« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

東アジアの王朝と元号(年号)

古代史の授業プランで上記のものを考えている。
木簡の証拠も見つかったようだし,
(全国の寺社縁起等にはかなり使われている)
もう旗揚げしておいてもいいだろう。

【質問1】

元号(年号)について知っていることを出し合ってみましょう。

お話「元号(年号)とは」

【問題1】

(1) 元号を初めて定めたのはどこの国だと思いますか。
 ア.中国 
 イ.朝鮮半島の国 
 ウ.日本

(2) また,それはいつ頃のことだと思いますか。
 ア.1000年前(鎌倉時代) 
 イ.2000年前(弥生時代)
 ウ.3000年前(縄文時代)

お話「元号(年号)の始まり」

【問題2】
 
最初の元号はどのくらい続いたと思いますか。
 ア.数年 
 イ.10年続いた 
 ウ.もっと長く続いた

お話「元号(年号)の平均年数」

【問題3】
 
中国のお隣の朝鮮半島の国ぐには,
元号(年号)を使わなかったのでしょうか。
 ア.独自のものを使っていた 
 イ.使ったがやめさせられた
 ウ.使っていなかった 

お話「東アジアの王朝と元号(年号)」

【問題4】
 日本で最初の元号(年号)は何だと思いますか。
 ア.大化
 イ.大宝
 ウ.その他(    )

お話「建元と改元」

【問題5】
 朝鮮半島では4世紀末(391年の高句麗)から
元号(年号)が使われていました。
 日本では大宝以前に元号(年号)は
使われていなかったのでしょうか。
 ア.大宝以前にも元号(年号)があった
 イ.大宝以前には元号(年号)はなかった

お話「九州年号」

【問題6】

その元号(年号)はいつ頃まで使われていたと思いますか。
 ア.大宝が建元される以前まで
 イ.大宝が建元されたあとまで
 ウ.その他

お話「白村江の戦いと白鳳年号」

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)

師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)

定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間)
朱雀・・・684~685年(2年間)
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆

大化・・・695~703年(9年間)◆
大長・・・704~712年(9年間)

・◆は「日本書紀」に登場させられているもの。
・大化の改新の大化は「日本書紀」のなかで,
 645年の事件とされている。
・聖武天皇は「続日本紀」に掲載された詔勅のなかで,
 「白鳳以来,朱雀以前」と九州年号に触れている。

【質問2】

元号(年号)はこれからもずっと
使われていくと思いますか。

ヤングなでしこがベスト4に!

ヤングなでしこが昨日の韓国戦で
前半から3ー1と力の差を見せ.
ベスト4へと進出した。

前半8分・・・柴田
前半19分・・・柴田
前半37分・・・田中陽

後半左サイドバックの守備に
田中陽を使う場面もあった。
本人は「裏も取られて全然ダメでした」。

以上,ヤングなでしこについては良かったのだが,
並行して行われたロッテ戦で楽天はまさかの3連敗。
せっかく先週積んだ「貯金」を無駄にしてしまった。
(打球を受けた先発・釜田のケガも心配だ)

昨日の部活動 8/30

昨日も午前8~12時半のコマだった。
顧問の先生が日直ということだったが,
一計を案じて有効に時間を過ごせた。

というのは,私が残っていても技術的な指導は難しいので,
午前9時以降は私が日直の「代打」をして
顧問の先生に体育館に行っていただいたのだ。
私は職員室で電話等に対応したり,
いろいろやらなければならないことを実行できた。

(1) 生徒との面談
(2) 予習プリントや授業プリントの印刷
(3) 花の鉢の整理とゴミ出し

これだけ有効に使えれば,大成功。
午後2時頃私は意気揚々と退庁した。

2012年8月30日 (木)

月がとっても青いから・・・

月がとっても青いから・・・
というわけでもないが.
前からデジカメ+簡易望遠鏡で
写真を撮りたいとは思っていた。

039

昨日の月は「月齢13.5」だったとのこと。
右側に光が入ってしまったのは残念!

震度5強!

今朝,午前4時5分頃,宮城県沖で地震が発生した。
震度5強。けっこう大きな地震だ。

この地震による津波の心配はないそうだが,
この夏2回東松島市の被災地を訪れた私としては,
大丈夫かな,東名・野蒜という思いが起こった。

この夏の被災地訪問は,
やはり私の中に何かを残してくれたようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震度5強 南三陸町 仙台市宮城野区
震度5弱 宮城県名取市、塩釜市、東松島市
(以下,省略)

昨日の部活動 8/29 

昨日も午前8~12時半のコマだった。

ここ2回続いていた助っ人はなしで,
顧問と副顧問が練習に付き合った。

3年生の女子2人が,
体育祭のダンス練習の帰りに
体育館に寄ってくれた。

本日は顧問が日直なので,
私は午前9~12時半日直の方の
「代打」をしようと考えている。
その方がバレー部のためにもいいし,
私も生徒との面談に好都合だから。

2012年8月29日 (水)

授業書《ものとその重さ》再び!?

ガリ本を見ていたら,昔上廻昭さんが作られた
授業書《ものとその重さ》のテストが出ていた。
(さっそくB5・3枚にコピーさせていただいた)

板倉聖宣著『未来の科学教育』(国土社)に載っていた
《ものとその重さ》の授業記録を読んで感動し,
私はクラブの時間(週1)に実施したこともあったほどだ。

しかし,その後は社会の科学の授業書が
次々と開発されるようになって,
授業で《ものとその重さ》を扱うことはなかった。

だがしかし,授業書《もしも原子が見えたなら》も
分子模型を使ったら短時間で授業できたので,
ぜひ《ものとその重さ》もやる機会をうかがって
チャンスがあれば授業にかけたいな。
(補教の時間を社会科にもらうなどして)

《もしも原子が見えたなら》と《ものとその重さ》。
この2つの授業書は,社会の科学の授業でも
有益な内容(原子論的な考え方)を持っていると思うから。

ウィキペディアの「九州王朝説」

フリー百科事典のウィキペディアの中にも
「九州王朝説」※という項目があって,
私の古代史研究の刺激となっている。

勉強不足でどの項目がどの程度正しいかどうか,
私にもなかなか判断がつかないのであるが,
古事記・日本書紀等の研究からでも
(この矛盾する二書を比較検討できるのは幸いである)
さまざまなことがわかるのだという示唆を受けた。

今最も興味があるのが,「高市皇子が天皇だった
=九州王朝の薩野麻だった」という説である。
さまざまな史書の検討からそう結論しているのだが,
日本書紀の「隠しているもの」に迫る一端である。
興味のある方は,検索してみて下さい。

※ 九州王朝説とは,古田武彦氏が提唱した説で,
大和政権の前に九州を中心とした倭国が先在していた
とする多元史観である。(出雲王朝や東北王朝等も含む)

昨日の部活動 8/28

昨日も午前8~12時半のコマだった。
向陽中男バレが来校して合同練習をした。
合計80名(女バレも入れて)が1つの体育館で
練習する様子は壮観だった。
また,昨日は顧問の今まで担当した男バレ女バレの
10人が来校して手伝ったくれた。
男バレとも最後に練習試合をして「実力」を見せてくれた。
7ー25,15ー25

あと1ヶ月(9/28)すると新人戦である。
毎回とはいかないと思うが,
ぜひ後輩たちの練習相手になってほしいと思う。
(聞いたところによると,9/28という日は
採用試験の結果発表日でもあるらしい・・・)

2012年8月28日 (火)

前田敦子の「卒業」

秋葉原のAKB48劇場から「1830m」離れた
近くて遠い東京ドームでの3日間のライブを経て,
昨日は原点の劇場で歌い踊り,
いよいよ前田敦子がAKB48を「卒業」した。

これまで大島優子との「総選挙」を争うという形で
ファンの大きな求心力となったてきた彼女の「卒業」は,
今後のAKB48の活動は大きな変化をせざるを得ないだろう。

篠田をチームAのトップに据えたとはいえ,
彼女は「AKB最年長」の存在。
いつまでもこのままというわけにはいかない。

また,2回目の「総選挙」を勝ちトップに輝いた大島にしても,
3回目の「総選挙」に出馬するかどうかはビミョーである。
どこかで後輩にバトンタッチせざるをえないのではないか。

一方,AKB48は関連グループのトップを
走らなくてはならないというプレッシャーもあるだろう。

前田敦子の「卒業」は祝ってあげたいものの,
「第1のピーク」を越えたAKB48が
「第2」「第3」のピークを迎えられるか,
新たな勝負が始まったといえるのではないかと思う。

それもこれも含めた上であえて言おう。
「あっちゃん,お疲れさまでした!」と。

【前田敦子の略年表】

0ーーーーーーーーーーーーー14ーーーーーー21
生     小入         中卒(AKB48)「卒業」

彼女にとって「高校」「大学」の年齢にあたるのが,
AKB48の生活だった。
まさに「青春そのもの」だったのだ。

人権教育の出張 8/27

昨日は上記の出張で,
所沢特別支援学校へ行った。

この手の出張は「出欠の有無」を問うことなく,
当然出席するべきであるという「義務出張」が多い。
しかし,今回のは市教研の人権教育部会のものであり,
ちょっぴり期待して出かけることにした。
(特別支援学校の中も見学させてもらえるしね)

038_2

道を間違えて15分遅れで到着。
参加者(3分の1くらいの小中学校)は
東日本大震災のビデオを観ているところだった。
(説明をしてくれる教頭先生に出張が入ってしまい,
急きょビデオになったらしい)
それが終ると校内見学と説明があった。

東日本大震災のビデオと特別支援学校の校内見学。
異色の組み合わせだったが,
両方とも子どもたちの幸せのことを考えるという点では
同じ方向ということにしよう。

昨日の部活動 8/27

昨日は午前8~12時半のコマだった。
私は午後に人権教育の出張が入っていたので,
午前11時まで参加した。
6キロダイエットしているので,動きは軽かった。
(この1時間でまた1キロ絞れた)

お手伝いには,大学生になったS君と
同じ大学の方が来てくれた。
練習のスタートはわりと涼しかったが,
次第に暑くなってきた。

2012年8月27日 (月)

アームストロング船長の訃報

「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが,
人類にとっては大きな飛躍(一歩)だ」
という名言を残したあのアームストロング船長が,
25日に亡くなったことが伝えられた。

大阪万博での「月の石」の展示。
あれは確か小学6年生の時だった。
行きたかったなあ。

さらに科学は進歩し,太陽系外にロケットを飛ばしたり,
火星に探査車を走らせることができるようになったけれど,
その原点には彼らの月面到着の感動があったと思う。

ヤングなでしこ,グループAを1位通過!

U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)が,
昨夜U-20女子ワールドカップの
グループAの第3戦でスイスと対戦し,
4ー1で勝利をあげた。

前半30分 田中陽(右足から左上隅へ)
後半3分 田中陽(左足から右上隅へ)
後半7分 西川
後半39分 猶本

グループAを1位で通過した日本は,
決勝トーナメント1回戦で
グループBを2位通過した韓国と
30日(木)に対戦することになった。
がんばれ,ヤングなでしこ!

楽天が2試合連続のサヨナラ勝ち

日ハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0・ 0 計 0
楽天 0 0 0 0 0 0 0 0 0・ 1X 計 1

楽天のエース田中が延長10回を完封し,
3安打8三振(0四死球)と日ハム打線をしっかり抑えた。
それに応えて新人捕手・岡島も3安打の大活躍。
最後は決勝打も放って,田中に7勝目(4敗)をプレゼントした。
楽天は2試合連続のサヨナラ勝ち。

2012年8月26日 (日)

「車イスで僕は空を飛ぶ」

昨日ここで紹介した本(『命のカウンセリング』)を読み,
24時間テレビ内で放送された番組を観た。
(「車イスで僕は空を飛ぶ」という題。100分)

「助けて」~「ありがとう」がキーワードのこの番組。
(この言葉が言い合える人間関係が大切!)
生徒たちの未来にも決して小さくない影響をあたえそうだ。
今年の24時間テレビでも,またいい本&いい作品に出会えたな。
(これが5000話目)

037_2

楽天が望みつなぐ逆転サヨナラ勝ち

日ハ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 計 1
楽天 0 0 0 0 0 0 0 0 2X 計 2

来日初先発のダックワースが,
首位日ハム打線を6回まで1点に抑え,
楽天に逆転勝利を呼び込んだ。
勝利投手の権利こそ小山にゆずったが,
試合を作ったのは先発した彼だった。
海外から頼もしい先発 投手を得て,
楽天は今後の戦いに望みをつないだ。

劇的な逆転サヨナラ勝ちは,次のような形だった。
(それまで5安打0得点だったが・・・)
銀次・・・一死後,左翼線二塁打
枡田・・・左前安打(銀次が爆走して生還)
草野・・・敬遠四球
松井稼・・・左前ポテン・ヒット(枡田生還)

2012年8月25日 (土)

ダックワース投手

今日の楽天の先発は誰かな?
と思って新聞を見たら,
上記の名前が出ていた。
え~,聞いたことないぞ~!

さっそくインターネットで検索して調べたところ,
大リーグで活躍したこともある36歳の右投手で,
今ではマイナーリーグに所属しているそうだ。

7月30日に来日して,まだひと月ほど。
年俸もわずか1500万円だそうだ。
「最大の強みは経験」(入団会見)とのこと。
彼が楽天の救世主となるか,
注目していきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日52万アクセス達成!
明日5000話達成予定!(現在4998話)

人間ドック 2012

ほぼ誕生日を基準に行っている人間ドックに,
今年も行ってきた。(1時間前に着いたのに,
50人中21番目でした・・・みんな早過ぎる)

今回のキーポイントは,次の3つだった。
(1) ダイエットによる体重の変動(何キロマイナスか)は?
(2) 苦手な呼吸器機能検査の結果は?
(3) 今回「骨密度検査」も入れたが,費用は全部でいくらかかるのか?

その結果は,以下のようだった。
(1)´ -6キロ(最大値を基準として)だったが,昨年よりは少し軽かった。
(2)´ 期待しないでリラックスしてやったら,去年より数値が良かった。
(3)´ 1万6900円だった。(共済から5000円補助が出る予定)

心配していたことが良い方向に出たので,収穫アリの人間ドックだった。
あとは,首を洗って検査結果を待つことにしよう。
(目標はC(経過観察)以内。「要・精密検査」がなければ良しとしよう)(*^.^*)

今回の人間ドックのお供には,
井上和代さんのガリ本※を持っていった。
仮説実験授業研究会の先生で,
愛知の犬塚清和さんと同じ学校にいらした
小学校の先生の半生記である。
デザイナーから小学校教諭への転進。
そして犬塚さん&仮説との出会い・・・と,
波乱万丈の歩みが綴られていた。
(今年の3月で定年退職。4月から再任用)

036_2

※井上和代著『仮説実験授業に救われた私~いつでも今が旬!
(西尾たのしい授業の会)1000円だったかな?

最近出会った2冊の本

最近出会った2冊の本を紹介しよう。

Photo_5

左が,村上綾一著・稲葉直貴パズル出題『面積迷路』(Gakken)で,
わかっている長さや面積をヒントに
未知の長さや面積を導き出すというもの。
普段使わない頭の部分のトレーニングにもなる。
全部で100問あって,だいたい半分はノーヒントで解けたかな。
私は中学の時,数式は苦手だったが
図形の証明は好きだったのを思い出した。
ただし,「小学校の算数だけで解ける!」という帯には,
本当かなあ?とは思った。

右が,長谷川泰三著『命のカウンセリング』(あさ出版)で,
今日から明日にかけて日本テレビで放送される
「24時間テレビ」の中で登場する実話番組
(嵐の二宮クンが主演)の原作本である。
若い頃大けがをして車イス生活となった著者が,
生きる望みをカウンセリングという仕事に見出していく・・・
というようなストーリーとのこと。
番組もビデオ録画し,本も学級文庫に入れて,
9月の再スタートに臨みたいと思う。

2012年8月24日 (金)

教員免許更新講習(5日目=最終日)

昨日は更新講習の5日目=最終日で,
年季の明ける丁稚奉公の小僧のような気持ちを味わった。

科目は「初心者のための情報リテラシー」。
講師は,榎本先生だった。
これまでとは違い,コンピューター室での講習だった。

午前中・・・パソコンやインターネットの歴史。
 情報モラルや情報社会のルールとマナーの講義。

午後・・・表計算ソフト「エクセル」を使って,
 簡単な成績管理表をつくる作業。

午前中の内容は情報リテラシーとして,
私にも十分わかるものだった。
(HPやブログもやっているので)
ところが午後になっての「エクセル」の作業は,
普段「ワード」しか使わない私にとっては
「違う世界のできごと」だった。

確かに便利なことは便利である。
(何回も繰り返して先生は言われた)
数字さえ入力すればパソコンが足し算・割り算などを
あっという間にやってくれるのであるから・・・。
しかし,「エクセル」にその命令を出すのは,
他でもないこの私なのだ。
(その作業は慣れていない私には簡単ではなかった)

しかも,「こういう作業もできます」
「こうやるといっぺんにコピーされていきます」
というのが初耳のものばかりで,
1つクリアーすると先生の説明は次に行っているという始末で,
横に置いてある先生のコンピューター画面と
大学院生のアドバイスがなければ,
ほとんどギブアップ状態といっても過言ではなかった。
(「オートフィル」「相対参照」「絶対参照」「SUM関数」など,
初めて聞く語句のオンパレードだった)

最後に筆記試験(語句を記入させるものと小論文3題)と
「エクセル」で作った成績管理表を提出して終了となった。
これで私は5日間の更新講習を終えたことになり,
冒頭に書いたような気分になったという次第である。

今回の更新講習では多磨モノレールにお世話になったが,
玉川上水駅から見た夕日はとても美しかった。
あとは9月末に届くという「履修証明書」を
首を長くして待ちたい。(その頃には体育祭も終っている!)

040_2

039_2


またまた釜田の好投で楽天が連勝

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 1 2 計 3
楽 天 0 1 0 1 1 0 1 0 X 計 4

高卒ルーキーがまたまたの好投で,
楽天に連勝をもたらした。
これで釜田は6勝目(1敗)で,新人王の候補だ。
この日は打線も小刻みに点数をリードし,
ロッテの猛追を振り切った。

 

2012年8月23日 (木)

実家の猫たち

東村山の実家には,
何匹かの猫たちがいる。
「飼っている」のではないが,
母が餌付けをしているので,
実質的にはそういう意識だと思う。

この写真をよーく見てほしい。
狭い場所に3匹の猫たちが納まって
気持ちよさそうに昼寝をしている1枚だ。
うまく撮れたでしょ!

036_2

教員免許更新講習(4日目)

昨日も上記の講習を受けに,
明星大学(日野市)に行ってきた。

講座名は「通常学級に在籍する
発達に偏りのある児童・生徒の指導・支援のあり方を考える」
という長い題名だった。

講師はもと小学校の先生をされていた森下先生で,
ご自身の体験もふんだんに織り込まれた
実際的な内容だった。

学習障害(LD)とかADHDとかアスペルガーとか,
いろいろなタイプの「障害」をもった生徒が
現場の学校に存在するが,
彼らとの関わり方に示唆を与えていただける内容だった。

038_2

各校の情報交換にはつい熱が入ってしまい,
森下先生がストップをかけるほどだった。
それだけ現場では苦労しているということだろう。

ちなみに最近オープンした墨田区のスカイツリーだが,
そのエレベーターの停止システムに
森下先生の旦那様の特許が使われているそうだ。
これには期せずして拍手がわき起こった。

4連敗の楽天を新人・島内が救う

ロッテ 0 0 0 0 1 2 0 0 0 計 3
楽 天 0 4 0 1 0 0 0 2 X 計 7

4連敗と元気のなかった楽天を,
明大出身の星野監督の後輩にあたる新人・島内が
思い切りのいい打撃で救った。
(2つのタイムリー打で,3打点をあげた)
先発・美馬も粘りの投球で7勝目(6敗)。
さあ,借金5の「返済」スタートだ。

2012年8月22日 (水)

千恵さんの「カナダ報告」 3年目(4)

千恵さんから引き続き「カナダ報告」いただきました。
1つのものにまとめてしまうと長すぎるので,
あとからのものを(4)として掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○女子野球○

先日、エドモントンで女子野球の世界大会が開催されました。
私が聞いたところによると、第1回大会がそもそもエドモントンで開催され、
ぐるっとまわって今回またエドモントンで開催されることになったそうです。
見事に日本チームが優勝を果たしたそうですね。
残念ながら、私の家にはテレビがなく、その中継を見ることができませんでした。

実は、7月末に開会に先立って、エドモントンのホスト側が主催した記者会見が行われました。
その時点で、8月10日に行われた開会式の入場の際、
日本チームの先導を私が所属している阿波踊りグループが行うことがきまっていて、
記者会見に日本チームの代理出席を頼まれました。
阿波踊りグループから私を含め3人が記者会見に参加したのですが、
これまでの人生でこんな経験をしたことがなかったので、とてもいい記念になったと思います。

その際、日本から、女子野球機構の方々が関西からいらっしゃっていたのですが、
その中の一人が阿波踊りの本場徳島の出身の方でした。
私達の阿波踊りは特に先生がいるわけでもなく、
インターネットなどから情報を集めて楽しく踊っているというグループなのですが、
メディアの人達に頼まれて、その場で阿波踊りを踊ることになりました。
それを見ていた徳島出身の方が、アドバイスをくれました。
今まで、インターネットで見よう見まねで行っていた掛け声が
実は間違っていたことが判明しました。
本当に、このご縁が無かったら、私達は気づかずに
すっと間違った掛け声をかけていたに違いありません。
その方が日本に帰国される前に特別講習を開いてくださったのですが、
残念ながら、私は仕事で参加できませんでした。
8月10日に行われた開会式では、日本の選手の姿を拝むことができました。
みなさん、とてもエネルギーに溢れていたのが印象的でした。

○2人の友人の訪問○

8月10日から13日まで2人の友人がエドモントンに遊びに来てくれました。
2人とも幼稚園時代に知り合い、中学の部活を通じて仲良くなり、
その後、いつも私の支えになってくれている友人です。
今年はVISAのと仕事の関係で日本に帰国できなかったので
高増さんをはじめ、仲の良い友人たちが遊びに来てくれて本当にありがたかったです。
カナダは大好きですが、やはり親しい友人や家族に
すぐに会えないのはとても辛いなとおつも思っています。
2人ともなかなか取れない休みを使ってきてくれたので、本当に短い日程でした。
10日は女子野球の開会式に来てもらい、いっしょに日本チームを応援してもらいました。
11日はロッキーに行き、カルガリーにほど近いブラッグクリークというところに泊まり、
その後12日にドラムヘラーに行きました。

2人のうちの一人は、昨年の10月末にも遊びにきてくれたのですが、
その際ロッキーに行ったところ、吹雪いてしまって、雪山を見たという感じでしたので、
色彩豊かなロッキーを見てもらいたかったのです。
本当に自然は不思議だなと思ったのですが
6月に高増さんとロッキーに言った時を同じ湖でも色が全く違ったのです。
まずペイトーレイクですが、6月の際は青みが強いターコイズでしたが、
8月は黄色身が強いターコイズになっていました。
レイクルイーズは、6月には青みがかった色でしたが、
今回は美しいエメラルドグリーンでした。
モーレンレイクは6月にはミルキーグリーンでしたが、今回は真っ青な色をしていました。
雪解けの水の量で、流れ込む養分がことなり、このように色が変わるのだそうですが、
本当に神秘的だなと思しました。
写真をすべて添付するとファイルが大きすぎるので、
別の機会に写真をお送りできたらと思っています。

今回、ブラッグクリークというところに初めて行ったのですが、
芸術家達の多い、とても静かなところでした。
映画の撮影のロケ地によく使われているそうで、
宿泊先のB&Bの人達がブラッドピットやクリントイーストウッド、
ジャッキーチェーンのエピソードを話してくれました。

あまり時間がなく、ゆっくりできなかったのですが、
またの機会に訪れてみて、散策してみたいなと思っています。
短かったですが、本当に充実した4日間でした。

○猫の手術○

兼ねてから行かなければと思っていたのですが、
生後6か月を過ぎて、先日猫の避妊手術に連れていきました。
私は猫の手術は簡単なものだと思っていましたが、
特にメス猫は臓器を取るという大きな手術と聞いて、
自分の猫にそんな手術を受けさせるのは酷なのではないかと思っていました。
ただ、病気が防げたり、家の中でのマーキング防止になったりと
メリットの分をくみ取り、手術に連れていきました。

私が連れて行った病院では、前日の8時から猫に餌を与えてはいけなくて
当日の朝6時以降は水も禁止とのことでした。
オス猫のフロイドはいつも食べてばっかりいるので
ご飯が食べられなくてさぞつらかったことと思います。

朝の8時に病院に行き、軽く診断を受けさせて、猫をあづけました。
麻酔が切れてすこし様子をみてから家に連れて帰っていいとのことで、
12時に手術が終わったと連絡が入り、5時に迎えに行きました。
フロイドは、手術なんてしなかったんではないかと思わせる元気ぶりと食欲でしたが、
メス猫のマチルダはエリザベスカールを巻かれ、お腹に大きな傷が垣間見られ、
オレンジ色の柔らかいお腹の毛が広範囲にわたって剃られていて、
食欲も3日ほどほとんどなく、本当に心が痛みました。
しかし、先生も適切な手術を施してくれ、無事に回復しました。

それぞれ生後8か月になろうとしていますが、まったく違った性格を示しながらも、
とても仲良くしていて、いつも私を癒してくれます。
本当にマチルダとフロイドが家に来てくれてよかったなと思います。

7月に引っ越しをしたのですが、今度は一軒家の地下を借りています。
以前に部屋を貸してくれていた日本人の大家さんが新築の家を建て、引っ越されて、
その地下を貸してくれることになったのです。
2匹も新しい家が気に入っていて、大家さんにも可愛がってもらっています。
最近の2匹のお気に入りのお昼寝スポットの写真を添付します。

日本はまだまだ暑いようですね。
エドモントンもここ4日間は30度超えの日が続いていて、
最後の夏の日々だねと皆BBQや旅行など夏を楽しんでいるようです。
夏バテなどお身体に気を付けて夏を乗り切って下さいね。
またご連絡します。

近藤千恵

教員免許更新講習(3日目)

昨日は待ちに待った小原茂巳さんの講習を受けに
明星大学に行ってきた。

50人ほどの受付名簿を見たら,
仮説実験授業の研究会で顔なじみの人もけっこういた。
(時々とる予想の分布が「異常」で小原さんもあせっておられた (^-^; )

(0) ようこそ 教員免許更新講習〈理科教育〉へ!
(1) オバラシゲミの自己紹介クイズ
(2) 授業プラン〈見れども見えず〉
(3) 授業書《自由電子が見えたなら》
(4) 間違えるって,どういうこと?
(5) 〈実験〉と「たのしい授業」
(6) 終了認定試験

だいたいこんな流れで1日を過ごした。
小原さんは更新講習の受講者に同情していたが,
こんなにたのしい内容を用意していただいて,
受講者としては感謝,感謝である。

お礼の気持ちも込めて,
意見を言ったり作業のお手伝いをさせていただいた。

小原さん,本当にありがとうございました!
山盛りの元気とたくさんの具体的な教材を
教えていただきました。( ̄▽ ̄)

037

千恵さんの「カナダ報告」 3年目(3)

久しぶりにカナダの千恵さんがカナダ報告を送ってくれました。
親友の高増さんとのドライブ旅行などのことが書いてあります。
また,手にケガもしちゃったらしいです。お大事にね!
では,その報告をお読み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

いつくかに分けて、この夏の報告をさせてもらえればと思います。

○高増さんの訪問○

6月の14日から19日まで、大の仲良しの高増さんが遊びに来てくれました。
本当は、一緒にヨーロッパに行こうと話していたのですが、
私のVISAの関係で、カナダの外に出ることができず、
エドモントンまではるばる遊びに来てくれました。

今回はどうしても私の好きなところに連れていきたくて、
ドラムヘラー(恐竜の化石で有名な所)とロッキーマウンテンに行きました。 
何とロッキーには猫も連れて行きました。
添付した写真はドラムヘラーの観光スポットの一つで
フードゥーと呼ばれる浸食によって形成された不思議な岩があるエリアです。
雨の後で、驚くほど地滑りし、いつもは、その辺りを歩き回れるのですが、
今回は滑って無理でした。

それから今回のロッキーですが、高増さんはタワーが大好きなので
カルガリーによりカルガリータワーに登ってからバンフ→レイクルイーズという日程でした。
宿泊先は、よく泊まるところが、ペットフレンドリーとのことが判明し、
15ドル(1200円程度)のペットの宿泊代を2匹分払って、猫たちも一緒に泊まることができました。
高増さん、実はこちらに来るまでは猫が苦手で、触ることもできなかったのですが、
マチルダとフロイドを気に行ってくれ、帰るころには抱っこもできるようになり、
日本に帰ってからは猫カフェに通うようになるまでの猫好きに大変身しました。
私としては、家の猫達がきっかけで猫が好きになってもらえて嬉しい限りです。

6月だったので、エドモントンは半袖か碓井長袖位でちょうどいい気温だったのですが、
ロッキーはやはり肌寒く、ペイトーレイクという少し標高が高い
ターコイズブルーの美しい湖に行った際は、周りが雪に覆われているほどでした。
それから、何回も行っているロッキーですが、今回初めて熊を見ました。
しかも5匹ほど! まずレイクルイーズの町付近に2歳の灰色熊が居ました。
母親が電車に跳ねられ、亡くなってしまってから、レンジャーたちが保護しているとのことでした。
その後もクロクマを4匹立て続けにみました。
フクロウやヘラジカ、マウンテンゴートやオジロジカや普通のシカなど、
未だかつてないほどたくさんの野生動物を見ることができました。

○ウォータートンと車○

高増さんが帰った後、時間が少しあったので、立て続けに旅行に行きました。
今回はアルバータ南部のにあるロッキーマウンテンでウォータートンという国立公園が目的地でした。
実は、高増さんが来る前に、車の点検とオイルチェンジに出したところ、
タイヤのつなぎ目のゴムが破けているから変えたほうがいいと言われ、
その修理代が1000ドル(8万円位)と言われました。
ゴムを変えるだけでそのまでかかるというのが、納得できませんでした。
近所の人が、車の修理をしていて、その人に頼んだところ400ドル(3万2千円位)でやってくれました。
高増さんとの旅行では何ともなかったのですが、
今回の旅行で、カルガリーを過ぎたあたりから、車が揺れ始めました。
途中で、修理工場に寄ったのですが、換えたばかりのゴムがまた破けていました。
小さい村だったので部品がなく、とりあえず目的地まで行ってそこで何とかするようにいわれ、
静かに走って何とか目的地まで着きました。
その日は遅く、翌日修理工場に持っていきました。

ところが、そこも小さい村で、あまり部品がなく、とりあえず、
何とかゴムは変えてもらったのですが、異音が消えませんでした。
車を直してくれた近所の人が「アクセルがダメかもしれないから、
アクセルをかえてみるといい」と言っていたのですが、
その村にはアクセルがなくエドモントンから取り寄せなければならず3日かかるとのことでした。
とりあえず、ゴムだけ変えてもらったので、
エドモントンまで帰ってそこで直すのがいいという結論に達しました。

ウォータートンはアメリカとの国境にあるので、
アメリカのナンバープレートの車やキャンピングカーがたくさんでした。
レッドロックキャニオンという赤い岩の渓谷がとてもきれいで私は好きでした。
そこから遠くないところに、フランクスライドといって、数十年前に山がまるごと崩れ落ち、
村がまるごと土砂に飲まれたという跡地の村があったり、
世界遺産にも登録されていて、先住民の人達がバイソンを狩る時に崖に追い詰めて、
そこから落ちたバイソンを得ていたという歴史的なスポットがあったりで、
色々と見たかったのですが、天気が崩れたのと、車が心配だったので
寄り道はせずエドモントンに帰ることにしました。
南部アルバータは風邪が強いそうで、その風を利用した風力発電用の風車が
あちこちにあったのが印象的でした。

エドモントンに帰る途中、あと100キロというところで車ががたがたふるえ、
もうこれ以上は運転できないということろまで達したので、路肩に止め、レッカーを呼びました。
レッカーの運転手が「あなたの車、左前のタイヤが外れかけて、
留め金が割れてるの知ってた?」と言われて驚きました。

エドモントンに着いたのが日曜の夜だったので、お店が閉まっていて、
途方に暮れていたところ、友人が車の修理をしている人を紹介してくれました。
その人は本当にベテランの整備士で見てもらったところ、アクセルはどこも悪くなく、
ただタイヤがちゃんと閉まってなく、もう少しで脱輪事故となるところでした。
大事に至らずすみ良かったのですが、本当に怖い思いをしました。
今回見切れなかったので、また時間を見つけて南部アルバータに行き、
報告を送らせて頂ければと思います。

○ケガ○

先月、アボカドの種を包丁で取ろうとしたところ、
包丁が滑って左の人差し指と中指の間を切ってしまいました。
気が付いた時にはすごい出血をしていて、一瞬気を失い気分が悪くなり、とても喉が渇きました。
幸い大家さんが上に居たりということもあり、病院に同伴してもらいました。
そんなに大きな傷ではなかったのですが、場所が悪く6針縫いました。

手が痛み、それから5日間は着替えたりすることができず、ほぼパジャマで過ごしていました。
最初は麻酔で手がしびれていたのですが、
7日後に抜糸に行ってもまだ一部感覚がありませんでした。
先生に相談したところ、中指の2本ある神経のうちの1本が
切断か損傷している可能性があるとのことでした。 
切断の場合、角度が悪いと、神経がくっつかないそうです。
ただ1~2か月経って完璧に傷が治ってもまだ感覚が無いようだったら治らないとのことで、
それまでに感覚がもどれば問題ないとのことでした。
今もまだあまり感覚がないのですが少し良くなっていると思うので、
何とか治ることを願うばかりです。 
ただ、もし神経が切れても、それに慣れれば問題ないようですし、
医療が進歩して、何とかなるかもしれないそうなので、希望を捨てないでみようと思います。

カナダに来て初めて病院に行ったのですが、
州の保険でカバーされ、医療費は一切かかりませんでした。
病院側からはなんの薬が処方されることはなかったのですが、
処方された場合は薬代は負担する額があるようです。
今、少しアボカドを切ることがトラウマになっていますが、
めげずになるべくアボカドを切るように心がけています。

添付ファイル
P1030599.JPG Type:image/pjpeg
Size:2,442,858bytes

2012年8月21日 (火)

ダイエット 2012 (8/20)

8月24日の誕生日=人間ドックの日までに
-8キロをめざして,
食事制限(1日2食)とウォーキングに励んできたが,
その成果を報告しておこう。

「あと4日」という昨日の時点で,
-7キロを一時的にだが記録した!
(昼食抜きの1日2食だと,夕食前が1番軽くなる)
ただしそのあと夕食をとったので
昨日のトータルではそうならなかったが,
夏休み前会って以来会っていない人から見れば,
「肥さん,ずいぶんスリムになったねえ」と
言ってもらえると思う。

世の中にはあいさつ代わりに,
「肥さん,太ったんじゃない?」と言う人がいて困る。
また,そういう人はやせたらやせたで,
「急にやせてどこか悪いんじゃない?」というのだろう。
さすがにそういう人には,仏の私も
しばらく話をしないことにしている。(≧ヘ≦)

人権教育の校内研修会

昨日上記の研修会があり講師を務めた。
1時間ほどのなかで,次の3つのことをやった。

(1) 「障害(碍)者とは?」の授業プラン
(2) 差別語・不快語のチェックシートと関連の話
(3) 男女共同参画度チェックシートと関連の話

2年連続で仮説実験授業に関わる模擬授業を
やれたのはよかったと思う。
最後に校長先生(人権教育担当の方です)から
まとめの話をしていただいた。

2012年8月20日 (月)

ご連絡

先日の「野蒜地区への訪問」の写真をアップしました。
ぜひご覧下さい。(8/18報告)

また,最初に東名地区を訪問した報告も
8/31にしていますので,
ご覧下さい。

2つの地区の様子を松本寿光さんという方が
文章になさっていますので転載させていただきます。

「松島湾に面する東松島市「東名(とうな)駅」に寄った。
南に突き出した半島の西側の付け根だ。
すでに瓦礫は撤去されているが、広範囲に冠水していた。

ここだけ松島湾からの津波を受けたとは考えにくかった。

津波は直接面した西側の松島湾ではなく、
東側の石巻湾から押し寄せてきたのだった。

そして、地盤の沈下と共に冠水したままとなった。

石巻湾に流れ込む鳴瀬川から松島湾へと「東名運河」が掘られているのも、
津波の惧れを考えれば良くなかった。

しかもこの半島は、元々海抜0~6m程度しかなかった。

東松島市野蒜。東名と反対、半島の東側の付け根だ。
石巻湾に面し、「野蒜海水浴場」近くに「鳴瀬第二中学校」と「かんぽの宿」、
やや内陸側に「野蒜駅」、さらに内陸側に「野蒜小学校」がある。

駅には今でも津波避難路マップの看板が掲示されている。
現在地、野蒜駅、指定避難場所、①野蒜小学校、②鳴瀬第二中学校、
東松島市。とある。

地震発生のその時、鳴瀬第二中学校は卒業式の後で、
卒業生41人と保護者37人はかんぽの宿で食事会をしていた。

校舎には女子生徒10人と教職員14人、作業員1人がいて、
うち2人は迎えに来た親に引き渡された。
また、近隣の避難者3人が加わった。
校舎は海側の南校舎と、その背後に立つ北校舎があり、
校舎に留まった生徒、教師らは北校舎の二階に避難した。
北校舎の二階には、今も「SOS」の張り紙が、その日のまま張られている。

野蒜駅では上り下り双方の列車が出発したばかり、
下り列車は山側の高台で停車、上り列車は海抜数メートルの東名駅との間で停車した。
下り列車では、地元の男性客が、避難しないで車両に留まるよう車掌に助言した。
上り列車では、野蒜小学校への避難を目指した。

「野蒜小学校」では、児童をはじめ、地震で避難してきた住民ら100人以上の人々がいたが、
校舎ではなく、体育館を避難所とした。
体育館が津波に対して極めて危険な建物であることを、誰も疑うことはなかった。
そこへ、上り列車の乗客おおよそ50人が加わった。

そして、津波が来た。四階建てのかんぽの宿では、四階あるいは屋上へと避難した。
津波は二階で留まった。
中学校では、南校舎と体育館が二階の高さまで津波に襲われたが、北校舎は二階の浸水は免れた。

悲劇は最も内陸側の「野蒜小学校」で起きた。

突如、窓からなだれ込んでくる激流、体育館の中に巨大な渦が発生した。
ステージにあがり緞帳に体を巻きつけるなり、お互いにしがみつくなり、
二階の歩廊へ駆け上がるなりして、逃げることができた生存者もいた。
水に浸かりながら、二階から投げられたカーテンにつかまり、助かった児童もいたという。

そして、流されていく人々。今もって何人そこにいたのか分からない。
野蒜地区だけで、500人以上亡くなった。

宮城県東松島市の死者・行方不明者は1,113人に上った。
人口42,908人(2010年)。」

さいたまの会 2012(2日目)

昨日も上記の会(埼玉会館)に参加した。

午前中・・・《世界の国旗》の講座の講師

何回もこの授業書をやったことがある方から,
初めての方までいろいろな人がいた。
参加者の方々に助けていただきながら,
持参した『世界の国旗 全図鑑』(小学館)も駆使して,
なんとかお昼まで頑張れた。
評価は,5が5人,記入なしが1人だった。

多久和さん「社会の講座に参加して,とてもカンドーしました。
自然科学とはまた違ったところがおもしろくカンジました。
限られた時間にいろいろと学べました。
『本』やシールまでいただき,本当にありがとうございました。
最高のサービスです!!」(5)

篠原さん「《世界の国旗》は私の好きな授業書です。
今まで6年生が2回,教員研修で1回授業しました。
子どもたちの受けもよく,やんちゃな男の子も
たくさん意見を言ってくれ盛り上がりました。
時数をたくさん使うのが悩みのタネですが,
それだけのやりがいがあるものなので,
これからもチャンスがあればどんどんやりたいなと思います。
どうもありがとうございました」(5)

田中さん「今まで何度か講座に参加しましたが,
今回はいつもと違う視点から講座を受けました。
大変参考になることが多く,とってもタメになりました。
ボクは毎年1年生の最初に世界の国旗を行う(第1部だけ)のですが,
来年は簡約版で全部通したいと思いました。
今日はどうもありがとうございました!」(5)

舘さん「2学期に6年生の子どもたちと総合のやろうと思って
参加しました。今年は社会を持っていないので,総合の時間で
「世界中の文字を書こう」,「オリンピックと平和」をやってきました。
2学期は《世界の国旗》です。また,シールをありがとうございます。
シール貼りにハマってしまいました。3学期は世界の国旗で
科学劇ができたらいいなと思っています」(5)

遠田さん「とても勉強になりました。
国旗への意識が大きく変わりました。
ぜひ学校でもやってみたいと思います」(5)

Sさんは体調を悪くされて,お帰りになりました。残念!

午後・・・「早退」させていただいて,午後2時には自宅へ。
所沢市役所で行われていた戦争展に顔を出し,
(山田さんと市川さんに会いました)
東村山の実家に母の様子を見に寄り,
(お陰で夏バテもせず元気でした)
西武ドームに楽天を応援に行くことができた。
(いくら好調・西武相手とはいえ,
田中マー君でも勝てないとは・・・トホホだなあ)

PS 本日は,西武球場前駅からの出勤です。
自転車を置いてきたので・・・。
人権教育の校内研修で「障害者とは?」という
授業プランを導入にやる予定です。

2012年8月19日 (日)

さいたまの会 2012(1日目)

昨日は上記の会に参加した。

埼玉会館への1時間は,
明石さんの車で送っていただいた。
(明石さん,ありがとうございます。
同行は青木さんと関口さん)

早めに荷物を入れられたので,
講座の準備ができてよかった。

午前中・・・「道徳」授業プラン・オンパレードの講師

「オンパレード」という言葉がいつ付いたのかわからないが,
この言葉に惹かれて9名の方が参加してくれた。
私の30年の教員生活の中でやってきた「道徳」で,
他の先生がやってもうまくいきそうなものを
40数ページにまとめたものである。
さすがに仮説関係のものはわりとご存知だったが,
少しはやったことのない授業プランも紹介できたのではないかと
自負している次第である。
来年は誰か別の人がやってくれるとうれしい。
評価は,5と4が各4人で,不明が1人だった。

佐藤さん「「オンパレード」にひかれて参加しました。
2時間半があっという間で,財産がまたふえてうれしかったです。
資料もたくさんありがとうございます」(5)

楠本さん「昨年も肥沼さんの講座に出ました。
今回もたくさんのネタをいただくことが゛きました。
夏休み明けから実践していきます」(5)

荒居さん「たくさんの資料でいろいろなプラン棟記録があり,
解説がありで,とてもたのしかったです。
体験という感じではないけれど,クラスには
とても役立つなあと思い,うれしかったです。
肥沼さんの人柄が表れている講座でよかったです。
集団心理(?)→1人ができると自分もできるのでは・・・
というのは私もよく経験します。おもしろいです。
「ハモネプ9」が気になるので,見てみるようにします。たのしみです。
早口言葉もOK!形式作文,知りませんでした。これならいけそう!!
店の準備などで遅れてしまって,どこへ出ようか迷っていました。
荒川さんが「肥沼さんのところが・・・」と言っていたのを聞いて,
私も連られて来ましたが,この講座へ出てとてもラッキーでした。
ありがとうございます」(5)

上澤さん「講座案内を見た時から,「出たい!」と思っていました。
知っていたプランもあったけれど,他の方が授業にかけた時の
様子をうかがうと,もっと理解が深まりますね。
そして,これだけのネタを30年も前から見やすく整理されている
肥沼さんを尊敬します」(5)

鈴木さん「問題に対して選択できる方式が参考になりました。
小学校でもやってみたいと思う題材がいっぱいありました。
他教科と道徳関わりがとてもわかりやすかった。
副読本にしばられている授業が多いのですが,
とても楽しいそして道徳の視野が広がる講座でした。
ありがとうございました」(4)

秋野さん「授業で使える道徳の教材がいくつか出てそうなので,
2学期にやってみたい。特別支援学校で使えそうなものもあるので」(4)

荒川さん「覚えてはいるけど題名が思い出せない,
どこにしまったのかも忘れたというものが集まったいい資料集でした。
もちろん知らないプランもありました。ありがとうございました」(4)

坂井さん「久しぶりに道徳の講座に出ました。
やっぱり〈指揮者のミス〉や〈鉄塔を登る男〉などは,
『たの授』に載ったともあり,すぐれているなあと感じました。
法則化のプランは使いやすいのでしょうが,
なんとなく押しつけっぽいにおいを感じてしまいます。
“どういうことを考えてもいい”
というスタンスがあるプランがいいかなあ」(4)

篠原さん「毎週必ず1コマある道徳。何をやろうかな(年間35コマ。
2年間持ち上がりだと70コマ)と悩むことも・・・。
今日はたくさんの資料,そしてお話をありがとうございました」( )

午後・・・愛用の『世界の国旗』のシール付きを忘れたことに気づき,
新所沢まで往復する羽目に。
また,荒川さんのお店に間借りして「ツタンカーメン(面)」を売ったが,
皆さんの関心を引かなかった。
まあ,腐るものではないから息長く売りましょ。

夜・・・ビジネスホテルで休憩したあと,お疲れ様の懇親会へ。
途中で抜け出して,またも新所沢へトンボがえり。
ご心配おかけしてごめんなさい!
準備万端で「世界の国旗」の講師をやりたかったもので・・・。

2012年8月18日 (土)

野蒜地区への訪問

昨日は夏の大会の際に訪問した東名地区に隣接する
野蒜地区を訪問してきた。
2つの学校(2校とも地域の避難場所)を含む地区で,
写真もたくさん撮ってきたが,
多くの方が亡くなったと伝え聞いている。
(インターネットで学校名を検索すると,
いろいろな記録が出てきます)

(1) 再び東北新幹線で仙台へ

007_2

(2) 野蒜駅(仙山線)

015_2

(3) 野蒜駅の構内

008_5

(4) 野蒜駅の構内

032_2

(5) 野蒜駅の構内

009_2

(6) 駅舎内(がれきは片付けられている)

010_2

(7) 駅前のコンビニ

014_2

(8) コンビニの内部(めちゃくちゃでした)

011_2

(9) コンビニの内部

013_2

(10) 駅前の街灯

016_2

(11) 市役所の支所

012_2

(12) 手向けられた花

017_2

(13) 鳴瀬第二中学校(当日は卒業式だったらしい)

018_5

(14) 同上(パノラマ撮影)

033_2

(15) 同上

034

(16) 同上

035

(17) 観光マップ

019_2

(18) 不通区間(青色で塗られているところ)

020_2

(19) 橋の欄干(右側)

023_2

(20) 橋の欄干(左側)

024

(21) 住宅の罹災証明

026

(22) 地盤沈下のため計器のメーターは・・・

027_3

(23) 野蒜小学校(体育館に津波が入り渦を巻いた)

028_3

(24) 1階が津波で流された家

029_2

(25) 同上(茶色い家)

031_2

(26) 野蒜には大きな海水浴場があった

030_2

(27) 石巻駅の津波表示

021

2012年8月17日 (金)

朝日新聞の「いじめ」連載が本に

6年前に朝日新聞で「いじめられている君へ」
「いじめている君へ」「いじめを見ている君へ」と題して,
各界の人たちがリレー連載を行った。
(これらはその後,冊子となった)

今回大津市でのいじめ自殺事件をきっかけに連載が再開し,
未掲載分も含め総勢34人分の文章が本として出版されるという。
朝日新聞出版刊,予価1000円(税込)。

問い合わせは,朝日出版書籍編集部(03ー5541ー8832)まで。
連載には心を打つ文章が多く,私も購入するつもりだ。

006_2

「道徳授業プラン・オンパレード」の3つの柱

資料が準備できて考えたのだが,
埼玉の会で担当する上記の講座の柱は,
3つあるのだと思う。

(1) 授業プランの紹介

生徒たちの授業評価や感想を期待できるもの。
場合によっては研究授業にも実施可能なもの。

(2) 読本の紹介

読むだけで生徒たちに役に立つ
知識や経験を伝えるようなもの。

(3) ビデオの紹介

2コマ観ることが可能で,内容があり,
生徒たちからも「続きはいつ観るの?」と
催促してもらえるもの。

このような3つの柱で,
分類・整理して紹介していきたい。

楽天の釜田が,プロ初完封!

日ハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0計 0
楽天 0 0 0 0 0 0 1 0 X 計1

高卒ルーキーの釜田が,プロ初完封。
7回裏の枡田のタイムリーによる1点を引き出し,
楽天に貴重な勝利をもたらした。

釜田はこれで5勝目(1敗)。
救援陣も温存することができ,
好調・西武との3連戦に
Aクラス進出への期待をかける。
肥さんも本日は西武ドームで応援する予定。
(楽天の先発は,辛島とのこと)

PS 実は昨日の午後仙台に向かい,
夜楽天の試合を応援し,
本日被災地を再訪問してトンボ帰り。
西武ドームにて田中投手の応援を計画したのだが,
ちょっと体力的に無理かと思い断念した。
行けば盛り上がっただろうな・・・。

2012年8月16日 (木)

人権教育の研修会の準備

8月20日(月)の人権教育の研修会の資料を,
昨日準備した。

(1) 差別語と不快語について
(2) 男女共同参画社会について
(3) いじめを扱う「命の授業」

1時間半のコマなのでどの程度できるかはわからないが,
(1)と(2)ではチェックシートも用意できたので,
「ただ聞いているだけ」ではなくなって,
少しは取り組みやすくなったと思っている。

去年は授業書《差別と迷信》に助けてもらったけど,
今年も同じというわけにはいかないものね・・・。
人権教育主任もなかなか大変だ。

久留米は日本の首都だった

「古賀達也の洛中洛外日記 第454話  2012/08/12」に,
以下の記事が掲載された。
九州王朝説の紹介にもなるので,
長文だが転載させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久留米は日本の首都だった

9月1日(土)に久留米大学の公開講座で講演します。
テーマは九州王朝史概論で「久留米は日本の首都だった」という内容です。
15日には正木裕さんも講演されます。詳細は久留米大学ホームページをご覧ください。
故郷の馴染み深い久留米大学御井キャンパスでの講演をとても楽しみにしています。
ちなみに、わたしは同大学の近隣にある御井小学校を卒業しています。

同公開講座てで配布されるパンフレットに掲載されるレジュメを下記に転載します。

久留米は日本の首都だった −九州王朝史概論−
古賀達也(古田史学の会・編集長)

古田武彦氏が『失われた九州王朝』(朝日新聞社・1973)において、
古代中国史書などで「倭国」と記されてきた日本列島の中心王朝は
近畿天皇家(大和朝廷)ではなく、
太宰府を首都(7世紀)とした九州王朝であることを明らかにされた。
すなわち、志賀島の金印を授与された委奴国(1世紀頃)を縁源とする、
後に三国志魏志倭人伝に邪馬壱国と称された王朝である
(2~3世紀。「邪馬台国」とするのは「ヤマト国」と訓みたいための原文改訂であり、
学問的には誤った手法である。)。

6~7世紀、隋書によれば倭国(「イ妥国」と記されている)には阿蘇山があることも記されており、
引き続いて北部九州に都をおいていたことがわかっている。
7世紀初頭には、その王「阿毎の多利思北弧」が隋の皇帝に国書を出し、
それには「日出ずるところの天子」と自称されている。
旧来の日本古代史学界では、この国書を近畿天皇家の聖徳太子によるものとしてきた。
しかしそれは誤りであり、古田武彦氏が指摘するように、
阿蘇山がある国、九州王朝の国書であることは自明といえよう。

九州王朝(倭国)は白村江敗戦後の7世紀末には衰退し、
701年には倭国の分家筋に当たる近畿の大和朝廷が列島の代表王朝となった。
旧唐書に「日本国」と記されているのが大和朝廷である。
旧唐書には「日本国は倭国の別種」と記されていることからも、このことは明らかである。

古田武彦氏による九州王朝説は多くの支持者を得た反面、
旧来の日本古代史学界はこれに有効な反論をなし得ず、
あろうことか無視を続け、今日に至っている。

他方、九州王朝研究の進展に伴い、九州王朝の年号が記された木簡
「(白雉)元壬子年(652年)」(芦屋市出土)などが発見された。
それら九州年号研究は『「九州年号」の研究』
(古田史学の会編、ミネルヴァ書房。2011)などで発表され、反響をよんでいる。

このように古田武彦氏の九州王朝説は「多元的歴史観」として、
歴史の真実を求める心ある人々からは学問的に正当に評価されているのである。
今回の公開講座では、こうした九州王朝史を概説し、
7世紀初頭に九州王朝が太宰府を首都としたこと、
4~6世紀には筑後地方(中心は現・久留米市)に首都をおいていたことを、
文献史学などの成果により明らかにする。
さらには、今も筑後地方に九州王朝の末裔の家系が続いていることも紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福岡県周辺にお住まいの方は,
ビッグチャンスです。
ぜひ聞きに行かれるといいと思いますよ!

私は20数年前に九州王朝説を知り,
それ以来日本の古代史に興味を持って研究しています。

私が特に興味のある分野
(1) 九州年号・・・最初の大和年号「大宝」に先行して32個の年号が!
(2) 二(多)倍年暦・・・かつて今の暦とは違うものが使用されていた!
(3) 日本古代ハイウェー・・・飛鳥時代に作られた全国6300キロ・12m幅の道路とは?

2012年8月15日 (水)

ダイエット 2012

夏休みの暑さと時間を利用したダイエットは,
ようやく新たな段階となった。

(1) 食事・・・夏の大会から1日2食にしている(17日目)
(2) ウォーキング・・・できるだけ歩くように心がけている

-4キロでしばらく「停滞期」となったが,
今はそれを脱出,-5キロから6キロへと向かっている。
だいぶ体を軽く感じる毎日だ。
とりあえず24日(金)の人間ドックを
-8キロで迎えたい。

「道徳授業プラン・オンパレード」の準備(2)

昨日も上記の準備をした。

校内研修(人権教育)もその勢いで進められた。

とにかくこの先日程が混んでいて,
大変な1週間となりそうだ。

18日(土) 埼玉の会(道徳)
19日(日) 埼玉の会(世界の国旗)
20日(月) 校内研修(人権教育)
21日(火) 教員免許更新講座(小原茂巳さんの講座)
22日(水) 教員免許更新講座(支援の必要な生徒)
23日(木) 教員免許更新講座(情報リテラシー)
24日(金) 人間ドック

楽天・永井が今季初勝利!

日ハ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 :計 1
楽天 0 0 2 0 0 0 0 0 X 計 2

3回裏の嶋のタイムリー三塁打で逆転し,
それを継投で守り切って勝つことができた。
先発・永井が1年ぶりで今季初勝利。
青山は15セーブ目。

2012年8月14日 (火)

ツタンカーメン(面)

今上野の森博物館で「ツタンカーメン」展が行われているが,
入場料がだいぶ高いのでちょっと迷っている。

そこで,1番欲しかった「ツタンカーメン(面)」を
インターネットで注文してみた。
けっこうインパクトあるでしょ?

005_2

複数注文したので,欲しい方はご連絡を。
実費(代金+送料)でお分けしますよ。

「道徳授業プラン・オンパレード」の準備

昨日は上記の講座の準備をした。
一応「オンパレード」といっても無理はないかな?

(1) 勇敢な少年
(2) 命の授業
(3) 星野富弘さん
(4) 指揮者のミス
(5) 鉄塔を登る男

(6) 少年犯罪を考える
(7) クラスメイトの名前を読もう
(8) コロンブスの卵
(9) ウソの作文
(10) 優等生ほどできないパズル

(11) 名前
(12) ボクの進路
(13) ハモネプ9
(14) カツゼツを良くしよう
(15) 五万回斬られた男

(16) 形式を教えちゃおう
(17) 都道府県・国名かくれんぼ
(18) この国わかるかな(漢字国名)
(19) 今年の漢字
(20) 財産ゲーム

(21) 魚偏の漢字
(22) 変身トランプ
(23) 定番ビデオ紹介

「38個のメダルを獲得」という表現について

連夜の寝不足で盛り上がったロンドン五輪。
全日程で毎日メダル獲得というものすごい日々だった。

それにともなってテレビでの報道も
これまでにない量だったが,
その表現で1つ気になったことがある。

メダルの数は38個が正しいのか,
76個が正しいのかということである。
スポーツには個人種目もあれば団体種目もある。
実際にもらった人の数からいえば76個なわけで,
「38種目76個」というのが良いのではないかと思った。

2012年8月13日 (月)

「古田史学会報」の2012年8月号

一昨日「古田史学会報」の8月号が届き,
昨日それを読ませていただいた。
いつもながら論客の力作が並んでいる。

大下さん「太宰府出土「戸籍」木簡 「多利思北孤」まぼろしの戸籍か!」
正木さん「神功皇后と盗まれた神話」
阿部さん「百済ネイ軍墓誌」について
合田さん「続・越智国にあった「紫宸殿」地名の考察」
 
私も皆さんに続けるように精進したい。
とりあえず「日本書紀」の「初」&「始」記事をまとめたい。
(先日「続日本紀」についてはグラフ化した)

「埼玉の会」の準備

今週末に埼玉会館で「埼玉の会」が開かれる。
その準備(資料の袋詰め)が昨日行われた。

会場はいつも飯能・日高サークルが行われている
飯能市立富士見公民館。
丸屋さん,佐藤裕さん,奥村さん,坂上さん,
森下さん,青木さん,私の7人が集まった。

今回も参加者は三桁には届かないようだが,
まかせられた自分の講座(道徳と《世界の国旗》)を
精一杯がんばりたい。

2時間ほどで作業は終わり,
私は用事のため帰途についた。

ボクシング村田のとレスリングの米満が金メダル!

ボクシングの村田とレスリングの米満が金メダルを獲得した。
特に今回の五輪では,ボクシングの判定が疑問山積で,
安心して楽しめなかっただけに大変良かったと思う。
これで合計7個の金メダルとなった。
また,ロンドン五輪のメダルの合計38個(金7,銀14,銅17)は,
これまで最多のアテネ五輪(37個)を抜き史上最多とのこと。

PS アーチェリーの銀メダリスト古川の名言。
「重いです。
今までは肩に重圧がかかっていたけど,
今は首が重いです」

2012年8月12日 (日)

女子バレーが,銅メダル獲得!

準決勝でブラジルにストレート負けした女子バレー。
韓国との3位決定戦はなかなかの接戦だったが,
結局3ー0(25ー22,26ー24,25ー21)の
ストレート勝ちで有終の美を飾った。
(韓国戦に強い迫田は,23得点をあげて期待に応えた)
28年ぶりの銅メダル,おめでとう!

やはりバレー部の顧問をしているので,
バレーボールのことは気になります。happy01

「続日本紀」の「初」&「始」(はじめて)記事

「続日本紀」の最初の方は,
「初」&「始」(はじめて)記事のオンパレードだ。

しかし,これらはどうも「本当に日本で初めて」というより,
「大和政権としては初めて」という意味のようだ。
(言葉は違うが,大和政権としては初めて年号を作った=建元した
大宝元年出てくるのもこの時期である)

ここでは,「日本書紀」からバトンタッチを受けた
697年から750年までの「初」&「始」記事をカウントしてみた。
(「続日本紀」の全文検索を利用)
(どういうわけか「続日本紀」では,
「初」より「始」の使用回数の方が多い)

697年 ●●
698年 ●                  大嘗祭の主宰
699年 ●●●
700年 ●●●●
701年 ●●●●●●●●●●●●● 「大宝」の建元
702年 ●●●●●●●●●●
703年 ●
704年 ●●●●●
705年 
706年 ●●●●●●●
707年 ●●●●●●●●●      「山沢亡命」記事(1)
708年 ●●●●●●●         「山沢亡命」記事(2)
709年 ●
710年 ●●                 平城京遷都
711年 ●●●●●●●●●●●●●
712年 ●●●●●●            「古事記」
713年 ●●●●●●●●●●●●●
714年 ●●●●●
715年 ●●●●●●●
716年 ●●●●●●
717年 ●●●●               「山沢亡命」記事(3)
718年 ●●●●●
719年 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 
720年 ●●●●●●●●●        「日本書紀」
721年 ●●●●●●●●
722年 ●●●●●●●
723年 ●●               三世一身法
724年 ●●●             聖武天皇の詔報「白鳳以来,朱雀以前」
725年 ●●●●●
726年 ●●●
727年
728年 ●●●●
729年 ●●●●
730年 ●●●
731年 
732年 ●●●
733年 ●●
734年 ●●
735年 ●
736年 ●
737年 ●●●
738年 ●●●
739年 ●
740年 ●
741年 ●●●●
742年 ●●●●●●
743年 ●●●●●●●              墾田永年私財法
744年 ●●
745年 
746年 ●
747年 ●●
748年 ●●
749年 ●●●●●●●●●●●●●
750年

広島の川

九想さんが「広島の川」という素敵な歌を紹介して下さった。
夏休み明けに生徒たちに聴かせたいと思う。

山下勇三・作詩/佐藤允彦作・編曲
中山千夏・歌

1975年10月発売(日本コロンビア)の 曲で,
TBSラジオ番組「允彦・千夏のあなたまかせ」(今月の唄)の作品らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島の川

広島の街やあね 川だらけじゃけんねェ
ちよっとあるいたら 川があるんじゃァ
一番目の川は 太田川
太い川じゃけん 庚午はしゃァながいんじゃァ
二番目の川は 天満川
古い川じゃけん 溺れた子も多いんじゃァ
三番目の川は 本川じゃァ
ふたまたじゃけん 相生はしゃァしあんばし
四番目の川は 元安川
ピカドン川じゃけん 盆にゃ涙川
五番目の川は 京橋川
長い川じゃけん 橋の数は十一本
六番目の川は 猿喉川
けうべたぬかれるけェん
子供は泳がんのじゃァ
朝の満潮にやねェ
昼の引潮じゃねェ
ピカドンの恨みが流れとるんじゃ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インターネット検索したら,
CDが売られているようだったので,
注文しようと思う。

2012年8月11日 (土)

消費税が2014年8%,2015年10%に

昨日,消費増税関連法案が参議院で可決され,
上記のように消費税が増えていくことが決まった。

消費税は低所得者層にも同様にかかるため,
そちらへの対策が必要である。
また,何に使ってもよい金とは思えないので,
ぜひ「社会保障の財源」という趣旨を貫いてほしい。

これまでの消費税の流れを振り返ってみると,
私が30歳だった1989(平成元年)4月に導入され,
39歳の1997(平成8年)に5%に,
そして今後,55歳の2014(平成26)年4月に8%に,
57歳の2015(平成27)年10月に10%になる予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考1 イギリスやオーストラリアなどでは,
食料品に対する税率はゼロらしい。
同じ商品でも生活必需品もあれば贅沢品もあるのだから,
一律の課税はいかがなものだろうか。

参考2 世界で一番税率の高い国として,
スウェーデンの25%というのがある。
しかし,スウェーデンは「ゆりかごから墓場まで」と言われるように,
高負担&高福祉の国で,国民の不満は少ないという。

昨日の2つの「出張」

昨日は,2つの「出張」をした。
1つはNHK合唱コンクール・埼玉大会(本選)への引率で,
もう1つは人権教育(男女平等)の講演会だった。

【Nコン引率】 ・・・午前中8時から12時半

午前8時学校をバスで出発して,
大宮ソニックシティーのホールへ。
課題曲「fight」(若者に人気のあるYUIの曲)と
自由曲「決意」(5人の審査員の中に作曲者がいた)を歌った。
バスの中の練習ではどうなることやらと思ったが,
会場周辺の「階段ステージ」での練習を見てひと安心。
本番のステージの演奏でも実力を出せた。
(合唱団の中には今年担任している生徒が5人,
去年担任して来年の中心になるだろう1人が参加していた)
午前中の8校を聴いたところで,
私は午後の出張場所・志木市民会館へ向かった。

【人権教育】 ・・・午後1時半から4時半

つなぎが良くなくて,開始のベルとともに会場に到着。
2つの講演を聞き,情報提供を受けた。
男女平等をめざす内容だったが,
授業や研修の参考になる内容だった。
例えば,歴史教科書での登場人物の
男女比から学びに入ったり,
男女の賃金比や諸外国の就業率の年齢比など,
統計を使いながら考えていく方法である。

楽天,長いトンネル抜け3連勝!

楽 天 0 2 2 0 0 0 2 0 0 計 6
ソフト 0 0 0 1 0 2 0 0 0 計 3

楽天の先発・辛島が苦しみながら4勝目(3敗)。
青木が14セーブをあげた。
序盤に相手の先発・岩崎を攻略したことが勝因だった。

2012年8月10日 (金)

女子レスリングで,吉田が金メダル!

夜目が覚めてテレビをつけたら,
女子レスリングで吉田が金メダルだった。
伊調と同じ3連覇を達成だ!ヽ(´▽`)/
(しかし,浜口は相手に押し切られ,
まさかの1回戦負けだった・・・)

ここで,しばしの睡眠(グーグー)。

午前4時,NHKテレビをつける。
なでしこジャパンと女子バレーが同時スタート!?
前半8分,左サイドから攻められ,
アメリカの先制ゴール(0ー1)。
インターネットで調べたら,バレーはブラジルに18ー25で,
残念ながら第1セットを失ったとのこと。

その後なでしこジャパンは再三攻撃するが成功せず,
0ー1で前半を終了した。

ここでテレビ朝日にチャンネルを回したら,
バレーは第2セットを15ー25で取られ,
第3セットも18ー25でストレート負けをしてしまった。
(日本は韓国との3位決定戦へ)

さて,またなでしこジャパンの試合に戻る。
後半8分点依然として0ー1と思ったら,
ここでまたボールを奪われ0ー2。
前半の失点と同様相手の攻撃に対して
今ひとつ積極的にボールを取りに行かず,
残念な失点をしてしまった。

後半18分,うまいパス回しから,
澤→大儀見とつないで,シュート!
なでしこジャパンこの試合の初ゴール!!

しかし,これで守備を固めたアメリカ。
そのゴールを割ることは2度とできなかった。
(なでしこジャパン,銀メダル!お疲れ様!!)

夏休みの日直 2012

昨日は,夏休みの日直だった。

午前中は生徒との面談から入り,
電話や業者との対応で時間を過ごした。
この時期は部活動も数が少なくなり,
生徒たちや先生方の姿もあまり多くない。

午後になっても忙しかったが,
ひと段落すると自分の時間を持てるようになり,
最後に戸締りをして退庁した。
昨日も一昨日に続き猛暑が
少しだけ収まってくれた1日だった。

楽天,後半戦で初の連勝!

オ リ 0 0 0 0 0 0 2 0 2 計 4
楽天 0 1 0 0 1 1 3 1 X 計 7

攻撃は最大の防御なり。
楽天が14安打で,後半戦で初の連勝を飾った!
先発した新人・釜田は粘りのピッチングで試合を作り,
4勝目(1敗)を飾った。
(青山も13セーブ目をあげた)

2012年8月 9日 (木)

楽天,うっぷん晴らす20安打14得点!

オ リ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 計 1
楽天 1 2 0 1 4 2 0 4 X 計 14

対楽天3連勝をもくろむ井川を撃破し,
楽天がこのところのうっぷんを晴らすような
20安打14得点で大勝した。

先発・美馬も7回を被安打1与四死球2でまとめ,
素晴らしいピッチングで6勝目を飾った。


女子レスリングで,2個の金メダル!

伊調(2大会連続金メダル)や吉田が強いのは知っていた。
しかし,小原がこんなに強いとは知らなかった。(初出場)
2人とも金メダル獲得,おめでとう!
さあ,次は吉田と浜口が2人に続いてくれ!!

昔「柔道一直線」というテレビ番組で,
外国人選手が「日本,柔道,弱い!」というセリフがあったが,
それを使うと「日本,レスリング,強い!」という感じ。
草食系男子と肉食系女子という印象のロンドン五輪だ。

PS レスリングの場合,同点になると
「ボール・ピックアップ」というルールがあるのを知った。
箱の中にボールが入っていて,
それを選手が取り出して青いボールが出ればそちら側に有利に,
赤いボールが出ればそちら側に有利に足を取って攻撃させるのだ。
(最初に赤青2個ずつ入っていて,1回目に出たボールは戻さない。
2回目は「出なかった方の色」が確率的には有利になるが,
今回の3位決定戦では2回とも青が出るという場面があった)
初めて知ったが,おみくじみたいで不思議な感じだった。

第9回古代史セミナーの案内

古田武彦氏を囲んで,2日間古代史について
思う存分研究できるのが,古代史セミナーである。
毎年11月に行われ,私の大きな楽しみの1つとなっている。
その案内が今年も昨日届いた。

日程・・・11月10日(土)12時~11日(日)17時
場所・・・八王子セミナーハウス(八王子駅からバスで20分)
主催・・・大学セミナーハウス
費用・・・2万1000円(シングル希望だと+1500円)

基本的なスタイルとしては,まず古田氏が話をして,
それについての質問を参加者が出していく。
その上に,全部食事(4回)やおやつ付きで,
初日の晩には「古田武彦氏を囲む会」も開かれる。
もし参加希望の方がいらっしゃったら,ご一緒しましょう。
古田氏も今年で86歳となります。

2012年8月 8日 (水)

残暑見舞い 2012

生徒たちに残暑見舞いを書こうと思って,
近所の郵便局にハガキを買いに行ったら,
クジが当たってポスト風鈴をもらえた。
ラッキー!

004

今年の残暑見舞いの文章は,
以下のようにする予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残暑お見舞い申し上げます!

毎日暑いですが,元気に頑張っていますか?
まもなく夏休みも半分を過ぎようとしていますが,
「もう半分終ってしまった。どうしよう(。>0<。)」と思うか,
「まだ半分残っている。さらに頑張ろう(* ̄ー ̄*)」と
思えるかで,同じ時間でも価値が違って感じられます。
ぜひプラス志向で乗り切っていきましょう。

担任の肥さんは,部活動に出たり出張に行ったり
教員免許更新に参加したりと忙しく過ごしていますが,
2泊3日の宮城県の研究会に出かけた際訪問した
被災地の様子が大変印象に残りました。今まで
「ただ訪問するだけでは被災者の方々に失礼だ」と
勝手に思い込んでいましたが,そんなことはなく,まず
被災地の様子を知ることから始まることがあるのだと
今回再確認しました。「百聞は一見に如かず」かな。
テレビで観た風景と自分の目で見た風景は,やはり
違うものがありました。お互いに成長して9月3日に
再会しましょう。では,お元気で!( ̄▽ ̄)

教員免許更新講習(2日目)

昨日も上記の理由のため,
朝から夕方まで明星大学(八王子市)に行ってきた。

午前中・・・吉冨先生「教育政策の動向についての理解」

もともと行政畑にいた方が明星大学の先生になられた。
話の中心は教育基本法の改訂と
学習指導要領についてのことだった。
現場ではあまり話題にならない内容だが,
自分たちの行っている仕事の社会背景を
知っていることは大切なことだと思った。
テストについては最初から方法を話していただけ,
安心して講義を受け,余裕を持ってテストも取り組めた。
こういうやり方をしていただけると受講者は助かる。

午後・・・高橋先生「学校の内外での連携協力への理解」

吉冨先生が「高橋先生は有名な方」と言っておられたが,
まさかあの埼玉県の教育長を務めた高橋史朗氏とは,
テキストで名前を見たときには思わなかった。
「新しい歴史教科書」の問題で私は記憶していたので,
どんな講義になるのかとドキドキしながら聞いていた。
アメリカで学んだ教育学者で,評価は分かれるが,
「親学」や教師塾の活動ではよく知られている。
文科省やマスコミにもよく登場しているので,
名前くらいは知っている方も少なくないのでは?
講義の内容は多岐にわたり,資料もたくさんいただいた。
モンスターペアレントへの対応の話がなかなか参考になった。
テストは論述式のみ(時間の関係で6題中4題解答)
最後に明星大学からのアンケートに答えて帰途についた。

女子バレーが初めて五輪で中国を破る!

今回いろいろな種目でのメダル獲得が続いているが,
女子バレーでもフルセットの上中国を破る快挙があった。
3ー2(28ー26,23ー25,25ー23,23ー25,18ー16)
これで24年ぶりのベスト4だ! (v^ー゜)ヤッタネ!!

もともと力がある上に,
ロンドン五輪での他の種目の熱気が乗り移ったのだろうか。
五輪はもう後半に入ったが,
まだまだ眠れぬ夜が続きそうだ。

一方,サッカーでは男女が明暗を分けた。
なでしこジャパンが決勝でアメリカと戦うのに対し,
昨夜メキシコに1ー3で敗れたため
男子は3位決定戦を韓国と戦う。
こちらも必死の応援をしたい。

PS 卓球女子団体の3人,銀メダルおめでとう!
メンバーののそれぞれの喜びが伝わってきて,
私もうれしくなった。

2012年8月 7日 (火)

教員免許更新講習(1日目)

昨日は上記の理由のため,
朝から夕方まで明星大学(八王子市)に行ってきた。

002_2

003_2

午前中・・・蜂須賀先生の「教職についての省察」

蜂須賀先生は特別活動が専門で,
マイクなしで熱弁を振るった。
後半には6人グループでの討論もさせて下さり,
参加者同士の交流をすることもできた。
(皆さんにはHP&ブログの案内を差し上げた)
特に群馬の志村さんは,昼食時にわかったのだが,
仮説実験授業をやる高校の先生で,
21日の小原さんの講座も出席するとのこと。
参加する楽しみがさらに膨らんだ。

午後・・・石原先生の「子どもの変化」

蜂須賀先生のアナログな講義に対して,
石原先生のものはデジタルな講義だった。
パワーポイントで作り上げた脳の研究資料を,
次々とプロジェクターで映し出して話が進行した。
LDとかADHDとか,最近よく話題になるものもあった。
石原先生の講義は私には難しいものだったが,
終末に行われた試験は蜂須賀先生のよりできた。
短時間でまとめるのはやはり慣れが必要だ。
試験時間はわずか20分だった。

なでしこジャパン,決勝へ!

先ほど行われた女子サッカー準決勝で,
なでしこジャパンはフランスを2―1で破り決勝に進出した。
ということは,初のメダルとなる銀以上を確定させた。

日本は宮間のFKから2点を先行した。
前半に大儀見が先制,後半には阪口が頭で決めた。
後半に1点を返されたが,GK福元の好守などで逃げ切った。

男子サッカーもこのなでしこジャパンの勢いをもらって,
準決勝を突破してほしい。
今夜もテレビで応援しなくちゃね!

2012年8月 6日 (月)

原発ゼロ支持7割

昨日の朝日新聞の朝刊によると,
「政府が全国11カ所で開いたエネルギー政策の
意見聴取会が4日終わり,
2030年までに原発ゼロを求める意見が7割を占めた」
とのことだ。

001_2

数値が多少ばらつきがあるが,
会場ごとのものを載せて考える資料としたい。

会場   意見表明数  ゼロの割合

さいたま  309     77%
仙台     93     71%
名古屋   161     66%
札幌    129     82%
大阪    318     66%
富山    117     56%
広島    117     62%
那覇      9     89%
高松     67     42%
福岡    127     64%

合計   1447     68%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお福島は意見聴取会は開かれたが,
パーセントの選択肢はなかったとのこと。
ただし,30人中28人が原発ゼロを求めた。
そりゃ,そうでしょう。

英国旅行が増えるかも・・・

昨日は女子マラソンをテレビ観戦したけれど,
選手たちの争いよりも景観の美しさの方に
目を奪われるようなコースだった。

しかもごていねいに3周もした場所もあって,
ノーミソには無意識のうちに,
「ロンドンというのは美しい町並みだなあ」と
焼きついてしまったような気がする。

開会式も歴史的な演出の工夫があって面白かったが,
このマラソンコースを利用しての地理的なアピールとあいまって,
今後英国旅行者の数が増えそうな気がした。

「手ぶらで帰すわけにはいかない」

今回のロンドン五輪では,金メダルこそないが,
競泳で男女とも銀・銅のメダルがけっこうあった。

その瞬間はそれぞれ印象的だったけれど,
最近では男女とも400mメドレーリレーが良かった。

女子は日本記録を塗り替える銅メダル,
男子は「(北島)康介さんを手ぶら(メダルなし)で
(日本に)帰すわけにはいかない」と奮起しての銀メダルで,
これからの競泳界の興隆を予感させる動きだった。

自分のことをこえて,人のために頑張ろうとする時,
人はより力を発揮することができるような気がする。
また,北島がこれまで日本の競泳界を引っ張ってきて,
若い選手たちの精神的支柱となっていたことも理解できた。

2012年8月 5日 (日)

新所沢たの授サークル2012年8月例会

昨日は,上記の例会に参加(主催)した。

参加者・・・坂上さん,山田さん,山本さん,私の4名。

主な内容・・・

(1) 東日本大震災の話題。前半は坂上さんと。半ばで皆さんと写真を見ながらしました
(2) 山本さんによる「水のはたらき」のDVDを使った授業 「けずり」「はこび」「つもらせる」
(3) 私の「夏の大会報告」「1学期前半を振り返って」「ハモネプ9の感想」「〈はみだしたの〉の30年」
(4) 山田さんによる「ドラえもんの科学」の紹介(ドラえもんのヘリコプター,欲しい~!!)

参加された方々,ありがとうございました。
(8月例会はチャレンジだったので,ホッとしています)
また,10月も6日(土)にやりますので,ぜひ参加して下さいね。
今回不参加だった有馬さんもぜひぜひ。

追伸 ~ サークル前に近所のセブンイレブンで買い物をしていたら,
2年前に担任&教えていたMさんたち3人に出会った。
私は彼女たちを2年生まで担当して今の学校に異動したのだが,
大人っぽく成長した姿がちょっぴりまぶしかった肥さんでした。

「フツーの社会科の先生」への模擬授業

神奈川県の根本さんが社会科の先生16名を相手に,
授業書《日本国憲法とその構成》の授業をしてくれました。
そして,その授業評価と感想をたの社MLに送ってくれました。
すごく高い授業評価と感想でうれしいです。

私はこの授業書の作成をお手伝いし,
最後のまとめのグラフを描いています。
もしよかったら,長岡清・竹田かずき共著
『ミニ授業書 日本国憲法と三権分立』(仮説社)をご検討下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012/08/03

社会科の先生を相手に≪日本国憲法とその構成≫をやりました。

たのしさ度
5 15名
4 1名

ためになった度
5 15名
4 1名

9ページの作業によって,憲法の内容を量的に捉えることができて,おもしろいと感じました。
本当に,自分の頭の中に,「憲法ってよく分からない」というイメージから,
「憲法ってそういうことが書かれているのか」というイメージが湧く体験ができました。
活用してみます。ありがとうございました。
(若手 山本さん たの5・ため5)

学習のねらいに対して,単純明快な資料を用い,かつ,その積み重ねによって,
基本的事項を習得できることができたので,こうした資料を上手に活用していき,
生徒のたのしいうれしい顔を,より一層見たいと思う。
(男性さん たの5・ため5)

知っているようで知らない意外なところをつかれてしまいましたが,
改めて憲法の奥深さ(?)を知りました。
授業の構成の骨組みがしっかりされているからこそ,良かったと思います。
「楽しく授業をする」とは,やはりこのようなことなのですね。
また何より,根本先生の話術の巧みさが良かったです。
仮説授業(というのでしょうか?)2学期に実践してみたいと思います。
最後のページの<憲法のイメージ化>が大変良かったです。
(女性さん たの5・ため5)

イメージを持たせてあげること>って,細かい知識をたくさん覚えることよりも,
まず大切だと思うので,私も,子どもたちにイメージを持たせられるような授業がしたいと思いました。
クイズ形式で予想を立てるのは,色々な意見が聞けて楽しいです。模擬授業ありがとうございました。 
(若手 佐藤さん たの5・ため5)

憲法がこのような構成になっているとは知らなかったので,とても勉強になりました。
意外と知らなかったことが多いんだなと思いました。
グラフのイメージがとても分かりやすかったです。
とてもおもしろかったです。ありがとうございました。
(女性さん たの5・ため5)

おもしろい授業でした。今まで「~章」と考えたことがなかったため,新鮮でした。
このような指導がきっかけで興味を持つ生徒が増えるのかもしれません。
憲法の条文についてはかなり頭に入っているつもりでしたが,視点を変えるとまだまだですね。
ありがとうございました。
(ベテラン戸谷さん たの5・ため5)

生徒たちに憲法のイメージをつくりやすくするために,
とても楽しく盛り上がる授業だと思った暗記するにもインパクトや楽しさがあり,
数字などもしっかり覚えることが出来ると感じた。
(若手 内堀さん たの5・ため5)

[7つの章を書く問題]は,知識をフル活用して,自分でも面白かった。
憲法の学習がすべて終わった後に,自分も実際にやってみようかと思う。
網羅的な知識が再構成されると思う。とても刺激的な授業でした。
(若手 今川さん たの5・ため5)

あらためて国の基本法である憲法の内容の構成を再認識した。
日本国憲法が制定される歴史的経緯もあらためて理解した。
(ベテラン天野さん たの4・ため4)

・憲法の構成がとても良く分かりました。分かっているようで案外忘れているものですね。
・ただ説明を聞いているよりも,理解が深まったように思います。 
(ベテラン石川さん たの5・ため5)

日本国憲法のことを知っていたつもりであったが,
この講義を振り返ると,自分の分かっていないところがたくさんあると思った。
勉強不足であると痛感させられ,良い経験になりました。
(若手 別府さん たの5・ため5)

できあがっている憲法を,ただ知るだけが学習ではない。
生徒たちや個人それぞれのイメージや考えなど,その集大成になりえる為につくられた憲法。
改正がよい悪いではなく,何が必要か,生徒と共に何のために必要か,考えていきたい。
本日はありがとうございました。
(若手 矢坂さん たの5・ため5)

意識して学習していないことを,クイズ形式で楽しみながら取り組めるスタイルだと思いました。
色々な意見や感想を途中で述べ合うことで,<他の生徒の考えや意見を聞く>,
<自分から伝える>などの力が養えると思います。
(ベテラン白石さん たの5・ため5)

↓「見れども見えず」
私は,憲法が全部で何条,何章あるかということ,11章の内容が分かりませんでした。
1学期に生徒に日本国憲法を教えたのに,基本的なことを知らずに驚きました。
また,「へぇ~」と感心してしまうものもあり,とてもおもしろかったです。
生徒の興味関心をひきつけるためにも,機会があれば,授業に取り入れてみたいです。
(若手 小滝さん たの5・ため5)

2年前に3学年を担当して,憲法についての授業を行いました。
しかし,今回楽しみながら,改めて考えさせられることや新しい発見があり,
とても勉強させられました。本日はありがとうございました。
(若手 肥後さん たの5・ため5)

模擬授業をしていただいたおかげで,ただの資料交換会にならず
部会がとても有意義なものになったと思います。
3年生の受験を意識したタイトな授業時数の中でも使えるプランの提案,
本当にありがとうございます。早速してみます。
今年度は,道徳で「あいさつ」の仮説をしました。
私の持って行き方がいま一つなのか,反応はまぁまぁ。
また,私なりに仮説に取り組んでいきたいです。
(若手 日達さん たの5・ため5)

男子サッカーも,準決勝へ!

男子サッカーが,3ー0でエジプトを破り準決勝に進んだ。

前半14分・・・永井のシュート(その後ケガで交替)
後半33分・・・吉田のヘディングシュート
後半38分・・・大津のヘディングシュート

パス回しも正確で速く,素晴らしいサッカーだった。
ぜひなでしこジャパンとともに,さらに上をめざしてほしい。

チーム種目が勝ち進んでいるというのは,
部活の大会でもそうだが,やはり盛り上がるものだ。

ただ,今回サッカーが盛り上がったことで,
来年度の入部がサッカーに集中するかもね。
それがちょっと心配。

2012年8月 4日 (土)

いよいよ本日は,新所沢たの授サークル8月例会!

いよいよ本日は,新所沢たの授サークル8月例会です!
連日暑い日が続きますが,公民館内は涼しいです。
どうぞお出かけ下さい。

日時・・・8月4日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館(社会科サークルと合同です)

内容・・・1学期に行った仮説実験授業関係の授業書の話題
     (《オリンピックと平和》と《日本国憲法とその構成》を実施しました)
     楽しい手品の紹介
     たのしい科学のDVDの視聴
     夏の大会とささやかな被災地訪問の話と写真
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「最初の大和年号は大宝だった!」などの古代史の話題 
     悩み相談

会費・・・500円

PS 今回は午後1時から5時まで通しで新所沢公民館で行えます。
 安心しておいで下さい。

※ もし参加できるようでしたら,ご一報いただけると幸いです。
山本さんと有馬さんは来ていただけるとのことです。

「最古の戸籍木簡」の最大のポイント

昨日「東京古田会ニュース」が送られてきて,
古田武彦氏も例の「最古の戸籍木簡」について論じていた。

その中の「七」というところの冒頭に,
次のような文章が出ていた。

「今回の出土木簡のもつ「最大のポイント」をのべよう。
それは「評制,木簡」が“こわされ”て,“捨てられ”ていたことである。
(中略。3つの「最古木簡」を紹介)
いずれも「折られ」たり,「割られ」たりした痕跡を持っている。

Photo

古田氏は「最古の戸籍木簡」の実物を見ようと,
6月15日に太宰府に向かっている。
その「現地を訪ね,実物を見る」という行動が,
今回の収穫につながったのだと思う。

もちろん九州王朝説という仮説があってのことだが,
やはり実物が語りかけてくるものはあったのだ。
(解説書にも「廃棄処理」がなされていると指摘がある)
私も木簡の写真は見ていたが,
そのような視点は持つことができなかったし,
そのような指摘を誰かがしたとも聞かない。

なでしこジャパンが,準決勝へ!

目が覚めたら午前1時。
これはなでしこジャパンの応援をするしかない!
そう思ってテレビをつけた。

前半,ブラジルの猛攻に耐えて大儀見が1点目。
後半も,ブラジルの猛攻に耐えての大野の2点目。
苦しい時間を耐えての価値ある2点は,
なでしこジャパンにベスト4進出への道を切り開いた。
(対戦相手は,フランスとのことである)

たぶん今日はあくびの出る1日になるかもしれない。
しかし,このあくびは「勲章」としてのそれなのである。
(と人は思ってくれないが・・・笑) soccer

監督の人心掌握術を知らせるエピソード~
「50代 男性」からの応援メッセージを選手たちに知らせたが,
実はそれは,監督自身のものだったらしい。
こういうユーモアのある対応が
選手たちの心をつかむのではないかな?

2012年8月 3日 (金)

いよいよ明日は,新所沢たの授サークル8月例会!

いよいよ明日は,新所沢たの授サークル8月例会です!
連日暑い日が続きますが,公民館内は涼しいです。
どうぞお出かけ下さい。

日時・・・8月4日(土) 午後1~5時
場所・・・新所沢公民館(社会科サークルと合同です)

内容・・・1学期に行った仮説実験授業関係の授業書の話題
     (《オリンピックと平和》と《日本国憲法とその構成》を実施しました)
     楽しい手品の紹介
     たのしい科学のDVDの視聴
     夏の大会とささやかな被災地訪問の話と写真
     「雑学」についてのガリ本作りの相談
     「最初の大和年号は大宝だった!」などの古代史の話題 
     悩み相談

会費・・・500円

PS 今回は午後1時から5時まで通しで新所沢公民館で行えます。
 安心しておいで下さい。

※ もし参加できるようでしたら,ご一報いただけると幸いです。

夏の大会をきっかけとして

今年は仮説の夏の大会が宮城県松島で行われた。
それをきっかけとして,いろいろな動きが見られている。

(1) 被災地への訪問

私もささやかな訪問(東名付近)をさせてもらったが,
たの社MLによると少なくとも2つのグループが福島県経由で帰途に着き,
被災地の訪問をしておられたとのことである。
また,その他に仙台空港方面の訪問を考えている方がいた。
宮城県松島での夏の大会開催は,確かに新たなきっかけを作ってくれた。
埼玉からは近いので,夏休み中にもう1度松島を訪問しようかと思っている。

(2) 「夢ブログ」へのうれしいコメント

昨晩門馬寛さんと売り場係さんから,「夢ブログ」の夏の大会報告に
うれしいコメントをいただいた。
門馬さんとはもうだいぶ前からのお付き合いとなるが,
同じ中学教師として今後もさらに情報交換していただけたら幸いである。
また,今回の夏の大会をきっかけに売り場係さんともお近づきになれた。
今後「夢ブログ」の読者になっていただければ幸いである。

(3) 昨日の私の仕事

昨日学校にでかけ,2人の生徒と被災地訪問の話をした。
また,帰宅後デジカメの写真をコンビニでプリントし,
さらにカラーコピーでA3判に拡大した。(320%の拡大率でばっちり!)
新所沢たの授サークルの例会で参加者に見てもらったり,
9月になって授業で生徒たちに見てもらったりする予定である。

2012年8月 2日 (木)

夏の大会 2012 3日目

昨日は,仮説の大会の3日目だった。

午前中私はのんびりと「アンコール分科会」や「小原講演」を聞き,
体調を整えて少し早めに帰宅した。
午後5時には家に戻り,6時には肴やで乾杯するほど,
帰りも東北新幹線でスムーズに移動できた。

【夏の大会の収穫】

(1) 体調回復とダイエット

いい環境で体調回復でき,ダイエットも続けられた。
(この3日間は「1日2食」で頑張った)

(2) いろいろな刺激をもらえた

いろいろなタイプの先生たちが,それぞれの形で仮説を楽しんでおり,
自分も自分のやり方でやっていこうと再確認できた。

(3) 被災地への訪問を果たす

わずかな時間だが,被災地(東名)を訪問できた。
「百聞は一見に如かず」だと思った。
配慮いただいた実行委員会に感謝したい。

(4) たの社MLに報告

都合で参加できなかった方に向けて,
「夢ブログ」で夏の大会の様子を報告できた。

(5) 「奥の細道」の資料を入手

帰りの東北新幹線の中で,「奥の細道」の資料を入手した。
JRはなかなかいい冊子を作っている。
以前井藤伸比古さんからいただいた九州の古代史の資料も,
JRの冊子だったように思う。

お店の「センター」はやはり仮説社

003_10

小原講演 ~ 「仮説に出会って」のアンケート調査など

004_2

奥さんのお店 ~ プランクトンなど

002_7

ありがとう松島

001_5

明後日(8/4)からツタンカーメン展

明後日から東京でツタンカーメン展が行われる。

エジプト文明については私も大変興味があるので,
ぜひ見に行きたいと思う。

会場は上野の森美術館で,
料金はちょっと高くて2700円とのこと。
(平日・当日券。前売りだと少し安くなる)
しかし,ツタンカーメンのお面が600円なのがうれしい。
(これはぜったい手に入れたい)

ツタンカーメン展

今朝の「めざましテレビ」で,「すべてが国宝」ともいわれる
今回の展示品の運搬の様子を放送していた。
プロの技術というのは,すごい!

2012年8月 1日 (水)

夏の大会 2012 2日目

昨日は,仮説の夏の大会の2日目だった。
夕方には,東日本大震災の被災地も見学することができた。
(東京の佐々木さんには,お世話になりました!)
本日も,写真を中心に報告しよう。
(写真をクリックすると拡大できます)

(1) 松島の瑞厳寺

008_2

(2) 五大堂

009_2

(3) 松島の船着場 

010

(4) 社会の科学分科会 ~ 宗さんの発表

011

(5) 社会の科学分科会 ~ 宗さんの発表(その2)

012

(6) 板倉ミニ講演 

013_2

(7) 今年の板倉賞は,阿部さんの「油の研究」

014_2

(8) 来年度の夏の大会は「千葉県の勝浦・ホテル三日月で7/29~31」

015_2

(9) 冬の大会をよろしく(村西さん)

016_2

(10) JR代行バス(JRの不通区間を走るバス。料金は電車賃と同じ額)

017_2

(11) 東名(とうな)駅のホーム ~ 線路なし

018_2

(12) 1階部分の損壊ぶり

019

(13) 東名駅から少し行ったところ ~ ここから線路が再開

020

(14) 海が迫る(水位が高い)

021

(15) 肥さん(佐々木さん撮影)

022

(16) 同上

023

(17) パーマ屋さん付近

024_2

(18) 1階の盗難よけ「戸締り」

025

(19) ガードレールの曲がり方に注目

026

(20) 2階は無事?

027_2

(21) 同上

028_2

(22) 3/11が命日

029_2

(23) 同上

030_2

(24) お墓も被災

031_2

(25) 以前は田んぼだったが・・・ 

032

(26) お墓と瓦礫

033

(27) 話をうかがった作業員の方

034

(28) 東日本大震災のことが書いてある柱

035

(29) ここには住宅があった・・・

036_2

(30) 異様に高い電柱

037_2

(31) 東名駅付近

038_2

(32) 同上

039

(33) 400m先に避難所があるという看板

042_3

機会があったら行ってみたいと思っていた被災地が,
夏の大会の行なわれた松島からわずかの場所にあった。
バスで30分のところには,まだ震災の傷跡が多く残されていた。

大長=九州年号をさがせ!

古賀達也さんの「洛中洛外日記」の最新号(448話)に
木簡データベースについての話が出ていたので,
長文ですが転載させていただきます。

ブログで自分の考えを発表し,
刺激を与え続けて下さる古賀さんに
感謝です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松山市出土「大長」木簡

芦屋市出土の「元壬子年」木簡が
九州年号の白雉「元壬子年」(652年)木簡であることは、
これまでも報告してきたところですが、
当初、この木簡は「三壬子年」と判読され、
『日本書紀』の「白雉三年」のことと『木簡研究』などで報告されており、
九州年号群史料として有力史料と判断していた『二中歴』とは異なっていました。

わたしは奈良文化財研究所HPの木簡データベースでこの木簡の存在を知ったとき、
この「白雉三年」との説明に驚きました。
『二中歴』を最も有力な九州年号史料としていた自説と異なっていたからです。
そこで、わたしはこの木簡を徹底的に調査実見し、
その「三壬子年」と判読されてきたことが誤りであり、
「元壬子年」と書かれていたことを発見したのでした。

このとき、わたしは自説に不利な史料から逃げずに、
徹底的に立ち向かって良かったと思いました。
このときの体験は、わたしの歴史研究生活にとって、大きな財産となりました。

それ以後も九州年号木簡を探索してきましたが、
奈良文化財研究所の木簡データベースを閲覧していて、
もしかすると九州年号木簡かもしれない木簡を見いだしましたので、ご紹介します。

それは愛媛県松山市の久米窪田II遺跡から出土した木簡で、
「大長」という文字が書かれているようなのです
(前後の文字は判読不明。「長」の字も推定のようです)。
最後の九州年号「大長」(704~712年)の可能性もありそうですが、
断定は禁物です。
人名の「大長」かもしれませんし、法華経など仏教経典の一部、
たとえば「大長者」の「大長」という可能性も小さくないからです。

『木簡研究』第2号によれば、「大長」木簡は1977年に出土しており、
その出土層は八世紀初期を前後するものとされており、
まさに九州年号の大長年間(704~712年)にぴったりなのです。

こうなると、実物を見る必要がありますので、
松山市の合田洋一さん(古田史学の会・全国世話人)に連絡し、
愛媛県埋蔵文化財センターに問い合わせていただいたところ、
同木簡は「発掘へんろ」巡回展に出されており、
現在は高知県で展示されていることがわかりました。
そのため、同木簡が愛媛県に戻るのは来年三月とのこと。

残念ながら、それまでは本格的な調査はできませんが、
九月には香川県で展示されるようですので、
せめてガラス越しにでも見に行こうと思っています。


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ