« 社会科サークル 2012年9月例会 | トップページ | 昨日の部活動 9/12 »

2012年9月12日 (水)

被災地訪問のために

昨年3月11日に起きた東日本大震災のことは,
テレビ・新聞でも大きく報道されたので
知らない人は誰もいないといっていいだろう。

しかし,「道の奥」じゃないけれど,
東北地方は広く,またそれ以上に心理的距離が遠い人も多いので,
なかなか「百聞は一見に如かず」を経験できる人は少ない。
(「行ってみたい」という潜在的な気持ちはあると思うが・・・)

そこで,社会科サークルでの森田さんのアドバイスから,
「まず行ってみる」ために参考になる1泊2日や
2泊3日のコースということで書いてみたい。

ただし私の場合は,現地でボランティアをすることは
まったく考慮されていないのであしからず。
「まず1回自分の目で被災地の様子を見てくる」
ということを主眼に置いたものだということである。
これから何回も訪れるようになるか,
残念ながら1回で終ってしまうか,
それはその人自身の考えで行動することだから・・・。
という言い訳はもうおしまいにして,
わずかな私の経験からいくつかのコースを
ひねり出してみることにする。

1.新幹線を利用して

(1) 1泊2日コース

東京から仙台までは東北新幹線で2時間で行ける。
意外と近い。そこでこれを利用してみる。
私が2回行ったものを1日に集約してある。

東京午前7時ー(東北新幹線)ー仙台午前9時ー(仙石線)ー
松島海岸10時40分ー(代行バス)ー東名11時ー(現地見学1時間。
歩き3キロ)ー野蒜13時ー(現地見学2時間)ー(代行バス)ー
松島海岸16時ー(仙石線)ー仙台17時ー(東北新幹線)ー東京19時

(2) 2泊3日コース

(1)のコースにもう1日石巻・女川を付け加える。
だから.1日目は仙石線で石巻に入り.宿泊する。
夜は居酒屋で東北の酒を呑み.海産物を味わうのもいいだろう。

石巻から朝のうちに女川に向かう。
女川で帰りの便を確かめて2時間ほど現地見学をする。
午後は石巻に戻り.現地見学を2時間ほど。
夕方仙台まで戻れば,夜には東京に戻れる。

この2泊3日コースだと,東松島市の2ヶ所と
石巻市,女川町の合計4ヶ所をまわれるので,
初心者にとってかなり効率的なコースとなる。

ただし,地図と資料で下調べしておかないと,
「駅は降りたが途方に暮れる」ということになりかねないので
よろしくお願いしたい。(これは私の反省も込めて・・・)

2.夜行バスを利用して

新幹線を利用すると「速くて効率的」だが.
その分お金もかかる。(東京から仙台まで,約1万円)
そこで,「お金はないが体力はある」という人に,
夜行バスを使ったコースを紹介したい。

池袋駅西口 23:00

一関駅 4:49
千厩バスターミナル 5:25
気仙沼市役所前 6:07
陸前高田 6:38
大船渡駅前 7:01
盛 7:07
三陸町越喜来 7:25
唐丹駅前 7:42
上平田 7:52
釜石駅前 8:00

いくつかのバス会社が都内から東北の海沿いに
夜行バスを走らせているので,
これを利用させてもらう。
チケットはコンビニの機械からも購入できるので,
便利な時代になったものだ。

先日購入した池袋駅西口ー気仙沼市役所前だと,
8150円だった。
これを往復で使うとさらに割引になるので,
経済的には大変助かる。

ただし,体力が必要なので,その点考慮されたし。
また,当然車中泊とはいえ,1泊2日は難しくなる。
折衷案で行きは夜行バス,帰りは新幹線
というのもありうるとは思うけれど・・・。
それはその人の経済力の問題となろう。

少しは参考になっただろうか。
もしそうだったら望外の喜びである。
私としては,今後夜行バスでの訪問を何回か考えている。
現地ではガレキは片付きつつあるが,
さあこれからどうしよう?という感じだ。
テレビで観た印象的な風景も,
時間とともに変容していく。
ぜひこの秋に被災地への「最初の一歩」を
記されることを期待している。

« 社会科サークル 2012年9月例会 | トップページ | 昨日の部活動 9/12 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科サークル 2012年9月例会 | トップページ | 昨日の部活動 9/12 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ