« 非行防止・防犯教室開かれる | トップページ | 夢の商品開発 »

2012年12月14日 (金)

カンブリア宮殿(リブセンス社長・村上太一)

史上最年少の25歳で
東証1部上場を果たしたリブセンスの社長,
(リブセンスは「サービス」分野に分類されている)
村上太一(26歳)が昨日のゲストだった。

彼の設立したリブセンスが成功したのは,
求人ビジネスの分野だった。
それをインターネットを利用してやる。

アルバイトを採用する側にも,
アルバイトする側にもメリットのある方法が,
そのコンセプトだ。

採用側・・・無料で募集広告を掲載でき,
採用があれば「成功報酬額」として2万円払う。

応募側・・・ケータイで多くの情報が得られ,
採用された場合「お祝い金」が2000円もらえる。

採用側・応募側両方にメリットがあり,
それをリブセンスが統括するのだ。

う~ん,若いのになかなかやるなあ。
新しいビジネスモデルの形として,
素晴らしいと思った。
こういうベンチャー企業のあり方が,
古い仕組みを変えていくのかなと思う。

しかし,売る側にも買う側にもメリットがある
というのが本来商売の基本なので,
それを現代化したのがリブセンスといっていい。
やはり基本は大事だね。

なお,村上の両親の家庭教育にもヒントがある。
父親は彼に株を買うことを教え,
母親は経済番組を録画しておいていっしょに観たという。
こういう家庭環境が彼を育てたと思う。

来週は「魚の角上」だという。
こいつも見逃せないね。

« 非行防止・防犯教室開かれる | トップページ | 夢の商品開発 »

カンブリア宮殿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 非行防止・防犯教室開かれる | トップページ | 夢の商品開発 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ