« 「埼玉の会」の準備 | トップページ | 「38個のメダルを獲得」という表現について »

2012年8月13日 (月)

「古田史学会報」の2012年8月号

一昨日「古田史学会報」の8月号が届き,
昨日それを読ませていただいた。
いつもながら論客の力作が並んでいる。

大下さん「太宰府出土「戸籍」木簡 「多利思北孤」まぼろしの戸籍か!」
正木さん「神功皇后と盗まれた神話」
阿部さん「百済ネイ軍墓誌」について
合田さん「続・越智国にあった「紫宸殿」地名の考察」
 
私も皆さんに続けるように精進したい。
とりあえず「日本書紀」の「初」&「始」記事をまとめたい。
(先日「続日本紀」についてはグラフ化した)

« 「埼玉の会」の準備 | トップページ | 「38個のメダルを獲得」という表現について »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「埼玉の会」の準備 | トップページ | 「38個のメダルを獲得」という表現について »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ