこと。

(6) ~諸島といったら太平洋にある国

マーシャル諸島,ソロモン諸島。

(7) その他・・・使えるものは何でも使う

「地理の時間だからチリ」
「昼でもヨルダン」
「ロッテのガーナ」
「ブーツの形のイタリア」
「赤道という意味の国名・エクアドル」
「今後が心配な国・コンゴ」
「もなかじゃなくてモナコ」
「森田君の国・モーリタニア」

5月4日の行動プラン

明日は3ヶ月ぶりに高崎に行ってこようと思っている。
1つは「古墳めぐり」,もう1つは「高崎サークル」にだ。
その1日のプラン。

(1) 午前7時半の出発で高崎線「新町」駅へ

(午前10時15発の市内循環バス利用で23分)
県立歴史博物館,不動山古墳,観音山古墳の見学

(2) 午後2時から高崎たのしい授業入門サークルへ

《世界の国ぐに》で好評だったブロックス,「定番学級通信」を資料に

(3) できたら夜の懇親会にも参加beer

2013年5月 2日 (木)

富士山が世界遺産に!

先月の西伊豆への学年旅行の際,
山梨県の道の駅で
「富士山を世界遺産に」というТシャツを買った。fuji

ところがそれからひと月しかたたないうちに,
「富士山が世界遺産に」なるという記事が飛び込んできた。
いろいろな努力が認められたのか,
来月にも登録されるそうだ。

これはとてもうれしいことだけれど,
まだまだ清掃作業や入山料の徴収など,
やらなければならない課題は
富士山のように山積している。
しかし,目標があれば努力のしがいもあるので,
みんなで協力しあってやっていきたいものだ。

35歳くらいで富士山に初めて登った時,
「1度だけでいいかな」と思ったが,
世界遺産になってきれいな富士山になったら,
「もう1度」登ってみたいと思う。

ビデオ「ぼくの自転車ひとり旅」好評!

上記の定番ビデオを2時間で見終わった。
1回見せると「先生,次はいつ見るの?」
と必ずといっていいほど質問がでる逸品で,
私はビデオ録画(フジテレビ)した9年前からずっと
道徳や学活で見せてきた。

高知県の小学5年の山ちゃんが,
友達を求めて東京タワーまで自転車旅行に出かける。bicycle
その旅の途中で出会った人たちとの交流や
実際にできた4人の仲間との絆を描いたドキュメンタリーだ。

どの学年で見せても好評だが,
中学に入学したばかりのこの時期の1年生には
特に思い出深いものとなるようで,
今回もそうしてみた。
感想は,全員分を学級通信に載せる予定である。

今後の予定としては,以下のものがある。

(1) ハモネプ9(合唱コンの前に,アカペラの魅力を知らせる)
(2) がばいばあちゃん(人間が生きる智恵。泉ピン子主演)
(3) トイレの神様(人生を教えてくれた祖母との思い出。
   植村花菜のヒット曲に乗せて)

楽天が田中の粘投で12勝目

日ハ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 計1
楽天 0 0 0 1 0 3 0 0 X 計4

立ち上がりの1回表に4連打で1点を失った田中だったが,
その後立ち直って8回を1失点の粘投,
4勝目をあげた。青山が4セーブ。 
楽天は4回の裏に高須のタイムリーで同点とし,
6回の裏に2安打と2つの敵失をからめて一挙に逆転した。

2013年5月 1日 (水)

私の時間節約法

短い時間をどう使うかは,
時間節約術の必須事項である。
そこで,今年度6時間と
けっこう厳しい「空き時間」の私の方法を。

(1) 日付ゴム印を2ヶ所に置く

生徒が書く連絡帳である「生活のあゆみ」。
1階上の職員室までの運搬は大変なので,
朝の会後に教室で見ている。
(朝来たら,教卓に積んでくれるように話しておく)
検印は「日付ゴム印」で行い,
教室と職員室の2ヶ所に置いておくことにした。
今や100円ショップで「日付ゴム印」を売っている。
これは大変役に立つので,複数買い求めた。
もちろん「家庭学習ノート」の点検にも使える。
(家庭学習ノートへは,シール+日付ゴム印
+これまでの提出回数を記入している。
提出3回目までは「コメント」も書く)

(2) 会議室(教室の隣り)をキーステーションに

3年の授業に1クラス出ている関係で,
職員室の机が2学年分の教材に占領される。
ただでさえ「整理整頓」が苦手な私には,
これは由々しき事態だ。
そこで,1年生5クラスの「5点セット」は,
会議室の一角に置こうと考えた。
私にとって会議室は「第2職員室」となり,
中1の授業プリントも置いておけることになった。

(3) 新学期の学級通信は「定番」で

4月に発行する学級通信の半分は,「定番」である。
この忙しいのに,わざわざ1から
学級通信を作るわけにはいかない。
そこで,まったく同じか一部を手直しすればOK
という「定番」の紙面があると,
4月を無事に乗り切ることができる。
今年度もこの原則で,4月中の16授業日に
14号を発行することができた。

私が中学生だった頃

生徒たちと話していて,ふと
「自分が中学生の頃は,どんなだったっけ?」
と思うことがあるので,
ちょっと思い出して書いてみることにする。

(1) 勉強

得意科目は英語で,父方の祖父が英語ができたので,
(横浜に係留されている氷川丸の事務長をしていたらしい)
小6から習っていた。

苦手教科は数学で,インフルエンザかなんかで休んだら,
さらにわからなくなり,先生から
「このままだと「1」」になるぞ」と言われ,
近所の学習塾に通うようになった。

(2) 部活動

3年間写真部を続けた。
そのきっかけは父が写真好きで,中学入学時に私に
個人用のカメラを買い与えてくれたことにあると思う。
今でも写真をブログに掲載させてもらったりしているが,
その時「構図」について学んだお陰だと思っている。
白黒写真なら,現像・焼き増しはできる自信あり。
ただし,今やデジカメの時代で,役に立たない。

もう1つ,週1回のクラブの時間というのがあった。
「バレーボールクラブ」に所属していて,
部活動のバレー部の生徒たちといっしょにやったので,
バレーボールについては好きになった。
(こちらは,若い頃バレー部だった母の影響かもしれない)

(3) その他のエピソード

・小学校の時の1.5倍の通学距離となり,遅刻が激増。
1学期のうちに12回を数え,担任から
「このままじゃ,高校に行けないぞ!」と言われ,改心。
その後はほとんど遅刻はしていないと思う。

・中1と中3の時の担任が,男性の音楽の先生だった。
音楽の授業の始まりは,必ず発声練習をした。
「蟹さん,蟹さん,どこへ行く?私は散歩に出かけます。
のっそりのっそりのっそりと♪」という歌だった。

・国語の新任の女性の先生がとても素敵な先生で,
男子はあこがれながらも,それが素直に表現できず,
手を焼かせていたことを思い出す。(私は別です!)
特に『智恵子抄』の「レモン哀歌」という詩の授業は,
とても鮮明に覚えている。あの先生は今・・・?

・今でも付き合いのあるM君(映画や本の批評家)が
紹介してくれた星新一のショートショートに出会うまで,
私はほとんど本を読まない人だった。
時に友人は,いいきっかけを与えてくれることがある。
しかし,幼少期に父が「読み聞かせ」をしてくれ,
本についてのいいイメージは持っていたと思う。
(三つ子の魂,百まで?)
その後大学生の時に小学生の読書指導をやって,
今の学級文庫の基礎が作られたということになる。

・今でも付き合いのあるK君とは,1度も同じクラスに
なったことがないにも関わらず,40年の付き合い。
時々会って近況を報告する。(もちろんアルコール入りで)
「お前,太ったんじゃない?」が彼の開口一番のセリフ。
「ああ,お前にはかなわないけどね!」が私の返し技。

・当時ТBSラジオに「Ya!Ya!」というミニコミ誌があり,
それに投稿するのがマイブームだった。
雑誌の投稿好きの原点は,ここに始まるのかもしれない。
雑誌投稿には,採用されるテクニックがあると思っている。

・中2から読書に開眼したことは書いたが,
もう1つギターを弾き始めたことも特記すべきかも。
(今でも時々弾いて役立っているわけだし)
もっとも当時はフォークソングが大流行していた頃で,
男子生徒の多くは,1度はギターに手を出してはいたが。
「F」というコード(押さえ方)を突破できるかどうかで,
その後も続けるかどうか明暗が分かれた,
と記憶している。

・中3の社会科でO先生と出会い,社会科好きに。
身近な話題を教材にする授業は魅力的だった。
その後私が最終的に中学社会の教員になったのは,
O先生のお陰かもしれません。ありがたいことです。
(卒業後だいぶたってから,O先生の「その後」を聞いた。
何かの理由で教員をやめられ,別の職業に就いたが,
数年後病気で亡くなられたそうだ。
つくづく残念なことをしたものだと思う)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ