« 被災地を訪問したY君 | トップページ | 「株を売ってみよう!」の授業(2) »

2013年1月10日 (木)

日本国と伊勢神宮のスタート

おとといの讀賣新聞の「NIEわくわく新聞活用」の記事に,
伊勢神宮の遷宮が今年行われると出ていた。
(遷宮とは,新たに神社を作りかえること)
戦国時代の中断期を含めて,62回目の遷宮だそうだ。

伊勢神宮の場合,すべての建物を作りかえるのに
550億円かかるというから,大変な事業である。
しかし,私の興味はその費用ではなく,
伊勢神宮の起源の方である。

第1回遷宮が690年とのことだから,
20年に1度立て替えるとして,
670年がスタートということになる。
このスタートの年が実は問題なのだ。

「三国史記」という歴史書の中に,
670年の記事が以下のように出てくる。

「倭国,更(あらた)めて日本と号す。
自ら言う。日出づる所に近し。
以(ゆえ)に名を為(な)すと」(670年)

これは「旧唐書」の倭国・日本国の記事とともに,
わが国が倭国=九州王朝から
日本国=大和政権に政権移動(禅譲?)する
歴史の反映ではないかと思うのだ。

それと,先の伊勢神宮の起源が
ぴったり一致するところが,
私にとって最も興味深いところであり,
九州王朝説の傍証になるものだと考える。

« 被災地を訪問したY君 | トップページ | 「株を売ってみよう!」の授業(2) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災地を訪問したY君 | トップページ | 「株を売ってみよう!」の授業(2) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ