« 4月の楽しみ | トップページ | これからもご愛読を! »

2013年3月23日 (土)

被災地への訪問 第Ⅱ期 第1回 (1日目)

昨日は知り合いのSさん,幸ママさん,
Aさん,Nさん夫妻とともに,
東日本大震災の被災地の訪問をした。

まず2台の車に分乗して,
東北自動車道を北上した。

040

Sさんの綿密な計画でこまめに休憩を取りつつ,
まずは岩手県の中尊寺へ。
これはNさん夫妻のご要望である。
私は以前「奥の細道の旅(第1回)」で訪問したことがあり,
この「夢ブログ」でも紹介した。

042_2

041_2

そのあと,一の関から気仙沼へ向かい,
まず現場の作業や復興屋台村の様子を見学した。

043_2

045_2

050_2

051_2

052_2

その後,フェリーに乗って気仙沼・大島へと渡った。
約25分で大島へ到着した。

046_2

047_2

048

昨日の宿泊は,「休暇村」の宿。
浜辺に面した風光明媚な環境だが,
それはこの2年間のガレキ処理の努力が
あってこそのことらしい。

049

ここで待ち受けていたのは,NPOのSさんとТさん。
このSさんは私の知り合いの方のSさんと
かつて同じ仕事をなさっていた方で,
今は拠点を一の関において活動なさっている。

彼らの知り合いでこの気仙沼・大島にお住まいの
これまたS兄さん,S弟さん,S妹さんの三兄弟(妹)と
その旦那さんで船長の方と知り合うことが出来た。

夕食兼懇親会には地元の牡蠣や鮪の刺身も登場し,
話も大いに弾んだ。

053_2

054_2

まず最初に,NPOのSさんが現地の方たちの紹介をし,
続いて私の知り合いのSさんがこちら側の紹介をした。
私の隣はS弟さんで「持病のある人も,
薬を2~3週間分手元に備蓄しておくことが
災害時に役立つ」と話されていた。
(話はくわしく聞けなかったが,S兄さんは震災当時
2人の方の命を救ったのこと)

NPOのSさんはさすがに百戦錬磨の方で,
Тさんとともに,地元の人のことをよく考えた,
実のある支援をされていた。
「むやみに人に頼らない,持続的な支援」とでも言おうか。

今までの私の被災地訪問は,現地の方との交流を
することはなかったので,今回の形の「シメタ」を
早くも見つけることができたように思う。

ところで,気仙沼・大島の「休暇村」はインターネットの「圏外」で,
アップが遅くなってしまったことをお詫びいたします。
(午後6時半,松島のセンチュリーホテルにて,
昨日の分をようゆくアップできた)
本日の大島めぐり船の旅,陸前高田,南三陸町訪問は,
明日報告の予定です。
松島は「圏内」なので,朝にはアップできると思います。

« 4月の楽しみ | トップページ | これからもご愛読を! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の楽しみ | トップページ | これからもご愛読を! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ