« 成人式の「爆弾低気圧」 | トップページ | 被災地を訪問したY君(3) »

2013年1月15日 (火)

「ビブリア古書堂の事件手帖」

月9(月曜の午後9時)の番組ということで,
気にはなっていたが,
とても興味深く観ることができた。
(直前が「ネプリーグ」で,番宣(番組の宣伝)
があったのもタイミングが良かった)

現在大人気の剛力彩芽が扮する古書堂の店主が,
1冊の古書からいろいろな過去を推理し,
そこに隠された人間のドラマを語っていく・・・。

初回は,夏目漱石の『それから』だった。
お婆ちゃんの蔵書の漱石全集の
中に入れられた1冊の本が,
実はある人から贈られた大切な1冊だった・・・。
録画しておかなかったのを後悔するくらい
面白い内容だった。(次回も楽しみ!)

次回は,小山清の『落穂拾ひ・聖アンデルセン』。
毎週月9は,「ビブリア」で決まりだね。

(写真をクリックすると拡大します)

Photo_2

« 成人式の「爆弾低気圧」 | トップページ | 被災地を訪問したY君(3) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も途中からですが見ました。
どんどん引き込まれてしまいました。
月9、しばらくお付き合いをするようです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

『ビブリア古書堂の事件手帖』の1~3を
アマゾンで入手しました。
「原作の方が人いい」という人がいたので,
ぜひ本でも読んでみようと思ったのです。
読み終わり次第,学級文庫に入れようと考えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成人式の「爆弾低気圧」 | トップページ | 被災地を訪問したY君(3) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ