« 新人戦・県大会 2012 | トップページ | 三者面談 2012秋 »

2012年11月 6日 (火)

母の入院

午後6時前に帰宅したら,
留守電に「これから入院します」との
メッセージが録音されていた。
土日が休診で診(み)てもらえなかった
腰痛がひどくて入院を判断したようだ。

弟と連絡を取り合って病院に馳せ参じたが,
幸い大事には至らなかった模様。
車椅子でスイスイと病院内を移動していた。
(こんな元気な患者は,ほかに見当たらなかった)

主治医の先生の話によると,
ひと月ほど加療して帰宅する予定だそうだが,
「元気者の母のこと,この退屈な病院生活を
そんなに長く続けられるわけがない!」
というのが私の見立てだ。

とはいえ,世間的には77歳は高齢には変わりない。
せいぜい体の総チェックをしていただいて,
帰宅後の介護の度合いを上げる「努力」をしてほしい。

母は40代で1度乳がんをやったが,再発もせず
その後は健康を保っていきた。
まだまだ長生きして,息子たちに心配をかけてくれ!
そう願って病院をあとにした。

« 新人戦・県大会 2012 | トップページ | 三者面談 2012秋 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新人戦・県大会 2012 | トップページ | 三者面談 2012秋 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ