« 昨日の部活動 6/30 | トップページ | 楽天,ソフトバンクに3連勝! »

2012年7月 1日 (日)

『どきん』

「そのひとがうたうとき」が収録されている
上記の本が昨日届いた。
(谷川俊太郎少年詩集,理論社,
新本なら1650円のところ700円ぐらい。
アマゾンで購入した)

009_2

「そのひとがうたうとき」のほか,
よく選択音楽で歌う「サッカーによせて」も
収録されていた。
とてもさわやかな曲で,
すぐ好きになってしまった。
人それぞれが
「○○によせて」の○○を持てたら,
素晴らしいなと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サッカーによせて

作詩 谷川 俊太郎  作曲 木下 牧子

けっとばされてきたものは
けり返せばいいのだ

ける一瞬に
きみが自分にたしかめるもの
ける一瞬に
きみが誰かにゆだねるもの
それはすでに言葉ではない

泥にまみれろ
汗にまみれろ
そこにしか
憎しみが愛へと変わる奇跡はない
一瞬が歴史へとつながる奇跡はない
からだがからだとぶつかりあい
大地が空とまざりあう
そこでしか
ほんとの心は育たない
希望はいつも
泥まみれなものだ
希望はいつも
汗まみれなものだ
そのはずむ力を失わぬために

けっとばされてきたものは
力いっぱいけり返せ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また,「春に」という,よく合唱コンクールで歌われる歌も
収録されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春に
                
作詞 谷川俊太郎  作曲 木下 牧子

この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう
枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする
この気もちはなんだろう
あの空の青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい
地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
この気もちはなんだろう

« 昨日の部活動 6/30 | トップページ | 楽天,ソフトバンクに3連勝! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 6/30 | トップページ | 楽天,ソフトバンクに3連勝! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ