« 「古田史学会報」の2012年8月号 | トップページ | 「道徳授業プラン・オンパレード」の準備 »

2012年8月14日 (火)

「38個のメダルを獲得」という表現について

連夜の寝不足で盛り上がったロンドン五輪。
全日程で毎日メダル獲得というものすごい日々だった。

それにともなってテレビでの報道も
これまでにない量だったが,
その表現で1つ気になったことがある。

メダルの数は38個が正しいのか,
76個が正しいのかということである。
スポーツには個人種目もあれば団体種目もある。
実際にもらった人の数からいえば76個なわけで,
「38種目76個」というのが良いのではないかと思った。

« 「古田史学会報」の2012年8月号 | トップページ | 「道徳授業プラン・オンパレード」の準備 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「古田史学会報」の2012年8月号 | トップページ | 「道徳授業プラン・オンパレード」の準備 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ