« 体温はおでこで計る | トップページ | 2つだけ九州で発見されている「団印」 »

2013年2月18日 (月)

母の退院

母は40代で1度入院しことがある。
その時は初期の乳がんで,
健康自慢の母が入院したので大変驚いた。
幸い発見が早かったので,
77歳の今日まで再発もしないでやってきた。

今回入院は腰痛が主たる原因で,
これは加齢減少といっていいものなのだが,
「この際全体的にケアしましょう」ということで
3ヶ月入院(冬季休暇)となった。

これまで我慢していた部分は我慢せず,
存分に介護のご厄介になることにした。
そのために介護保険制度があるのだしね。

これからは毎週日曜午前9時の訪問が
また復活することになる。
年齢が年齢だけにあと何十年も
こういう生活が続くということもないだろうが,
「1人の人間が入院するといろいろ大変なことがある」
ということをシュミレーションさせてもらった3ヶ月だった。
(「冬の大三角形」のサイクリングや入院費のこと等)

検査とリハビリの退屈な毎日を終えて
最初に母がしたことは買い物である。
これまで3ヶ月病院の食事で出なかった
脂っこいものや塩辛いものを,たくさん購入した。
まるで「敵討ち」てもするかのように・・・。
その時私は思った。
「健康とは,多少無茶しても大丈夫なこと」である。

« 体温はおでこで計る | トップページ | 2つだけ九州で発見されている「団印」 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体温はおでこで計る | トップページ | 2つだけ九州で発見されている「団印」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ