« 〈いじめ〉の見方・考え方 | トップページ | 給食甲子園 2012 »

2012年12月 3日 (月)

陸前高田,釜石,遠野への旅

夜行バス「けせんライナー」を使って,
6回目の被災地訪問をしてきた。
今回は上記の2ヶ所だった。

ただし,陸前高田は夜明け直後で写真が思うにまかせず,
再び訪れたいと思った。
また,釜石までくると大槌や山田も近くで,
同様に再び訪れたいと思った。

019_2

023_2

「釜石の奇跡」といわれた釜石小を訪問した。
山の中腹に建てられた学校の場所自体が
「避難道路」とほぼ同じ位置にあり,
子どもたちは毎日坂を上るようにして登校している。
それが「訓練」のような形になったように思った。
もちろん防災教育がうまくいったということは間違いないが,
その訓練を毎日していたということだ。

020

026

021_2

発見があった。
釜石小は現在耐震工事中であった。
ということは,東日本大震災の時には
まだ工事していなかったわけで,
その点については後発だったわけだ。
これは別に釜石小をくさすわけではなく,
釜石小も私たちと同じ公立の学校であり,
特に防災教育の成功で注目されたということだ。

ちなみに釜石小はかなりの高台にあり,
津波の被害は及ばない高さにある。
登校には毎朝長い坂を上る必要があるのだ。

甲子(かっし)川の対岸には,
新日鉄釜石の巨大な工場群が立ち並んでいる。

018_2

釜石を出発して,帰りに遠野に向かった。
柳田國男著『遠野物語』(岩波文庫)が役に立った。

025_2

024_2

『遠野物語』の初版は,わずか350部だったという。
遠野はかつて城下町として栄えていた。

« 〈いじめ〉の見方・考え方 | トップページ | 給食甲子園 2012 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 〈いじめ〉の見方・考え方 | トップページ | 給食甲子園 2012 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ