« 消えた「2時間」 | トップページ | 1日入学 2013 »

2013年3月 6日 (水)

『俾弥呼(ひみか)の真実』

「新古代学の扉」サイトの「洛中洛外日記」を読んでいたら,
ビッグニュースが飛び込んできた!

古田武彦著,ミネルヴァ書房刊,3000円+税の
上記の本が出版されたという。

本書は,「古田武彦と古代史を研究する会(東京古田会)」の
機関紙である「東京古田会NEWS」に連載された古田氏の文章を,
分野別に編集したものである。

第一篇 俾弥呼のふるさと
第二篇 俾弥呼の時代
第三篇 真実を語る遺物・出土物
第四篇 抹消された史実
第五篇 もう一つの消された日本の歴史 -- 和田家文書

喉から手が出るほど読んでみたい内容が載せられているようだ。
ぜひ入手して読んでみたいし,宣伝したいと思うが,
とりあえず「夢ブログ」で第一報を・・・。

ほかにも2つの本が出るらしい。
機関紙の連載というのは,「本の卵」なんだね。

« 消えた「2時間」 | トップページ | 1日入学 2013 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えた「2時間」 | トップページ | 1日入学 2013 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ