« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

明日は,新所沢たの授サークル12月例会です!

明日は,新所沢たの授サークル12月例会です!
朝晩はめっきり寒くなってきました。
心だけは温かくなるよう,楽しく過ごしましょう。
どうぞお出かけ下さい。

日時・・・12月1日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館(新所沢駅西口徒歩5分。
     「社会科サークル」という表示です。よろしく!)

内容・・・たのしい科学のDVDの視聴・・・山本さんが「雪の結晶」を見せてくれます!

     8/18にさいたまの会で発表した「道徳授業プラン・オンパレード」
     10/13に教研で発表した「楽しく団結力のあるクラスづくり」
     11/13に社会科サークルで発表した「被災地を訪問して考えたこと」
     以上3本を,まとめてお話したいと思っています。

     楽しい手品の紹介
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「最初の大和年号は大宝だった!」などの古代史の話題 
     悩み相談
     来年度のサークルのことについて

会費・・・500円

PS 今回は午後1時から5時まで通しで新所沢公民館で行えます。
 安心しておいで下さい。(予約名は「社会科サークル」です)

※ もし参加できるようでしたら,ご一報いただけると幸いです。

新総合読本「川は川 砂漠は砂漠」

私が原作を書き,根本さん(神奈川の中学社会の先生)が
このほど新総合読本にまとめて下さった上記の話がある。
(B5判で5ページ+解説3ページ。
世界の主な川は,現地では「川」と呼ばれている等)
これを明日の社会科か道徳で生徒たちに読んでもらおうと思う。
そして,評価(たのしさ,わかりやすさ)と感想をまとめてみたい。

仮説実験授業の授業書を作るのは至難の業だが,
アイデア次第では新総合読本の開発につながる
ということを示したいと思うからだ。

担任クラスでまず試し,大丈夫なら
他のクラスや他の学年でも実施していきたい。
小学校でも使える話なので,
ご希望の方はぜひお知らせ下さい。
一部お送りいたします。

12/22の「戦後教育実践セミナー」

昨日横浜の小林さんから手紙が届き,
12月22日(土)に早稲田大学の国際会議場で行われる
早大教師教育研究所の「戦後教育実践セミナー」に
参加できることになった。

板倉さんの講演を1時間20分と
小林さんの実践報告を30分聞くことができる。
そのあと鼎談「すべての子どもが学びに向かう
授業づくりを求めて」というのが70分あって,
板倉さんと小林さんの話をさらにうかがえる。

「仮説の研究会からの参加者は
30名程度といわれています」ということだが,
そんなに広い部屋ではないらしいので,
「多数派」になってしまうかもしれない。

進路の査定会 2012

昨日は6時間目と清掃をカットして,
上記の会が開かれた。

総じていうと,「確約」といわれる
私立高校との交渉をしているかどうか?
に尽きるものだった。

適当に県立高校に入れると思っている
内申20台前半はかなり厳しい入試になると思う。
もちろん余裕で合格する者もいるわけだが,
総じていえば,「攻守」両方の姿勢がほしい。

攻・・・希望校合格に向けての努力
守・・・もしそれが叶わなかった場合の次善の策

来週の二者・三者面談では,
そのことを強調したいと思っている。

2012年11月29日 (木)

授業研究会 2012

昨日は今年度の所沢市の南ブロックおよび
市教研の研究授業の日だった。
私は12月にやるので研究授業はしなかったが,
社会科分科会の司会だったので,
2年生のK先生の地理の導入の授業を参観させていただいた。

授業は「Made in Asia から考える」というもので,
工業製品を主とした生産国を調べ分析することだった。
各人が持ち寄った製品を付箋に書き,
生産国別に並べるとこんな風になった。

006_2

007_2

008

009_2

010_2

011_2

各班の付箋の数で圧倒的に多いのは,中国である。
今回は工業製品が中心だが,
私たちはこんなにも多くの中国製品に囲まれて
生活しているのかと,あらためて感じた。

もちろんその分析に進み,
これからどうしていけばいいのかということになるわけだが,
悲しいかな50分という授業時間は終了。
課題は次時以降に持ち越された。

授業後の検討会(8名が参加)では,
「言語活動」への取り組みを中心に話し合った。
小中の実践を出し合う中で,
優れた実践をたくさん知ることができた。
今後に活かしていきたい。

授業をしていただいたK先生(W先生との協力),
参加下さった小学校の先生方。
ありがとうございました!

PS 昨日の音楽分科会は3年2組の教室で開かれました。
S先生によると,校長先生が巡回していらした時,
教室に入ってこられて,親善音楽会の時の感想を
先生方に話してくださったとのことです。
ありがとうございます!

退職金が大幅ダウン!?

私も5~6年先には定年を迎えるが,
昨日の夕方悪い方のビッグニュースが飛び込んできた。

来年度の退職者・・・マイナス130万円台
2年後の退職者・・・マイナス320万円台
3年後の退職者・・・マイナス430万円台

ファックスのプリントを持ち帰らなかったので
詳しい数字は載せられないが,
だいたいこんな話が載せられていた。

これが今まで30年頑張ってきたことへの対応とは,
まったく信じられない。
怒りと悲しい気持ちで一杯である。
ぜひこれが「実現しないように」抗議したいと思っている。

もしこれが通ったら,これを理由に民間のそれも,
低く抑えられるという負のスパイラル(連鎖)につながると思う。

さて,先ほどの私の退職金の試算の続きだが,

4年後の退職者・・・マイナス500万円台
5年後の退職者・・・マイナス600万円台
6年後の退職者・・・マイナス700万円台

これで「明るい未来」が思い描けたら,
まったく不思議というほかない。
強く抗議したい。

もし仮にあなたの家から700万円が盗まれたら,
なんと叫びますか?
たぶん多くの人の年収以上です。

土曜日は,新所沢たの授サークル12月例会!

土曜日は,新所沢たの授サークル12月例会です!
朝晩はめっきり寒くなってきました。
心だけは温かくなるよう,楽しく過ごしましょう。
どうぞお出かけ下さい。

日時・・・12月1日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館(新所沢駅西口徒歩5分。
     社会科サークルと合同です。表示に注意)

内容・・・8/18にさいたまの会で発表した「道徳授業プラン・オンパレード」
     10/13に教研で発表した「楽しく団結力のあるクラスづくり」
     11/13に社会科サークルで発表した「被災地を訪問して考えたこと」
     以上3本を,まとめてお話したいと思っています。

     楽しい手品の紹介
     たのしい科学のDVDの視聴
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「最初の大和年号は大宝だった!」などの古代史の話題 
     悩み相談
     来年度のサークルのことについて

会費・・・500円

PS 今回は午後1時から5時まで通しで新所沢公民館で行えます。
 安心しておいで下さい。(予約名は「社会科サークル」です)

※ もし参加できるようでしたら,ご一報いただけると幸いです。

2012年11月28日 (水)

コンビニエンスストアの経営者になってみよう

よのなか科の発案の「ハンバーガーショップの
店長になってみよう」のコピーが批判されたためだろう,
今の東京書籍の教科書には,上記の題名で
経済的分野への導入の授業としている。

もちろん趣旨はまったく変わらないが,
生徒たちに人気のある単元だけに,
ちゃんと正直に「マネしました」と書けばかっこいい!
と思うのは私だけだろうか。

昨日1番進度が遅れている我がクラスがその単元で,
後半の「他の意見の人に「いちゃもん」をつけて下さい」
との発問に乗り,久しぶりに意見がけっこう出て,
盛り上がったことを報告しておこう。

それぞれ立地条件が違うものを選んで(予想して),
立場の違う予想に「いちゃもん」をつける(討論をする)。
そういう意味では,仮説実験授業とも似ているなあと,
4月にやったミニ授業書《オリンピックと平和》のことが
懐かしく思い出された。

竹製のスカイツリー

今年オープンした墨田区のスカイツリーは有名だが,
埼玉県所沢市にも竹製のスカイツリーがあるのをご存知だろうか。
北野小学校の開校30周年を記念してつくられたものだ。
(「北野スカイツリー」と呼ぶそうだ)

夜は夜で照明が当てられて映えるそうだが,
今回は朝日を浴びて立つ姿をお届けしよう。

004_2

002
(写真をクリックすると,背景に富士山が見えます)

003_2

005_2

最後に「教え子」さんへ

また「教え子」さんから長文のメールをいただきました。

『「邪馬台国」はなかった』から始まって
『「君が代」うずまく源流』あたりまでは読まれたこと。
また2回ほど古田氏の講演会に参加されたこと。
その後「大摩邇」サイトでの古代史マニアさんの紹介で
野口論文や中小路論文を読んだこと。
特に野口論文の影響から古田氏のことで疑問をもったこと等が
それには書かれていました。

「古代史マニア」というペンネームがいったい誰なのか,
私にはまったくわかりません。
したがって私ならそういう人の意見には乗らないと思いますが,
「教え子」さんはその方の意見に興味を引かれたようです。
そして,野口論文を読み進まれた。
その結果,野口氏の考えが「正しい」と考えられた。

一方,この間私の方も古田史学の関係者の方からのメールで,
昔のことで何かの確執があったらしいことを教えていただきました。
そして,その内容についてはいつか教えて下さるとのことでした。
(論証とか,そういう本質的なこととは無関係のようです)
なので,私はその機会をじっくり待ちたいと思います。

さて,「教え子」さんからのメールの中で,
私が古代史セミナーで「日本古代ハイウェーは,
九州王朝が建設した軍用道路か?」という発表をしたことを,
批判しておられます。(「嘆いておられる」という感じでしょうか)
内容ではなく,発表自体を,という感じです。
その文章はこの「夢ブログ」内の検索機能を使って
題名で検索していただければ読めるので,
できたらその内容について検討していただきたかったと思います。

「教え子」さんからいただいたメールを通して,
人にはいろいろな影響の受け方があるものだと思いました。
そして,立場が違うとまったく正反対の考えに至るということも。
しかし,大切なのは歴史の真実を明らかにすることです。
そのための論証の方法だと思います。
どちらが歴史の真実により迫ることができているか,
私は見極めていくつもりです。
今すべきことは,九州王朝の証拠(物証・傍証)集めです。
1つでも多くの証拠を提示して,歴史研究の一助となりたいです。
私の「日本古代ハイウェー・・・」もその1つの試みと考えています。

なお今回,「教え子」さんからのメールは,
「夢ブログ」に登場していただきませんでした。
もしそのことでお怒りなら,あやまりたいと思います。ごめんなさい。
ただ,ここは私が開設しているブログです。
突然まったく知らない話題がとび出して,
読者の方々が戸惑うことを考え,掲載いたしませんでした。
もし読者の方でご希望であれば,「教え子」さんからのメールを
コピーしてお送りしたいと思います。
ただ,その際はその方のメルアドと
許可をいただくために「教え子」さんのメルアドの
両方教えていただくことになってしまいます。
それが可能なら,ということですが・・・。

いよいよ寒い季節が到来してきました。
「教え子」さんの研究がさらに進むことを祈念して,
今回は筆を置かせていただきます。

2012年11月27日 (火)

夜須松延に都造りて

アクセス解析を使って「検索ワード」を見ていたら,
「松延 姓」というのが出ていた。
逆にこの言葉で検索をかけてみたところ,
上記のフレーズが!

「夜須松延」といえば福岡県にある地名で,
九州王朝の匂いがプンプンしてきそうな感じがする。
傍証の1つになると思うのですが,
どなたか出典をご存知の方,
教えていただけませんか?

それ以下のサイトをさぐってみても,
ぴったりのものが見つからないので・・・。

4連休明けの激務

開校記念日の22日(木)から始まった4連休のことは,
すでにこの「夢ブログ」で報告してきた。
それは大変充実したものだったが,
明けた昨日は激務が待っていた。

一応それは予想できたので,
朝6時45分に学校に着くように家を出た。

【始業前】

・2つの大会報告を載せた「バレーボール通信」の作成
・3枚のプリントの印刷と配付
・教室の花の水遣り
・朝練への参加

【途中】

・4連休明けの生徒たちとの3時間の授業
・保護者との面談
・進路資料関係の整理
・学校説明会の件で某高校に電話
,新しい班での給食・清掃指導
・三者面談の日程を組む仕事

【放課後】

・成績交換の準備(これがけっこうかかった)( ̄Д ̄;;
・社会体育(午後7時過ぎまで)

以上激務に耐えて頑張った1日だった。

本日はそのお陰でだいぶ楽に過ごせそうだが,
放課後は年休をいただいて母のお見舞いを考えている。
また,そろそろ道徳の研究授業(12/11)のことも
スタートしておかなければ・・・と思っている。
まったくビンボー暇無しの日々だ。
でも,健康で過ごせてはいます。
これはうれしいことだネ!( ^ω^ )

2012年11月26日 (月)

ケーザイカップ 2012

今年も狭山経済高校主催の
上記の大会に参加してきた。
(正式名は,「第8回狭山経済
中学バレーボール杯」)
試合結果を簡単に報告しよう。

参加チームは,いつもより少ない8チームだった。
(富士見西中,花の木中,上山口中,霞ヶ関中,
富岡中,向陽中,所沢東中,鯨井中)

【予選リーグ】

対富士見西中・・・0ー2(14ー25,23ー25)
対向陽中・・・2ー0(25ー17.25ー18)
対鯨井中・・・2ー0(25ー10,25ー14)

【順位決定戦】=3位決定戦

対霞ヶ関中・・・2ー0(25ー18,25ー13)

その結果,表彰対象内の3位に入ることができた。
入賞おめでとう!
(1位は富士見西中。2位は花の木中だった)

第1試合の第2セットで
富士見西中に善戦(23ー25)したのに自信を得て,
以降の試合についてはのびのびプレーできた。
また,相手チームを自分たちのペースに
巻き込むことの大切さを学べたと思う。
今後に活かしてほしい。
なお,大量リードをしておいて,
最後のマッチポイントのサーブは
控え選手にやってもらうというパターンも4回試せ,
昨日は参加者全員を1回は試合に出すことができた。

主催してくださった狭山経済高校の
O先生をはじめとする先生方,
審判・接待をやってくれた高校生のみなさん,
そして,応援に駆けつけていただいた
本校の保護者のみなさん,
ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。

最後に顧問のТ先生,
開校記念日から始まった4日連続の部活動,
本当にお疲れ様でした!

005

006_2

AKB48のメンバーの愛称は?

中学生たちは,大人(教員)の「若さ度」を試すために?
突然「AKB48のメンバーの愛称」を質問してくることがある。
そんな時のためのサイトを見つけた。

happyマンのブログ

これで「完全武装」できた!?

いやいや全部覚える必要はありません。
主要メンバーだけでOKです。
(誰が「主要」かは中学生たちと話してみて下さい)
その感覚が彼らとの「つながり」だと思います。

「先生はだれ推(お)しですか?」と聞かれて,
「たかみなはリーダー性があっていいし,
ともちんはモデルみたいにきれいだけど,
やっぱり落ち着くのはあっちゃんかな?」
とまではいかなくても,
1人や2人愛称で知っているというのも,
このご時世悪くないと思いますよ。

私の愛称は「肥さん」です。
ちなみに私の父は,会社の中で
「沼さん」と呼ばれていたそうです。
愛称(ニックネーム)ってその人の雰囲気を表すので,
意外に研究の価値があると思うのです。

開店4周年・・・日頃のご愛顧に感謝を込めて,半額!?

道路際にひときわ目を引く
赤色の宣伝用の旗が出ていた。
ある料理店の前である。

003

あなたは,この旗に誘われてこの店に入りますか?

私はもう少しのところで入りそうになり,
店の前の次の掲示物を見てずっこけた。

004_2

この12品は半額だが,それ以外は定価ということか・・・。

そう思って,先ほどの旗をもう1度よく見たら,
1番下のところに小さな文字で「一部商品のみ」とあった。
(写真上でクリックすると,写真が拡大します)

確かに嘘ではない。
嘘ではないが・・・。

2012年11月25日 (日)

『たの授』公開編集会議 2012年11月

昨日は12時から午後4時まで,上記の会に参加した。
編集会議への参加は6月以来だから,5ヶ月ぶりである。

001_6

【話題】

・形声文字の理解の仕方について~板倉さん
・漢字の簡易体についての問題~多久和さん
・漢字を学ぶプラン~井藤さん
・もしも油をふんだなら~阿部さん
・川は川 砂漠は砂漠~根本さん

最後の根本さんの総合読本は,
私の2011年4月号に載った「はみだしたの」のネタを
地名教材として再構成していただいたもので,
1年半ぶりに陽の目を見てうれしかった。

12月号は「いじめ」の特集である。
他の雑誌とは違う視点で「いじめ」が扱われると思うので,
必読の号だと思う。
また,1月号は一応「ゲーム」を予定しているが,
「予定は未定」で,グラフも決定はしていないようだった。
(私にもまだ望みあり?)

なお,12月は編集会議は都合により「なし」とのこと。
22日(土)には早稲田大学で,板倉さんの講演がある。
(キャンセル待ちだが,予約だけは入れておいた)

002_2

再び「少し目覚めた昔の教え子」さんへ

再度メールをいただいたので,
お答えしたいと思います。

○野口義廣「“防長学”事始め〜『大内盛衰記』に見る大内氏の古代伝承を考える」
(『山口県立大学国際文化学部紀要』1997)

○中小路駿逸「『日本書紀』の書名の「書」の字について」
(『追手門学院大学文学部紀要』1988)

以上2つの論文を読んでの感想ということでした。
平易な文章で内容もだいたいつかめました。
ただし,両論文ともこれまで存知あげず,今回初めて読みました。
紹介いただいた「教え子」さんに感謝いたします。
ただ,後者の内容については,
『シンポジウム倭国の源流と九州王朝』(新泉社)で読み知っていましたし,
古田さんの講演の中で何回か聞いたことがあります。
もちろん九州王朝説にとって貴重な証拠の1つと考えます。

私は1989年に古田武彦氏の著作を読み始め,
現在まで24年間に50冊以上を渉猟し,
(「教え子」さんは何冊読まれましたか?)
講演会に参加し,いっしょに研究旅行をしたりもしてきました。
その年月の中で,彼の活動を邪魔する人たちのことも
少なからず見聞きしてきましたが,
その都度納得のいく対処をしている姿と学問的情熱に触れてきました。

「少し目覚めた昔の教え子」さんも,実際に古田氏の著作を読んだり,
ぜひ直接会ってみてほしいなあと思います。
インターネット上の古代史のサイトなどに目を奪われることなく,
自分の身銭を切って本を読み,自分の足で現地を踏んで
何が真実か確かめてほしいと思います。
それが「歴史から学ぶ」という,「一見遠回りに見えて,実は最短コース」だと思うからです。
古田氏ももう86歳です。
元気なうちに学べるチャンスは,そう長くはありません。

最後に教えてほしいのですが,
あなたに今回の「情報」を提供した人は誰ですか?
あるいは何というサイトですか?
せっかく古田史学(多元史観)の存在を知ったのに,
今回のことで「教え子」さんに偏見を持たれてしまうのは
教員としても本当に残念でなりません。
それだけは教えて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読者の皆さんへ

今回の2通の「教え子」さんへの手紙は,
この「夢ブログ」にとって異例のことです。
私にとっては得なことはほとんどないわけですから,
無視してしまうこともできるわけです。
しかし,「教え子」さんに私の気持ちを伝えるべく,
あえて書かせていただきました。

私は古田武彦氏の生き方と方法に賛同して
「夢ブログ」にも書かせていただいているのであって,
決して洗脳されてそうしているのではありません。
それが人間としての,そして教員としての
私の誠意だと考えているからです。

もちろん教育現場で古田史学を授業することはなかなかできませんが,
ここは個人のサイトですから,遠慮なく書かせていただきます。
そして,それを読んでどう判断するかはその人にゆだねられることでしょう。
「かわいそうに,肥さんは見事に洗脳されているよ・・・」と思うか,
「肥さん,いい仕事してるね。がんばって!」と思うか,
それは私の知らないところで判断されるのだと思います。

私としては,信じる道を進むしかありません。
(といっても,これは信仰の世界の話ではなく,
学問と研究の方法についてのそれです)
応援してやろうという方は,ぜひ今後ともよろしくお願いします。
読者が1人でもいる限り,私は「夢ブログ」を書き続けます。

2012年11月24日 (土)

市民バレー 2012

昨日は所沢市民体育館で上記の大会が行われ,
私も監督代行として,審判として参加してきた。

対向陽中・・・2ー1(28ー26,20ー25,25ー18)
対富岡中・・・2ー0(25ー11,25ー8)
対東中・・・2ー0(25ー18,25ー14)

なんとか優勝することができたが,
新シフトということもあって苦労した。
また,レシーブやブロックに課題を感じる3試合だった。
木村兄弟のコーチングには,昨日もお世話になりました。
厚く感謝申し上げます。
また,保護者の皆様の応援にも感謝いたします。

本日1日をはさんで,明日もケーザイ・カップが予定されている。
(狭山経済高校が主催しているミニ大会で,毎年参加している)
顧問のO先生には,向陽中時代6年間+勤務校2年間=
8年にもわたる長いご指導に感謝している。

第1・3・6試合は監督・コーチとして,
第2・4・5試合は副審として試合を運営し,
午後2時に20分間で食べた弁当以外は
働き詰めの1日だった。
皆さん,お疲れ様でした。 (^-^;

PS 昨日は,女子も同会場で決勝トーナメントが行われ,
中央中にリベンジするという快挙を果たした。
対中央中・・・2ー1(25ー8.20ー25,25ー22)
特に第1セットはKさんのサーブが決まりに決まり,
相手チームを圧倒したとのこと。素晴らしい! (o^-^o) 

007_2

008_2

『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』

池上 正樹・加藤 順子共著,青志社刊,1575円
の上記の本が,注文していたアマゾンから届いた。

Photo_2

大川小学校には10月28日に訪問し,
その報告も翌日「夢ブログ」に書いた。
多くの児童・教員が犠牲になったあの日のことは,
一教員として忘れることはできないし,
忘れてはならない問題だと思う。

5回目の被災地訪問で立ち寄った大川小学校は,
当然「自分だったらどんな行動が取れたか」という
自問自答なしには済まされないものだった。

その「宿題」を解くヒントになればと思い,
この本を購入することにした。
同じ思いを共有されている方は,
ぜひいっしょに読みませんか?
アマゾンで注文すれば,すぐに届きます。

2012年11月23日 (金)

軽蔑していた愛情

文科省のいじめ調査(半年で14万人)の記事の片隅に,
AKB48の「軽蔑していた愛情」という曲のことが出ていた。
私としてはうかつなことに,初めてのニュースだった。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
いろいろ教えてもらった。

「軽蔑していた愛情」(けいべつしていたあいじょう)は、
AKB48のメジャー3作目のシングルで、
インディーズデビュー作を含めると通算5作目に当たる。
2007年4月18日にデフスターレコーズから発売された。

社会問題をテーマにしているため、
キャッチコピーは「みんなのことが嫌いでした」。
3作連続で、DVD付きの初回限定盤が同時発売された。
TVスポットは河西智美がナレーションを担当してい
ジャケットは新聞の社会面の記事を再現している。

(作詞:秋元康、作曲・編曲:井上ヨシマサ)

元々は、『チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」』公演の楽曲。
学校内における「いじめ」、およびそれに伴う「自殺」
(歌詞の内容は飛び降り自殺を想定)
について問題提起した歌詞が特徴のプロテストソング。
PVの監督は、高橋栄樹。

PVのオープニングとエンディングに白抜き文字でメッセージを表示する、
映像に携帯電話の画面に表示された
「あんたの事好きな人間がこの世にいると思ってんの?」
「みんなあんたの事嫌いだから」
「学校来るな あんたが来るだけで学校がけがれる!!
空気もけがれる!!同じ空気吸わせるな」
「お前マジきもい ウザい 一回死んでくれない?」といった内容の
いじめメールの画像を挟むなど、J-POP作品のPVとしては異色の作品となっている。

ロケは、校内と、高橋みなみが屋上の塔屋に登るシーンは
東京都中央区日本橋小伝馬町にある十思スクエア(旧中央区立十思小学校)、
屋上での歌唱シーンおよび大島優子単独のシーンは
渋谷区千駄ヶ谷の津田スクールオヴビズネス屋上で行われた。 」

「軽蔑していた愛情」は,YouTubeで視聴することができる。
ぜひ聴いてみて下さい。

カンブリア宮殿(平松シェフのフランス料理)

昨日はよだれが出そうなフランス料理の特集だった。
フランス料理といえば,味もさることながら,
値段も素晴らしくてなかなか味わうことのできない
料理の1つといっていいだろう。
しかし平松宏之シェフは,もちろん値段の高いものも作るが,
新しい顧客開拓への戦略も考えている。
例えば「フランス料理のランチコース2000円」といわれれば
「ちょっと食べてみたい」と思えるのではないかな。
私ならちょっとチャレンジしてみたいところだ。

平松シェフは「行動は全人格の表現」という
本田宗一郎氏の言葉に刺激され,
様々な形の経営努力をしている。
やはり伸びる仕事の陰には,
それなりの哲学があるものだ。
「まず,やりたいことをやれ。
儲けや客はあとからついてくる」というわけだ。
まかない料理の原価も「500円」までで考えさせる。
その金額の「感覚」を弟子たちに身につけさせるためだ。
う~ん,なかなかすごい。

株式上場もしたという。
めんどうくさい仕事は増えたが,
これも人々にフランス料理を知ってもらう
努力の1つだという。
少しでも未来につながる努力は惜しまない
平松シェフの姿勢に,
私は大いに刺激を受けた。

今度大阪にオープンさせる店の名前には,
ラ・フェット(祭り)という言葉が入っている。
1800円~2万5000円までの価格のなかで,
それに参加するかどうかは客にゆだねるというのだ。
私なら「参加」だね。

「他人と競争するな。
自分の力を100%だせ。」
これが最後の平松シェフの「贈る言葉」だった。
今の己の力を知り,精一杯努力する人のみ,
進歩が約束されるということかな。


平松宏之氏  最高の自分を引き出す経営術

1982年、西麻布に レストラン「ひらまつ亭」を開店。
1988年、広尾に移転を機に店名 を 「レストランひらまつ」と改める。
1994年、株式会社ひらまつを設立。
2001年、 フランスパリに 「レストランひらまつ サンルイアンリル」を出店。
日本人オーナーシェフとして初ミシュラン1つ星。

昨日の部活動 11/22

昨日は勤務校の開校記念日だったので
生徒たちは休みだったのだが,
我々教員は勤務日だった。
これは先週の県民の日(11/14)と同様で,
愛校心も愛県心?もあったものではない。

私は来年度入学予定の小学6年生を見に,
家庭科のТ先生と学区内のA小に行ってきた。
今の学年で1番年数の少ないのは私なので,
それはつまり普通ならこれから1番長くいるわけだ。
ということで,熱心に参観させていただいた。
収穫はもちろん・・・ありましたよ!

さて,以上のことが午前中に含まれていたので,
部活動へは午前8~12時半のうち
前半の1時間だけだった。
昨日も木下兄さんがコーチに来てくれた。
本日の市民バレーもよろしくネ!

2012年11月22日 (木)

あれよあれよと「空き時間」が・・・

昔『足長おじさん』という本を読んだ時に,
「いやな水曜日」とかいう章があったが,
私としては,今年の水曜日は
「空き時間」が午前中に2時間も入っていて,
かえって「ご機嫌な水曜日」という感じだ。

そのうえ昨日は,こんなことがあった。
午後の2時間を音楽のS先生が
「鑑賞」の時間として使いたいというのだ。
S先生も評価が月曜日に間に合うことになり,
私としてもいろいろな仕事が進んで
めでたしめでたしということになった。

時間割を見てS先生のほしいクラスと
私の昨日の授業クラスが偶然重なったためだが,
こういうこともあるんだなあと思った次第だ。

この2時間で,素点をパソコンに入力したり,
ワークの点検をしたり,進路の書類を整理したり,
いろいろなことができて助かった。

「少し目覚めた昔の教え子」さんへ

昨日「少し目覚めた昔の教え子」さんから
長文のコメントをいただきました。
古田史学に関わる質問というか,批判というか,いろいろ書かれていて,
私としてもお返事を書きたい気持ちはあるのですが,
夢ブログの読者にはわかりにくい議論でもあるので,
個人的なメールまたは手紙のやりとりにしたいと思っています。
もしメールアドレスか住所を送っていただければ,
三連休で私も時間的な余裕もあるのでお返事いたしますが,いかがでしょう。
また,逆に私から質問したいことも少なからずあるので,
それにお答えいただきたいと思っています。
さらに,お近くにお住まいなら,どこかでオフ会というのもありかなと思います。
紙面上や画面上のやりとりは,とかく誤解を生みやすいので,
1番いいのはそれかなあと思っておりますが・・・。
大切なのは九州王朝説(多元史観)をさらに確実に証明していくことで,
その点で協力し合えたらと考えます。

昨日の部活動 11/21

昨日は社会体育の日で,
午後7時半近くまで練習が行われた。
高校生2人,大学生1人,社会人2人の
5名に練習を手伝っていただいた。
ありがとうございました! m●m

この間,18日(日)に市民バレーの予選リーグが行われ,
女子は2勝1敗(東中と向陽中に勝ち,富岡中に負けた)で,
予選2位通過だった。
決勝トーナメントでは,23日(金)に市民体育館で,
中央中と戦うことになっている。(第1試合)

男子は予選はなく,同じ場所で4チームの総当たり戦。
順当に行けば,新人戦と同じ結果になると思う。(優勝)
ただし,こちらも第1試合で,スロースターターの癖が
下手に出てしまうと,星を取りこぼすということになりかねない。
気持ちを引き締めて臨みたい。

男子は25日(日)に,ケーザイ・カップに参加する予定で,
久しぶりに狭山経済高校に出かけてくる。
顧問の先生は午前中に女子の練習を入れており,
私が監督代行として行くことになりそうだ。
これまで長年お世話になっているO先生に,
新チームのバレーをお見せできるのが楽しみである。

2012年11月21日 (水)

ハモネプ★スターリーグ2

昨日予告通り上記の番組が放送され,
録画しながら観ることができた。
さっそくその様子を記録に残しておこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Aブロック】

・スウィートミルキーキャンディーラブ 「ヘビーローテーション」 92
・ТHE露津区巣 「I was born to love you」 96
・全力学園 「全力少年」 86

【Bブロック】

・ミックスジュースZ 「SWEET MEMORIES」 95
・ハーモニーカンパニー 「Ride On Time」 91
・オヤジ☆ズム 「三日月」 97

【Cブロック】

・キープオンシャイニング 「ラブストーリーは突然に」 84
・ソング4 「ありがとう」 94
・ガッツ&スター 「ハピネス」 90

【決勝】

・ТHE露津区巣 「Let it Be」
・オヤジ☆ズム 「M]」 ☆
・ソング4 「CAN YOU CEREBRATE ME ?」

どのグループも個性的で,とても良かった。
全体として大変楽しめるものだった。

ふれあい講演会 2012

昨日の5,6校時を使って,
今年度のふれあい講演会が行われた。

001_2

講師はムラマツフルートの村松社長。
といっても6年前に就任した若社長の方で,
私が以前お話をうかがった先代の社長は
引退されたとの事。

若社長は今回が初講演とのことで,
かなり緊張しておられた。
モノ(今回は900万円するフルート)を
持ち込まれたところはまず作戦成功。
それを吹奏楽部の生徒たちに
試演させてくれたりした。

「今」を大切に生きるということが主題で,
それを38歳(生徒たちのお父さんたちより年下)の
若社長が一生懸命訴えていた。

最近の写真たち

バラバラのテーマですが,
最近撮影した写真たちをご覧にいれましょう。

(1) 11月後半~12月仕様カレンダー・・・目的に応じて作り変える

002_2

(2) 「解散~総選挙」の掲示物・・・前回は「iPS細胞」でした

003_2

(3) 誰もいない「肴や」・・・「誰もいない海」という歌があったが

004_2

(4) 3万円貯まるポスト型貯金箱・・・年賀状100枚買ったらもらえた

005_2

(5) 神保町の書泉に飾ってあった古田武彦氏のサイン・・・こんなところで

006_2

2012年11月20日 (火)

「ハモネプ★スターリーグ2」本日放送!

念のため,一昨日の記事を再掲載しておく。
ハモネプの記事のことである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハモネプ★スターリーグ2」放送決定!

今朝フジテレビを観ていたら,
「ハモネプ」の放送の告知があった。
明後日午後7時からやるそうだ。

あわててハモネプの公式サイトを見たら,
以下のように載っていた。

「カスペ!『芸能人アカペラ選手権 ハモネプ★スターリーグ2』
11月20日(火)夜7時放送!
芸能人が己の意地をかけて戦う『ハモネプ★スターリーグ』の第2弾!
今回も芸能各界から名乗りを上げた個性豊かな9チームが参加!
果たして頂点に立つのは、どのチームなのか!?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は先ほどビデオ録画のセットを完了した。
(フジテレビ,午後7時~)
もし見逃しても大丈夫だぜい。
ワイルドだろう~?(笑)

テスト返し

昨日はテスト返しだった。
我がクラスは5時間連続でそれだったとのこと。
(学級日誌にそう書いてあった)

二学期制の彼らにとって
今回のテスト返しは大きな意味を持つ。
1学期の成績が10月半ばに出たのに,
その1ヶ月後にそれを覆(くつがえ)す結果が出るからだ。

もちろん良い方に「修正」されるならいいけれど,
人によっては悪い方に「修正」される場合もある。
県立高校に提出する内申書と同じものを
最終授業日(12/21)に渡すが,
私立高校もそれを見て判断するわけだから,
生徒たちが一喜一憂するのもわからないわけではない。

しかし,今回のテストで各教科そうだったように,
入試では3年間の広範囲の出題がされるものだ。
井の中の蛙(かわず)にならず,
しっかり3ヶ月先を見据えて努力を続けてほしい。

みかん狩り

昨日みかん狩りをした。
といっても,どこかに旅行したわけではない。
母のいない実家の庭にあるみかんの木の話である。

入院して主が不在という事情で,
せっかく実っているのに誰も採り手がいない。
お世話になっているアパートの店子Тさんへの
お礼も兼ねて(もちろん我が家の分も)
昨日100個ほど収穫したというわけだ。

このみかんの木は,亡父が10数年に買ってきたもので,
今まであまり実をつけなかったのに
今年は未曾有の大収穫で驚いている。

デジカメを学校に忘れて
写真をご覧に入れられないのが少々残念だが,
完全無農薬,ちょっぴり酸味のきいたみかんが
私はとても気に入っているのである。

100個ほど収穫したので,
だいぶ枝の負担も軽くなった。
まだ半分以上あるので,
もう1度収穫に行けるだろう。

思うに,みかんの木はそれを予想し,
その重量に耐えられる体力(根・幹・枝)がついて,
初めてこのような大収穫を迎えているのではないか。
もしそうでなかったら,こんなたくさんの実を
つけること自体が身を滅ぼすことになるからだ。
なんだか,相田みつをの詩みたいになってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

枝 ・ 幹 ・ 根     相田みつを

花を支える枝

枝を支える幹

幹を支える根

根はみえねんだ

なあ

2012年11月19日 (月)

「石ノ森萬画館再開」の記事

昨日の朝日新聞に上記の記事が出ていた。

001_2

石巻を数回訪問していた私にとっては,
うれしい記事であった。
今度石巻を訪ねた際には,
ぜひあの中州の同館を訪ねたい。

『脳は平気で嘘をつく』

植木理恵著,角川oneテーマ新書,724円+税
の上記の本を,あっという間に読んだ。
「「嘘」と「誤解」の心理学入門」」という
副題が付いている。

002

例の『シロクマのことだけは考えるな!』以来,
植木理恵づいている私だが,
認知心理学の知見を踏まえながらの語り口に,
さまざまな知識を得ることができた。
(私たちが習った30年前の心理学とは,
だいぶ違ってきている気がした。
学び直すチャンスかも)

特に後半に登場する「メタ認知能力」については,
わかりやすく説明され,私自身の理解にも役立った。
(ちょっぴり自信を持っちゃいましたよ!)
ぜひ一読をオススメします。

WBC 2013(その2)

日   本 0 0 0 0 0 0 0 2 1 計 3
キューバ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計 1

昨日も上記の練習試合がキューバとの間に行われた。
キューバは若い選手で将来大リーグで
活躍しそうな選手がたくさんいた。

試合は終盤の8回以降に動いた。
日本が先制点をあげると,キューバも初得点。
しかし,日本は9回にキューバを突き放した。

山本監督は就任以来,2連勝。
ほっとひと息だろう。

2012年11月18日 (日)

「ハモネプ★スターリーグ2」放送決定!

今朝フジテレビを観ていたら,
「ハモネプ」の放送の告知があった。
明後日午後7時からやるそうだ。

あわててハモネプの公式サイトを見たら,
以下のように載っていた。

「カスペ!『芸能人アカペラ選手権 ハモネプ★スターリーグ2』
11月20日(火)夜7時放送!
芸能人が己の意地をかけて戦う『ハモネプ★スターリーグ』の第2弾!
今回も芸能各界から名乗りを上げた個性豊かな9チームが参加!
果たして頂点に立つのは、どのチームなのか!?」

ビデオ録画しながら観る予定。

昭島サークル 2012年11月例会

昨日は午後から上記の例会
(正式名は,「たのしい教師入門サークル」)に参加してきた。

会場は,昭島公民館。
参加者は,25名。
資料は,以下の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 佐竹さん「そんなの わかんないよ~問題に怒る女の子」
(2) 佐竹さん「チョコチョコ日記4~今日の授業は寝ちゃうかもしれません」
(3) 山路さん「大学生にもできるスポイト競争」
(4) 小原さん「僕の大好きな資料(1)~「ぼくのりかい者」(原優里乃)」
(5) 原さん「おばあちゃん作文法」

(6) 荒居さん「くるくるタネ模型」
(7) 荒居さん「くるくるタネ模型「ロケット版SP」」
(8) 高野さん「“お話”を読む授業」
(9) 小原さん「「文章作法入門」研究会(竹内三郎さんをお迎えして)」
(10) 小原さん「お楽しみは金曜日のお弁当」

(11) 小原さん「自分が好きになれた自分の発見」
(12) 田辺さん「おもしろスピーカーの紹介」
(13) 田辺さん「(来春発行予定)ガリ本『たのしい担任ノート・春夏秋冬』(仮題)」
(14) 田辺さん「いじめを根源的に考えるために~いじめがなぜ起こるのか?」
(15) 佐藤さん「心を開くには」

(16) 綿貫さん「中さんの「今月のことば」~たのしい毛筆で掲示物」
(17) 小川さん「祝!『たの授』400号~ボクの教師人生の全てでした」
(18) 肥沼 「社会科の3つの教材の紹介~「憲法前文の歌」
  「いくつになったら,何ができる?」「裁判所へ行こう!」」
(19) 荒居さん「大きなたいこ小さなたいこ」
(20) 荒居さん「村の婚礼」

あと,手元に高野さんの「たのしい模擬授業を目指して」と
森戸さんの「合唱コンクール必勝法」が残りました。
私が来る前にやったのかどうなのか不明です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼児から学生&院生,若手&中堅&ベテラン教員まで,
ありとあらゆる人たち?を含むたのしい例会でした。

初参加らしき大学生に「HP&ブログ」の宣伝パンフを
渡しておきました。訪問してくれたかな?

肥さん年図 2012

まだ11月で,今年はあと1ヶ月あるけれど,
テストの採点も終って時間ができたので,
毎年作っている「年図」を書いてみた。
ご笑覧下さい。(去年に引き続き,
充実した1年だったことがわかるでしょう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①冬の大会(愛知県刈谷)。スキー教室(長野県湯の丸高原)
②「古田史学会報」2月号に「古代日本ハイウェー」の論文掲載
③「ありがとう,1年2組!」を作る
④3年2組の担任となる。人権教育担当。ミニ授業書《オリンピックと平和》
⑤修学旅行(京都・奈良)。社会科サークルで上記授業の報告↑
⑥学総体(3位)
⑦夏の大会(宮城県松島)
⑧初めての被災地訪問(東名,野蒜)
 埼玉の会で「世界の国旗」「道徳プラン・オンパレード」の講師
 校内研修会で〈障害者とは?〉を行う。明星大学で4日間の免許更新
⑨体育祭で準優勝。被災地訪問(女川,石巻)
⑩被災地訪問(気仙沼)。新人戦(1位で県大会へ)
⑪被災地訪問(気仙沼,南三陸町,石巻)。合唱コン(金賞で親善音楽会へ)
 第9回古代史セミナーにて「古代日本ハイウェー」を発表
 社会科サークルにて「被災地への訪問で考えたこと」報告
⑫被災地訪問(陸前高田,釜石)
 社会科サークルFWで「東山道武蔵路を歩こう!」の講師
 道徳の研究授業「風に立つライオン」(12月は「予定」です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年までと違うのは,今年被災地訪問に6回行ったことです。
私なりのボランティアの形を模索した結果,実施してみました。

2012年11月17日 (土)

第3回定期試験(2日目)

昨日は4時間テストが行われ,
そのうち3時間がテスト監督だった。
残りの1時間も具合が悪い生徒の
別室での監督として派遣されたため,
ほとんど「空き時間」はなかった。
(その代わり,時間調整で少し早く帰れ,
自宅で休養することができた)

今回のテストは,3年生と1,2年生が
別日程で行うところから,
他学年の「出授業」などもあるので,
テスト監督が厳しい状態になっている。

とはいえ,一昨日は3時間で終わり,
昨日も4時間だった(専門委員会はあった)ため,
少しは体と心を休めることができたと思っている。
テストの採点を日曜日までに終らせて,
今度は進路や道徳の研究授業に力を注ごう。

WBC 2013

キューバ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計 0
日   本 0 1 0 0 0 0 1 0 X 計 2

久しぶりに見たプロ野球の選手たちは,
溌剌(はつらつ)としたプレーで私を魅了した。
サッカーのW杯出場はほぼ手中にしたので,
今度はWBC3連覇の夢に賭けよう!

次の試合は,18日(日)。
今後強化試合・壮行試合などを行い,
正規の試合は,以下の通り。

☆ 第1ラウンド (総当りリーグ戦)
A組(日本、中国、キューバ、未定)
 日本・福岡 ヤフードーム
3月2日(土)~3月6日(水)

☆ 第2ラウンド (ダブルエリミネーション方式)
1組(A組 1、2位、B組 1、2位)
 日本・東京 東京ドーム
3月8日(金)~3月12日(火)

☆ 決勝ラウンド (準決勝、決勝)
(各組上位2チーム)
 米国カリフォルニア州・サンフランシスコ AT&T Park
3月17日(日)~3月19日(火)

2012年11月16日 (金)

第3回定期試験(1日目)

昨日は社会科のテストが行われた。
ということで,即日1クラス採を点してみた。
平均は55点ぐらいで,。
範囲の広さに対応できていないのか
予想よりちょっと低め。

1日1クラスのペースで採点すると
日曜日までに終るので,
それでいこうと思っている。

週明けはテスト返しからスタート。
政治分野は終っているので,
経済的分野での授業が始まる。

「ハンバーガーショップの店長になってみよう」
「株を買ってみよう・売ってみよう」
「私の商品開発」など,
いくつかやってみたい授業がある。

来月の道徳の研究授業

11月28日(水)に多くの先生は研究授業があるが,
その時私は授業を公開しない。
その代わりに12月11日(火)の5時間目に
所沢市内の道徳部会の研究授業をする予定だ。

この時間に何を行うかについては,
「仮説」を中心にいろいろ検討してきたが,
(仮説社の竹内三郎さんにも相談に乗っていただいた)
もうそろそろ決定しなくてはならない。
(「仮説」のめぼしいものはすでにやってしまった)

そこで,以前1回経験のある,そして3年生にもふさわしい,
「風に立つライオン」をやる案が急浮上した。
これは歌手のさだまさしが作った曲(モデルの人物あり)で,
恋人と別れアフリカに渡った若い医師の物語だ。

現在は道徳の副読本にも載っていて,
発問も一応書いてあるし,
(我がクラス用に差し替える必要があるかも)
何よりこの曲のDVDを前回の時入手しているので,
これが使える(けっこう長い曲だ)。
最後に感想を書いてもらう時間も取ると,
けっこう逆算ができる感じだ。

導入は知ってしまうと楽しめないのでここには書けないが,
合計10分程度やれる内容を用意している。
これらを整理して書いてみよう。

(1) 導入(10分) まだ秘密・・・
(2) 展開(27分) モデルの人物に焦点を当てた発問①
            同②
            同③
(3) まとめ(13分)「風に立つライオン」を聞く
            感想を書く

だいぶイメージが湧いてきた感じがする。
テストの採点が週末には終るので,
次の仕事としてやることにしよう。
講師の先生(新任の頃の同僚で,今は小学校の校長)にも
早めに届けておく必要があるし,
メモは書くので,指導案の形にしてくれるように
道徳主任の先生と話がつけてある。
また,進展したらここに書くことにする。

2012年11月15日 (木)

12月の楽しみ

もう今年もあとひと月余となってしまった。
今年最後の「○月の楽しみ」である。

12/1(土)・・・新所沢たの授サークル。夜行バス乗車
2(日)・・・被災地訪問(陸前高田,釜石)
3(月)・・・『たの授』12月号

8(土)・・・社会科サークルのフィールドワーク
      (東山道武蔵路を歩こう!西国分寺駅,午前10時)
      夜,飯能・日高サークルの忘年会

11(火)・・・道徳の研究授業(何をやろうか,思案中)

15(土)・・・昭島サークル

23(日)~24(月)・・・カウントダウン研究会
     (仮説実験授業提唱50周年,横浜にて)

26(水)あたり・・・『たの授』1月号

「紅葉」中

16日(土)に衆議院解散,
来月の16日(日)に総選挙・・・と
急速に変化しているのは政界だけではない。

トトロの森に隣接する我が校の木々も
日々紅葉化をおし進めている。
要はそれを見る心の余裕があるかどうかだ。
ふと思い立って校庭を1周してみた。

015_2

016

017_2

018_2

019_2

020_2

021_2

自然の大きな変化に気づいて,
そういえば我がクラスの自然(生徒)たちは・・・と。
こんなに大きく変化する前に
ぜひ気づいてあげなければと思い直すのだった。

もちろん春の修学旅行,夏の体育祭,
そして秋の合唱コンと急速な成長振りは,
この「夢ブログ」でもお伝えしてきたところではあるが・・・。

2012年11月14日 (水)

社会科サークル 2012年11月例会

昨日は上記の会に参加した。

参加者は,篠原さん,大石さん,森田さん,早川さん,
宮崎さん,坂屋さん,そして私の7名だった。

おみやげ資料は,篠原さんから「ゼロ戦のエンジン音公開」パンフ
(航空公園で行われる予定。行ってみたいな)と
早川さんから自ら監修の『月刊・ジュニアエラ』(朝日新聞出版)。
私の「いくつになったら,何ができる?」「裁判所へ行こう!」
「日本国憲法前文の歌(楽譜)」の3点と
宮崎さんの「東京新聞の記事」(被災地のためのお金の流用等)。

メインの報告は私で,「被災地を訪問して考えたこと」。
仮説実験授業の夏の大会(宮城県松島)をきっかけに,
夏から秋にかけて宮城県の各地を5回訪問した。
その際撮った30枚ほどの写真パネルと
ここ数ヶ月この「夢ブログ」に書いてきた文章をもとに,
私がやってきたことを報告させていただいた。

013_2

私のスタンスとしては,自らが被災地を訪問し,
現地の「今」を生徒たちに報告することが
「私の1番のボランティア活動」であるということである。
また,それが教員をやっている「特権」であり,
私自身の「学び」でもあるということ。
それが被災地の復興に直接つながるものではないが,
「被災地のことを忘れない」という意味で一助となれば幸いだ。

いつものメンバーのほかに,
「夢ブログ」の読者である坂屋さんも駆けつけて下さり,
うれしい限りだった。ありがとうございました!

私の行った5回の訪問は宮城県ばかりだが,
原発事故のあった福島県では,
放射線の問題など,さらにものすごい被害がある。
また,この2県以外にも被災した県があるわけで,
私の「被災地訪問」はまだまだ続きそうだ。
とりあえず12月1~2日の釜石・遠野への訪問を予告して
今回は筆を置くことにしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【12月例会=フィールドワーク】

「東山道武蔵路を歩こう!」と題し,フィールドワークを行います。
12月8日(土)午前10時,JR西国分寺駅改札の中に集合。
徒歩で国分寺・国分尼寺周辺を散策します。
その際7世紀半ばに作られ8世紀半ばに廃棄された
謎の「東山道武蔵路」を歩きます。
この「古代日本ハイウェー」を誰が作ったかについては,
昨年肥沼孝治氏(埼玉県の中学社会科教師)により
「古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した軍用道路か?」
という新説が出され,一部の歴史関係者の間で話題を呼んでいます!
「この際,彼を講師に呼び思い切り語ってもらおう!」
というわけで,今回のフィールドワークが実現しました。
ご用とお急ぎでない方は,ふるってご参加下さい。
2時間ほど散策して,昼食時に解散の予定です。

見学予定地 ~ 原始時代の敷石遺跡,鎌倉時代の切り通し,
国分尼寺,国分寺市立四中内の歴史資料館(白鳳仏あり),
国分寺,資料館,東山道武蔵路など

『月刊 仮説実験授業のある人生 13』

最近の「愛読書」は上記のガリ本だ。
西尾たのしい授業の会の手嶋唯人さんと
井上勝さんが月刊で出している。
(題名もなかなかいい!)

014

70部発行だが,内容がいいので
毎月「売り切れ」を心配しながら
ガリ本プレゼント(会員内の有料の注文システム)の
ハガキを送っている。

13号も半分読み終えたところだが,
斉藤裕子さんの講演記録「私が大切にしていること」や
松木文秀さんの「《溶解》第3部授業記録」など,
読み応えのある文章がたくさん掲載されている。

昨年から始まったこのガリ本。
どこまで続くのかそれはわからない。
しかし,若い先生たちの成長は明らかで,
ベテランの先生たちが読んでも
大いに刺激を受けるものと思う。

2012年11月13日 (火)

本日社会科サークルで報告します!

本日社会科サークルで報告します。
「被災地を訪問して考えたこと」という題です。
お時間のある方は,ぜひおいで下さい。

場所は新所沢公民館で,
時間は午後6~8時くらい。
「社会科サークル」の会員でなくてもOKですし,
お金も無料です。

(1) 夏から秋にかけての5回の訪問で撮影した30枚の写真パネル
(2) 被災地を訪問して考えたこと
(3) 被災地を訪問するための方法・コースなどの手引き

こんな感じで構成したいと思っています。
被災から1年8ヶ月。
「忘れないこと」が「復興の第1の手助け」となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで避難勧告を出し続けた南三陸町の防災庁舎

008_2

多くの犠牲者を出した大川小

009_2

010_2

011_2

012_2

火災被害のあった門脇小

004_2

006_2

母のお見舞い 11/12

昨日は年休を3時間いただいて,
(実際には「調整時間」として処理できた)
母のお見舞い(主な仕事は保証金の支払い)に行ってきた。

(1) 東村山の実家に寄る

自転車で30分かけて,実家へ。
お世話になっている店子のТさんにあいさつ。
家に異常がないのを確認する。

(2) 病院にお見舞いに行く

さらに自転車で30分かけて,病院へ。
昨日の主な仕事は,保証金の支払い。
10万円を事務室で支払い,領収書をもらって病室へ。
母のいるところへ向かう途中で,
リハビリ担当のRさんと会い,お話しする。
母は元気そうな顔で生気が戻っている感じがする。
入院時は腰痛がよほどつらかったのだろう。

(3) 自宅へ

大きく三角形を描くように自転車をこいで,
自宅に戻ってきた。これも30分。
(私はこのコースを「冬の大三角形」と命名した!)
お見舞いだけなら1時間で済むが,
実家も時々は寄らないと心配だし,
それも兼ねてだと最低2時間の余裕がほしい。

だが,冷蔵庫の片付けと保証金の支払いという
二大イベントを終えたので,これからは
週末に弟が行き,水曜日あたりに私が行くという
緩やかなペースでやっていこうと思っている。

2012年11月12日 (月)

古代史セミナー2012 (2日目)

昨日に引き続いて,古代史セミナーの報告をする。
会場は八王子の大学セミナーハウスである。

●午前8時~9時 朝食とチェックアウト

003_2

●9時半~12時 参加者による研究発表

(「従軍慰安婦」問題についての話が
女性の参加者よりあった)

・1番目は加藤さんで,人物画像鏡についてのものだった。
・私の「古代日本ハイウェー」は ,2番目だった。
(あじすきさんに何枚も写真を撮っていただきました。ありがとうございました!)

010_4

007_2

008_4

・ほぼ「古田史学会報」に書いたストーリーで話させていただいた。
4人の方に質問していただいた。さらに勉強を積み重ねていきたい。
・続いて西坂さんの「古代官道」等の発表。
・映像的な資料もたくさん観ることができた。
この官道は馬車道であったということが強調されていた。中心は難波京?太宰府?
(謡曲に「奈良」から「太宰府」に行くことを「上る」という表現が出ているらしい。井上情報)
・4番目は,「もっと堂々と「道場破り」しよう」という男性(名をもらしました。ごめんなさい)
・5番目は,角田さんで「「ヤマト・倭・やまと・大和」の起源を解く」
・6番目は,柳澤さんの「刻木結縄」

●12時~1時 昼食

001_2

●1時15分~3時35分 講演と質疑応答(3)

002_2

・「続日本紀」の文武天皇の「遺言」から
神功皇后は天皇だった?という問題
古典文学大系「日本書紀」344ペ参照
(ここからしばらく記憶が・・・)

009_4

・「寛政原本」について
他の人と秋田孝季との筆跡の比較
・寧波(にんぽう)から高砂族がやってきた
高天原(たかあまばる,神聖な水が出る集落)
天の浮橋(船に乗る時の補助板)
天の沼おと(小銅鐸の鳴る音)
・「古事記」についての本居宣長の誤読
・結婚式などでやる「高砂」。離れていても2人の気持ちは1つで・・・
・三郡誌「天正から数えて2500年前」=紀元前923年の稲作伝来
今のC14測定に合っている。
・君が代~今の福岡の「千代」を中心とした歌
・和田家の親子関係や村岡師との関係
・三郡誌を巡っての家族の葛藤(喜八郎氏の10代の頃のこと)

●3時35分~3時50分 休憩(コーヒーブレイク)

・この時間にアンケートを書いたりもした。
・勇気を奮って研究発表もさせていただき,充実した2日間だった。

●3時50分~5時 講演と質疑応答(4)

・「従軍慰安婦」問題,再燃。古田氏の立ち位置をきっぱり声明された。
・松本深志高校の生徒と教師の関係(24時間のつながり)。
・国家や宗教は人間が作り出した「道具」である。
・ゲルマン民族の大移動→「大侵略」というべき。トロイヤ戦争も大侵略。
・火あぶりにならなかった女性たちの運命は・・・。
・イエス=キリストが育った生活環境。愛すべき若きイエス。
・秋田孝季は長崎で生まれた。父はロシア語の通訳だった。
父の死後,母が三春藩の殿様の後添えとなり,利発さを可愛がられる。
・金のありかを地図で探し当て,幕府への借金をその3分の2で返済。
残り3分の1で秋田家の歴史を書く仕事の資金とする。
・2部とも焼失したが,幸い写しが残り(寛政原本),
それを和田家の人たちが写し(明治写本),現在まで伝わっている。
・終わり30分くらいで発表者たちの発表内容についてのコメント,
(九州王朝が行った可能性はあるが,各地でも行ったのではないか等)
参加者のアンケートについてのコメントをされた。
古田氏の誠実さが感じられた。

●5時過ぎ 閉会

006_2

来年も11月9日(土)~10日(日)という日程で,
古代史セミナーが行われる。
また「研究発表」のコーナーに名乗りを
上げられるように,この1年古代史研究に励みたい。

今回の研究発表の資料

今回の研究発表に使ったのは,以下の2つの資料である。

(1) 「古田史学会報」を掲載した
 昨年度の「2組かわら版」をA3判に拡大したもの

012_2

(2) 肥さんのホームページ&
 肥さんの夢ブログの宣伝用パンフレット

011_2

2012年11月11日 (日)

古代史セミナー2012 (1日目)

毎年11月に八王子の大学セミナーハウスで行われる,
古田武彦氏の古代史セミナーに参加してきた。
(2004年から始まり今年で9回目。
私は3回目の2006年から参加している)
今回は87名もの参加があり,大盛況だった。

●午前11時半~ チェックイン 

・到着早々西坂さんからコピーさせていただいた国分寺周辺マップ。
 2つの搭の向きは東山道武蔵路と並行していた!
 つまり国分寺を建てる前にもっと古い建物(搭付き)があったということだ。
 これに関係ありそうなのが,古田史学の会・四国の勉強会で
 今井久さんが2012年9月にされた報告で,「伊予国分寺と白鳳瓦--
 国分寺制度を最初に創ったのは誰か」というものだ。
 国分寺も,私たちによる「多元的な解明」を待っているのではないか。
      
006_2

合田洋一さんからサインしていただく

010_2

●午後0時~1時 昼食 

005_2

●午後1時半~3時半 講演と質疑応答(1)

007_2

・松下見林は「最初に結論ありき」で,松本清張は「最後に結論なし」
・辛亥鉄剣の「臣」は「豆」(トウ)かもしれない
・古事記の「遠飛鳥」と「近飛鳥」。飛鳥の「原産地」は,小郡市井上である。
・尾崎康著『正史宋元版の研究』(汲古書院)を読んでいる。1万8000円だが,面白い
 「間違いが多い」から「にせもの」とは限らない。かえって改竄がされていない証拠かも
・2回も天子の幡の「黄」が出てくるのではなく,2回目のものはリッシンベンが付く。
 これは何らかのトラブルの意味で,「それが原因で死んだ」という方が流れがスムーズ

●30分ほど記念撮影と休憩(コーヒーブレイク)

Photo_2

●午後4時~午後5時45分 講演と質疑応答(2)

・古事記は本居宣長によって,かなり「改竄」されていた
・高天原とは,黒潮圏の清水の出る集落の意味
 それを宣長は空想上のイメージに膨らませて解釈した
・実際天の浮橋は陸地から船に乗る時の細長い板のことであり,隠岐では今でも使用

元朝日新聞の茂山さん,ペンネーム村上寅七こと中村さん,
アイヌ関係のことを研究している近藤さん,
『地名が解き明かす古代日本』の新著を書いた合田さん,
竹島のことに詳しい林さんなどの紹介があった。

●午後6時~7時 夕食

008_2

●午後7時半~午後8時半 懇親会「古田武彦先生を囲んで」

004_2

宗教の役割は終った,学校を教育工場にしてはならない,
1000年先の読者に向けて書け!など,刺激的な古田氏のお話だった。
そのあと,3~4人質問した人がいた。

では,お休みなさい!
料金を1500円上乗せしただけで,
4人用の部屋に1人で泊まれて,リッチな気分!!

009_2

本日は午前中,参加者による研究発表だ。
私も「古代日本ハイウェー」について発表し,応援をお願いするつもり。
(西坂さんも「多元」用の原稿(私の「古田史学会報」への掲載も,
ちゃんと載せてくれている)を持ってこられているし,勇気100倍だ!)

「古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した軍用道路か?」年表

本日古代史セミナーの中で,
上記の発表をする予定である。
そのための年表を作っておくことにする。
(もうそろそろ1年経つんだなあ~)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年11月29日,NHKのBS2で「古代日本ハイウェー」の再放送

12月3日,初稿を「夢ブログ」に掲載。
「古代日本ハイウェー建設と廃棄」の仮説。
古賀達也さんにメールしたところ,好感触の返信をいただく。

4日,「覚え書き」を掲載。

5日,「今後の予定」を掲載。
本木雅康著『古代官道の歴史地理』(同成社)入手。

7日,「早朝の踏査サイクリング」を掲載。
原稿の「下書き」を書いて,古賀さんにメールで送る。

8日,古賀さんより「古田史学会報」に「採用」のメール!(2012年2月号)

9日,「下書き」を整理した決定稿を古賀さんにメールで送る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わずか10日の間によくやったものだ。
勤めの中学校もあるのに・・・。(昨年担任した1年2組のおかげ?)
やはり楽しいことはすべての原動力なんだね!

今日は何の日? 11/11編

「11月11日」で検索したところ,
以下のような「記念日」になっていました。

食品類で
「いただきますの日」
「麺の日」
「ポッキー&プリッツの日」
「きりたんぽの日」
「もやしの日」
「鮭の日」
「ピーナッツの日」

日用品類 で
「コンセントの日」
「靴下の日」
「下駄の日」
「ライターの日」
「鏡の日」
「電池の日」

その他
「サッカーの日」
「ゆびリンガルの日」
「折り紙の日」
「煙突の日」
「コピーライターの日」
「磁気の日」

といろいろ出ていました。
気になるものがあったら,調べてみては?

2012年11月10日 (土)

「ブルーマン」現る!

昨日は上が青のトレーナー,下も青のジャージという
とても意表をついた?超コーディネートで学校に行った。

何か言われるかなあ,と思っていたら,
さっそく生徒から・・・・
「あっ,ブルーマンだ!」と声がかかった。
(ちなみに青色は,各学年の2組のクラスカラー)

ブルーマンのおかげで私の服装も,
時代の最先端のものと勘違いされることとなった。
ありがとう,ブルーマン!

※ ブルーマンとは,英国出身の3人組の
 パフォーマンス集団のことである。
 これを体育祭のキャラクターとして3年2組は採用した。
 ただし,彼らは顔が青色で,衣装は黒色である。


親善音楽会の翌日

昨日は親善音楽会の翌日だった。
親善音楽会に付随するいろいろなことがあった。

(1) 親善音楽会についての学級通信と集合写真の配付
(2) 朝読書の時間に親善音楽会の感想を書く
(3) 親善音楽会の鑑賞記録の回収する(30人ほどが提出)
(4) 親善音楽会の講師2人の講評と大家F先生の感想の紹介
(5) プロによる録音テープの鑑賞(だいぶ印象が違った)

今後プロの写真屋によるステージ写真の販売もあるから,
まだ親善音楽会との縁は続きそうだ。

昨日は定期テスト6日前でもあったので,
気分を切り換えるために
「進路でも「金賞」を取ろう!」を合言葉にした。
(週が開ければ「定期テスト3日前」だ)

PS 何人かの他クラスの生徒たちが,
どのような賞をもらったのか質問してきた。
コンクールと勘違いしているようだった。
しかし,「けっこういい方だったと思うよ」
とは答えておいた。
それは私の正直な感想でもあった。

母のお見舞い 11/9

昨日は三者面談の最終日だった。
それを終え,グッズを職員室にしまうと,
私は母の入院する病院へと向かった。
合唱コンや親善音楽会についての
学級通信を何枚かとじておみやげとした。
(母も合唱をやる人である。パートは「アルト」)

病院では夕食を食べたあと,食堂でくつろいでいた。
やはり実家に残してきた冷蔵庫の食物について
腐ることを心配していたので,
実家に行って処分することにした。
(コップ2個の購入は弟に任せることにした)

自転車を走らせること数十分で東村山の実家に着く。
アパートの店子であるТさんにアドバイスしていただき,
冷蔵庫の中身で腐る心配のあるものを仕分けした。
その結果,卵20数個などはTさんにもらっていただき,
残りのものは処分することとなった。

Тさんは「私が分別してゴミの日に出すから」と
言って下さったが,普段布団干しまで
していただいているので,そういうわけにはいかないと,
新所沢まで自転車でゴミ袋3個の荷物を運搬した。

そして,30分ほどかけて,
「生ゴミ」「プラスチック」「ビン・缶」の3つに分けた。
これにて一件落着。

学校を出たのが午後5時で,
ゴミの分別を終えたのが午後8時だったから,
合計3時間の労働だった。

次回のお見舞いは,12日(月)に年休(3時間)を取り,
保証金を事務室に納めに行く予定だ。
このお金で入院費の大部分を払う。
(入院1ヶ月だと,試算で
12万円ほどかかる予定だそうだ)

2012年11月 9日 (金)

親善音楽会に参加して

昨日今年度の親善音楽会がミューズで行われ,それに参加してきた。
会自体がとても素晴らしいものだったし,
我がクラスの歌った「遥かな時の彼方へと」と「そのひとがうたうとき」も
ミューズの大ホールによく響いていた。
とても幸せな気持ちになれる,いい親善音楽会だった。(天気も秋晴れ)

開会式には発声練習も兼ねて「夢の世界を」の全員合唱があった。
よく声が出ていて,早くもいい会になることが予想された。
そして,午前中8校,午後の7校,計30曲の演奏が行われた。
校内の合唱コンクールの1.5倍の量である。
しかし,これがまったく苦にならないほど,緊張感のあるものだった。

「虹」「走る川」「信じる」などは各4校の競演だったが,
同じ楽譜からこれほど違う演奏が生み出されるとは,
お釈迦様でもご存じないだろう。(芸術の神・ミューズはご存知だったかも!)

親善音楽会の閉会式には「表彰」という項目が出ている。
しかし,これは参加校に順位をつけるためのものではなく,
どの演奏もとても素晴らしかったということを
確認するためのものであったと記憶している。
(合唱はその学校によって,かなり条件,背景は違うので)

確かに15校を聴き比べれば,どの学校の歌が
どのようなレベルだったかは,素人の私でも大体わかる。
しかもそれぞれの学校で金賞をもらったほどの実力の持ち主たちだ。
自分たちの歌がどのぐらいのレベルにあったかは,直感的に分かるはずなのだ。
だからあえて優劣をつけるようなことはしない。

私は8年前に1度参加させていただいた時,そのことを感じた。
自分たちも頑張ったが,上には上かまだまだいることも知った。
そして,それと共にいい合唱を追求していくためには
まだ自分たちにやるべきことがあるということを・・・。
つまり親善音楽会という祭典に参加できたことの幸せを
強く感じて帰ってきたのだった。今回の親善音楽会も同様である。
この幸せな気持ちこそ,参加した者への最大のプレゼントなのだった。
(末筆ながら,ご指導いただいたS先生(指揮も)・N先生(伴奏も)と
ご参観いただいた校長先生・M先生に感謝申し上げます)

(1) 航空公園の芝生での朝の練習

001_2

(2) 調子が出ない時は,すぐパート別練習に切り換える

002_2

(3) 航空公園の芝生で昼の練習(出演前)

003_2

(4) クラスの集合写真(帰る直前)
  すごくいい表情で撮れているゆえ,掲載は遠慮します。
  生徒たちには配付する予定。

コメント欄について

私の「夢ブログ」にはコメント欄がある。
毎日書いている文章について,
読者の方がどう思ったかを書いてもらうためである。

そして,書いていただいたコメントの95%は
そのまま掲載させていただいてきた。
(ダイレクトではなく,間接掲載ではあるが)

しかし,以下のような場合には掲載しない。
「やめてほしい」という意思表示だ。

(1) 明らかに「荒らし」と思われる場合

(2) 事実誤認や私に説明責任がない場合

(3) 名無しの場合(ハンドルネームもなしとは・・・。
 ただし,内容が「建設的なもの」は掲載することもある)

私も10年以上にわたってHPやブログを開設してきた。
勝手なコメントを許していたらどうなるか,身をもって体験してきた。
その点をご理解され,今後ともご訪問をよろしくお願いします。

2012年11月 8日 (木)

馬場俊英 の「弱い虫」

「馬場俊英が今思って・感じていることをすぐ歌にして、
ユーザーに届けるという EXPRESS CD シリーズ、
2012年3部作の完結編。
昨年のツアーで披露して以来、 ライブでダントツの人気No.1」
というふれ込みで11月にCD化されたという大曲。

私は今朝「めざましテレビ」の中で,
(正確には,その直前の「めざにゅ~」かな?)
パラパラ漫画の映像とともに聴いただが,
とてもいい歌だと思った。

子どもだけでなく,社会自体の中にもある,
いじめ・差別の構造を深く考えさせる曲だと思う。
以下のサイトで試聴できるので,ぜひ聴いてみて下さい。

馬場俊英の「弱い虫」.

しょせん僕らは「弱い虫」なのだから,
そこから出発していじめ・差別のない未来を創っていこうよ・・・
そういうメッセージなのではないかと私は思う。

「合唱コンクールの反省」アンケート

上記の題名のアンケートを先日書いてもらった。
当日金賞をいただいたこともあって,
事前・当日ともに,ほとんどが◎=大変よい,
○=よいで埋め尽くされていた。

後半は自由筆記で,「この合唱コンクールで
何を学びましたか?」というものもあった。

(1) 歌うこと(合唱)の楽しさ,喜び ・・・12人
(2) 団結,協力の大切さ,絆など・・・24人
(3) その他(達成感,体育祭とは違う団結力,
  引っ張っていく人の大切さ,一生懸命やる楽しさ,
  「合唱」の意味,他の人たちをも楽しませるということ,
  協調性,みんなで創り上げる良さ,クラスの大切さ,
  学年全員の団結力など)

体育祭,合唱コンクールの二大行事を通して,
生徒たちはとても大切なことを学んだようだ。

PS 本日はいよいよ親善音楽会。
あの日と同じ会場・所沢市民文化センター・ミューズで,
「遥かな時の彼方へと」「そのひとがうたうとき」を,
今度は市内14校の前で披露してくる。
どんな会になるか,期待でワクワクしている。
我が校は15校中14番目に登場する。

母のお見舞い 11/7

午前中の授業,午後の三者面談,夜の母のお見舞いと,
昨日は目の回る1日だった。
特に忙しい日常に「お見舞い」がプラスされることは
相当の負担で,弟と連絡を取りながら,
この1ヶ月を過ごしていきたい。

エピソード1・・・母に頼まれて西友の女性下着売り場へ。
 うろうろして怪しまれてはいけないので,店員さんに
 「母が入院して,これらを買って来いと頼まれました」
 と言ってメモの紙を見せ,みつくろってもらった。
 これで「ピンチ」を切り抜けることができた。(^-^;
 店員さんには「お大事に!」と言ってもらった。
 ちょっぴりうれしかった。

エピソード2・・・時間と体力があれば自転車でも行けない
 距離ではないけれど,さすがに平日の仕事の後のお見舞い。
 タクシーを使って行くことにした。行き+待機+帰りで
 3680円かかった。これでは毎回タクシーというわけにも
 いかないなあ。(しかし,「面会時間」は午後7時までなのだ)

エピソード3・・・母との会話で,「トイレに行ったら,3日分の
 ものが出たよ」(笑)と言っていた。快食・快便,大いに結構!
 あっ,お食事中の方,どうもすみません!

2012年11月 7日 (水)

最近うれしかった言葉

言葉の使い方によって,
人はうれしくなったり,悲しくなったりする。
最近のうれしかった言葉をいくつか。

(1) 「金賞おめでとうございます!」

あるクラスのある男子が言ってくれた言葉。
合唱コン直後でくやしい気持ちもあると思うが,
それを抑えて言ってくれた。
もちろん私の返事は「どうもありがとう!
○組の「○○」もとても良かったよ」

(2) 「合唱コン,ご苦労様でした!」

三者面談で保護者の方から言われた言葉。
「いえいえ,今年は生徒たちのお陰で,
とても楽をしたんですよ」と私。

(3) 「すてきなコメントありがとうございます」

ブログ仲間(大阪の院内学級の先生)のすーさんから。
私の書いたコメントに対して,このお礼の言葉。
どうです,またコメントを書きたくなるような気がしませんか?

言葉はいろいろな使い方があって,
相手の人を喜ばせたり,悲しませたり,
いろいろな作用を及ぼす。

でも,あまり意地悪な言葉を発していると,
顔や性格までそうなってしまうのじゃないかと思う。
最近の脳の研究だと,「うれしいから笑う」のではなく,
「笑うからうれしくなる」ということらしい。

これを応用して考えると,
「意地悪い性格だから意地悪い言葉を言う」のではなく,
「意地悪い言葉を言っていると意地悪い顔や性格になる」
とは言えないだろうか?

どなたか心理学にくわしい方,
教えていただけたらうれしいです。

最初の「道具」は石器か?

『たの授』11月号は「漢字教育」の特集で,
板倉聖宣さんが「漢字教育覚え書き」という文章を寄せている。

そのなかで,「たいていの漢字の本には,
「甲骨文字が最初」と書いてあるが,本当かどうか疑わしい」
との議論を展開されている。

これと同様なことが歴史でもある。
「石器を最初の道具」としている問題だ。
石は腐らないので目につきやすいが,
もし「最初の道具」が木や竹だったとしたら,
腐ってしまって残らない。

なので旧石器時代を教えるときは,
このことに必ず触れることにしている。
この話は生徒たちにとって「目からウロコ」みたい。
「教科書を疑う」という力も養えるかも。

2012年11月 6日 (火)

三者面談 2012秋

昨日は三者面談の初日だった。
3年生は主に進路相談ということになる。

私は久しぶりの3年担任で,ドキドキして臨んだ。
しかし「昔とったキネヅカ」というやつを発揮して,
すぐ調子を取りもどした。
なにしろ合唱コンが終ったばかりで,
その話題から入れるのがうれしい。
特にクラスや学年や学校全体のことで
活躍した生徒の場合は,
いい話からは入れるので,進路の話もしやすい。

だいたい三種類に類別される。

(1) 希望校+おさえがしっかりしている場合
   → 特に変更がない限り,12月の三者面談は行わない

(2) いくつかの学校は上がっているが,絞りきれていない
   → 私立高校との個別面談に行くなどして確認。
     12月の三者面談で決定

(3) その他 

生徒たちにとっては,初めての経験だ。
できるだけ希望を尊重しつつ,話を進めていきたい。

なお,今週の木曜日は親善音楽会が入っていたため
三者面談の日から除いたが,
それは「担任の心意気」問題とは別に,
保護者の仕事上のローテーションに
ご迷惑をかけないようにするためでもある。
(昨年もそうされた先生がいるとのことで,
前例のないことではなかった)゜
その点勘違いをしている生徒
(すでに金賞は最初から決まっていた等)
がいたようなので付記しておく。

母の入院

午後6時前に帰宅したら,
留守電に「これから入院します」との
メッセージが録音されていた。
土日が休診で診(み)てもらえなかった
腰痛がひどくて入院を判断したようだ。

弟と連絡を取り合って病院に馳せ参じたが,
幸い大事には至らなかった模様。
車椅子でスイスイと病院内を移動していた。
(こんな元気な患者は,ほかに見当たらなかった)

主治医の先生の話によると,
ひと月ほど加療して帰宅する予定だそうだが,
「元気者の母のこと,この退屈な病院生活を
そんなに長く続けられるわけがない!」
というのが私の見立てだ。

とはいえ,世間的には77歳は高齢には変わりない。
せいぜい体の総チェックをしていただいて,
帰宅後の介護の度合いを上げる「努力」をしてほしい。

母は40代で1度乳がんをやったが,再発もせず
その後は健康を保っていきた。
まだまだ長生きして,息子たちに心配をかけてくれ!
そう願って病院をあとにした。

2012年11月 5日 (月)

新人戦・県大会 2012

昨日上記の大会のために,
児玉エコーピアというところに出かけてきた。
(顧問のТ先生の車に乗せていただいた。
生徒たちは保護者の方々の車4台に分乗で。
また,それとは別に「木村家の人々」にも,
遠くまで来ていただいた。
さらに,校長先生と教頭先生にも
わざわざ試合を見に駆けつけていただいた。
ありがとうございました! m●m)

昨年度は1年生中心のチームで
残念ながら県大会には進めなかったので,
この新人戦は満を持しての大会だったし,
市内予選は3戦全勝(直県)でコマを進めた。
(失セットもこれまでわずかに1つのみ)

相手は顧問のS先生も部員の生徒たちも
よく知っている花の木中(ふじみの市)だし,
なんとか戦えるのではないかと思っていたが・・・。
違いは守備力(サーブレシーブ)に出た。
攻撃力については決して負けてはいなかったが,
得意のアタックを打っても多くが拾われてしまい,
0ー2(22ー25,19ー25)で敗れてしまった。
スコアからいうと2セットとも悪く見えないが,
第2セットの方はもう勝負がついてからの得点で,
逆転を期待するのは無理だった。

せっかく第1セットのスタートで3得点を連取したのに,
それを生かせなかった。
また,第2セットのスタートで4連続失点したが,
そのあと5連続得点をあげたのに,
また3連続失点して再逆転を許した等,
波に乗るところで乗り切れなかったことが試合全体に響いた。
その点は相手の方が試合巧者だったといえよう。
(ジュニア出身者もいるらしい)

よく「攻撃は最大の防御なり」というが,
それは「防御は攻撃に勝(まさ)る勝利への近道」
とも言えるのではないかと思った。というわけで・・・
本日から守備力(サーブレシーブ)を強化する練習が
開始されることは「必至」である。
選手たちは「必死」の思いで取り組んでほしい。
協会長杯(春)と学総体(夏)のリベンジをめざして。

遠くまで生徒たちの移動でお世話になった保護者の方々,
いつも熱心に面倒を見ていただいている木村家の方々,
そして,休日返上で応援に駆けつけて下さった
校長先生と教頭先生。
県大会での初勝利を報告できなくて申し訳ありません。
半年後の春と夏を勝利をめざして
これからも頑張っていきますので,
今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

(1) 開会式

001_4

(2) 試合前のトレーニング

002_2

(3) 会場内の様子

003_2

三者面談(2012)に向けて

本日から三者面談が始まる。
3年生だから当然進路の話が中心となるが,
最初はやはり「日常」だと思うので
「生活面」と「学習面」のことに触れたいと思う。
(100点満点で何点か聞き,理由も言ってもらう)

そのあと,進路の話をするが,
単に高校受験の話だけでなく,
広く将来についても話してみたいと思う。
もちろんそれは人によるが,
短期的な「進路」ではなく,
長期的「進路」の話につなげることで,
逆に「今」が大切であることに光を当てたいからだ。

かく言う私も,中学3年ではまだ将来について
具体的なものは決まっていなかったので,
とりあえず都立高校の普通科を希望したし,
高校3年の時だって文学部(古典)か法学部か迷いつつ,
最終的に後者を選び,6校を受験した。
数が多いのは,絶対現役で受かりたかったからで,
幸い6校中5校が合格していて,
法政大学法学部法律学科に進学した。
(法・法・法と3つ法が付く)

もっとも1年の夏休みまでに方針変更。
3年からは教職課程を受講して,
社会科の教員を目指すことになった。
しかし,採用試験を甘く見ていたために,
大学4年で受験した東京都は1次で不合格。
翌年はばっちり勉強して,埼玉県に採用された。
もっとも1年間就職浪人したおかげで?
今も実践している仮説実験授業に出会うことができ,
たのしい教員生活も送ることができたので,
人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま=
意味:幸福や不幸は予想のしようのない事の例え)
と言えるかもね。

2012年11月 4日 (日)

合唱コンの翌日

昨日は合唱コンの翌日で,
大きな仕事を終えた心地よい疲れが
1日を支配した。

部活のほかにやったことは,
・写真の焼き増しと拡大写真パネル作り(みんないい顔してるね)。
・学級通信「2組かわら版」3号分(もちろん合唱コン特集)。
・合唱コンで撮影したビデオのダビング(各学年のものを2本ずつ)。
・サークルの部屋の予約(うまくいった!)
・実家訪問(母が軽いぎっくり腰になってしまったとのこと)
う~ん,良い事ばかりは続きません。

ところで昨日は,以前紹介したように,
我がクラスの合唱コン実行委員・Aさんの誕生日だった。
合唱コン自体も大成功だったし,
(Aさんは全体の実行委員長でもある)
クラスも金賞を獲得して親善音楽会に行けるし,
きっと最高の誕生日だったことだろう。

♪ハッピーバースデー,ディアAさん・・・,
ハッピーバースデー,トゥーユー(最後ハモる)♪ (o^-^o)

PS 昨日の午後に54万アクセス通過!
今年中には55万を越えるだろう。
GO,GO!

昨日の部活動 11/3

昨日は,午前8~12時半のコマだった。
男バレは翌日の県大会(相手は,花の木中)に備えて,
「最終調整」を行った。

朝6時半集合で,1時間半かけて
児玉エコーピアまで出かける。
選手たちは4台の車に分乗して会場に向かう予定。
保護者の皆様,お世話になります。m●m

練習後,ボールとカゴを準備した。
やる試合は1試合のみ。
自分たちの力が出せるかどうかが勝負だ!

2012年11月 3日 (土)

合唱コンで金賞をいただく

昨日,所沢文化センター・ミューズで
今年度の合唱コンクールが行われ,
見事に金賞をいただいたのでご報告いたします!

朝9時に航空公園の芝生に集合した時
1番最初に練習を始めた3年2組は,
他クラスの猛烈な追撃をかわし,
栄えある金賞を受賞した。
(1,2年の合唱も,それぞれ来年度を
期待させる素晴らしいものだった)

同時に今週の木曜日に同じ会場で行われる
所沢市内の親善音楽会に,
学校代表として出場することが決まった。
ありがとうございます!

今回の合唱コンは,何回も書いたが,
生徒たちが自分たちの力を出し合って
金賞を獲得したと言ってよく,
担任としてはその様子をブログで紹介し
学級通信に転載するという,
実に楽しい作業をさせてもらえた。
生徒たちに感謝したい。

前日と当日の練習の様子。
そして,金賞の賞状とトロフィーを
写真で紹介しよう。

(1) 前日の中庭での練習

014_2

(2) みんなで相談する

015_2

(3) 朝日を浴びるミューズの大ホール

016_2

(4) 航空公園の芝生での練習

017_2

(5) 円陣を組み,みんなで意思統一

018

(6) 開演前の大ホール内

024_2


(7) いただいた金賞の賞状

023_2

(8) いただいた金賞のトロフィー

022_2

合唱コンのエピソード今昔

私の合唱コンにまつわるエピソードを,
いくつか紹介しよう。

(1) 私が中学生の時は,今のような各校での合唱コンはなく,
  有志が集まって親善音楽会に参加したものだ。
  「1日に何度も」という母親への感謝を表現した作品を
  歌った記憶がある。

(2) 合唱コンでの金賞=親善音楽会出場は,
  8年ぶり2度目のこと。前回は小手指中3年3組の時で,
  「名づけられた葉」(合唱コン当日の曲)と「走る川」を歌った。
  親善音楽会では,プログラムの1番から4番の演目が,
  すべて「名づけられた葉」で驚いた。3年3組は4番目に登場し,
  最もゆったり歌った。同じ歌なのに,4校ともまるで表現が違った。

(3) 前任校向陽中の3年担任の時,原爆と平和への誓いを扱った
  「夏」という曲で本命だとささやかれていた。ところが・・・
  合唱コン当日に彗星のごとく現われて優勝をさらっていたのは,
  最終曲である隣のクラスの「人間」だった。今回はその時のリベンジ?

(4) 1年と3年の担任の時は,賞状をいただける率が6割。
  ところが,2年担任ではなんと皆無。退職までに1枚ぐらいは
  いただきたいなあ・・・。実は1度だけチャンスがあったのだが,
  その年は例の新型インフルエンザの流行の年で,
  ミューズから学校(向陽中の体育館)に会場が変わった上に,
  学級閉鎖になったクラスが1つあったために表彰は無しに!
  「幻の2年の賞状」となったのでありました。ああ無情。

(5) 昨日の朝の「めざましテレビ」を観ていたら,
  占いでおとめ座がまさかの12位(最下位!)。
  悪い内容の時は信じないことにしているが,少々心配に・・・。

2012年11月 2日 (金)

人事を尽くして天命を待つ

私は上記の言葉が好きである。
特に前半の「人事を尽くして」というところが大好きだ。
たとえ人事を尽くしたとしても,
「天命」が下されるかどうかわからない。
しかし,「人事を尽くした」という満足感があれば,
1つの大きな目的は達成できたといえると思う。
そして,たいていの事は,
「人事を尽く」した時には叶うものだ。
それを信じて,これからも「人事を尽くし」たい。

「夢ブログ」の熱心な読者・翔空さんのコメントに答えて,
私は以下のように書いた。

「いろいろなことが重なって(合唱コンについての)
異例の長期報告となりました。
まず,3年生担任だったこと。
(1,2年生と違って体育祭終了直後から取り組めます)
体育祭の時,1点差で優勝できなかったこと。
(その悔しさがバネになった)
私自身が6年ぶりの3年生担任だったこと。
(歌心のあるクラスで,久しぶりに金賞=
親善音楽会のチャンス)

最近の文章はすぐ転載して,
朝の会で学級通信として配付したので,
少しは合唱コンの役に立ったかなと思います。
これらは,クラスの生徒たちだけでなく,
音楽の先生や学年の先生など
半分ぐらいの先生たちにも配りました。

生徒たちの取り組みは,担任の私から見ても,
実に素晴らしいものでした。
体育祭と同様,あるいはそれ以上に,
合唱コンという行事に「火を付けた」と言っていいかもしれません。
それがどんな賞をいただくより評価してあげたい点です。
「3年2組の生徒たち,すごいよ!えらいよ!立派だよ!」と。」

「人事を尽くして天命を待つ」
さあ,合唱コン。
ミューズに向けて,いざ出陣!

防災博物館の構想

いくつかの被災地を訪問して,
また防災庁舎や門脇小の解体の話を聞いて,
思いついたことがある。

ぜひそれらの施設を集めた
防災博物館とか防災祈念公園みたいなものが,
東北地方にできないかということである。

震災の記憶と深く結びついている様々な施設は,
歴史の生き証人である。ぜひ後世に伝えたい。
しかし,現地の人からすれば,
悲しみを思い出す元になったり,
地元の復興の足かせになることも考えられる。

そこで,それらの施設を東北地方のどこかに集め,
防災について考える博物館を作ったらどうかと思うのだ。
それは,愛知県の明治村にヒントを得たが,
歴史的遺産の保存と地元の復興の両方が可能だと考える。

表紙のデザイン

ニフティのココログを使って「夢ブログ」を書いている。
この方式は「ワード」のワープロ機能が使えればOKで,
そんなに難しいことではない。
(機械オンチの私でもできるのだから)

むしろブログで難しいのは毎日の話題を見つけることで,
その点私は職業上も,趣味上も
大変恵まれた立場かもしれない。

中学社会は3年周期で教える内容が変わるし,
四季折々の行事が行われるからだ。
また,仮説実験授業や古田史学など,
「生きているうちに出会えてよかった~」
と思えるいくつかのものもあるので,
「書くことが思いつかない」という事態に陥ることは,
幸いあまりないといっていい。

表紙のデザインは,もっぱらココログのものから
お借りして使用している。(無料のやつ)
ココログを使っている人とは時々ぶつかってしまうが,
これまた四季折々のものが用意されていて,
「今度は何にしようかな」と考えるのも楽しみだ。

現在の「音符」はもちろん,今回の合唱コンをイメージしたもので,
私の力の入れようがわかるだろう。
私としては初めての使用だ。
合唱コンが本日行われるので,そろそろ「次」を考え始めた。
順当だと「もみじ」辺りだが,デザインの方もお楽しみに!

2012年11月 1日 (木)

門脇小 市教委が解体方針

先日私も訪問した門脇小(石巻市)について,
上記の新聞記事が今朝の朝日新聞に出た。

013_4

被災地の施設の解体・保存についての是非は,
今後復興にともなって必ず出てくると思う。
(南三陸町の防災庁舎についても同様の議論があると聞く)
ぜひそれらが解体されてしまう前に現地を訪問して,
生徒たちに自分が感じたままを伝えたいと思う。

今年中にもう1度「けせんライナー」を使い,
陸前高田や釜石を訪問しようと考えている。
よろしかったらご一緒しませんか?

2年1組との交流会

一昨日はいろいろなことが重なって
「大丈夫かな?」と思う場面もあったが,
昨日は元気が復活して自信を取り戻せた。
6校時の練習の際には,
「みんなで歌うとすごい合唱ができる!」
ということを再確認して,みんなで拍手。
それからは笑顔が戻り,
放課後の2年1組との交流会まで
それが継続していた。

2年1組との交流会では,
彼らが命についての歌を歌ってくれて,
とても印象に残った。
このクラスには昨年度担任した生徒が何人も在籍し,
しかも各方面で活躍しているので,
私としても交流会ができてうれしかった。
残念ながら担任のK先生は
ソフトボールの県大会の出張で不在だったが,
学年主任のK先生の引率のもと,
声量のあるいい歌を披露してくれたことを
報告しておきたいと思う。
こちらも学年の「遥かな時の彼方へと」と
クラスの「そのひとがうたうとき」を
心を込めて歌わせていただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は,合唱コンの前日である。
これまでの合唱コンの練習を振り返ってみよう。

(1) 体育祭の直後から合唱コンの練習がスタート
(2) 早い時期からの朝練習の開始
(3) パート別のしっかりした音とり
(4) 10/9「先生,教室の真ん中で聴いて下さい」
(5) 10/11で練習日の「中日」
(6) 2枚の四葉のクローバー
(7) 卒業生の「そのひとがうたうとき」のDVD
(8) 楽譜を外そう,交流会で勝負しよう!
(9) 多くのクラスとの交流会
   (2ー4.2ー5,2ー2,1ー1,1ー4.2ー1〉
(10) 「学年リハーサル」のリハーサル
(11) 学校公開日での学年リハーサル
(12) 休日練習
(13) 10/31「みんなで歌うとすごい合唱ができる!」

さあ,明日はいよいよ合唱コンクール!
3年2組の「そのひとがうたうとき」を,
1000人の人たちに聴いてもらう日だ。

昨日の部活動 10/31

昨日は社会体育の日だったので,
午後7時過ぎまで活動があった。

社会体育は特に冬場に効果を示す。
夏場は普段午後6時まで活動できるので
プラス1時間ということだが,
冬場は午後4時半からだから
プラス2時間半となる。

昨日の重点はレシーブ力の強化。
バレーボールはまず相手のサーブを
レシーブするところから始まるわけだから,
当然といえば当然だが・・・。

昨日も木下家の3人にお手伝いいただいた。
本当に「足を向けて寝られない」ほど感謝している。
いつもありがとうございます。m●m

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ