« 低気圧の接近 | トップページ | 春高バレーの決勝 »

2013年1月14日 (月)

宮澤章二さんの記念館

東日本大震災と重なるようにして,
テレビで毎日毎時間流れた「行為の意味」という詩。
その作者の宮澤章二さんの記念館が
1月23日(水)にオープンする。
彼の故郷の羽生市の三田ヶ谷小学校の中だ。

地図で調べたら,東北自動車道の羽生インターの近くで,
しかも平日でないと入れてもらえないが,
1度書いておけば何かの機会に思い出すこともあるし,
誰かが検索して参考にしてくれるかもしれないと思い,
書いておくことにした。

この情報は,同じく彼のファンである我が校の校長先生から,
先日の人権教育の出張の際に教えていただいた。
(埼玉新聞1/11の埼玉「県北」の記事として)
いつもながら,校長先生のアンテナの高さには驚く。

001_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行為の意味 
               宮澤章二
    
-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

« 低気圧の接近 | トップページ | 春高バレーの決勝 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 低気圧の接近 | トップページ | 春高バレーの決勝 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ